スピナーベイトにスナップはダメ?理由や解決策のOリング(輪ゴム)も!

スピナーベイトやバズベイトなどのワイヤーベイトは、ラインを直結して使用するのが基本となります。

しかし、スナップを常時使用するアングラーはスピナーベイトでもスナップを使用したいですよね。

スピナーベイトのアイの部分に、Oリングという輪ゴムを装着することでスナップを使用する事ができるようになるんです。

今回はスピナーベイトにおすすめのOリングとスナップの紹介です。

執筆者
九野栄才
  • 釣り歴20年
  • 年間釣行300日超え
  • 大会出場歴あり

和歌山県をホームに、ほぼ毎日ルアーフィッシングを楽しんでおります。 バスフィッシングを中学生から始め、ルアーで釣れた時の感動が忘れられず、今では釣りは日課となっています。 現在はシーバス・エギングなどのルアーで狙えるターゲットは幅広く釣っています。インスタグラムもやっています。

スピナーベイトにスナップはダメ?

スピナーベイトをはじめとするワイヤーベイトは、スナップを使用すると、位置がずれてしまったり、ラインが絡まる原因となってしまいます。

トラブルなく使用するため、ラインを直結して使用するのが基本となります。

しかし、オカッパリでタックルの数が絞られる状況や、ルアーチェンジを頻繁におこなうアングラーはスナップを使用したいですよね。

スピナーベイトでスナップを使用する場合、アイの部分にOリングを装着する事で、スナップのズレを無くす事ができ、問題なく使用できるようになりますよ。

スピナーベイトにスナップを使うメリット・デメリット

メリット

ルアーチェンジがすぐ行える(結び直しの手間なし)

スナップを使用する事で、ルアーチェンジをスピーディーに行えます。

スピナーベイトの釣りは、広範囲をテンポよく探っていけるのが特徴です。

ウェイトやカラーなどのローテーションを行う際にも、毎回ラインを結び変える手間が省けます。

ルアーチェンジの時間を短縮する事によってスピナーベイトのメリットをさらに活かす事ができますよ。

デメリット

アクションに質の低下

スピナーベイトのアクションは、ライン直結が最も良くなります。

スナップを使用するとアクションの支点が分散し、ベストなアクションからはやや質が下がってしまいます。

しかし、魚が釣れなくなるほどの低下ではないので、ルアーチェンジのスピードを重視するか、アクションを重視するかで判断しましょう。

スナップにウィードやゴミが絡まる

スナップは金属パーツであることから、ウィードやゴミを引っ掛けやすい部分があります。

ウィードエリアやゴミ溜まり、カバー周りを果敢に攻められる高いスナッグレス性がスピナーベイトのメリットです。

しかし、スナップを装着すると、そういったメリットを半減させてしまいます。

スナップでラインが引っかかる

スナップを装着すると、アイの部分の可動域が大きく広がります。

アクションがフレキシブルになる反面、可動域が広くなりすぎ、ラインを拾ってしまうことが多くなります。

手返しの良さが最大のメリットといえるスピナーベイトですが、そういった部分が半減してしまうのがスナップのデメリットといえます。

スピナーベイトに使えるOリング(輪ゴム)おすすめ3選

【バイオベックス】Original O-Ring

ワイヤーベイトでスナップを付けられるようにする専用アイテムです。

伸縮性が高く、あらゆるサイズのワイヤーベイトに装着する事ができます。

カラー展開があるのも特徴で、視認性の高いカラーを使えばよりルアーの位置を把握しやすくなりますよ。

【コーモラン】O−RIN具

ワッキーリグのプロテクターとして、ワイヤーベイトのラインストッパーとして使用できます。

オーソドックスで使いやすく、スピナーベイトに装着するだけでスピーディーなルアーチェンジが可能です。

S・M・Lのサイズ展開で、スピナーベイトの大きさに合わせて使い分けることができます。

【G7】ワームプロテクトチューブ

本来は、ワッキーリグ、ネコリグでワームをプロテクトするためのアイテムですが、ワイヤーベイトのストッパーとしても使用できます。

非常に頑丈で、簡単にはちぎれない強度があります。

ワイヤーベイトに装着するには幅が広いので、適度な幅にカットして使用しましょう。

スピナーベイトにおすすめのスナップ3選

【オーナー】カルティバ 剛力スナップ

モンスターフィッシュをターゲットにした超強力スナップです。

通常のスナップに比べて限界強度が遥かに高く、ランカーバスだけでなく、世界の怪魚まで対応可能です。

歪みにくく、パワーを損なわず、ダイレクトなフッキングが決まります。

【ダイワ】Dスナップライト

開閉がしやすく、スピーディーなルアー交換が可能なスナップです。

ワイド形状で、ルアーの動きを邪魔する事なく、フレキシブルにアクションさせる事ができます。

結び目がずれにくい構造となっており、テンポよく釣りを続けられます。

【エバーグリーン】EGワイドスナップ

ルアーの可動域を抑えず、アクションを最大限に活かすラウンドタイプのスナップです。

熱処理されたワイヤーは、細い線径ながら、高い強度と形状記憶性があります。

入数が多く、コストパフォーマンスが高いのも魅力です。

まとめ

ルアーチェンジをスピーディーにおこなえるスナップですが、スピナーベイトにそのまま装着してしまうと、非常に使いにくいものになってしまいます。

Oリングを装着すれば、スナップを使用できるようになるので、スナップユーザーのアングラーはぜひ、試してみてくださいね。

この記事を見たあなたにおすすめ

  1. スピナーベイトロッドおすすめ12選!スピナベに最適な専用ロッドはどれ?スピナーベイトロッドおすすめ12選!スピナベに最適な専用ロッドはどれ?