サーフトローリング用ロッドおすすめ5選!人気な竿を厳選!

マウスやジェット天秤などのトレーラーを使って小さな弓角を遠投するサーフトローリング。

マイクロベイトについていて、大きなルアーには反応しない回遊魚に有効な釣法です。

サーフをはじめ、磯や堤防など幅広いフィールドで楽しめるサーフトローリングにチャレンジしたくてもどのようなタックルを用意すれば良いかわからないという方もいるでしょう。

そこで今回は、サーフトローリング用のロッドについて解説をします。

どんなロッドがサーフトローリングにしようできるのかご紹介します。

おすすめのロッドも紹介していますので、竿選びの参考にしてみてください。

W.T
執筆者
  • 元釣具屋店長
  • 釣り歴16年

2020年まで大手釣具店で13年間勤務。 ソルトフィッシングがメインで釣り歴は16年程です。 職業柄、主要な釣りは一通り経験をしてきました。

サーフトローリングで使うロッドの特徴

サーフトローリングでは、重さのあるトレーラーを使用して弓角を遠くのポイントまでキャストします。

そのため、重たいオモリを気持ち良くキャストできるロッドが必要です。

また、繰り返しキャストとリトリーブをするルアーのような釣り方なので、軽快に操作できることも重要。

また、ポイントを探しながら釣り歩ける機動性もあるといいでしょう。

サーフトローリングに適したロッドの選び方

種類

サーフトローリングは専用のロッドがあるわけではないため、サーフトローリングに適したロッドを流用します。

サーフトローリングで使用できるロッドは投げ竿や遠投竿など遠投に適したロッドや、軽快なキャスト性能があるルアーロッドなどです。

ルアーロッドは重たい重量が扱えるショアジギングロッドがおすすめ。

軽めのトレーラーを使用するライトサーフトローリングではライトショアジギングロッドや強めのシーバスロッドが使用できます。

キャストウエイト

サーフトローリングを行うロッドを選ぶときには、キャスト可能なウエイトに注目しましょう。

サーフトローリングのトレーラーは15~25号程度の重さをメインで使用します。

使用したいトレーラーの重量に対応できるロッドを選びましょう。

ルアーロッドの場合、号数表記ではないため判断が難しいこともあるでしょう。

15号は56.25g、25号で93.75gですので、60~100g程度のルアーが扱えるショアジギングロッドロッドが適しています。

10号前後のライトなトレーラーを使用する場合には40~50g程度のルアーを扱えるライトショアジギングロッドやシーバスロッドがおすすめです。

長さ

サーフトローリングに使用するロッドの長さは、投げ竿の場合3〜4m程度のロッドがおすすめ。

長さがあると遠投性能は高くなりますが、重量が増してしまい繰り返しキャストすると身体に負担が掛かります。

取り回しも悪くなるため、適度な長さのロッドがおすすめです。

遠投竿の場合は4~5mのものをフィールドに合わせて選びましょう。

ルアーロッドの場合、10ft以上のロッドがおすすめ。

遠投性能の高い長めのロッドを選ぶといいでしょう。

サーフトローリング用ロッドおすすめ5選

【ダイワ】
キャスティズム 27号-385・R

.さまざまな「投げる」釣りを楽しめるダイワのロッドです。

投げ竿のノウハウを生かして作られ、投げはもちろん、ぶっこみやサーフトローリング、投げサビキやキャスティングタイラバなど幅広い釣りを自由に楽しめます。

軽量化と高強度化をk実現できるHFVナノプラスに強化構造X45を採用。

並継タイプで高い遠投性能と、高い操作性が特徴です。

しなやかさと遠投性能を兼ね備えており、サーフトローリングにピッタリ。

27号-385は15〜30号のオモリ負荷で、幅広いトレーラーを使用可能です。

【シマノ】
サーフリーダー 振出 405DX-T

引用:Amazon

軽快なキャストで投げ釣りを楽しめるシマノの投げ竿です。

重量バランスと調子を見直して再設計。

身体の負担を減らせる軽量設計を採用しており、キャストを繰り返すサーフトローリングにはピッタリです。

405DX-Tは30号のオモリまで対応可能。

重たいトレーラーを遠投して広範囲のターゲットにアプローチできます。

【シマノ】
磯 遠投 AX 4-520

シマノの人気磯遠投竿です。

基本構造にスパイラルXを採用することでネジレ、ツブレに対しての強度を高め、正確でシャープなキャストが可能です。

上位機種でのノウハウをつぎ込んで、遠投性能、操作性、パワーをバランス良く兼ね備えたロッドに仕上がっています。

4-520は15号のオモリに対応。

520cmの長さで、足場の高いポイントや磯でのサーフトローリングにおすすめです。

【ダイワ】
シーバスハンターX 100M・R

引用:Amazon

ダイワのエントリーモデルに最適なシーバスロッドです。

高品質なHVFカーボン素材を使用し、バット周りはブレーディングXで強化。

糸がらみを防止するKガイドを採用し、快適なキャストフィールで、シーバスゲームやサーフゲームを楽しめます。

100Mは10~50gのルアーウエイトに対応。

軽めのトレーラーを使用するライトサーフトローリングにピッタリです。

【メジャークラフト】
トリプルクロス TCX-1002MH

引用:Amazon

メジャークラフトのショアジギング専用ロッドです。

ネジレを防止する4軸カーボンを採用。

軽量のKガイド搭載で、快適なキャストが可能です。

1002MHは60g前後のルアーウエイトに対応。

15号程度のマウスやジェット天秤などでのサーフトローリングにもおすすめのロッドです。

まとめ

今回はサーフトローリング用のロッドについてご紹介しました。

さまざまなロッドで楽しめるサーフトローリング。

あなたのスタイルに合ったロッドを見つけて気軽に楽しんでみましょう。

今回の記事を参考にサーフトローリングに使用できるロッドを見つけてみてください。

紹介アイテム一覧

サーフトローリング用ロッドの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

ダイワ
キャスティズム 27号-385・R
シマノ
サーフリーダー 振出 405DX-T
シマノ
磯 遠投 AX 4-520
ダイワ
シーバスハンターX 100M・R
メジャークラフト
トリプルクロス TCX-1002MH