ニジマス用ミノーおすすめ8選!サイズや色の選び方!

ニジマスは管理釣り場だけでなく、渓流・本流・湖など、多くのフィールドで狙うことができる魚です。

トラウトの中でも引きが強く、激しくジャンプするなどして釣り人を楽しませてくれます。

ニジマスは餌・フライ・テンカラのほか、ルアーでも狙うことができ、多くのメーカーから様々なルアーがラインナップされています。

なかでも人気なのがミノーと呼ばれる小魚を模したルアーを使った釣り、渓流ミノーイングです。

今回はニジマスを狙う際のおすすめのミノーやアクション方法を紹介していきます。

執筆者
小鳥遊章
  • 釣り歴18年
  • 年間釣行250日超え

愛知県出身・北海道在住。現在の主なターゲットはトラウトで、ブラウントラウト・ニジマス・アメマス・サクラマスを狙っています。ときにはイトウを狙うことも。また自宅が海の近くなのでソルトの釣りにも力を入れています。誰もが驚くような大物を釣り上げるため、腕を磨く毎日を送っています。

ニジマス釣り用ミノーの選び方

大きさ(サイズ)

ニジマス用のミノーはヤマメ・イワナのような他のトラウトを狙う際に使うサイズでOK。

しかし、ニジマスはヤマメやイワナに比べてアベレージサイズが大きく、本流でも狙うことができるため大きめのミノーを使うことも。

一般的な渓流域では大きくても40㎝ほどのため、5㎝~7㎝程度のものがおすすめ。

大物狙いや本流での釣りには7~9㎝のミノーが良いでしょう。

北海道のようなアベレージサイズが大きいフィールドでは10㎝を超えるサイズを使うこともあります。

重さ

ミノーは重さによって、水に浮くフローティングタイプと水に沈むシンキングタイプに分けられます。

そのため、同じサイズのミノーでも重さは様々。

基本的に水の流れが速い渓流での釣りにはシンキングタイプのものを使います。

そのなかでも強い流れの中でもしっかりと動かせる「ヘビーシンキング」のものおすすめです。

一方で、夏のような魚の意識が水面・表層に向いている状況ではフローティングミノーが有効となります。

数種類用意しておくと臨機応変に対応できるでしょう。

カラー(色)

カラーも渓流釣りにおいては重要なファクターとなります。

「ニジマスにはアカキンが効く」といいますが、金系のカラーに好反応を示すことが多いのは事実です。

一方で、釣り人の多いハイプレッシャーなフィールドでは、アユカラーやヤマメカラーのようなナチュラルな色が効果的です。

また、増水時の濁りの中ではミノーが目立たなくなってしまいます。

そんなときにはチャートカラーなどがおすすめです。

ニジマス用ミノーおすすめ8選

【スミス】D-コンタクト

D-コンタクトは渓流アングラーなら知らない人はいない、そんな名作ミノーです。

ヘビーシンキングのため流れの中でも使いやすく、キレのあるダートで魚を誘います。

カラーラインナップも豊富で、63サイズやダウンサイジングモデルのD-コンパクトと併用することで様々なシチュエーションに対応できます。

【ダイワ】シルバークリークミノー44S

大手メーカー・ダイワが展開する渓流ブランド、「シルバークリーク」のミノー。

シルバークリークシリーズは近年数多くの製品がリリースされ、ラインナップが充実してきましたが、は最もベーシックなモデル。

実売1000円を切るとは思えない性能を持ち、ルアーロストの多い初心者におすすめのミノーです。

【ティムコ】ラクス50S

トラウト用品では絶大な人気を誇るティムコはルアーも数多く手掛けています。

その中のひとつ、ラクス50Sは2021年に発売されたばかりの新商品。

しかし、2021年シーズンだけでもたくさんの好釣果を叩き出し、性能を存分に発揮。

近年流行りのシミーフォールが特徴で、フォール中にも強烈にアピールすることが可能です。

【ラパラ】カウントダウンエリート55

カウントダウンシリーズなどで知られるラパラが近年展開しているミノーが、カウントダウンエリートシリーズ。

なかでも55は2021年初頭に発売され、5gという扱いやすいウエイトもあって一躍人気ルアーへの仲間入りを果たしました。

アイがワイヤーではなく、プレートのため強度は抜群で、不意の大物にも余裕をもって対応することが可能です。

また、フォール中は強いローリングアクションを見せ、近年注目されているシミーフォールで魚を誘います。

【デュオ】スピアヘッドリュウキ50S 

デュオが展開しているスピアヘッドリュウキシリーズもニジマス釣りにぴったりです。

なかでも50Sは扁平ボディによって平打ちアクションを見せ、ニジマスにハイアピール。

カラーラインナップも豊富なほか、同サイズに匠TAKUMIシリーズも展開されているため様々な状況に対応できます。

【メジャークラフト】エデン50S

メジャークラフトが2021年にリリースした渓流用ミノー、エデン50Sも

おすすめです。

このミノーもシミーフォールで魚を誘えるほか、トゥイッチするとキビキビとした平打ちアクションを見せます。

また、実売1000円を切るため、ルアーにあまりお金を掛けられない方にもぴったりです。

リップが折れやすいため、岩などにぶつけないよう気を付けましょう。

【イトウクラフト】蝦夷50S

蝦夷50Sも多くのアングラーからの支持を得ている優秀なミノーです。

フォールスピードは遅めですが、その軽さを活かしたキレのある平打ちアクションが取り柄。

高いレスポンス性能を持つため、ロッドアクションによって多彩な使い方が可能です。

シンプルでかわいいカラーも魅力のひとつ。

【パームス】ベアトリスBT-53S

パームスの展開するベアトリスは、ボディが2つに分かれたシンキングジョイントミノー。

ドリフトを得意としており、流心に潜む大物ニジマスを狙うにはうってつけのルアーです。

また、ジョイントボディによって生み出される、他のミノーには無い不規則なアクションでトラウトを誘います。

シングルバーブレスフックが標準装備となっており、魚にダメージを与えずリリースできる点も大きなメリットです。

ニジマスのミノーイングで試したいアクション

ミノーイングの基本的なアクションであるトゥイッチをはじめ、リフトアンドフォールやタダ巻きも効果的です。

連続トゥイッチでは、連続するダートや平打ちで活性の高いニジマスをテンポよく釣ることができます。

また、リフトアンドフォールはシミーフォールを特徴とするミノーで行うとより効果的で、スレたニジマスにじっくりとアピールすることができます。

さらに、ニジマスは他のトラウトに比べてタダ巻きのような一定の動きに好反応を示す魚です。

そのため、ミノーのタダ巻きもニジマスに対して非常に効果的です。

1度探ったポイントでも、ロッドアクションを変えることで魚のバイトを引き出すことができる状況もあります。

ここぞというポイントではいろいろなアクションでアプローチしてみましょう。

まとめ

今回はニジマスを釣るためのミノーとそのアクション方法などについて解説しました。

ニジマスは引き味を楽しめるだけでなく、鮮やかなレッドバンドを纏うとても美しい魚です。

皆さんも気に入ったミノーを揃えてニジマス釣りに挑戦してみてください。