サワラ用ワイヤーリーダーおすすめ5選!太さ等の選び方も!

サワラ釣りに使われるワイヤーリーダーは、鋭い歯によるラインブレイクを防ぐ役割を担っています。

ワイヤーリーダーの評価はアングラーによって分かれるところですが、強度をアップすることによるメリットが多くあります。

ではサワラなどの牙系ターゲットには、どのような製品が適しているのでしょうか。

今回はサワラ釣りにおすすめのワイヤーリーダーを紹介いたします。

太さなどの選び方も解説しますので、サワラ狙いの参考にしてください。

野村裕紀
執筆者
  • 釣り歴21年
  • 年間釣行50日以上

愛知県在住で休日はもっぱら釣りのことばかり。20年前、友人に誘わて行った根魚釣りに魅了され自らタックルを揃えるように。今はエギングとジギングメインで、地元愛知や三重を中心に、福井や富山にも遠征します。デカイカをこよなく愛する3児(0~7歳)の父で、いつか一緒に釣り出来る日を夢見て日々奮闘中。

ワイヤーリーダーとは

ワイヤーリーダーは、ルアーゲームで一般的に使われるフロロやナイロンのショックリーダーより高い強度なのが特徴です。

ワイヤー製は魚のアタックによってリーダーごと切られるのを防ぐのに効果的で、サワラやサゴシ、タチウオなど鋭い歯を持つターゲットに適しています。

ただし金属製は水中で目立つため、フロロやナイロン製に比べて魚の反応が悪くなる可能性が捨てきれません。

とはいえ強度は高くなるため、ショア・オフショアを問わず使用できるアイテムですね。

サワラ釣りにワイヤーリーダーを使うメリット

鋭い歯を持つサワラを狙う時は、まず第一にルアーロストを避けることが求められます。

ワイヤーリーダーはルアーロストを防ぐだけでなく、太いフロロやナイロンリーダーより切れにくいのが特徴です。

またファイト中のリーダーカットを防ぐメリットもあり、フロント側にしかフックが付けれない状況においてはワイヤーリーダーが活躍するでしょう。

ルアーをロストしたくない人や初心者は、ワイヤーリーダーの使用がおすすめです。

サワラ用ワイヤーリーダーの選び方

太さの選び方

金属製のワイヤーリーダーは、出来る限り細いものを選びましょう。

太いものは潮流の抵抗を受けやすいだけでなく水中で目立つため、サワラに違和感を与えてしまいます。

違和感を与えて見切られることになれば、その日の釣果に大きな影響を与えかねません。

ワイヤーリーダーは使用するPEラインとショックリーダーを参考にしながら、目立ちにくい細いものがおすすめです。

長さの選び方

ワイヤーリーダーはルアーとショックリーダーの間に結束するのが一般的で、釣り場によって長さが異なります。

岸からキャスティングしてサワラを狙う場合、ワイヤーリーダーは10~15cm位が最適で、長くても20cm以内には収めてください。

船でのジギングでは、ワイヤーリーダーの長さは40~70cm程が適しています。

ワイヤーを長くするとラインブレイクは減りますが、ルアーの動きが悪くなるのがデメリットです。

特にショアではキャストとアクションを繰り返すため、短いワイヤーリーダーが扱いやすくて好まれます。

機能性で選ぶ

ワイヤーリーダーを選ぶ際は、パッケージ等に記載してある機能性をチェックすることが重要です。

しなやかで折れにくい形状記憶合金は、抜群の復元力と強度でサワラとのファイトを楽しめます。

また多くの製品がソフトワイヤーを採用しており、強度はそのままで極細なサイズ感を実現しました。

さらにはフロロやナイロンと直接結べるワイヤーもありますので、機能的な製品をぜひ選んでください。

サワラ用ワイヤーリーダーおすすめ5選

【がまかつ】
ワイヤーリーダーEX2(TU-148)

引用:Amazon

ワイヤーとスナップが一体化した音速パワースナップを採用し、ショアジギングでのサワラゲームに最適なアイテムです。

約10~20cmのサイズが異なる4タイプがラインナップし、サワラのアタックに対する強度も問題ありません。

またサワラだけでなくタチウオワインド釣法のジグヘッドにも完全対応するため、使い勝手の良いワイヤーリーダーです。

【土肥富】
odz形状記憶合金ワイヤーリーダー10cm(OS-13)

引用:Amazon

超極細7本撚りの形状記憶合金ワイヤーにより、ルアーアクションを妨げない軽さを備えたモデルです。

折れにくく高耐久性能を誇り、陸っぱりからのサワラキャスティングゲームに適しています。

結束力抜群のリングと強靭なトックリスナップを装備したことで、サワラの鋭い歯からラインブレイクを防いでくれるでしょう。

タチウオにも使える丁度よい長さのリーダーです。

【ヤマワ産業】
結べるワイヤー

引用:Amazon

極細8本撚りステンレスワイヤーとベクトランのハイブリッドモデルで、超しなやかな結べるワイヤーとして人気です。

マルチに結べるスリーブレスで、ショアジギングやオフショアジギングでのサワラ狙いに最適でしょう。

標準線径は#46(0.4mm)~#42(0.55mm)まで、フレキシブルに使える5m巻きです。

スマートなラインシステムを好む人には、欠かせないリーダーです。

【清光商店】
ワイヤーリーダー50cm

引用:Amazon

ブラックカーボンコーティングをすることで、水中で目立ちにくくサワラに見切られにくいワイヤーリーダーです。

ワイヤーの存在に違和感を覚え使用を控えていたアングラーにおすすめで、オフショアでのサワラやサゴシ狙いに適しています。

近海ジギングでの釣り方に合わせて、30cmや90cmなど好みの長さが選べるようになりました。

【ダイワ】
快適タチウオワイヤーリーダー150

引用:Amazon

汎用性が高くタチウオだけにとどまらずサワラにも適した、15cmサイズのワイヤーリーダーです。

ダークブラウン仕様のワイヤーは魚に警戒心を与えず、ショートサイズながら抜群の強力でルアーロストを防いでくれます。

3個入りでリーズナブルに購入できるため、初心者の方もコストを心配する必要がありません。

大手メーカーならではの安心感が高い製品です。

まとめ

ワイヤーリーダーはフィールドによる釣り方に合わせて、最適な長さで細めのものがおすすめです。

またタチウオ用は、そのままサワラに使える製品も多くあります。

サワラを狙う時はワイヤーリーダーを使って、ルアーロストを防ぎましょう。

紹介アイテム一覧

サワラ用ワイヤーリーダーの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

がまかつ
ワイヤーリーダーEX2(TU-148)
土肥富
odz形状記憶合金ワイヤーリーダー10cm(OS-13)
ヤマワ産業
結べるワイヤー
清光商店
ワイヤーリーダー50cm
ダイワ
快適タチウオワイヤーリーダー150