【2022年】ゼスタのショアジギングロッド全解説&おすすめ!評価はどう?

近年は釣りブームの影響もあって、エサ釣りやルアー釣りを問わず様々な釣法が楽しまれていますが、ショアジギングも非常に人気が高い釣りです。

そんな人気のショアジギングロッドですが、ぜひとも使っていただきたいのがゼスタのショアジギングロッドです。

高い性能を持っていながらもコストパフォーマンスに優れているので、2022年にぜひ使ってみてください。

評価やおすすめのモデルについてもご紹介しますので、ぜひチェックしてください。

ゼスタとは

ゼスタは静岡県下田市に本社を構える釣り具メーカーで、ロッドやルアー、ラインにアパレルグッズなど、様々なアイテムを展開しています。

コストパフォーマンスに優れたアイテムが多くラインナップされていますが、どれも基本性能が非常に高いので、人気の高いメーカーとなっています。

筆者もゼスタのメタルジグを気に入って使用していますが、いつもしっかりと釣果を出してくれる頼もしい存在となっています。

釣具店ではルアーの取り扱いがメインになっている事が多く、ロッドを直接店舗で見る事は中々出来ないかもしれませんが、良いロッドなので、見かけた際はぜひ直接手に取って確認してみてください。

ゼスタのショアジギングロッドの特徴や評価、比較

ゼスタのショアジギングロッドはコストパフォーマンスに優れたラインナップとなっていますが、価格が高めのモデルもラインナップされています。

そのため、初心者からベテランの方まで選ぶ事の出来る充実のラインナップとなっています。

性能面は高く、デザインもかっこいいものになっているので、多くの方から人気を集めるのも納得出来るスペックとなっています。

他社のショアジギングロッドと比べると、上記でも述べましたが中々店頭に置いてある釣具店がないため、直接手に取って確認が出来ないのが惜しいポイントとなっています。

地域性も関係してくるでしょうが、関西ではあまり見かけた事がありません。

釣具店の方に言えば取り寄せなども可能かとは思いますが、その際は一度問い合わせをしてからにする事をおすすめします。

ゼスタのショアジギングロッド全シリーズ一覧&おすすめ

ゼスタのショアジギングシリーズは大きく分けると、3つのシリーズから構成されており、番手の一つ一つが個性的となっています。

そのため、同じシリーズ内とはいえ、別のロッドの気分で選ぶ事が可能となっています。

ゼスタのショアジギングロッドは以下3つのシリーズです。

  • ランウェイSLS
  • ランウェイSRF
  • ランウェイXR

どれも個性派揃いとなっているので、ぜひお気に入りの一本を見つけてみてください。

ランウェイSLS

本ロッドは、スーパーライトショアジギングに特化したロッドとなっており、力に自信のない女性の方でも気軽に扱う事が出来るロッドとなっています。

スーパーライトショアジギングでは20g前後のメタルジグを扱うため、重すぎない比重となっています。

そのため、身近な堤防や漁港でも気軽に使用する事が出来るので、使用出来るフィールドが非常に幅広いのが特徴的となっています。

細いPEラインを使用すれば20gでも抜群の飛距離を叩き出す事が出来るので、飛距離に不安を感じている方は安心してください。

スーパーライトショアジギングなので小型から中型の青物や根魚がメインターゲットとなりますが、不意に大物が掛かってもしっかりとやり取りをする事が出来るパワーは持ち合わせているので、その点もご安心ください。

番手一覧

以下がランウェイSLSに用意されている4つの番手です。

  • S84 バーサタイルシューター
  • S94スーパーロングシューター
  • S91-S ソリッドロングシューター
  • S90 MOBILE モバイルロングシューター

一般的な番手の後に、個性的な呼び名が付いているのが特徴的です。

どれも基本的にスーパーライトショアジギングに特化したロッドなので、パワーはしっかりと備えています。

おすすめモデル

4モデルの中からおすすめの番手を2つ厳選しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

S94スーパーロングシューター

本ロッドは、飛距離の出しやすさと操作性の高さを上手く実現する事が出来るレングスに仕上がっており、初心者の方でも扱いやすいのが特徴的です。

20gのメタルジグをキャストしやすい調子になっているので、気持ちよくかっ飛ばす事が出来ます。

S90 MOBILE モバイルロングシューター

本ロッドは、名前にある通り、携帯性に優れたパックロッド使用のスーパーライトショアジギングロッドです。

5本継になっており、仕舞い寸法が63cmという驚きのコンパクトさを実現しているので、バイク釣行や電車釣行などで大活躍してくれるロッドとなっています。

ランウェイSRF

本ロッドは、サーフでの使用を想定して作られたライトショアジギングロッドです。

様々な状況に対応出来る様に、メタルジグはもちろんの事、プラグルアーやワーム系などのルアーにも対応している懐の深いロッドとなっています。

サーフでは飛距離を稼ぐ事が重要となるので、ゼスタのショアジギングロッドの中でもレングスの長いロッド構成となっています。

水流の変化やボトム感知能力の高いロッドに仕上がっているので、サーフでの使用感は抜群となっています。

ターゲットも中型の青物や根魚、フラットフィッシュなど、様々な魚種を狙う事が出来るので、不意に大物が掛かっても安心のパワーを備えています。

もちろん、サーフ以外での使用も快適にこなす事が出来るでしょう。

番手一覧

本ロッドは全体的に長いロッドの構成となっているので、どれも飛距離を出しやすくなっています。

  • 10ML バーサタイルリアクター
  • 10.1L-F フィネススタイル
  • 10.3M マルチナビゲーター

おすすめモデル

10ML バーサタイルリアクター

本ロッドは、7~40gという幅広いルアーをキャスト、アクションさせる事が出来るバーサタイルなライトショアジギングロッドです。

MLの柔らかさなので決して硬すぎる事がなく、食わせる事も得意としているロッドとなっています。

10.3M マルチナビゲーター

本ロッドは、30~40g程度のメタルジグをストレスなくキャストする事が出来る仕様となっています。

細かなアクションを入れる事も得意としているので、テクニカルに扱える一本となっています。

アクションを積極的に入れていきたい方には、非常におすすめとなっています。

ランウェイXR

本ロッドは、ランウェイシリーズの中では最も本格的なショアジギングを楽しむ事が出来るモデルとなっており、価格も最も高い位置に属します。

その分使用感やパワーは格別なものとなっており、大型の青物が掛かっても真っ向から対抗する事が可能となっています。

ラインナップも今までのシリーズ同様、魅力的なものが展開されていますので、選ぶ楽しさもあります。

ちなみにXRは、X’TREME RUNNERの略となっており、第一線を走り続けるアングラーをサポートしたいという想いから名づけられています。

ランウェイXRのサポートを受ければ、堤防や漁港、沖堤防、地磯や沖磯など、様々な場所で大型のターゲットが掛かっても安心出来ます。

番手一覧

本ロッドの番手は以下の4モデルです。

パワーが他のシリーズより強めのパワー設定になっているため、大型のターゲットが掛かっても安心して対応できます。

  • 97MMH ザ クロスカンター
  • 10MMH ザ ミッドシューター
  • 106MH ザ バーサルコマンダー
  • 11MH ブルークローム

おすすめモデル

97MMH ザ クロスカンター

本ロッドは、9.7フィートというレングスで初心者の方でもキャストしやすくなっており、後ろに障害物があってあまりテイクバックが取れないという様な場合にも活躍するロッドです。

様々な場所で活躍するロッドなので、非常におすすめの一本となっています。

106MH ザ バーサルコマンダー

本ロッドは、メタルジグはもちろんの事、ポッパーやミノーといったプラグルアーなども扱いやすいモデルとなっています。

10.6フィートの長さがあるので、足元に根がある様なフィールドでも安心して使用する事が出来ます。

まとめ

ゼスタのショアジギングロッドは他社メーカーにはあまりない様な個性派揃いで、選ぶ事すらも楽しくなっています。

ぜひ、皆さんもゼスタのショアジギングロッドを使って、楽しいショアジギングライフを送ってください。