ショアジギング用リュックおすすめ10選!青物釣りで便利なバックを厳選!

様々な青物を狙うショアジギングは、手持ちの荷物がどうしても多くなりがちです。

そんな時はリュックタイプの釣りバックで、両手をフリーな状態にしてポイントまで移動したくなります。

ショアジギング用リュックは種類も多く、初心者には最適なモデルを中々選びきれません。

今回はショアジギングに適したおすすめのリュックを紹介いたしますので、バック選びの参考にして下さい。

野村裕紀
執筆者
  • 釣り歴21年
  • 年間釣行50日以上

愛知県在住で休日はもっぱら釣りのことばかり。20年前、友人に誘わて行った根魚釣りに魅了され自らタックルを揃えるように。今はエギングとジギングメインで、地元愛知や三重を中心に、福井や富山にも遠征します。デカイカをこよなく愛する3児(0~7歳)の父で、いつか一緒に釣り出来る日を夢見て日々奮闘中。

ショアジギングに適したリュックの選び方

サイズと容量

ショアジギングと言ってもフィールドも様々で、狙う青物も様々です。

対象幅の広いショアジギング用リュックを選ぶには、釣るポイントとターゲットを決めてサイズ選びをする必要があります。

比較的軽装備で手軽な堤防からのショアジギングは、25~35Lサイズのリュックで問題ありません。

予備タックルを持参して小物を合わせても十分に収納できる容量です。

逆にフル装備になる地磯や沖磯では、両手がフリーになる位の容量を持つバックパックを選んでおきましょう。

容量としては35~70Lのモデルで、荷物を詰めてもまだ余裕のできるリュックがおすすめです。

防水性能

釣りバックとして使うリュックには、しっかりした防水性能が求められます。

現在販売されている製品は、完全防水仕様のモデルと完全ではないが防水機能が極めて高いモデルの2種類です。

リュックを選ぶ際には、フィールドの環境や条件が決め手となりますので事前にチェックしておいて下さい。

水しぶきが頻繁に降りかかる磯ではウォータープルーフ仕様の完全防水モデルがおすすめです。

完全防水で無いモデルであれば、止水ファスナーや撥水加工された生地を使うバックパックを選んでおきたいですね。

製品の耐久性にも関わる防水性能は、ショアジギングでは必ず必要な機能と言えます。

多機能

ショアジギング用リュックは、多機能であればあるほどその真価を発揮します。

ウェストベルトは、背負った時にアングラーの肩にかかる負荷を軽減してくれる機能です。

セパレーター付きのリールロッカーは、不意に衝撃があってもリールがキズ付きません。

小物収納ポケットやホルダーも、ポイント移動時にアングラーの負担を軽くする機能的な装備です。

メーカーや製品によって機能は様々で、後から後悔しないよう事前にチェックしておくことをおすすめします。

ショアジギング用リュックおすすめ10選

【OWNER】
撃投タフクライムバッグ65(8941)

磯釣りで必要な機能を兼ね備えた汎用性の高いバックパックです。

65Lの大容量でありながら背負いやすく、足場の悪いフィールドでの移動にも適しています。

釣り上げた青物を運搬するにも適してして、使用後は洗うこともできるため臭いが付いたりしません。

軽くて強い生地でできており、荷物の多いショアジギングでのリュックにおすすめです。

【シマノ】
システムバッグXT(DP-072K)

ショアジギングの釣行でも安心の大容量タイプで、小物収納スペースが多いのが特徴的です。

生地は水や汚れに強い防水タイプで、細部には止水ファスナーを使用するこだわりが見られます。

自慢のリールロッカーは補強クッションが内蔵されており、運搬時でもリールが傷つきません。

防水性と多機能性で候補に入れておきたいモデルの一つです。

【ダイワ】
カゴパックL(A)

何でもかんでも入れることが出来る大容量で、ショアジギングで荷物が多い時にもおすすめのモデルです。

15kgまでの耐荷重があるタイプですが、背負ってみると重さを感じない快適さも備わっています。

防水加工されたナイロン生地にフレームが軽量アルミ合金使用で、ちょっとやそっとじゃ壊れません。

機動性と機能性に優れたバックパックです。

【ダイワ】
システマサーフバッグL(E)

サーフゲームに必要な機能を備え、機能面に優れた人気のバックパックです。

上部と下部が取り外し可能な2層構造になっており、扱い易さも群を抜いています。

リールが収納できる下部バッグは、セパレーターが付いていてリール同士が接触しません。

止水ファスナーと被せ蓋で防水効果を高めており、中身が濡れないのも嬉しいですね。

【ダイワ】
エメラルダス タクティカルバックパック(B)

抜群の撥水性能を誇り、元はエギング用に開発された高機能なバックパックです。

上下2層構造の下部は簡易保冷室となっていて、小型の青物や飲み物を保管するのに適しています。

また立体背面クッションは、通気性が良く長時間背負っていても蒸れたりしません。

汎用性と機能性が高いモデルなので、ショアジギングのリュックとしても最適な逸品です。

【MAZUME】
磯バッグmazume×AIMSウォータープルーフバックパックⅡ(MZBK-319-01)

フル装備で大型青物を狙うなら候補に入れておきたいモデルで、他にはない70Lの大容量が魅力です。

あらゆる荷物が収納できるため、タフなフィールドでの歩行時もほとんど疲れません。

タックルだけでなく釣った魚も収納できる設計なので、クーラーを車に置いておいても安心ですね。

完全防水仕様で耐久性も高いので長く使えるコスパの良い商品です。

【Stream Trail】
DRY TANK 60L D2

防水性能とデザイン性に優れ、釣りからアウトドアまで幅広く利用されている人気のバックパックです。

完全防水では無いものの抜群の防水性を誇り、ショアジギングでの使用にも適しています。

テントにも使われる生地を使っており、タフな状況下でも簡単に裂けたり破れたりしません。

内部に溜った水分を排出するドレインを備えています。

【タカミヤ】
フィッシュキャリークールバックパックREAL METHOD

完全防水仕様でソフトクーラーとしても使えるリーズナブルなモデルです。

バックパックとしての機能が十分備わっており、ショアジギングで使用するにも問題ありません。

キャリーハンドルやウエストベルト装備で、用途に応じて使い分けできるのがいいですね。

内部はインバッグ構造になっていて、取り出して丸洗いできる優れものです。

【BLUESTORM】
ドライバッグL(BST-TPB1)

多めの荷物での磯歩きに適した60Lの大容量モデルで、高い防水性能を誇っています。

ギャフやケースを簡易的に収納可能なモールドシステム装備で、両手をフリーにして磯場をランガンできます。

肩部分のクッションを高くすることで、長時間使用しても疲れません。

合羽など濡れたアイテムを収納するのに適したサイズ感も注目ポイントです。

【アブガルシア】
システムバックパック25L

堤防からの手軽なショアジギングに適した25Lタイプのバックパックです。

完全防水ではありませんが、水を弾く効果の高いPU加工を生地に施して防水性を高めています。

釣り場だけでなくタウンユースとしても使える機能性とデザイン性は、リュック選びのポイントとしても見逃せません。

別売りアタッチメントで拡張できるのも楽しみな多機能モデルです。

まとめ

ショアジギング用バックパックは、荷物量やフィールドに応じたサイズを選ぶのがおすすめです。

その上で防水性や機能性を加味して最適なモデルを手に入れて下さい。

お気に入りのリュックは、ショアジギングだけでなくアウトドアで使うのもアリですね。

紹介アイテム一覧

ショアジギングのリュックの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

OWNER
撃投タフクライムバッグ65(8941)
シマノ
システムバッグXT(DP-072K)
ダイワ
カゴパックL(A)
ダイワ
システマサーフバッグL(E)
ダイワ
エメラルダス タクティカルバックパック(B)
MAZUME
磯バッグmazume×AIMSウォータープルーフバックパックⅡ(MZBK-319-01)
Stream Trail
DRY TANK 60L D2
タカミヤ
フィッシュキャリークールバックパックREAL METHOD
BLUESTORM
ドライバッグL(BST-TPB1)
アブガルシア
システムバックパック25L

この記事を見たあなたにおすすめ

  1. ショアジギングの便利グッズおすすめ8選!あると快適な道具を紹介!ショアジギングの便利グッズおすすめ8選!あると快適な道具を紹介!
  2. 【LSJ】ライトショアジギング用メタルジグおすすめ10選!重さや色(カラー)の選び方!【LSJ】ライトショアジギング用メタルジグおすすめ10選!重さや色(カラー)の選び方!
  3. シマノのショアジギングロッドおすすめ10選!初心者に適した安い竿も紹介!シマノのショアジギングロッドおすすめ10選!初心者に適した安い竿も紹介!
  4. ヒラスズキ&青物(ショアジギング)兼用ロッドおすすめ6選!違いは何?両方を楽しめる竿を紹介!ヒラスズキ&青物(ショアジギング)兼用ロッドおすすめ6選!違いは何?両方を楽しめる竿を紹介!
  5. ショアジギング用ルアーケースおすすめ8選!ジグやプラグを便利に収納!ショアジギング用ルアーケースおすすめ8選!ジグやプラグを便利に収納!
  6. ショアジギング用フィッシングプライヤーおすすめ5選!青物釣りで人気な製品を厳選!ショアジギング用フィッシングプライヤーおすすめ5選!青物釣りで人気な製品を厳選!
  7. アブガルシアのショアジギングロッドおすすめ10選!3ピースロッドのLSJロッドも紹介!アブガルシアのショアジギングロッドおすすめ10選!3ピースロッドのLSJロッドも紹介!
  8. 【青物】ショアジギング用バイブレーションおすすめ8選!重さやカラー、釣れるアクションを解説!【青物】ショアジギング用バイブレーションおすすめ8選!重さやカラー、釣れるアクションを解説!
  9. ダイワのショアジギングロッドおすすめ12選!安い竿や3ピースロッドも紹介!ダイワのショアジギングロッドおすすめ12選!安い竿や3ピースロッドも紹介!
  10. 初心者向けショアジギングロッドおすすめ10選!シマノやメジャークラフト等から厳選!初心者向けショアジギングロッドおすすめ10選!シマノやメジャークラフト等から厳選!
  11. 【青物】ショアジギング用メタルジグおすすめ20選!重さやカラー、釣れるアクションを解説!【青物】ショアジギング用メタルジグおすすめ20選!重さやカラー、釣れるアクションを解説!
  12. ショアジギング用ショックリーダーおすすめ10選!長さや太さ(号数)、結び方を解説!ショアジギング用ショックリーダーおすすめ10選!長さや太さ(号数)、結び方を解説!
  13. ショアジギングセットおすすめ8選!手軽に入門できるロッドやリール等の道具一式を紹介!ショアジギングセットおすすめ8選!手軽に入門できるロッドやリール等の道具一式を紹介!
  14. シーバス&青物(ショアジギング)兼用リールおすすめ6選!違いは何?両方を楽しもう!シーバス&青物(ショアジギング)兼用リールおすすめ6選!違いは何?両方を楽しもう!
  15. ショアジギング用ロッドケースおすすめ10選!リールインタイプも!ロックショアに最適!ショアジギング用ロッドケースおすすめ10選!リールインタイプも!ロックショアに最適!
  16. ショアジギング用ポッパーおすすめ8選!使い方や重さの選び方を紹介!ショアジギング用ポッパーおすすめ8選!使い方や重さの選び方を紹介!
  17. ショアジギング用タックルバッカンおすすめ10選!サイズや機能性等の選び方を紹介!ショアジギング用タックルバッカンおすすめ10選!サイズや機能性等の選び方を紹介!
  18. シーバス&青物(ショアジギング)兼用ロッドおすすめ8選!違いは何?両方を同じ竿で楽しもう!シーバス&青物(ショアジギング)兼用ロッドおすすめ8選!違いは何?両方を同じ竿で楽しもう!
  19. ショアジギング用ミノーおすすめ8選!アクション等の使い方や重さの選び方を紹介!ショアジギング用ミノーおすすめ8選!アクション等の使い方や重さの選び方を紹介!
  20. ショアジギング対応ベイトリールおすすめ8選!コスパが良い安いリールも紹介!ショアジギング対応ベイトリールおすすめ8選!コスパが良い安いリールも紹介!
  21. ショアジギング用ベイトロッドおすすめ12選!シマノやダイワ等の人気ロッドを厳選!3ピースも!ショアジギング用ベイトロッドおすすめ12選!シマノやダイワ等の人気ロッドを厳選!3ピースも!
  22. 3ピースのショアジギングロッドおすすめ10選!シマノやダイワ、アブガルシア等の3ピースロッドを紹介!3ピースのショアジギングロッドおすすめ10選!シマノやダイワ、アブガルシア等の3ピースロッドを紹介!
  23. ショアジギング用PEラインおすすめ12選!最適な号数(太さ)の選び方を解説!ショアジギング用PEラインおすすめ12選!最適な号数(太さ)の選び方を解説!
  24. 11ft台のショアジギングロッドおすすめ8選!メリットデメリットを解説!11ft台のショアジギングロッドおすすめ8選!メリットデメリットを解説!
  25. ショアジギング用クーラーボックスおすすめ10選!サイズや保冷力等の選び方を解説!安い製品あり!ショアジギング用クーラーボックスおすすめ10選!サイズや保冷力等の選び方を解説!安い製品あり!
  26. 軽いショアジギングロッドおすすめ10選!軽量で扱いやすく疲れにくい竿を紹介!軽いショアジギングロッドおすすめ10選!軽量で扱いやすく疲れにくい竿を紹介!