【シーバス】バチ抜けタックルの選び方!適したPEラインやリーダー等も紹介!

シーバスが一年で最も釣りやすいとされているバチ抜けパターンはシーバス入門者にも嬉しい最強のシーズナルパターンといえるでしょう。

ただ、バチ抜けパターンには最適なタックルやセッティングがあり、この点を間違ってしまうといくら釣りやすいとされているバチ抜けパターンでも釣果が出ない場合もあります。

そこで今回はバチ抜けタックルの選び方や適したPRラインやリーダー等もご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

バチ抜けのタックルに求める点は?

さまざまなシーズナルパターンが存在するシーバスゲームにおいて、タックルやセッティングを合わせることは非常に重要であり、またシーバスゲームの楽しさでもあるといって間違いありません。

もちろん、バチ抜けパターンにも最適なタックルセッティングが存在するため、どういった点に注目すべきかを覚えておくと釣果を上げやすくなるでしょう。

パワーよりも感度重視のセッティング

バチ抜けパターンのシーバスは産卵期を終えたいわばアフタースポーンの状態であり、この時期はシーバスもベイトを追い回せるほどまだ体力が回復していません。

そのため、遊泳力がなく捕食しやすいバチを好んで選ぶわけですが、バイトも普段より弱々しい場合が多く、モゾっとしたアタリなどわかりにくい時もあります。

そのため、タックルのセッティングでまず重視したい点がシーバスの弱々しいバイトも感知できる感度重視のセッティングが必須といっても過言ではありません。

ソリッドティップでアワセやすく

バチを捕食する時のシーバスのバイトは普段のベイトを捕食する時のようなゴンっと強いモノではなく、モソっと吸い込むようなバイトが多いため、ルアーによってはアタリがあってもノらない場合もあります。

そんな時には食い込みのよいソリッドティップがおすすめで、ティップ自体が食い込みやすい素材のため、シーバスの吸い込むようなバイトも逃さず、巻き合わせでも比較的簡単にフッキングが決まりやすいでしょう。

適合ルアーウエイトも注目

バチ抜けで使用するルアーはスリムフォルムや軽量なものが多いため、ロッドの適合ルアーウエイトにも注目することでキャストのしやすさや操作性、感度の面でも向上するといって間違いありません。

あまりにヘビータックルでバチルアーをキャスト、コントロールしようとしても難しく、繊細な流れを感じ取ることも分かりにくくなってしまうでしょう。

ある程度軽めのルアーを扱いやすい適合ルアーウエイトのロッドを選ぶことをおすすめします。

バチ抜けに最適なタックルは?

流れを感じられる感度やシーバスの吸い込むようなバイトをフッキングに持ち込める性能などを考慮するとバチ抜けに最適なタックルがみえてきます。

上手く特性に合ったタックルを使用することでより釣果を伸ばすことも可能となるでしょう。

ロッド

バチ抜けパターン時のシーバスはベイトを追い回すほどに体力が回復していないため、バイトも吸い込むようなナチュラルなものが多いです。

ロッドは軽さと感度を重視したもので、適合ルアーウエイトも5~20g程度までがおすすめといえます。

さらに、吸い込むようなバイトも確実にフッキングできる食い込みの良いソリッドティップのロッドがバチ抜けパターンには最適といって間違いありません。

リール

バチは遊泳力がないため流れにのった漂う姿をイミテートするにはゆっくりと巻くスローリトリーブが必要となってきます。

その際にはリールもハイギアよりもノーマルギアがおすすめといえるでしょう。

ハイギアではどうしても巻き取り量が多くなり早く巻いてしまいやすいため、ノーマルギアの方がスローリトリーブに適しているといえます。

また、軽いものは流れも感じ取れるためドリフト釣法でも流れを感知しやすく、余分な糸ふけだけを取る繊細な釣りも行いやすいといって間違いありません。

バチ抜けに適したラインとは?

さまざまなシーズナルパターンに合わせてチョイスしたいのはロッドやリールだけではありません。

バチ抜けパターンではメインラインやリーダーもそれに合わせて選ぶことでより釣果を伸ばすことが可能です。

特にラインは釣り人とシーバスを繋ぐ唯一のもののため、熟練者ほど重視しているポイントといっても過言ではありません。

メインライン

軽量でスリムなルアーを選ぶことが多いバチ抜けパターンでは、通常のシーバスゲームで使用するラインよりも細いものを選ぶと間違いありません。

また、表層でのレンジ攻略が必要となる場合も多いためPEラインがおすすめです。

太さは0.6~0.8号程度を選ぶようにするとよいでしょう。

リーダー

メインラインが細くなるため、リーダーもそれに合わせて細くする必要がありますが、ストラクチャーなどの根ズレにも対策が必要となるため、素材はフロロカーボンのリーダーがおすすめです。

太さは2.5~3.5号程度がおすすめといえるでしょう。

あまり太いとキャスト飛距離がでにくく、ラインのテンションでルアーが引っ張られてしまいやすくなり、また逆に細すぎると不意の大物にも対応しにくくなってしまうからです。

他にも重要なポイント

メインラインやリーダーも重要ですが、それらと合わせてより注目したいのが、ラインとルアーを繋ぐスナップやフックのセッティングです。

この点もしっかりと調整しておくことでわずかな差でも特に大きな釣果の差を生むこととなるといっても過言ではありません。

スナップ

バチ抜けパターンでは軽量のルアーを使用することも多く、スナップ自体が大きいとせっかくのルアーのナチュラルなアクションを損ねてしまうなど、性能が上手く引き出せないこともあります。

なるべく1cm程度の小さめのスナップを使用することでルアーの動きを邪魔しないため、よりナチュラルにバチをイミテートすることが可能です。

フックセッティング

フックのセッティングはバチ抜けに限らず重要といって間違いありません。

特に泳ぎ過ぎないルアーはバチの動きを演出しやすいため、フックもワンサイズダウンするなど行うことで、より自然なバチの姿に近づけることができるでしょう。

また、吸い込むようなバイトが多いため、フッキングが決まりにくい場合はダブルフックなどに交換してみるとよいでしょう。

バチ抜けに最適なルアー

バチは基本的に遊泳せずただ流れにのって漂うものが多いため、ルアーもアクションしすぎず泳ぎすぎないものを選ぶとよいでしょう。

フローティングミノー

バチ抜け時の必須ともいえるルアーで、特にスリムなシルエットのものがおすすめです。サイズは7~12cm程度の大きさまでが扱いやすいですが、中には15cm以上のものでバイトがある場合もあります。

重要なのはスリムなシルエットであることで、この点は特に注目して選ぶとよいでしょう。

シンキングペンシル

表層での反応が主なバチ抜けパターンですが、中層やボトム付近でもバイトがある場合もあるため、シンキングペンシルは重宝すること間違いなしです。

ひとつあるだけで中層やボトム攻略はもちろん、表層もカバーできる点はバチ抜けにおいて大きなアドバンテージといえるでしょう。

また、バチ特有のナチュラルな波動も演出しやすいため、イミテートする上でもこれ以上ないルアーといえます。

その他

フローティングミノーやシンキングペンシル以外にも使えるルアーはまだあります。

ジグヘッドとワームのリグやスリムタイプのバイブレーションなどは状況によっては、パターンにハマることもあるため、用意しておくとあらゆるパターンにも対応が効くためおすすめです。

まとめ

シーバスを釣り上げる上で最高の条件でもあるバチ抜けパターンですが、最適なタックルを選び使うことで、より釣果を上げることも夢ではありません。

ぜひ、この機会にバチ抜けに最適なタックルを手に入れて、より奥深いシーバスゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事を見たあなたにおすすめ

  1. シーバスのナイトゲーム用ルアー&ワームおすすめ12選!夜釣りのカラーの選び方!シーバスのナイトゲーム用ルアー&ワームおすすめ12選!夜釣りのカラーの選び方!
  2. 【デイシーバス】デイゲーム用ルアー&ワームおすすめ10選!昼間でも釣れる!春夏秋冬の使い方!【デイシーバス】デイゲーム用ルアー&ワームおすすめ10選!昼間でも釣れる!春夏秋冬の使い方!
  3. Lクラスのシーバスロッドおすすめ8選!ライトロッドの使い道やメリットデメリットを解説!Lクラスのシーバスロッドおすすめ8選!ライトロッドの使い道やメリットデメリットを解説!
  4. シーバス釣り用フィッシングプライヤーおすすめ6選!コスパ最強の針外しプライヤーも紹介!シーバス釣り用フィッシングプライヤーおすすめ6選!コスパ最強の針外しプライヤーも紹介!
  5. シーバス用ワームおすすめ10選!色(カラー)の選び方!アクション等の使い方も!シーバス用ワームおすすめ10選!色(カラー)の選び方!アクション等の使い方も!
  6. 3000番のシーバスリールおすすめ6選!3000番を使うメリット・デメリットは?3000番のシーバスリールおすすめ6選!3000番を使うメリット・デメリットは?
  7. シーバス釣り用クーラーボックスおすすめ8選!サイズ(容量)や保冷力等の選び方を紹介!シーバス釣り用クーラーボックスおすすめ8選!サイズ(容量)や保冷力等の選び方を紹介!
  8. シーバス釣り用ウエストバッグおすすめ12選!おかっぱりをランガンできるヒップバッグを厳選!シーバス釣り用ウエストバッグおすすめ12選!おかっぱりをランガンできるヒップバッグを厳選!
  9. コスパ良し!シーバス用バイブレーションおすすめ10選!アクション等の使い方!重さやカラーの選び方も!コスパ良し!シーバス用バイブレーションおすすめ10選!アクション等の使い方!重さやカラーの選び方も!
  10. シーバス釣りにフロロは向いていない?メリット・デメリットを解説!太さ(号数)は何号が最適?シーバス釣りにフロロは向いていない?メリット・デメリットを解説!太さ(号数)は何号が最適?
  11. シーバスはチャターベイトで釣れる?使い方やおすすめ製品を紹介!シーバスはチャターベイトで釣れる?使い方やおすすめ製品を紹介!
  12. シーバス釣り用ナイロンラインおすすめ8選!太さ(号数)の選び方!3号(12lb)がベスト?シーバス釣り用ナイロンラインおすすめ8選!太さ(号数)の選び方!3号(12lb)がベスト?
  13. シーバス用スピンテールジグおすすめ6選!アクション等の使い方を紹介!シーバス用スピンテールジグおすすめ6選!アクション等の使い方を紹介!
  14. シーバス用シャッドプラグおすすめ6選!ルアーアクション等の使い方を紹介!シーバス用シャッドプラグおすすめ6選!ルアーアクション等の使い方を紹介!
  15. シーバス用ビッグミノーおすすめ6選!釣れるアクション等の使い方を紹介!シーバス用ビッグミノーおすすめ6選!釣れるアクション等の使い方を紹介!
  16. シーバス用クランクベイトおすすめ6選!アクション等の使い方!ディープクランクも紹介!シーバス用クランクベイトおすすめ6選!アクション等の使い方!ディープクランクも紹介!
  17. 【シーバス】ベイトリールに適したPEラインおすすめ8選!太さ(号数)は何号が最適?【シーバス】ベイトリールに適したPEラインおすすめ8選!太さ(号数)は何号が最適?
  18. 釣れないを解決!シーバス用メタルジグおすすめ10選!ただ巻き等のアクションを紹介!重さや色の選び方も!釣れないを解決!シーバス用メタルジグおすすめ10選!ただ巻き等のアクションを紹介!重さや色の選び方も!
  19. シーバス用メタルバイブおすすめ10選!鉄板ルアーの使い方や重さ・カラーの選び方も!シーバス用メタルバイブおすすめ10選!鉄板ルアーの使い方や重さ・カラーの選び方も!
  20. 【シーバス】バチ抜けとは?時期を解説!釣り方のポイントやコツを紹介!【シーバス】バチ抜けとは?時期を解説!釣り方のポイントやコツを紹介!
  21. シーバス用フローティングペンシルおすすめ8選!釣れるアクション等の使い方を紹介!シーバス用フローティングペンシルおすすめ8選!釣れるアクション等の使い方を紹介!
  22. シーバス用スプーンおすすめ6選!釣れるアクション等の使い方を紹介!シーバス用スプーンおすすめ6選!釣れるアクション等の使い方を紹介!
  23. シーバスのマイクロベイトパターン攻略ルアー&ワーム8選!おすすめを紹介!シーバスのマイクロベイトパターン攻略ルアー&ワーム8選!おすすめを紹介!
  24. シーバスリールでダブルハンドルを使うメリットとは?おすすめハンドルも紹介!シーバスリールでダブルハンドルを使うメリットとは?おすすめハンドルも紹介!
  25. シーバス用ビッグペンシルベイトおすすめ6選!釣れるアクション等の使い方を紹介!シーバス用ビッグペンシルベイトおすすめ6選!釣れるアクション等の使い方を紹介!
  26. シーバス用シンキングペンシルおすすめ8選!シンペンのアクション等の使い方を紹介!シーバス用シンキングペンシルおすすめ8選!シンペンのアクション等の使い方を紹介!
  27. シーバス用レバーブレーキリールおすすめ6選!必要性やメリット・デメリットを紹介!シーバス用レバーブレーキリールおすすめ6選!必要性やメリット・デメリットを紹介!
  28. シーバス用ポッパーおすすめ8選!釣れる使い方やメリット・デメリットを紹介!シーバス用ポッパーおすすめ8選!釣れる使い方やメリット・デメリットを紹介!
  29. 中級者向けシーバスリールおすすめ8選!ミドルクラスを使って脱初心者に!中級者向けシーバスリールおすすめ8選!ミドルクラスを使って脱初心者に!
  30. 4000番のシーバスリールおすすめ6選!4000番を使うメリット・デメリットは?4000番のシーバスリールおすすめ6選!4000番を使うメリット・デメリットは?
  31. 2500番のシーバスリールおすすめ6選!2500番を使うメリット・デメリットは?2500番のシーバスリールおすすめ6選!2500番を使うメリット・デメリットは?
  32. 【シーバス】バチ抜けワームおすすめ6選!最強バチワームはどれ?選び方や使い方も紹介!【シーバス】バチ抜けワームおすすめ6選!最強バチワームはどれ?選び方や使い方も紹介!
  33. 上級者向けの高級シーバスリールおすすめ6選!ハイエンドな高いリールを紹介!上級者向けの高級シーバスリールおすすめ6選!ハイエンドな高いリールを紹介!
  34. ボートシーバス最強ルアーおすすめ10選!釣れるミノー等を紹介!選び方も!ボートシーバス最強ルアーおすすめ10選!釣れるミノー等を紹介!選び方も!
  35. ボートシーバス用ベイトロッドおすすめ12選!長さや硬さ等の選び方も紹介!ボートシーバス用ベイトロッドおすすめ12選!長さや硬さ等の選び方も紹介!
  36. 【シーバス】バチ抜けルアーおすすめ12選!最強バチルアーはどれ?パターン攻略法も紹介!【シーバス】バチ抜けルアーおすすめ12選!最強バチルアーはどれ?パターン攻略法も紹介!
  37. 【シーバス釣り】バチ抜けロッドおすすめ8選!最強に使えるバチ抜け竿はどれ?硬さや長さの選び方も!【シーバス釣り】バチ抜けロッドおすすめ8選!最強に使えるバチ抜け竿はどれ?硬さや長さの選び方も!

みんなが使っている
便利アイテム特集

「知ってるけど使ったことがない…」
あなたにもそんなアイテムはありませんか?
もっと早く使えば良かった
後悔する前に検討してみては?

クーラーボックスに付けるロッドホルダーおすすめ1…
壁掛け式ロッドスタンドおすすめ8選!おしゃれでス…
釣り用の椅子おすすめ15選!コンパクトな折りたた…
サーフ用ロッドスタンドおすすめ8選!投げ釣り等で…
これで解決!スピナベ収納ケースおすすめ11選!ス…
おかっぱり必携!腰用ロッドホルダーおすすめ18選…
最強のルアーキャッチャーおすすめ16選!根掛かり…
釣り用UVライトおすすめ12選!最強に使える強力…
コスパ最強!安い偏光サングラスおすすめ10選!高…
もう悩まない!ワームフック収納方法まとめ!バス釣…
ロッドティップカバーおすすめ14選!必要性や使い…
釣り用メッセンジャーバッグの選び方とおすすめ10…
フックシャープナーおすすめ12選!ルアーフックの…
フックキーパーおすすめ17選!ロッドに後付できて…
釣りに最適な電熱ベストおすすめ12選!極寒にも耐…
ネコリグチューブおすすめ10選!ワームの身切れを…
釣り用ヒップバッグおすすめ21選!大容量で防水機…
夜釣りで便利!ネックライトの選び方とおすすめ10…
コスパ最強!釣り専用の腕時計おすすめ12選!安い…
リール式ストリンガーおすすめ5選!ゴールデンミー…
安いけど釣れる激安ビッグベイト8選!高いビッグベ…
釣り用フィッシングメジャーおすすめ20選!ワイド…