3万円以下のロードバイクおすすめ10選!予算内で買える製品を厳選!

ロードバイクと言えば、昔は競技指向が強かったのですが、最近では通勤通学やお買い物、さらには見た目がおしゃれだからという理由で、気軽に使用する方が増えてきました。

そんな人達を見て自分もロードバイクが欲しくなり、自転車屋さんに行って値段を見たら、一桁間違えているんじゃないかというような高額さに、驚かれた方もいるのではないでしょうか?

この記事では、そんなロードバイクが欲しいけれども予算があまり無い方向けに、3万円以下で買えるおすすめロードバイクをまとめました。

3万円以下のロードバイクの特徴!こんな人におすすめ

3万円以下で買えるロードバイクは、正直に申し上げて性能が良いとは言えません。

しかし、性能の良い高価なロードバイクは、付いているパーツ一個一個の値段も高いので、初期費用のみならず修理費用まで高額になってしまいます。

万が一盗難された時のダメージも大きいですね。

ですので、通勤通学などで毎日自転車を酷使するような使い方の場合には、3万円以下で買えるような安めのロードバイクがおすすめです。

予算3万円でロードバイクを買う時に抑えるポイント(選び方)

変速段数

変速段数は、フロント側が3段、2段、およびシングルがあります。リア側は6段から12段まであり、段数が多いほど高性能で高価になります。

ここでポイントなのが、性能の高さはリアの変速段数が重要なので、フロント3段×リア6段=18段変速よりも、フロント2段×リア8段=16段変速のほうが、トータル変速段数は少ないですが性能は良くなります。

フレーム素材

大きく分けてアルミフレームとスチールフレームがあります。

アルミフレームは軽量・高剛性で、サビにも強いです。

一方スチールフレームは細身のシルエットが美しく、しなやかで脚に優しい乗り味です。

スチールフレームの仲間にはクロームモリブデン鋼略してクロモリフレームという物もあり、前述に加えてバネ感のある乗り味が気持ち良いですが、高価になります。

カーボンフレームという物もありますが、非常に高額なので3万円以下で購入できるロードバイクには採用されません。

メーカー

フレームを作っているメーカーはどこを選んでもあまり大差はありませんが、変速機周りは絶対にシマノを採用している自転車がおすすめです。

変速レバー、変速機、クランク、ブレーキなどを総称してコンポーネントと言いますが、シマノは、コンポーネントメーカーで世界一のシェアを持っており、下位グレードのコンポーネントも手抜かりが無く、耐久性や精度に信頼性があります。

3万円以下のロードバイクおすすめ10選

【オオトモ】
レイチェル クラシックロードバイク(RD-7021R)

深緑またはネイビーのフレームとブラウンパーツの差し色で、クラシカルな雰囲気がとってもオシャレな一台です。

変速は信頼のシマノ製3×7=21段変速です。

サブブレーキ装備でハンドルのどこを持っていても直ぐにブレーキを掛けられます。

フレームは細身のシルエットが美しいスチールフレームで、振動吸収力に優れています。

【グラフィス】
GRAPHIS(GR-Je t’aime)

ディープリムを装備していて大変カッコいい一台です。

白いフレームに赤いタイヤ、赤いサドル、赤いハンドルテープを採用するなど色のセンスも抜群です。

黒×赤、白×オレンジ、黒×ブラウンなどさまざまな色展開があるので、きっとお気に入りの色が見つかるでしょう。

変速は信頼のシマノ製3×7=21段変速です。

こちらもサブブレーキ装備でハンドルのどこを持っていても直ぐにブレーキを掛けられます。

【LZBIKE】
LZBIKE(LZ-550)

このロードバイクの特徴は、なんといってもディスクブレーキを装備している所です。

ディスクブレーキは雨の日でも制動力が低下しにくく、雨でも通勤通学に使わなければならない方には最適です。

変速は信頼のシマノ製3×7=21段変速です。

買うタイミングによっては3万円を超える事もあるので、安くなっていたら即買いの一台です。

【cycmoto】
HILAND(VERNIER)

シマノ製2×7=14段変速で、フロントが2段変速なのは高級ロードバイクのパーツ構成に最も近い自転車です。

サブブレーキも装備されていませんが、逆を言えば余計なものが一切ついていないので、とても軽量に仕上がっています。

タイヤ幅も25mmと細めのものを採用しているので、転がりが軽くスピードを出しやすいです。

【KYUZO】
KYUZO グラベルロード(KZ-108)

ロードバイクの出で立ちをしていますが、やや太目のタイヤを履いており、軽いオフロードも行けちゃいます。

のんびりサイクリングに出かけて、林道を見つけたら入ってみたり、河原の砂利道を走ってみたりと、自由気ままな使い方ができるのが魅力です。

変速はリア7段のみですが、ゆったりのんびりサイクリングには十分です。

【ディーパー】
DEEPER(DE-308AL60)

アルミフレームを採用しており、完成車重量約13kgと軽量に仕上がっています。

ディープリムホイールもカッコいい一台です。

変速は信頼のシマノ製3×7=21段変速です。

こちらもサブブレーキ装備でハンドルのどこを持っていても直ぐにブレーキを掛けられます。

【スペア】
SPEAR(SPR-247)

24インチタイヤを採用しており、適正身長155cmからなので、小柄な女性の方でも無理なく乗れるロードバイクです。

逆に身長の高い方には向きませんのでご注意下さい。

カラーはアイボリー、ダークグリーン、ダークブルーから選べ、どの色もクラシカルな雰囲気です。

リアに7段変速と、サブブレーキレバー装備で初心者にも安心です。

【オオトモ】
Grandir(Sensitive)

フレームを始め、パーツのほとんどが真っ白なロードバイクです。

自分好みのステッカーを貼ったり、好きな色のパーツに付け替えコーディネートをしたりと、世界に一台だけのロードバイクにカスタムしちゃいましょう。

こちらも変速はシマノ製3×7=21段変速に、サブブレーキレバー装備で安心です。

【RIPSTOP】
canter (RSHR-01)

普段は4万円以上で販売されているこのロードバイクですが、アマゾンで安売りしているのを見つけてしまいました。アウトレット品が24,800円で出ています。

在庫品限りだと思われますので、早い者勝ちです。

STIレバーといって、変速機とブレーキレバーが一体になっているもので、3万円以下で買えるロードバイクには絶対に採用されない優れたパーツです。

アウトレット品が安くなっているのであれば即買いの一台です。

【ALTAGE】
アルテージ(ARD-001)

2万円を切る最安値のロードバイクです。

変速はシマノ製3×6=18段変速装備で必要十分、色もブラック、ホワイト、グレーの3色から選べます。

普通のママチャリよりも安く買えるので、とりあえずロードバイクを試してみたい方や、あと1年使えればいいという高校2年生または大学3年生の方などに最適です。

まとめ

3万円以下で買えるロードバイクは、気軽なファッション感覚で使えるものから、通勤通学て使い倒せるものまで、安いなりの魅力があります。

是非この記事を参考にして、自分に合った一台を見つけてみて下さいね!

紹介アイテム一覧

3万円以下のロードバイクの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

オオトモ
レイチェル クラシックロードバイク(RD-7021R)
グラフィス
GRAPHIS(GR-Je t’aime)
LZBIKE
LZBIKE(LZ-550)
cycmoto
HILAND(VERNIER)
KYUZO
KYUZO グラベルロード(KZ-108)
ディーパー
DEEPER(DE-308AL60)
スペア
SPEAR(SPR-247)
オオトモ
Grandir(Sensitive)
RIPSTOP
canter (RSHR-01)
ALTAGE
アルテージ(ARD-001)

この記事を見たあなたにおすすめ

  1. ロードバイク用リュックおすすめ12選!おしゃれな小型バックパックも紹介!ロードバイク用リュックおすすめ12選!おしゃれな小型バックパックも紹介!