テンヤ真鯛リールおすすめ12選!一つテンヤで人気なスピニングやベイトリールを紹介!

千葉県外房発祥のテンヤ真鯛。

針と錘が一体化された一つテンヤという仕掛けを使って鯛を狙う人気の釣りです。

その醍醐味といえば、ルアーフィッシングに近くゲーム性が高いことと、ライトタックルで真鯛とのファイトをダイレクトに楽しめることです。

今回はそんなテンヤ真鯛におすすめのスピニングリール、ベイトリールを紹介いたします。

谷元大和
執筆者
  • 元大手釣具メーカー勤務
  • 釣り歴20年

幼い頃、父親に連れられて行ったハゼ釣りをきっかけに釣りに大ハマり。 釣り好きが高じて、学生時代に釣具店で働き、大学卒業後は約4年間 釣具メーカーにてリール開発をしておりました。 メーカー勤務時代に釣りの幅が大きく広がり、ジャンルを問わず旬の魚を追い求めています。

紹介アイテム一覧

テンヤ真鯛のリールの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

ダイワ
ルビアスエアリティ(LT2500-XH)
ダイワ
ルビアス(LT2500-XH)
ダイワ
フリームス(LT2500-XH)
シマノ
ステラ(2500SHG)
シマノ
ヴァンキッシュ(2500SHG)
シマノ
ヴァンフォード(2500SHG)
ダイワ
紅牙TWハイパーカスタム(8.6L)
ダイワ
ティエラIC(100HL)
ダイワ
紅牙IC(150HL)
シマノ
エンゲツBB(101HG)
シマノ
エンゲツ(150HG)
シマノ
バルケッタFカスタム(151)

テンヤ真鯛に適したスピニングリールの選び方

リールサイズ

個人的には2500番台がおすすめです。

ただ一般的な話をしますと、2500番台~3000番台が適合サイズとされています。

私のように感度を重視して軽さを求める方でしたら2500番台、剛性感や巻き取りパワーといったファイト時の楽さを重視する方でしたら3000番台が良いかと思います。

また糸巻キャパに関してですが、0.8号200m程度巻けるものを選びましょう。

メーカー

現段階ではダイワ・シマノの2社が圧倒的に高性能だと考えます。

もちろんこの2社以外の製品にも良い点はあり、支持者も多くいらっしゃいます。

しかしながら、製品を総合的に評価するとダイワ・シマノが群を抜いて優秀なのです。

それは釣具店のリールコーナーのラインナップからしても明確でしょう。

どのお店でも大半がダイワ・シマノ製品です。

スピニングリールを買うなら、ダイワ・シマノの2択で選ぶことをおすすめします。

テンヤ真鯛スピニングリールおすすめ6選

一般的にテンヤ真鯛にはスピニングリールが使用されます。

その理由は、フォール時にほぼ無抵抗なフリーフォールができるからです。

軽い錘をフォールさせて真鯛を誘うことが多いので、スピニングの方が有利になる場面が多いのです。

ではおすすめ品を紹介していきます。

【ダイワ】
ルビアスエアリティ(LT2500-XH)

ハイエンドモデルを更に軽量化したモデルです。

ダイワ最高級機種のイグジストをベースに、仕様を見直すことで軽量化に特化したのが当機種です。

具体的には、贅肉を削ったりボールベアリングの数を減らしたり外観塗装を軽いものに変更したりすることで、軽量化を図っています。

価格もイグジストより1万円以上安いので、非常におすすめの商品です。

【ダイワ】
ルビアス(LT2500-XH)

軽量化に特化した中級価格帯モデルです。

ボディとローターに、ダイワ独自の高強度樹脂系素材ZAIONを採用しており、軽さと充分な剛性を兼ね備えた製品になっています。

またモノコック構造の採用により、ボディの撓みや変形が少ないのに加え、非常に高い防水性能を誇ります。

大鯛とのファイトにも負けることなくアングラーの手助けをしてくれることでしょう。

【ダイワ】
フリームス(LT2500-XH)

1万円程度で購入可能なコスパ最強新製品です。

もちろん高級価格帯と比較すると性能は劣りますが、テンヤ真鯛を楽しむには充分な機能が備わっています。

ドラグ性能、剛性感、防水性等、全てにおいて高いポテンシャルを持っているのです。

特に剛性感に関しては申し分なく、カーボン含有の樹脂系素材がボディ・ローターに採用されていることと、前作より太くなったリールフットがその証明です。

【シマノ】
ステラ(2500SHG)

ガタツキなく、巻き心地が滑らかなシマノのハイエンドモデルです。

リールは本来、回転する各部にガタツキを持たせることで軽い回転を可能にしています。

ガタツキを一切無くすと各部が回りにくくなり、回転が重くなります。

しかしながらシマノは、サイレントドライブと呼ばれる緻密な設計思想により、各部のガタツキを無くしながらも軽い回転を可能にしています。

この回転性能が、繊細なテンヤ真鯛においては有利に働いてくれることでしょう。

【シマノ】
ヴァンキッシュ(2500SHG)

同等サイズでは最軽量のモデルです。

各パーツ軽量化に特化して設計されており、無駄な贅肉が削ぎ落されています。

またローターも例外ではなく非常に軽くなっているため、巻き出しの軽さも魅力的です。

一方、軽量化に特化している分シルキーな回転の持続という面では上記機種と比べると少し劣ると感じますが、ジギングなど大きな負荷が掛かる釣りを頻繁に行わなければ問題ないレベルです。

【シマノ】
ヴァンフォード(2500SHG)

ハイエンドにも劣らない巻きだしの軽さが魅力的な中級価格帯の製品です。

こちらも軽量に特化したモデルで、ボディとローターにCI4+というシマノ独自の樹脂系素材が採用されています。

それにより自重の軽さはもちろんのこと、巻きだしの軽さも上位機種に劣りません。

またサイレントドライブも搭載されており、ガタツキがなくハイエンド顔負けの機種となっています。

テンヤ真鯛に適したベイトリールの選び方

ラインキャパ

スピニング同様に、0.8号200m程度巻けるものを選ぶと良いでしょう。

ラインキャパが大きい場合には、しっかりと下巻きをするようにしてください。

ベイトリールの構造上、下巻きをしないとトラブルに繋がることがありますのでご注意ください。

ギア比

7.0以上のハイギアを選ぶことをおすすめします。

ターゲットとのファイト時にはギア比は高いと不利なのですが、当然のことながら仕掛けの回収時にはハイギアの方が有利になります。

ファイト時に不利とは言ってもスピニング以上の巻き上げパワーはありますので、総合的に考えてハイギアが良いと考えております。

テンヤ真鯛ベイトリールおすすめ6選

ベイトリールは重いテンヤを使用する際に有利です。

テンヤにある程度の重さがあれば、ベイトでもスムーズなフォールが可能です。

そしてベイトリールはフォール時にもテンションを掛けられるので、フォールでのアタリがとりやすく非常に有利です。

それでは、以下おすすめ品を掲載いたします。

【ダイワ】
紅牙TWハイパーカスタム(8.6L)

高耐久のタイラバ用機種です。

タイラバ用ですが、同じ真鯛をターゲットとするテンヤにも適しています。

当機種はフルメタルボディで耐久性が高く、シルキーな巻き心地の持続が可能です。

またボディの撓みも少ないため、大鯛が掛かった際にもハンドルに入力した力がロス無くスプール回転に繋がります。

そのため楽に巻き上げることができます。

【ダイワ】
ティエラIC(100HL)

超軽量ICカウンター付きリールです。

ICが付いているのに165gと、IC無しの機種を含めてもトップクラスの軽さです。

テンヤは底を取るのが難しいため、ICが着底の目安として大きな役割を果たしてくれます。

繊細な釣りに慣れていない方には特におすすめです。

ICがあることで釣果を大きく伸ばすことができるでしょう。

【ダイワ】
紅牙IC(150HL)

軽い巻きが特徴のタイラバ用機種です。

こちらもタイラバ用機種ですが、テンヤ真鯛にも適しています。

ハンドル長が130mmと長く、巻きの軽さを実現しております。

またボディはコンパクトでありながらも、アルミ素材で剛性充分です。

高剛性ボディによって、滑らかな巻き心地が持続することも大きな特徴です。

【シマノ】
エンゲツBB(101HG)

最初の1台におすすめの低価格帯機種です。

当機種もタイラバ用として販売されていますが、ターゲットはタイラバ同様に真鯛ですので、問題なくファイトをこなすことが可能です。

またボディにはCI4+が採用されており、軽さと耐久性の両立を図っています。

【シマノ】
エンゲツ(150HG)

フォールスピートを調整可能な機種です。

シマノ独自のフォールレバーが搭載されており、フォールスピードの調整が可能です。

テンヤはフォールで誘う釣りなので、落下スピードが釣果を左右します。

なかなか調整しにくかったフォールスピードも、このレバーによって簡単に変えられるのです。

そのため当製品はテンヤにも非常に適していると言えるでしょう。

【シマノ】
バルケッタFカスタム(151)

フォールレバー搭載の最軽量モデル。

フォールレバーを搭載しながらも、他の機能を洗練することで軽量化に成功しています。

上記でも述べた通り、テンヤ真鯛においてフォールレバーは大きなアドバンテージとなります。

重くなることはデメリットであるものの、当機種は225gですから他のIC付きリールより多少重い程度です。

充分、試してみる価値はあると思います。

まとめ

今回は、軽量化に特化したモデルを中心に紹介いたしました。

一つテンヤは非常に繊細なアタリを捉える必要がある上に、1日中タックルを持って誘い続ける釣りですので、リールの自重が軽いことが大きなメリットになることでしょう。

しかしながら、多少重くても耐久性に優れたモデルを好む方や、価格重視で安価なものを選ぶ方等がいらっしゃるのも事実です。

あくまでも軽量モデルは私のおすすめであり、それ以外にもリールは多種ございます。

今回紹介した選び方のポイントだけは必ずおさえて頂き、多種ある中からご自身に合うものを選んでほしいと思います。

紹介アイテム一覧

テンヤ真鯛のリールの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

ダイワ
ルビアスエアリティ(LT2500-XH)
ダイワ
ルビアス(LT2500-XH)
ダイワ
フリームス(LT2500-XH)
シマノ
ステラ(2500SHG)
シマノ
ヴァンキッシュ(2500SHG)
シマノ
ヴァンフォード(2500SHG)
ダイワ
紅牙TWハイパーカスタム(8.6L)
ダイワ
ティエラIC(100HL)
ダイワ
紅牙IC(150HL)
シマノ
エンゲツBB(101HG)
シマノ
エンゲツ(150HG)
シマノ
バルケッタFカスタム(151)

この記事を見たあなたにおすすめ

  1. 【LSJ】ライトショアジギング用ベイトリールおすすめ8選!ギア比等の選び方を紹介!【LSJ】ライトショアジギング用ベイトリールおすすめ8選!ギア比等の選び方を紹介!
  2. 【シーバス】ベイトリールに適したPEラインおすすめ8選!太さ(号数)は何号が最適?【シーバス】ベイトリールに適したPEラインおすすめ8選!太さ(号数)は何号が最適?
  3. コスパ重視!穴釣り用の両軸&ベイトリールおすすめ10選!選び方や使い方を紹介!安い製品も!コスパ重視!穴釣り用の両軸&ベイトリールおすすめ10選!選び方や使い方を紹介!安い製品も!
  4. ショアプラッキングリールおすすめ6選!番手やギア比等の選び方!ショアプラッキングリールおすすめ6選!番手やギア比等の選び方!
  5. テンヤ真鯛ロッドおすすめ12選!シマノやダイワ等の竿を厳選!激安ロッドも!テンヤ真鯛ロッドおすすめ12選!シマノやダイワ等の竿を厳選!激安ロッドも!
  6. ショアジギング対応ベイトリールおすすめ8選!コスパが良い安いリールも紹介!ショアジギング対応ベイトリールおすすめ8選!コスパが良い安いリールも紹介!
  7. ラージアーバーフライリールおすすめ8選!選び方を紹介!軽量なリールも!ラージアーバーフライリールおすすめ8選!選び方を紹介!軽量なリールも!
  8. ライトロックフィッシュ用リールおすすめ12選!最適なスピニングの番手やギア比を紹介!ライトロックフィッシュ用リールおすすめ12選!最適なスピニングの番手やギア比を紹介!
  9. 海サクラマス用リールおすすめ8選!番手やギア比などの選び方を紹介!海サクラマス用リールおすすめ8選!番手やギア比などの選び方を紹介!
  10. リールカバーおすすめ10選!竿につけたままにできるタイプも!(スピニング&ベイト)リールカバーおすすめ10選!竿につけたままにできるタイプも!(スピニング&ベイト)
  11. ハードタイプのリールケースおすすめ8選!複数入る大型モデルも!リールケースとして代用できるものは?ハードタイプのリールケースおすすめ8選!複数入る大型モデルも!リールケースとして代用できるものは?
  12. タチウオ釣り用アシストフックおすすめ8選!テンヤやジギングに適したフックを紹介!タチウオ釣り用アシストフックおすすめ8選!テンヤやジギングに適したフックを紹介!
  13. タチウオ用テンヤワームおすすめ8選!選び方や釣る方を紹介!タチウオ用テンヤワームおすすめ8選!選び方や釣る方を紹介!
  14. 太刀魚テンヤリールおすすめ12選!電動と手巻きリールの選び方も紹介!太刀魚テンヤリールおすすめ12選!電動と手巻きリールの選び方も紹介!
  15. 太刀魚テンヤロッドおすすめ14選!堤防でも使えるコスパ重視ロッドも紹介!太刀魚テンヤロッドおすすめ14選!堤防でも使えるコスパ重視ロッドも紹介!
  16. タイラバヘッドおすすめ12選!安い鯛ラバヘッドを紹介!色や形状の選び方も!タイラバヘッドおすすめ12選!安い鯛ラバヘッドを紹介!色や形状の選び方も!
  17. 【タチウオ】テンヤ収納ケースおすすめ12選!保管に最適なボックスを紹介!【タチウオ】テンヤ収納ケースおすすめ12選!保管に最適なボックスを紹介!