海サクラマス用ショックリーダーおすすめ5選!太さや長さの選び方!

近年釣り用ラインは多様化し、適材適所選べるようになりましたが、そこで欠かせない存在になったのが、ショックリーダーです。

PEラインと組み合わせることで欠点を補い、長所を伸ばしあうためのもので、もちろん海サクラマス釣りにも有効です。

太さや長さ、素材などはその釣りに応じて選ぶ必要があります。

そこで今回は、海サクラマスのショックリーダーについて、選び方や使い方と、おすすめ商品もご紹介します。

塩谷純一郎
執筆者
  • 釣り歴15年
  • 釣り具の販売経験あり
  • 全国10都道府県へ遠征

北国生まれのアマチュア釣り師。前職では量販店で釣り具の販売、企画も担当。釣った魚を調理して食べるのも大好きで、美味しい魚のためならフィールド問わずアクティブに挑戦します。

海サクラマス釣りでショックリーダーの必要性

ショアからのサクラマス釣りでは、遠投性能が釣果を分けることがあります。

遠投を重視するのであれば、細くても十分な強度を確保できるPEラインが有利ですが、PEラインにはスレに弱い欠点があります。

そこで先端に結ぶショックリーダーで、スレのリスクを回避するのが一番の目的です。

また、サクラマスの特徴を考えると、口切れ対策と確実なフッキングも重要になりますが、そこでショックリーダーの選択も重要になります。

例えば伸びのあるラインを使えば、口切れのリスクを下げることができ、逆に硬いラインを使えば確実なフッキングに繋がります。

これらはタックルバランスとの相性もあるので、タックル構成や、釣っている中で気になる点に合わせて選ぶことも重要です。

海サクラマスに適したショックリーダーの選び方

紹介したように、海サクラマス釣りではショックリーダーは重要で、サクラマスのためのラインシステムでよりいい釣果にも繋がります。

サクラマス用として考えた場合の、ショックリーダーの選び方のポイントを解説します。

素材

ショックリーダーには、フロロカーボンとナイロンが使用されますが、サクラマス用として考えるとどちらにもメリットとデメリットがあります。

フロロカーボンはスレによる摩耗に強く、伸びないのでフッキングが決まりやすいメリットがあります。

ただし傷が付いた時に切れやすく、硬いロッドだと口切れのリスクも高まります。

ナイロンは比較的安く、伸びがあるので口切れのリスクを下げられるメリットがあります。

反面、スレでの摩耗は激しく、伸びるため鋭いフッキングは決まりにくいデメリットがあります。

タックルバランスや自分の釣り方の癖との相性も踏まえたうえで、どちらがいいか選びましょう。

筆者はフロロカーボンを中心に、フィールドに合わせてナイロンも使用しています。

長さ

ショックリーダーの長さは、魚の大きさや釣り場のコンディション、そして魚の特性に合わせて選びます。

サクラマスは大きくて70cmほどなので、魚のサイズを考えれば1m程度あれば十分です。

入釣するポイントに根掛かりする障害物が多いようなら、少し長く取ったほうが安心でしょう。

もし口切れが気になるようならナイロンをおすすめしますが、ナイロンは長めにするとより伸びが生かせるので、長めにするのも一つの方法です。

しかしメインラインとの結び目が、ガイドを多く通るほどキャスティングの精度と飛距離が落ちるので、長すぎには注意しましょう。

太さ

ショックリーダーの太さは、メインラインとの相性と、使うルアーとの相性も考えて選びます。

基本はメインラインの3~5倍がセオリーですが、この場合の比較はポンドではなく号数です。

例えばメインラインがPE1号であれば、リーダーは3~5号程度という形ですね。

PEラインとその他のラインをポンドで計算すると、太さの違いが出すぎて使いにくいので注意しましょう。

ルアーに関しては、ミノーなど比較的軽く、泳ぎを重視するものであれば3~4号がおすすめで、メタルジグを使う場合は4~5号がおすすめです。

ロッド一本でいろいろなルアーを使いたい場合は、それに合わせてショックリーダーを交換できるよう、何種類か用意しておくと安心です。

海サクラマス用ショックリーダーおすすめ5選

上記したポイントを踏まえ、海サクラマス用におすすめのショックリーダーをご紹介します。

太さに関しては、使うラインやタックル、ルアーとの相性を踏まえて選んでくださいね。

【クレハ】
シーガー プレミアムマックスショックリーダー 30m

フロロカーボンの欠点でもある、硬さによる結束のしにくさを克服し、使いやすさを重視したショックリーダーの定番商品です。

フロロカーボンのショックリーダー選びで、迷ったらまず試してほしいおすすめ商品と言えます。

【クレハ】
シーガー グランドマックスFX 60m

プレミアムよりも強く、しなやかで、かつ巻き癖が少なく使いやすいショックリーダーです。

同様に強度を生かしたグランドマックスもありますが、ルアーフィッシングではグランドマックスFXがおすすめです。

【ヤマトヨテグス】
フロロショックリーダー フロロカーボン 30m

低価格なフロロカーボンのショックリーダーで、スプールへの細かい配慮も嬉しい製品です。

スプールにはライン止めゴムが付いていて、連結できる設計になっているので、違う太さのリーダーをまとめて持ち歩きたい場合にも便利ですね。

【ヤマトヨテグス】
ナイロンショックリーダー 蛍光紫 20m

ルアーの動きを邪魔しにくい、しなやかなナイロンのショックリーダーでで、とくに夜釣りにおすすめの商品です。

紫外線に反応して光るので、魚からの視認性を押さえつつ、UVライトを使えば暗い場所でも確認しやすくなっています。

【UNITIKA】
シルバースレッドMiniショックリーダーN 30m

筆者もよく使用する、低価格でも使い勝手のいいナイロンのショックリーダーです。

表面が柔らかでグリップ力があるため、結び目がほどけにくく、ケースも使いやすいので、釣り場での扱いやすさがおすすめポイントです。

まとめ

ショックリーダーはラインの強度を補うだけでなく、キャッチ率にまで影響する重要なアイテムです。

サクラマスの特性やタックルとの相性も踏まえて、最適なショックリーダーを選んで、貴重なサクラマスを確実に釣り上げましょう。

紹介アイテム一覧

海サクラマスのショックリーダーの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

クレハ
シーガー プレミアムマックスショックリーダー 30m
クレハ
シーガー グランドマックスFX 60m
ヤマトヨテグス
フロロショックリーダー フロロカーボン 30m
ヤマトヨテグス
ナイロンショックリーダー 蛍光紫 20m
UNITIKA
シルバースレッドMiniショックリーダーN 30m
海サクラマスのショックリーダー
さらに探したい方