ヤエン用レバーブレーキリールおすすめ5選!音出し改造の方法は?

アジを泳がせてアオリイカを狙うヤエン釣りは、奥が深い釣りで根強い人気があります。

ヤエン釣りは、アジのコントロールやアオリイカとのやりとりなど、釣り人が主導でアオリイカとの駆け引きを楽しめます。

そんな駆け引きをサポートしてくれるのが、レバーブレーキリールです。

ヤエン釣りではリアドラグタイプのリールがよく使われますが、レバーブレーキリールがピッタリなシチュエーションや釣り方があります。

そこで、今回はそんなレバーブレーキリールについて解説します。

レバーブレーキリールのメリットやデメリット、おすすめのレバーブレーキリールなどをご紹介しますのでヤエン釣り用リール選びの参考にしてみて下さい。

W.T
執筆者
  • 元釣具屋店長
  • 釣り歴16年

2020年まで大手釣具店で13年間勤務。 ソルトフィッシングがメインで釣り歴は16年程です。 職業柄、主要な釣りは一通り経験をしてきました。

レバーブレーキリールとは

レバーブレーキリールとは、レバーを使ってローターの回転を制御することができるスピニングリールです。

ラインを送り出したり、止めたりという操作をアングラーが自由に行えるため、高度なターゲットとのやり取りが可能です。

レバーブレーキリールは主に磯フカセ釣りで使用されています。

長くしなやかな磯竿を素早く立て直し、魚とのやり取りを優位に進めるためにレバーブレーキリールは重宝されています。

最近では、そんなメリットを活かしてさまざまな釣りに活用されています。

ヤエン釣りでレバーブレーキリールを使うメリット・デメリット

メリット

アジの泳ぎをコントロールできる

レバーブレーキを使用すれば、ラインの放出を自由にコントロールできます。

テンションを掛ける、フリーにするといった操作を指一本で自在に行えるため、味の泳ぎもコントロールが可能です。

テンションをかけ逆方向を向かせたり、テンションを抜いて潜らせたりと意識的な操作が可能です。

そのため、アオリイカのポイントまでアジを誘導し、アタリを待つことができます。

アオリイカの引きに素早く対応できる

ヤエンを投入し、アワセを入れてフッキングすればアオリイカとのやり取りが始まります。

テンションを抜けばバレてしまい、無理に引けばラインブレイクや身切れの可能性もあるため慎重なやり取りが必要です。

レバーブレーキはそんな、アオリイカとのやり取りをサポート。

のされた竿を、磯竿の弾性を活かせるロッド角度に立て直したり、ジェット噴射に合わせて糸を送ったりという操作を自在に行えます。

手持ちの釣りに対応

レバーブレーキリールはアジのコントロールに最適なため、手持ちでのヤエン釣りに適しています。

アジをコントロールしながらアタリを探り、アオリイカを釣り上げる手持ちの釣りは積極的な攻めの釣りを可能にしてくれます。

置き竿での待ちの釣りも楽しいですが、狙って釣る手持ち独特の魅了を楽しめるのはレバーブレーキリールの特徴。

やり取りも、アングラー主導の積極的なファイトを楽しめます。

デメリット

慣れないと操作が難しい

レバーブレーキリールは慣れないと操作に戸惑ってしまいます。

最初は、ブレーキを一気にフリーにしてバックラッシュを発生させてしまうこともあるかもしれません。

ある程度使いこなすには慣れが必要な点はデメリットともいえます。

しかし、使っていくうちに感覚は掴めます。

やり取りも数回経験すれば、問題なく使用できるようになるでしょう。

置き竿には対応していない機種もある

レバーブレーキリールの一部機種では置き竿で使うのが難しい場合があります。

ブレーキをフリーにしてアジを泳がせると、ローターが回転しすぎてバックラッシュを起こしてしまうことがあります。

バックラッシュを防止する機能があるリール以外では手持ちで使うことが無難です。

ヤエン用レバーブレーキリールおすすめ5選

【ダイワ】
バトルゲーム LBQD

引用:Amazon

ダイワのヤエン専用レバーブレーキリールです。

手持ちのヤエン釣法にマッチするリールでレバーブレーキを使ってアジをコントロールし、狙ったポイントへ送ることができます。

ダブルハンドル仕様で素早い操作が可能。

バランスの良いダブルハンドルは不要なハンドルの回転を防ぎ、ライントラブルを抑えることも可能です。

ローギアを採用し、大型のアオリイカでもパワフルに巻き上げられます。

マグシールドやエアローターなどの技術も多数採用し、快適なヤエン釣りをサポートしてくれます。

【ダイワ】
インパルト LBD 2500H

引用:Amazon

ダイワの人気レバーブレーキリールインパルトシリーズです。

チタンベール採用のZAIONエアローターを採用し、手持ちでも快適なヤエン釣りが可能。

ターゲットの引きに追従するオートマチックドラグシステムを採用し、大型アオリイカのジェット噴射も安心して対応できます。

新形状スプールLC-ABS搭載で、トラブルを防ぎつつ自然なラインの放出が可能。

アジの泳ぎに対してもストレスなくラインを送り出せます。

BITURBOブレーキ搭載で、軽い力でも力強いブレーキが可能。

大型アオリイカとのやり取りも楽にこなせます。

2500Hはナイロン3号150mの糸巻き量のハイギアモデルで、力強い巻き上げとスピードを両立しています。

【シマノ】
BB-X デスピナ C3000DXG

引用:Amazon

ヤエン釣りにも人気なシマノのレバーブレーキリールです。

HAGANEギアとHAGANEボディに加えてマグナムライトローターを採用し、強さと軽さの両立を実現。

流線型のレバーブレーキ形状で、操作性も高まっています。

デスピナの特徴はゼロフケテンションレバーが搭載されていること。

ブレーキフリー状態でも敢えて若干のテンションが掛かるので過剰にラインが放出されず、バックラッシュなどのトラブルを防ぎます。

そのため、置き竿にも対応が可能でさまざまな攻め方ができます。

 C3000DXGはナイロン3号150mの糸巻き量でヤエン釣りにピッタリ。

エクストラハイギア仕様で素早い回収もできます。

【シマノ】
BB-X リンカイSP 1700DXXG

コンパクトで軽量な黒鯛専用のレバーブレーキリールです。

島のスピニングリール最小の1000番台のボディに超高速ギアを搭載。

手返しが良く、テンポの良い釣りを可能にします。

剛性の高いHAGANEギアやXプロテクトなども搭載し満足いく使用感を実現。

軽量なので手持ちのヤエン釣りでも疲れにくく、快適に操作が可能です。

スプールは小さいのでPEラインの使用がおすすめです。

【シマノ】
BB-Xテクニウム 2500DXXG S L

引用:Amazon

シマノの最高峰のレバーブレーキスピニングリールです。

BB-XテクニウムにはSUTブレーキⅡが搭載されています。

ローター額回転時にブレがないため、瞬時に音を出して竿の立て直しが可能。

また、アジにも違和感を与えにくく自由に泳がせられます。

強度と剛性のあるHAGANEボディとHAGANEギア、NEWマグナムライトローター搭載で大型のアオリイカとも安心して対峙できます。

 2500DXXG S Lは左巻き仕様で、右手でロッド操作が可能。

ダブルエキストラハイギア仕様で

素早い糸の回収が可能です。

ヤエン用レバーブレーキリールの音出し改造の方法は?

レバーブレーキリールを置き竿で使う場合、アオリイカがアジを抱いて走り、糸が出た際に音が出るように改造する方もいます。

改造するには、ローター内部のブレーキユニットなどに音出しのラチェットを取り付ける必要があります。

専用パーツがあるわけではないので、自作したり、自作パーツをオークションなどで購入したりという手間がかかります。

リールの構造を理解して、バラシや組み立てができる必要もあります。

必ずしも音が出ないといけないわけではないので、わからない方は無理に改造しないほうが無難でしょう。

まとめ

今回はヤエン用のレバーブレーキリールについて解説しました。

指一本でラインの調整ができるレバーブレーキリールは、使いこなすとヤエン釣りに大きなメリットとなるでしょう。

一方で、デメリットもあるため、釣りのスタイルに応じて使い分けましょう。

紹介アイテム一覧

ヤエン用レバーブレーキリールの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

ダイワ
バトルゲーム LBQD
ダイワ
インパルト LBD 2500H
シマノ
BB-X デスピナ C3000DXG
シマノ
BB-X リンカイSP 1700DXXG
シマノ
BB-Xテクニウム 2500DXXG S L
ヤエン用レバーブレーキリール
さらに探したい方