サーフ用バイブレーションおすすめ10選!釣れる鉄板バイブを厳選!

シーバス釣りで使用される機会の多いバイブレーションはサーフの釣りでも有効です。

ただ巻きをメインにリフト&フォールで変化付ければヒラメやマゴチを釣ることができます。

しかし、どんなバイブレーションでもサーフで結果が出るという訳ではありません。

そこで今回は、バイブレーションの中でもサーフの釣りに最適な鉄板バイブをご紹介させて頂きます。

サーフでバイブレーションルアーを使うメリット、選び方、そしておすすめ商品をまとめましたので参考にして頂ければ幸いです。

柏崎隆之
執筆者
  • 釣り歴20年
  • 釣り大会の出場経験あり

静岡県在住。 小学生のころ、父とサビキ釣りをきっかけに釣りに熱中するようになりました。 ルアー釣りがメインですが、餌での上物釣りや底物釣りまで幅広いジャンルを楽しんでいます。 魚は釣るのも食うのも大好きで釣りバカ人生まっしぐらです。 釣り方や魚への拘りが強く数釣りよりも理想の釣りを求めています。 現在の目標はイシダイ70㎝オーバーです。 離島まで足を運んでもなかなか出会えない王者の魅力に憑りつかれてしまいました。

サーフでバイブレーションルアーを使うメリット

使い方が簡単

サーフで使用する鉄板バイブはただ巻きオンリーでも使えるので初心者にもおすすめのルアーです。

アクセントに使用するリフト&フォール、ストップ&ゴーも難易度の高いロッドワークは必要ありません。

使用者のレベルに左右されないので他人が同じ鉄板バイブで連続HITしている状況では自分にもチャンスが回ってくるでしょう。

飛距離を生かして広範囲が探れる

鉄板バイブは空気抵抗の少ない形に仕上げられており、メタルジグのように遠投しやすいルアーです。

遠浅のサーフや沖のブレイクラインに魚が貯まっている場所でも安心して使用できます。

サーフは地形の変化が乏しいので広範囲を探れることは大きな武器になるでしょう。

ミノーでは勝負ならない強風の日でも向かい風を気にせず遠投することができます。

フォール速度を生かして水深のあるサーフを攻められる

サーブの釣りに適した鉄板バイブは名前の通り、ボディに薄い鉄板が取り付けられています。

その為、サイズの割の重量があり着水と同時に素早くボトムへ落ちていきます。

水深のあるサーフでも底を取るまで時間が掛かりませんから効率良い釣りが展開できるでしょう。

水の抵抗を受けにくい扁平なボディは流されることも少なくフックとラインの絡みも防止してくれます。

様々なレンジを探れる

鉄板バイブをカウントダウンして沈めれば様々なレンジを攻めることができます。

泳ぎが安定しておりレンジキープ力にも優れていますからパイロットルアーとしても使えます。

巻く速度を変えるだけで表層からボトムまで探れますからルアーチェンジの手間が省けるでしょう。

目の前で急にナブラが発生しても表層の早巻きで食わせられるのでチャンスを生かせます。

狙える魚が幅広い

サーフでは青物やタチウオ、シーバス、ヒラメといった様々な魚が生息しています。

遠投して広範囲が探れ、表層からボトムまで探れる鉄板バイブは釣り場に存在する魚全てを対象魚にできます。

ルアーを沢山持ち歩いてランガンするのは疲れますから、鉄板バイブ1本で勝負するという選択肢も生まれるでしょう。

サーフ用バイブレーションの選び方

重量について

鉄板バイブはフォール速度が速いので水深に合わせた重量を選択して下さい。

水深5m程の遠浅サーフの場合でしたら10~20gを選ぶことでボトム付近を丁寧に探ることができます。

水深10m以上ポイントでは20~25gが適しており、素早くフォールさせて効率のよい釣りが展開できます。

向かい風が強い時や波が高くて手前でアクションが乱れる場合は30g以上を使用しても構いません。

カラーについて

サーフではアジやイワシといった小魚がベイトになることが多いのでナチュラルカラーは外せません。

できるだけ、その場で捕食しているベイトに似たカラーの鉄板バイブを購入するようにして下さい。

フラッシング効果の高いものが適しており、広範囲の魚へ強くアピールすることができます。

濁りが強い日は魚の目に付きやすいグローカラーやアカキンがおすすめです。

状況やターゲットによってヒットカラーは変化するので異なるものを3つほど用意してローテーションさせるとよいでしょう。

ラインアイの数

鉄板バイブはスナップを掛けるラインアイが複数付いていることも珍しくありません。

前方のラインアイを使用すればタイトな振動を起こして強いアピール力を生み出します。

逆に後方のラインアイを使用すれば振動が緩くなってナチュラルな誘いを掛けられます。

魚の活性や狙う魚の性質に合わせて使い分けることができるので非常に便利です。

ブレードの有無

濁りの強い日にアピール力をさらに上げるにはカラーではなくブレードの力に頼るのも有りです。

鉄板バイブはブレードが標準装備されている商品も販売されていますから購入して直ぐに使うことができます。

簡単に取り外せる商品を購入しておけばアピール度に変化付けながら攻める釣りが楽しめるでしょう。

勿論、ブレード単体を購入してお気に入りの鉄板バイブに装着しても構いません。

サーフ用バイブレーションおすすめ10選

【ダイワ】
モアザン リアルスティール 18g

引用:Amazon

ヘッド部分にタングステンのボールを装着しており、感度が高いのでボトムが砂地のサーフでも着底の感触を見逃しません。

フォール姿勢が安定しているのでフックとラインが絡まってストレスを感じることもないでしょう。

テール部分にはブレードを装着できるアイも付いていますから自分好みにカスタマイズすることができます。

【シマノ】
シマノ サルベージプレート 28g

引用:Amazon

飛距離が出るだけでなく、着水時のバランが良いので発生しやすいライントラブルも気にせずキャストを繰り返せます。

ただ巻きするとタイトなロールアクションを発生し、高速リトリーブでも泳ぎが乱れない特徴を持っています。

リアルな鱗模様はフラッシング効果が高く、アピール力を生かした攻めの釣りが楽しめるでしょう。

【ジャッカル】
ビッグバッカー107 27g

引用:Amazon

バイブレーションの特徴に軽快なミノーの操作性を加えて作られた鉄板バイブです。

フォール速度が速いので深いレンジを探る釣りに適しており、ヒラメやマゴチを狙う方におすすめします。

感度が高く着底の感触が掴みやすいのでリフト&フォールやボトムパンピングを織り交ぜたアプローチも可能です。

【アムズデザイン】
シュナイダー 18g

引用:Amazon

2つのラインアイを搭載しており前のアイを使用すれば引き抵抗の少ないタイトなアクションを発生します。

素早くフォールさせることができるので、水深のあるサーフでもテンポ良くランガンできます。

初心者でもリフト&フォールといったアクションが付けやすいのでただ巻きでの釣りを卒業したい方におすすめです。

【バスデイ】
レンジバイブ70 26g

大ヒットを記録したレンジバイブをメタル化して作られた商品で、艶めかしいローリングアクションを起こします。

流線型のフォルムは空気抵抗が少なく初心者でも遠投して広範囲を探ることができます。

また、巻き始めると同時にアクションを発生するのでストップ&ゴーでも見切られる心配がありません。

【コアマン】
アイアンプレート 26g

引用:Amazon

鉄板バイブでは珍しいシングルフックを搭載しており、空気抵抗が軽減されて飛距離が伸びます。

デッドスローで巻いてもボディをタイトに揺らすハイアピールができるので遠浅サーフでも使えます。

ヒラメやマゴチだけでなくシーバスの実績も高いので大型河川が流れ込むサーフでは外せないルアーです。

【ブルーブルー】
トレイシー 15g

引用:Amazon

重量の割に浮き上がらない安定した泳ぎを見せるので深場でも繊細なアプローチを掛けたい時に活躍します。

テンションフォールで沈めても綺麗な水平姿勢を維持するのでラインへの絡みも起こしません。

シーバスやヒラメ、青物と魚種を選ばず釣ることができるので、この一つでランガンするのもありでしょう。

【メジャークラフト】
ジグパラ ブレード 18g

引用:Amazon

引き抵抗が少ないので1日キャストしても腕への負担が少ない鉄板バイブです。

ただ巻きではタイトなウォブリングアクションを発生しアピール力を生かしてバイトが誘えます。

レンジキープ力に優れており速度に変化を付けても浮き上がることがありません。

波打ち際まで安定して引けるのでミノーでは苦戦する手前10mの魚も狙えます。

【ジャクソン】
Teppan Blade 15g

引用:Amazon

ブレードの脱着が簡単な鉄板バイブですから状況に合わせて釣り場で気軽に使い分けることができます。

デッドスローで巻いても水流を受けて滑らかにブレードが回転しますから遠浅サーフでも使えます。

また、早巻きしても姿勢が乱れず目の前でナブラが発生した時は真っ先に投げたい鉄板バイブの一つです。

【バレーヒル】
邪道 冷音 14g

引用:Amazon

ただ巻きやリフト&フォールを駆使しても口を使わない魚の攻略におすすめの鉄板バイブです。

ミノーのようにダートアクションを加えることができ、流れのヨレで一発勝負が掛けられます。

ロッドに伝わる振動も少ないのでバイブレーションが苦手という方にもおすすめです。

シーバスの実績が高いので河口のサーフで釣りをする方はぜひ試して下さい。

まとめ

鉄板バイブは遠投性、レンジキープ力に優れており初心者でも簡単に使いこなすことができます。

サーフの釣りに求められる性能を持っているので1つは持ち歩きたいルアーの一つです。

今回ご紹介させて頂いた商品は手前の波にもまれる場所でも安定した泳ぎを見せるのでお試し下さい。

紹介アイテム一覧

サーフ用バイブレーションの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

ダイワ
モアザン リアルスティール 18g
シマノ
シマノ サルベージプレート 28g
ジャッカル
ビッグバッカー107 27g
アムズデザイン
シュナイダー 18g
バスデイ
レンジバイブ70 26g
コアマン
アイアンプレート 26g
ブルーブルー
トレイシー 15g
メジャークラフト
ジグパラ ブレード 18g
ジャクソン
Teppan Blade 15g
バレーヒル
邪道 冷音 14g