海アメマス用タックルの選び方!最適なロッドやリール、ライン等を紹介!

海アメマスは渓流魚として知られるエゾイワナが成長のために海へ降りた個体を指します。

日本では北海道や東北地方一部の地域で狙うことができ、大きなものでは80㎝にもなる魅力あるターゲットです。

近年は海アメマスをターゲットとしたダービーが開催されるなど、海アメマス釣りは盛り上がりを見せています。

今回はそんな海アメマスを釣るためのおすすめのタックル(ロッド・リール・ライン)を紹介します。

海アメマス釣りに適したタックルの選び方

ロッドの選び方

海アメマス用のロッドを選ぶ際には、長さ・硬さ(ルアーウェイト)に注目して選ぶと良いでしょう。

長さは9~12フィート程度がおすすめですが、その中でも自分の釣り方に合った長さを選択すると良いでしょう。

磯からミノーを使ったジャークを中心とした釣りをする場合には取り回しの良い短めのロッドが、サーフから広範囲を探る必要がある場合には長めのロッドがベターです。

硬さはML~MHの中から自分の使うルアーに合わせて選ぶと良いでしょう。

20~40g程度のルアーを快適に扱えるものがおすすめです。

リールの選び方

広範囲を探る必要のある海アメマス釣りには、たくさんの糸が巻けるリールが必須となります。

また、遠くで掛けた魚をスムーズに寄せやすく、ジグのファストリトリーブのしやすいエクストラハイギアやハイギアのモデルを選ぶと良いでしょう。

そのため、海アメマス用のリールとしては3000~4000番台のエクストラハイギアもしくはハイギアがおすすめです。

また、海アメマスを狙った釣りはキャストやアクションを繰り返す必要があるため、軽量なモデルを選ぶと腕の負担を軽減することができます。

ラインの選び方

海アメマス釣りは、より遠くにいる魚を狙うために飛距離を求められるケースが多くあります。

そのため、多くのアングラーはメインラインに空気抵抗の少ないPEラインを選択しています。

他の釣りと同じように、8本撚りの方が使いやすくおすすめです。

また、ショックリーダーはナイロンまたはフロロカーボンのものを使うのが一般的で、両者は使うロッドやシチュエーションによって使い分けると良いでしょう。

ラインの号数は、メインラインのPEは0.8~1.2号、リーダーは20~30lbがおすすめです。

海アメマス釣りに適したロッドおすすめ4選

【アブガルシア】
トラウティンマーキス ノーザンカスタム 108M

トラウティンマーキスは数多くの釣具を手掛ける大手釣具メーカー、アブガルシアのトラウトロッドのハイエンドモデルです。

そんなトラウティンマーキスのノーザンカスタムモデルは、海アメマス・サクラマスに特化したスペックを持つ非常に優秀なロッドです。

空気抵抗が大きく飛距離を出すのが困難な17㎝前後のロングミノーも、このロッドならストレスなくキャストが可能です。

また、ルアーウェイトは50g程度までカバーしており、シチュエーションに合わせて様々なルアーを使い分けることができ、夏場に青物の回遊がある道南エリアではライトショアジギングロッドとしても使用できます。

【シマノ】
カーディフNX S100MH

大手釣具メーカー、シマノが誇るトラウトブランド、カーディフの海アメマス・サクラマス対応モデルです。

MHというパワーから、硬い印象を抱かれがちですが、しなやかかつハリのあるティップは感度抜群。

そんなティップを活かした繊細な釣りだけでなく、パワーとレングスを活かしたジグの遠投までこなすオールラウンダーです。

シマノが誇るハイパワーX機構を搭載し、ブレのないシャープなキャストフィールが魅力。

また、60g近くのルアーウェイトをカバーしており、アメマス・サクラマスのシーズンが終わってもサケ(アキアジ)にも流用でき、これから北海道での釣りをはじめる、という初心者にも一押しです。

【ダイワ】
モアザン エキスパート AGS 106ML

ダイワのロッドとしては、モアザンシリーズがおすすめです。

モアザンシリーズはシーバス用ロッドとして展開されていますが、シーバスがほとんど生息していない北海道では、海鱒用ロッドとして人気を集めています。

なかでもハイエンドモデルのモアザン エキスパート AGSは、非常に軽量で多くのアングラーが愛用しています。

ブランクスのカーボン繊維にムラがないSVFコンパイルXナノプラス機構を搭載し、軽量かつ強いブランクスが特徴です。

中でも106MLは磯などからのミノーイング等に最適です。

【テイルウォーク】
ケイソン海サクラマスⅡ 106M

テイルウォークからリリースされているケイソン海サクラマスⅡも海鱒用ロッドとして高い人気を誇ります。

「海サクラマス」と銘打ってありますが、同じ海鱒として扱われる海アメマスにも対応したモデルです。

ウッドとコルクを織り交ぜたグリップのデザインがトラウトアングラーを魅了します。

106Mはより遠投性能に優れたモデルで、長めのレングスを活かしたファイトをすることもできるため70㎝を超える大物とのファイトでも安心です。

【ヤマガブランクス】
アーリープラス100M

ヤマガブランクスはヤマガという略称で知られるロッドメーカー。

そんなヤマガのシーバスロッド、アーリーシリーズは海アメマスをはじめとした海鱒に流用することができます。

ヤマガブランクスのロッドは全てが日本製となっており、高い品質が特徴。

ロッドの力で魚を寄せることができるよう設計されており、女性や子供でも難なくランカーサイズとのファイトを楽しむことができます。

また、デザインもシンプルで洗練されており、多くの釣り人からの支持を得ています。

海アメマス釣りに適したリールおすすめ4選

【シマノ】
ステラ4000XG

ステラは大手釣具メーカー、シマノのスピニングリールのなかでも最上位のフラッグシップモデルです。

これまでシマノが培ってきた技術が盛り込まれており、軽量かつ頑丈、そしてデザインも洗練されています。

ステラの長所は何と言ってもその巻き感にあります。

そのシルキーな巻き心地は他のリールの追随を許さず、一度ステラを手にした釣り人は虜になってしまうほど。

また、廉価帯のモデルとは異なりスプールやボディ、ローターなどが金属製となっており、高次元の剛性を実現。

ステラは釣り人にとってのステータスシンボルにもなっており、釣りに満足感を得たい方におすすめです。

海アメマスには4000XGがピッタリ。

【シマノ】
アルテグラ4000XG

シマノから2021年に発売されたアルテグラは、その高い性能とリーズナブルな価格設定で大人気となっているスピニングリールです。

先ほど紹介したハイエンドモデル、ステラにも搭載されている「HAGANEギア・マイクロモジュールギアⅡ」がアルテグラにも搭載。

Xシップやサイレントドライブと相まって実売1万円台のリールとは思えない回転性能を実現しています。

また、ボディはシマノが誇るCI4⁺製となっており、軽量化にも成功。

数あるスピニングリールの中でも特にコストパフォーマンスが良いといえるでしょう。

番手はステラと同様に4000XGがおすすめです。

【ダイワ】
イグジストLT4000-CXH

ダイワのスピニングリールのフラッグシップ機であるイグジストも海アメマス釣りにおすすめです。

イグジスト最大の特徴は何と言ってもその重量にあります。

LTコンセプトの採用によって軽量化が実現。

1日中ロッドを振り続けることもある海アメマス釣りには軽量なイグジストがぴったり。

また、現行のモデルはマグネシウム製のボディとなっており、ザイオン製ボディを特徴としていた旧モデルとは大きく異なります。

この材質の変化によって、軽量化はもちろん剛性も向上し、大物にも余裕をもって対応できるモデルとなりました。

【ダイワ】
フリームスLT4000-CXH

シマノのアルテグラと同じく2021年にダイワから発売されたスピニングリール、フリームス。

LTコンセプトが採用されており、軽量な点が最大の長所として挙げられます。

ボディにはザイオン製の素材が採用され、1万円台とは思えない軽さを実現。

また、マグシールドも搭載しており、比較的ハードな使用にも耐えるモデルとなっています。

アルテグラよりも軽量となっており、軽さを重視する方はフリームス、巻き感を重視する方はアルテグラを選ぶと良いでしょう。

海アメマス釣りに適したラインおすすめ4選

【よつあみ】
GソウルアップグレードX8 1号

しなやかでありながらコーティングによって程よいハリがあるため、非常に扱いやすいPEラインです。

適度なハリがあるためトラブルが少なく、快適に釣りを楽しむことができる上に、8本撚りのPEラインの中では比較的安価です。

8本撚りのPEラインに挑戦してみたいビギナーの方や、釣行回数の多い方におすすめです。

【クレハ】
シーガーPE X8 1号

シーガーPE X8はコストパフォーマンスの面では国産PEラインのなかではトップクラスともいえるラインです。

ハリの強めのラインで、伸びが少ないため感度が良いことが特徴です。

カタログでは船用のラインであることから、細かいピッチマーキングがされており、ルアーがどれくらい離れた位置にいるのか瞬時に把握することができます。

【シマノ】
ピットブル8+ 1.2号

ピットブル8+はコストパフォーマンスの点で非常に優れた8本撚りPEラインです。

8本撚りのPEラインとしては平均的な性質ですが、強い癖がなく誰にでも使いやすいことが特徴。

ピンクのカラーによって、薄暗いマズメ時でも視認性を保ってくれます。

また、色落ちもしにくいためラインコントロールのしやすい状態が持続するラインと言えます。

ライン強度が落ちやすいように感じるので少し太めを購入するのがベターでしょう。

【バリバス】
アバニ キャスティングPE マックスパワー X8 ショアマスター 1号

バリバスはラインをはじめとする釣具を展開する、釣り人からの信頼も厚いメーカー。

そんなバリバスのアバニ キャスティングPE マックスパワー X8 ショアマスターは強度も十分で扱いやすく飛距離も出しやすい非常に性能の高いラインです。

ハイクオリティーなコーティングがなされているためか水の抵抗が少なく、快適なラインコントロールが可能。

サーフでの釣りでは飛距離が必要になるほか、波にラインがもまれる状況もあるためこのラインが特におすすめです。

ここまでに挙げた3つのラインよりは割高ですが、その値段分の価値は十分にあるといえるでしょう。

バリバス
アバニ キャスティングPE マックスパワー X8 ショアマスター 1号

まとめ

今回は海アメマス釣りにおすすめのタックルについて紹介しました。

本州では出会えないような大型のアメマス(エゾイワナ)に出会えるため、北海道にお住いの方だけでなく本州の方も挑戦してみてはいかがでしょうか。

自分にぴったりのタックルを見つけて素敵なアメマスと出会えることを願っています。

紹介アイテム一覧

海アメマスのタックルの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

アブガルシア
トラウティンマーキス ノーザンカスタム 108M
シマノ
カーディフNX S100MH
ダイワ
モアザン エキスパート AGS 106ML
テイルウォーク
ケイソン海サクラマスⅡ 106M
ヤマガブランクス
アーリープラス100M
シマノ
ステラ4000XG
シマノ
アルテグラ4000XG
ダイワ
イグジストLT4000-CXH
ダイワ
フリームスLT4000-CXH
よつあみ
GソウルアップグレードX8 1号
クレハ
シーガーPE X8 1号
シマノ
ピットブル8+ 1.2号
バリバス
アバニ キャスティングPE マックスパワー X8 ショアマスター 1号