トンジギ最強ジグおすすめ10選!重さやカラーも解説!

釣り人の憧れのターゲットであるマグロ。

クロマグロやキハダマグロなどは、一度は釣ってみたいと思う方も少なくないでしょう。

近年ではタックルの進化により少しずつ身近な釣りになりつつありますが、それでもまだまだ敷居の高い釣りです。

そんな中、ここ数年で人気急上昇中の釣りがトンジギです。

トンジギとは地域名でトンボと呼ばれる「ビンチョウマグロ」を狙うジギングのこと。

三重県沖などで盛んになってきている釣りで、強めのブリジギングタックルなどで使用できるため挑戦しやすいことが特徴です。

今回はそんなトンジギに使用するジグについて解説します。

トンジギに適したジグの選び方やおすすめの最強ジグ、重さやカラーなどの選び方をご紹介しますのでジグ選びの参考にしてみて下さい。

W.T
執筆者
  • 元釣具屋店長
  • 釣り歴16年

2020年まで大手釣具店で13年間勤務。 ソルトフィッシングがメインで釣り歴は16年程です。 職業柄、主要な釣りは一通り経験をしてきました。

トンジギに適したジグの選び方

サイズ

トンジギに使うジグのサイズはロングかセミロング系のジグがおすすめです。

回遊するビンチョウマグロを狙うトンジギでは、泳いでいる魚に見つけてもらうことが必要です。

アピール力の強いロング系のジグで広範囲にアピールをすることでヒットの可能性をあげられるでしょう。

また、引き抵抗の少ないロング系のジグを使うことで、重い重量を扱っても比較的楽にアクションさせることが可能です。

ベイトサイズにより反応が変わることもあるので、状況に応じて使い分けられるように小さいシルエットのものも用意しておくといいでしょう。

重さ

トンジギは50m前後の比較的浅めの水深から150mくらいの水深を回遊するビンチョウマグロを狙います。

速やかに回遊のタナまでジグを届ける為に、メインのジグは300g前後を使用することが多いです。

潮流やヒットゾーンによって使い分けることもあるので、軽めの200gから重ための400gくらいまでのものを用意しておきましょう。

推奨の重さなどは予め船宿に確認しておくといいでしょう。

色(カラー)

カラーは好みや状況に応じて使い分けることが多いのでベストというのもはありませんが、トンジギの定番はベイトカラーに近いシルバー系です。

他にもゴールド系やブルピンなども選ばれています。

グロー系やケイムラなども人気なので、水深や潮色などによって使い分けられるよう準備をしておきましょう。

トンジギ最強ジグおすすめ10選

【ジークラック】
アップダウンジグ 300g

ルアーバッグやウエアなどのフィッシングギアをメインに販売しているジークラックのトンジギ専用メタルジグです。

重いウエイトでも楽にアクション出来るように引き抵抗を抑えた形状に成型。

センターバランスなのでフォール中は水平姿勢を保ちつつ、左右非対称ボディーでヒラを打ちながらアピールしてくれます。

フラットな形状で面全体でフラッシングし、泳いでいるビンチョウマグロにアピールします。

【BREED】
ゴラッソ!ロング 300g

引用:Amazon

ソルトルアーメーカー、BREEDから販売されているマグロ専用のメタルジグです。

同社の実績ルアー、ゴラッソ!をロング化することで大型ベイトを捕食するターゲットにマッチします。

ドテラ流しでも水平姿勢を保ちやすいよう、センターからやや前よりの重心に設定。

タダ巻きでもスイミングアクションで誘うので、ピックアップ時も無駄なくアピールできます。

ワンピッチのショートスライドが有効なメタルジグです。

【オーパデザイン】
トンボジグ 350g

引用:Amazon

オーパデザインのオフショアルアーブランド、クレイジーオーシャンから販売されているトンジギ専用のメタルジグです。

回遊のレンジに素早く到達するフォールスピードに、ジグをアクションし続けられるよう引き抵抗を軽くして過酷なトンジギに最適な万能タイプのメタルジグです。

セミロングでアピール力もあり、フォールやワンピッチのアクションにもピッタリです。

【シマノ】
オシア スティンガーバタフライ スピードスラッシャー 300g

引用:Amazon

素早いフォールを得意とするシマノのオフショアジグです。

ややリアバランスの重心と、シャープなボディで素早く回遊のレンジに到達。

ドテラ流しで深いポイントを狙うことのあるトンジギにはピッタリです。

ジャーク時はスライドアクションからストレートフォールに移行。

潮に流されにくいので潮の速いポイントにも適しています。

【シマノ】
スティンガーバタフライ ぺブルスティック 260g

シマノのオールラウンドなオフショアジグです。

スリムな形状で水抜けがよく、素早いフォールを実現。

軽いジャークでも素直にアクションしてくれます。

過剰なフォールアクションは抑えてあり、さまざまな状況に対応できます。

ハイピッチからスローのアクションまで幅広くカバーします。

グローカラーやリアルな魚の鱗を模したキョウリンカラーなど豊富なカラーラインアップも魅力です。

【メジャークラフト】
ジグパラ バーチカル ロング 300g

引用:Amazon

メジャークラフトの大人気メタルジグ、ジグパラシリーズのオフショアモデルです。

アピール力のあるロング形状で、泳いでいるビンチョウマグロにアピールできます。

喰わせの間を持たせたゆっくり目のフォールなので浅めのポイントにマッチ。

ロングジグなので軽い力でもアクションをしてくれ、トンジギに慣れない方にも使いやすいでしょう。

なんといっても価格が安いのが嬉しいポイントです。

【タナジグ】
あいやージグ ロング 300g

引用:Amazon

大型のイワシやサンマなどをベイトとしているターゲットにピッタリなロングジグです。

マグロジギングに対応する240〜300gは貫通ワイヤー使用で強靭なボディ構造を採用しています。

水抜けの良い細身のボディで軽快な操作が可能です。

フォール中もひらひらとアクションをしてくれるのでアピールできます。

【スミス】
CB.ナガマサ 230g

引用:Amazon

スミスから販売されているロングジグの定番です。

ロングフラットボディーでアピール抜群。

センターバランスなのでロングスライドでも魚にアピールできます。

水切りの良いレーザーエッジバック設計なので引き重りも少なく重たいウエイトでも楽にアクションを入れることができます。

【uroco】
ウロコジグ オリジナル 300g

トンジギの定番ジグといっても過言ではないメタルジグです。

特徴的なウロコ模様で魚にアピールをします。

ボディ下部のエッジで切れのあるアクションを生み出せます。

また横向きのフォール姿勢も作りやすいのでフォールでの誘いも得意。

人気・実績共に十分なメタルジグといえるでしょう。

【ダイワ】
ソルティガTGベイト ロジー 260g

ダイワのアカムツ用スローピッチジャーク対応ジグです。

タングステンボディなので素早いフォールを実現。

鉛のジグに比べてシルエットを小さくできるので、ベイトサイズが小さいときには有効です。

ボディのシルエットが小さいため、引き抵抗も少なく楽にアクションを入れられます。

グロー系のカラーが多く、深いポイントの攻略にピッタリでしょう。

まとめ

今回はトンジギのジグについて解説しました。

引き抵抗の少ないジグを使うことで過酷と言われるトンジギでも比較的楽にチャレンジできるでしょう。

専用ジグも徐々に増えており、今後ますます盛り上がりを見せることが予想されます。

ぜひお気に入りジグを見つけてトンジギを楽しんで下さい。

紹介アイテム一覧

トンジギ用ジグの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

ジークラック
アップダウンジグ 300g
BREED
ゴラッソ!ロング 300g
オーパデザイン
トンボジグ 350g
シマノ
オシア スティンガーバタフライ スピードスラッシャー 300g
シマノ
スティンガーバタフライ ぺブルスティック 260g
メジャークラフト
ジグパラ バーチカル ロング 300g
タナジグ
あいやージグ ロング 300g
スミス
CB.ナガマサ 230g
uroco
ウロコジグ オリジナル 300g
ダイワ
ソルティガTGベイト ロジー 260g