パワーミドストロッドおすすめ5選!選び方も紹介!

琵琶湖をはじめとするビッグレイクで流行中のパワーミドスト。

パワーミドストとは何なのか、そして普通のミドストとは何が違うのか。

一般的になった釣りのミドストとは少し違い、ミドストの派生形であるパワーミドストに使うロッドの選び方やおすすめロッドをご紹介していきます。

しんじ
執筆者
  • バス釣り歴20年以上
  • JB桧原湖所属(2020年)
  • NBCチャプター等の大会参加

NBCチャプターやローカル大会にも数多く参加。2020年はJB桧原湖に所属。

パワーミドストとは

一般的にミドストとは3~4インチクラスのベイトフィッシュに似たワームをジグヘッドリグで中層を泳がせる釣りです。

パワーミドストとは、簡単に言うと5インチ以上のワームを使い、PEラインで操作する釣りのことです。

使用するジグヘッドも1.8グラム以上のものを使ってディープを攻めたり、5インチクラスのワームを重めのジグヘッドでパワフルにロールさせて動かします。

ワカサギなどの小型のベイトフィッシュではなく、ハスやアユを捕食しているときはパワーミドストの出番です。

パワーミドストに適したロッドの選び方

テーパー

ミドスト用の竿を選ぶうえで一番大事なのがロッドのテーパーデザインです。

一般的なミドスト用のロッドを選ぶのと同じように、全体的に曲がる竿を選びます。

これはラインスラッグを出して、しっかりロールさせるためなので、妥協できないポイントです。

ロッドパワー

5インチ以上のワームを投げてアクションさせるので、ロッドのパワーが必要になってくるのは言わずもがな。

ミドストだとULやLクラスのロッドを使いますが、パワーミドストはMLクラス以上の竿を使うことが多いです。

重さのあるリグを遠くに投げて、しっかりアクションさせることができるロッドを選びましょう。

ロッドレングス

先ほど、全体的に曲がるテーパーとロッドのパワーが大事だとお伝えしました。

MLクラスのスピニングロッドで全体的に曲がる竿を選ぶと必然的にレングスは長くなります。

長くなればなるほど曲がりやすいテーパーとなり、ロールアクションは出しやすくなります。

しかし、7フィートを超えてしまうと操作性が悪くなるため、6フィート6インチ~6フィート10インチ程度の竿を選びましょう。

PEラインへの耐性

パワーミドストではディープでの操作性や重たいリグをしっかりアクションさせるためにPEラインを使うシチュエーションがあります。

そのため、ロッドのガイドがPEラインに対応したガイドであるかどうかも重要なポイントです。

簡単な見分け方としては、ロッドの説明書きにPEラインの適合号数が書いてあるものを選びましょう。

パワーミドストロッドおすすめ5選

【レジットデザイン】
ワイルドサイド(WSS67L+)

引用:Amazon

まさにパワーミドストの為に作られた専用の竿。

5~6インチクラスのワームをしっかり投げることができ、PEラインとの適正もある完璧な竿です。

値段もお手頃なので、まずはこれでスタートしてみると良いでしょう。

【シマノ】
エクスプライド(267L+)

エクスプライドの特徴は軽さと感度です。

レングスやパワー表記はワイルドサイドと同じですが、感度は圧倒的にエクスプライドの方が上だと感じます。

また、ワイルドサイドと比べるとグリップが太いので、軽く握りたい方はこちらを選ぶ方が良いでしょう。

【ダイワ】
ブラックレーベル(SG 681ML/MHFS)

引用:楽天市場

ブラックレーベルの特徴はカーボンシートを厚巻きしたブランクスの強さとトルクです。

ティップはMLクラス、バットはMHクラスのアクションなので、掛けてからの安心感は随一です。

ディープでデカバスを掛けてもバットにトルクがあるので、安心したやり取りができます。

【デプス】
ゲインエレメント(GES-66MLS シェイキングエレメント)

ゲインエレメントシリーズはデプスのサイドワインダーシリーズとは違って軽く仕上がっているので、操作感の良いのが特徴。

握りやすいグリップとシャープなテーパーにトルクのあるブランクス。

3.5~7グラムのヘビーウェイトもしっかりアクションさせることができます。

【ティムコ】
ACES(ACES66SLJ "Mid Strolling Special")

引用:Amazon

シャープでトルクフルなブランクスが特徴のACESシリーズのミドストロッドの中でも強い一本。

Lアクションながら、不意のビッグバスにも耐えることができるブランクスのトルクは特筆ものです。

シャープなブランクスは自分の指先でアクションさせる感覚になるロッドです。

まとめ

琵琶湖などのビッグレイクだけでなく、桧原湖などの山上湖、リザーバーでも有効な釣りであるパワーミドスト。

ミドスト同様に専用ロッドが不可欠なので、ぜひ参考にしてベストなロッドを見つけてください。

紹介アイテム一覧

パワーミドストロッドの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

レジットデザイン
ワイルドサイド(WSS67L+)
シマノ
エクスプライド(267L+)
ダイワ
ブラックレーベル(SG 681ML/MHFS)
デプス
ゲインエレメント(GES-66MLS シェイキングエレメント)
ティムコ
ACES(ACES66SLJ "Mid Strolling Special")