40cmチタンペグおすすめ6選!メリットやデメリットは?

40cmチタンペグは、20cmや30cmなどの短いチタンペグより、高い固定力ができるところが魅力的なペグです。

また、頑丈な鍛造ペグやステンレス製ペグより、耐久性が高く、さらに軽量で錆びないという力強さも持っています。

しかし、チタンペグの良さは知っていても、40cmチタンペグを使うメリットまで知らない方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、40cmチタンペグのメリット・デメリット、おすすめ6選をご紹介します。

長さ40cmが良いシーンまで紹介するので、ぜひ最後まで見てくださいね。

40cmチタンペグを使うメリット

強風でも耐えられる固定力がある

40cmチタンペグの最大のメリットと言えるのが、強風でも耐えられる固定力に期待できるところです。

ペグは長いほど地面に深く打ち込めるので、それだけ固定力が上がり、テントやタープが風であおられても飛ばされる心配がありません。

そのため、風の影響を受けやすく、高い固定力が必要な大型のテントやタープの使用にも向いています。

高い強度を持っている

40cmチタンペグを使うメリットとして、高い強度を持っていることが挙げられます。

チタンペグの素材であるチタンの強度は、強度が高いと言われる鍛造ペグやステンレス製のペグより高いと言われています。

また、チタン製のペグは、曲げに対して元に戻る性質が高いので、曲がりにも強くハンマーで強く叩いても破損する心配がありません。

軽量で持ち運びに困らない

チタンペグは、高い強度を持っているにもかかわらず、軽量で持ち運びしやすい一面も持っています。

その重量は、強度が高い鍛造ペグやステンレス製よりも1/2〜1/4ほど軽く、それだけ重量を減らせ、持ち運びも困りません。

特に、なるべく軽いアイテムを使用したい方にはおすすめで、登山や徒歩でキャンプに行く方にもぴったりなアイテムになります。

あらゆる地面で使用できる

40cmチタンペグは、一般的な地面から硬い地面、ぬかるんだ地面、氷上など、あらゆる地面で使用できるところもメリットです。

チタンの強度は前述した通りですが、加えて高い貫通力も併せ持っており、大きな石にも使用できるほどの貫通力を持っています。

そのため、地面に石が埋まっているところや、石が多い河原のキャンプ場でも使用できるようになっています。

お手入れが簡単にできる

チタン製のペグは、錆びにくい性質を持っており、鉄製である鍛造ペグやスチール製ペグと比べても、お手入れが簡単です。

鉄製の鍛造ペグなどは、防錆加工されていますが、使用している間に加工が取れてくるため、必ず拭き取りなどのお手入れしないと錆びてしまいます。

チタン製のペグなら、そういったお手入れが必要ないほど錆に強いので、水洗い程度で済みます。

アレルギーがあっても安全に使用できる

鉄製である鍛造ペグやスチールペグなどは、人によって金属アレルギーが起こる心配がありますが、チタンペグは、アレルギーがあっても安全に使用できます。

チタン素材は、人間の体には無害な素材であり、体に埋め込むなどの、医療現場で使われるほどです。

そのため、アレルギーをお持ちの方は、安全に使えるチタンペグをおすすめします。

40cmチタンペグを使うデメリット

価格が高い

40cmチタンペグを使う最大のデメリットが、価格が高いところで、その価格は、鉄やアルミと比べても数十倍から数千倍になります。

チタンは、流通されることが少なく、希少価値も高いため、価格が高くなっているのです。

また、鉱石から材料化されるまでの製造工程が難しく、さらに材料化されたチタンを加工するのも難しくなるため、加工コストがかかってしまいます。

柔らかすぎる地面には不向き

40cmチタンペグは、あらゆる地面で使用できますが、雪中や砂浜などの柔らかすぎる地面には向いていないアイテムです。

長さがあるので、20cmや30cmのものと比べても固定力はあるかもしれませんが、地面との接地面は広くないため、高い固定力も期待できないでしょう。

それでも使用しなければならないときは、ペグを寝かせて埋めるか、固定したい場所に対して2本のペグを使用することをおすすめします。

40cmチタンペグおすすめ6選

【Boundless Voyage】
チタンペグ 強靭 軽量化

引用:Amazon

40cmと長めに設計されていますが、1本93gと超軽量なところが魅力的なチタン製ペグです。

チタン製ということもあり、耐久性が高く、曲げにも強く、加えて錆びないところから1セット持っておけば、一生使えそうな魅力があります。

また、反射板入りのロープも付属されているので、暗い環境でも楽に収集できるところもおすすめポイントの一つです。

【TiTo】
チタン合金テントペぐ 丈夫 持ち運び便利

引用:Amazon

とても頑丈で、曲がりにも強いチタン合金を使用して作られた、チタン製ペグで、岩でも打ち込める力強さを持っています。

トップ部分が、ハンマーで打ちやすいようにワイドに設計されており、加えて滑りにくくなっているので、打ち込みの失敗を減らせます。

また、収納袋がついているので、ペグをまとめて入れられ、持ち運びにも困らないアイテムです。

【Lynx cabin】
チタンペグ 軽量 収納袋付き

引用:Amazon

強度と耐久性があり、耐食性も高いため、氷上でも使用できるところが魅力的なチタン製ペグです。

別途で、名前やメッセージなどの文字を刻印できるので、自分だけのチタンペグを作れます。

そのため、ほかにはない自分だけのペグが欲しい方におすすめで、キャンプでもオリジナル感が出せます。

【Boundless Voyage】
チタンペグ(F-Ti401516P40)

引用:Amazon

チタン製であるペグに焼き色をつけて、カラフルなカラーに仕上げているところが特徴となったチタン製ペグです。

ヘッド部分がワイドな設計となっているので、打ち込みづらさを解消し、硬い地面でも楽に打ち込めます。

反射板入りのロープもついていることから、暗くなってもペグの場所が分かり、つまずき防止になるところも良いポイントです。

【TITAN MANIA】
チタンペグ ソリッド 超軽量

引用:Amazon

ヘッドが円柱型の形状をしており、硬い地面でもサクサク打ち込めるチタンペグです。

また、地面に石があっても砕きながら入っていく貫通力も持っているので、奥深くに打ち込め、加えて高い固定力にも期待できます。

反射板入りのロープも付いており、暗いところでも見やすく、抜くときも便利な仕様となっています。

【JINGGEGE】
チタンテントペグ 焼き色 

引用:Amazon

チタンペグに火を当てることで、酸化被膜を起こし、美しいカラフルな見た目を実現させたチタンペグです。

フックの部分に、ロープを外れにくくする滑り止め加工がされており、強い風が吹いても、ロープが外れにくい安心な設計となっています。

チタン製に加え40cmと長めの設計となっていることから、地面深くに打ち込め、テントやタープもがっちりと固定可能です。

まとめ

40cmチタンペグは、チタン製で40cmという長さから、地面深くに打ち込めるので、強風にも負けない高い固定力が魅力的です。

また、大型のテントやタープに使用するのに活躍してくれるアイテムです。

固定力が高いペグを探している方は、ぜひ今回の内容を参考にしてくださいね。

紹介アイテム一覧

40cmチタンペグの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

Boundless Voyage
チタンペグ 強靭 軽量化
TiTo
チタン合金テントペぐ 丈夫 持ち運び便利
Lynx cabin
チタンペグ 軽量 収納袋付き
Boundless Voyage
チタンペグ(F-Ti401516P40)
TITAN MANIA
チタンペグ ソリッド 超軽量
JINGGEGE
チタンテントペグ 焼き色