カラフトマス釣り用ロッドおすすめ12選!最適な長さや硬さ等の選び方を紹介!

シロザケ(アキアジ)と並び、秋の味覚として北国の釣り人が待ちわびるのがカラフトマス釣りでしょう。

パワフルな魚だけあってエキサイティングな釣りになり、ロッドの性能が顕著に出る釣りでもあります。

今回は、長さや硬さなど選び方のポイントと共に、おすすめのカラフトマス釣り用ロッドを厳選してご紹介します。

執筆者
塩谷純一郎
  • 釣り歴15年
  • 釣り具の販売経験あり
  • 全国10都道府県へ遠征

北国生まれのアマチュア釣り師。前職では量販店で釣り具の販売、企画も担当。釣った魚を調理して食べるのも大好きで、美味しい魚のためならフィールド問わずアクティブに挑戦します。

カラフトマス釣り用ロッドの選び方

カラフトマス釣り用ロッドは、よくアキアジ用ロッドと兼用するように紹介されることがあります。

実際兼用することもできますし、筆者も同じロッドを使いまわしていますが、実は微妙に求めるスペックが違うこともあります。

まずはカラフトマス釣り用ロッドを選ぶ際に、重要になるポイントを覚えておきましょう。

最適な長さはフィールドに合わせ7~10ft程度

カラフトマスは、アキアジに比べると岸に寄って泳ぐことが多く、遠投もアキアジに比べて必要ないことが多いです。

このため、ロッドの長さは9~10ftもあれば十分で、フィールドによっては7ft程度でもこと足りる場合もあるでしょう。

筆者は8.6ftのロッドを使用していますが、たいていのフィールドで長さが足りないということはありません。

最適な硬さは好みに合わせてM~H

ロッドパワーに関しては使い手の好みによる部分が大きいでしょう。

カラフトマスは、アキアジに比べれば二回りほど小さいものの、掛かったときに力強く走ることが多いです。

このため、走らせないためにMH~Hを好む人もいれば、魚体に合わせML~Mを使う人もいます。

筆者は釣り場が混雑していることも踏まえ、早くランディングできるよう、また取り込みに時間がかかったときにバラさないようHを使っています。

専用品がなければショアジギング・シーバスロッドがおすすめ

カラフトマスは北海道の一部で盛んに釣られていますが、かなり限定的な釣りです。

このため専用品は少ない上に、あってもアキアジ用と兼用である場合も多く、シーズン商品として扱われることもあるでしょう。

専用品が入手できない場合は、ショアジギング用ロッドやシーバスロッドでも十分代用できるので、必要なスペックを照らし合わせて選んでみましょう。

カラフトマス釣り用ロッドおすすめ12選

上記したような選び方のポイントを元に、カラフトマス釣りにおすすめのロッドをご紹介します。

アキアジとの兼用もできるサーモン用おすすめのモデルから、シーバスロッドなど汎用品まで集めたので、ぜひ参考にしてください。

【SHIMANO】ムーンショット(S100MH)

2021年にリニューアルしたモデルで、ロープライスモデルながらミドルグレードに迫る性能だと評価の高いロッドです。

軽量で振りぬきやすく、かつ張りのあるブランクスによって、キャスティングに気持ちよさがあります。

感度も良いので、カラフトマスはもちろん、アタリが弱いアキアジ釣りにももってこいでしょう。

ルアーウエイトにも余裕があるので、ルアーフィッシングだけでなく、餌釣りなども試したい方にもおすすめです。

【SHIMANO】コルトスナイパーBB(S96H)

専用モデルを除けば、最も普及していると言っても過言ではない、鮭釣りロッドとして人気のモデルです。

低価格でありながら完成度が高く、過不足のない性能が得られます。

また、比較的安価なモデルながら、長さやパワーの選択肢が多いのも魅力の一つでしょう。

S100MやS100Hも人気ですが、確実なアタリに対しグッと力強くアワセたときの感触が良いS96Hが筆者のおすすめです。

【SIMANO】ネッサ BB(S1002MH)

サーフでのヒラメやマゴチ狙いのルアーフィッシングを前提に作られたロッドですが、サーフからの鮭釣りにも人気の高いモデルです。

ブランクスはカーボンで強化され、ピンとした張りがあるので扱いやすく、キャスティングとルアーの操作性に優れた設計になっています。

特に遠投性能に定評があり、岸寄りしにくい時期やポイントで入釣する場合のカラフトマス釣りでも、十二分に威力を発揮するでしょう。

【SHIMANO】エンカウンター(S96MH)

多くの鮭釣り師が太鼓判を押す、鮭釣りではもはや定番の人気モデルです。

遠投性能、操作性、軽さ、パワー、ラインナップの豊富さで、ミドルクラスのショアキャスティングロッドの中心的存在です。

高級感のある洗練されたデザインも無視できないポイントでしょう。

新型ムーンショットの登場で人気を二分していますが、同じ長さとロッドパワーで比較すると、軽さはエンカウンターに分があります。

【DAIWA】リバティークラブシーバス(96M)

低価格でもしっかり使えて、様々な釣りにフィットするリバティクラブシリーズのシーバス用モデルです。

DAIWAらしからぬ落ち着いたデザインですが、性能は折り紙付きです。

筆者が気に入ったのがグリップの握りやすさで、安くてもDAIWAオリジナルリールシートが良い仕事をしています。

ビンと張った硬めの作りなので、感度は多少犠牲になりますが、カラフトマス用としては暴れる魚に負けないので、むしろ好都合でしょう。

【DAIWA】ラテオ・R(100MH)

SHIMANOのエンカウンターと同等に、鮭釣り師からの評価が高いロッドです。

ロッドの軽さや感度はいわずもがな、このモデルの真価はキャスティングの気持ちよさにあると言っていいでしょう。

ウエイトバランスの良さで、軽く振りぬいても素直にルアーが飛ぶため、ロッドを振る体力が少なく済むのが大きな魅力です。

ルアーウエイトにも余裕があるので、初夏からのカラフトマスから、そのままアキアジ釣りの最盛期に使い続けたい方におすすめです。

【DAIWA】LAZY(T106MH-6)

カラフトマスが釣れるポイントは日本中でも限られており、北海道民であっても遠征する方がほとんどでしょう。

そんな時にありがたいのが、仕舞寸の小さいパックロッドです。

LAZY T106MH-6は本格的なルアーロッドとしての使い心地を残しながら、6本継で仕舞寸は65㎝とコンパクトに収まります。

アキアジ釣りにはやや非力な印象ですが、しっかり投げ、しっかり寄せられるコシの強さがあるので、カラフトマス釣りには十分対応するでしょう。

【Abu Garcia】NORTHFIELD AKIAJI(NFAS-1002MH)

低価格かつ本格的なアキアジ専用ロッドとして人気のモデルです。

張りがあり投げやすく、SiCリングガイドでPEも安心という、鮭釣りに必要なスペックをしっかり盛り込んだ、さすが専用品といった作りです。

やや長めではありますが、カラフトマス用としても気持ちよく使用できるでしょう。

Abu Garciaらしい高強度な作りなので、カラフトマスからアキアジまで、ガンガン使いたくなる一本です。

【Abu Garcia】ワールドモンスター WMS(WMS-774ML)

飛行機での移動も踏まえて設計された、大型魚を狙うためのパックロッドです。

名前を見るとガチガチのこん棒のようなロッドを想像しますが、実際使ってみると粘りがあり柔軟なので、カラフトマス釣りにもおすすめです。

よく曲がってくれるので、常にテンションをかけて逃さず取り込みたいカラフトマスにも好都合でしょう。

道外から知床を目指して遠征したい方に、ぜひ検討してほしい一本です。

【Major Craft】2代目ソルパラ X(SPX-962MH)

高コスパと名高いソルパラシリーズのショアジギングロッドです。

ソルパラシリーズは筆者もよくお世話になっていますが、低価格でも十分な性能を安定して得られるので、とてもありがたい存在です。

ショアジギング用ということもあり、ルアーウエイトにも余裕があるうえに、バットパワーにも安心感があるので、カラフトマス釣り用にも丁度いいでしょう。

アキアジ用ロッドはすでに持っていて、追加でカラフトマス釣り用にもロッドがほしいという方にもおすすめです。

【tailwalk】KEISON GINSEI PLUS(106H)

数ある鮭釣り専用ロッドの中でも、特に評判が良く人気のモデルです。

キャスティング性能が高くルアーフィッシングに向いており、ブランクスの塗装にまでこだわった、まさに専用モデルの名に恥じない名機と言えます。

ルアーの繊細な操作ができるのは、アキアジだけでなくカラフトマスにも向いている設計と言えるでしょう。

遠投重視でやや硬めなので、アキアジ釣りを前提に、カラフトマスにも使いたいという場合におすすめのロッドです。

【Palms】レラカムイ (RKSS-106H+)

カラフトマス釣りをする方のほとんどが、アキアジ釣りも楽しみたいという方かと思います。

そう考えると、ロッドも兼用できるに越したことはないでしょう。

アキアジとカラフトマスの兼用を考えたとき、ベストな選択肢の一つとして提案したいのがPalmsのレラカムイシリーズです。

アキアジ釣り用としてしっかりとしたコシがありながら、しっかりとしなる使い心地は、カラフトマス釣りでも専用品さながらの感覚を味わえるでしょう。

まとめ

カラフトマスはアキアジの下位互換と考えられがちですが、両方釣ってみるとむしろカラフトマスのほうがアクティブな印象を持ちます。

そんな活発な魚を釣るときには、やはりロッドにもこだわるべきでしょう。

紹介したように専用品に限らずおすすめモデルは多いので、ぜひカラフトマス用に一本用意して、知床の大地に挑みましょう。

この記事を見たあなたにおすすめ

  1. コスパ最強!イカメタルロッドおすすめ14選!初心者・入門に適した安い竿も紹介!硬さや長さの選び方!コスパ最強!イカメタルロッドおすすめ14選!初心者・入門に適した安い竿も紹介!硬さや長さの選び方!
  2. カラフトマス釣り用ロッドおすすめ12選!最適な長さや硬さ等の選び方を紹介!カラフトマス釣り用ロッドおすすめ12選!最適な長さや硬さ等の選び方を紹介!
  3. ビッグベイト対応ショートロッドおすすめ6選!短いロッドのメリット・デメリットは?ビッグベイト対応ショートロッドおすすめ6選!短いロッドのメリット・デメリットは?
  4. 感度最強のティップランロッドおすすめ8選!アタリを見逃さない高性能ロッドを紹介!感度最強のティップランロッドおすすめ8選!アタリを見逃さない高性能ロッドを紹介!
  5. 伊勢湾ジギングロッドおすすめ8選!最適な竿の選び方を紹介!伊勢湾ジギングロッドおすすめ8選!最適な竿の選び方を紹介!
  6. 【渓流トラウト】ベイトモデルのパックロッドおすすめ8選!ベイトフィネス対応コンパクトロッドを紹介!(振り出し)【渓流トラウト】ベイトモデルのパックロッドおすすめ8選!ベイトフィネス対応コンパクトロッドを紹介!(振り出し)
  7. クロソイ釣り用ロッドおすすめ8選!長さや硬さ等の選び方!プラッキングロッドも紹介!クロソイ釣り用ロッドおすすめ8選!長さや硬さ等の選び方!プラッキングロッドも紹介!
  8. 8ft台のロックフィッシュ用ベイトロッドおすすめ8選!根魚釣りで8ft台を使うメリットは?8ft台のロックフィッシュ用ベイトロッドおすすめ8選!根魚釣りで8ft台を使うメリットは?
  9. 中級者向けのショアジギングロッドおすすめ10選!人気なミドルクラスの竿を紹介!中級者向けのショアジギングロッドおすすめ10選!人気なミドルクラスの竿を紹介!
  10. サクラマス釣り用ベイトロッドおすすめ8選!選び方を解説!サクラマス釣り用ベイトロッドおすすめ8選!選び方を解説!