オフショアジギング用ショックリーダーおすすめ8選!長さや太さ等の選び方を紹介!結び方も!

オフショアジギングのラインシステムで、外せないアイテムがショックリーダーです。

擦れや衝撃によるトラブルを防ぐのもショックリーダーの役目で、PEラインを使った釣りには欠かせません。

現在各メーカーからは、優れた性能の製品が豊富にラインナップされています。

その中から今回は、オフショアジギングにおすすめのショックリーダーを紹介いたします。

長さや太さ、結び方も解説しますので、初心者の方も参考にして下さい。

野村裕紀
執筆者
  • 釣り歴21年
  • 年間釣行50日以上

愛知県在住で休日はもっぱら釣りのことばかり。20年前、友人に誘わて行った根魚釣りに魅了され自らタックルを揃えるように。今はエギングとジギングメインで、地元愛知や三重を中心に、福井や富山にも遠征します。デカイカをこよなく愛する3児(0~7歳)の父で、いつか一緒に釣り出来る日を夢見て日々奮闘中。

オフショアジギングでショックリーダーは必要?

オフショアジギングでショックリーダーが必要か否かは、結論から言えばマストアイテムです。

オフショアジギングでメインラインとして使うPEラインは、直線的な強度は抜群ですが擦れに弱い特徴があります。

PEラインの弱点を補うためにも擦れに強いショックリーダーは欠かせません。

根ズレや青物の鋭い歯によるライントラブルを防ぐために、ショックリーダーを装着して釣果アップを目指して下さい。

オフショアジギングに適したショックリーダーの選び方

素材(フロロカーボン/ナイロン等)の選び方

ショックリーダーは、フロロカーボン製とナイロン製の2種類の製品がリリースされています。

撚り糸で作られているPEラインに対して、ショックリーダーは単一構造で作られているのが特徴です。

フロロカーボン

高比重で沈みやすい特性があり、ボトムを素早く探るのに向いています。

伸びが少なく高感度なので、ルアーアクションがしやすくストレスを感じません。

また交換せず長く使えるのもフロロカーボンの魅力ですが、ナイロンに比べて高価です。

ナイロン

適度な伸びで強い衝撃を吸収する特性を持ち、安く購入できるのが大きな特徴です。

ノットを組みやすいので初心者にもおすすめですが、レスポンスの良さはフロロ製に軍配があがります。

初期費用を少しでも抑えたタックル選びをするなら、ナイロン製を選ぶのもありですね。

太さ(号数・強度)の選び方

オフショアジギングでは、使うPEラインやターゲットによってショックリーダーの太さを選ぶのが一般的です。

ショックリーダーはPEラインの約4倍の太さが目安で、PE2.0号なら8号のリーダーを選びます。

また製品選びの際は、号数だけでなく強度(lb)についても忘れてはいけません。

サワラなど小型青物は10~30lb、メジロやブリなどの中型クラスなら40~50lbの強度を持つショックリーダーがおすすめです。

10kg以上になる大型青物を狙うのであれば、更に強度のある60lb以上の製品を選んで下さい。

ショックリーダーがターゲットに対して強度不足の場合、ライン切れの心配が付きまといます。

号数と強度を明確にして、適した太さのショックリーダーを選びたいですね。

長さの選び方

実際にフィールドでショックリーダーを使う際には、装着する長さも事前に確認しておくことをおすすめします。

オフショアジギングのショックリーダーは、3ヒロが最適な長さと覚えておくと便利です。

1ヒロは両手を横に伸ばした長さと覚えておいて構いません。

1ヒロがおおよそ150cmですので、ショックリーダーは大体4m50cmの長さになります。

キャスティング用にタックルを組む時は、2ヒロ程度に短くするのが一般的です。

オフショアジギングにおけるショックリーダーの最適な長さは、体で覚えるのが一番ですね。

ノットのしやすさで選ぶ

初級アングラーは、ラインシステムを構築する途中でノットという大きな問題に直面します。

ノットの問題を解決するには、ノットを覚えることと、ノットのしやすいショックリーダーを選ぶことが重要です。

中でもナイロン製は表面がしなやかなので、初心者でもノットの心配が要りません。

パッケージにノットの解説付きの製品もありますので、選ぶ際には確認してみて下さい。

ノットの結び方をサポートするアイテムや動画もリリースされていますので、チェックしておきたいですね。

ショックリーダーの簡単でおすすめの結び方

ショックリーダーをPEラインに結ぶにはノットを覚えておくと便利です。

ノットには難易度の低いものから高いものまで、様々な結び方があります。

ここでは、一般的に使われる覚えやすいノットを紹介しますので参考にして下さい。

FGノット

他のノットに比べて結び目が小さいのが特徴で、オフショアジギングでも使用率の高い結び方です。アングラーなら是非ともマスターしておきたいノットと言えます。

デュエル「最強ノットマニュアル~FGノット編」

ループtoループ

PEラインとショックリーダーを、より簡単に結束するための結び方です。

ループノットと呼ばれて、初心者向けのノットの中では抜群の結束強力を誇ります。

デュエル「誰でも簡単ループノット講座~ループtoループ編」

オフショアジギング用リーダーおすすめ8選

【デュエル】
TB CARBONショックリーダー(H3495)

トータルバランスに優れたフロロカーボン製ショックリーダーで、プロアングラーも認めるモデルです。

長時間使用しても白濁しにくい特徴を持ち、高い透明性を保持できるので魚に見限られることがありません。

高比重で水に沈みやすいため、素早くボトムを探りたい時にも有効です。

耐摩耗性や耐久性が高いので、ルアーをロストする心配無いのが魅力です。

【シマノ】
オシアEXフロロリーダー(CL-036L)

ノットが結びやすいショックリーダーとして、初心者からベテランまで幅広く愛用されています。

オフショアジギングのターゲットを全てカバーできる充実したラインナップで人気です。

2層構造に作られたフロロが抜群の強度を実現し、シャローエリアの根や岩も問題としません。

ノットに慣れていない初心者でも安心して使える製品です。

【シマノ】
オシアジガー マスターフロロリーダー(CL-036P)

大型青物と渡り合うジギンガーにおすすめのモデルで、ナイロン並みのしなやかさと衝撃吸収性を実現しました。

芯が硬く外層を柔らかく仕上げたフロロは、PEラインとの結束強力が高くトラブルが少ないのが特徴です。

ベイトタックルでのスロー系ジグとの相性も良く、糸ヨレをほとんど起こしません。

オフショアジギング用リーダーの優等生として、存在感ある製品です。

【ヤマトヨテグス】
フロロショックリーダー

リーズナブルな価格と高性能を両立した、人気のショックリーダーです。

釣り糸専業メーカーならではの独自技術が使われ、フロロとナイロンのメリットが製品に生かされています。

ソフトな仕上がりのフロロを採用することで、巻きグセによる使いにくさもありません。

フッキング時の身バレを防ぎたい初級アングラーにおすすめのモデルです。

【モーリス】
バリバス VEPショックリーダー ナイロン

5kg程度の中型青物を狙う際におすすめのショックリーダーで、ナイロン製ならではのしなやかさがあります。

適度に伸びて強い衝撃をしっかり吸収するので、フッキングが苦手な初心者にもおすすめです。

特殊製法により抜群の耐摩耗性を実現し、擦れに対してはフロロカーボン製に負けません。

フロロ製ショックリーダーに比べて低価格なのがいいですね。

【モーリス】
バリバス オーシャンレコードショックリーダー

フロロカーボン製リーダー全盛の中、進化するナイロン製を牽引する存在のモデルです。

オフショア専用に設計され、キャスティングにもバーチカルにもしっかり対応してくれます。

適度に硬いナイロンを使用しているので、ルアーアクションも問題ありません。

特性を生かすことでラインシステムが組みやすくなり、ガイド抜けも抜群に良いショックリーダーです。

【メジャークラフト】
弾丸フロロショックリーダー(DFL-12)

少しでも費用を抑えたい反面、高性能なリーダーが欲しい時におすすめの商品です。

フロロカーボン製の中でも柔らかいので、初心者でもノットを組みやすい特徴を持っています。

安い価格にも関わらず日本国内で製造されており、性能や耐久性も心配ありません。

フロロならではの高感度と擦れに対する強さは、価格以上の価値を与えてくれます。

【ダイワ】
ソルティガリーダーTypeF

ディープエリアやシャローエリアでの根ズレに強い、信頼性の高いフロロカーボン製ショックリーダーです。

伸びが少なく感度が良いので、ルアーアクションも容易に繰り出すことができます。

レスポンスが良いことから、初心者でもターゲットのバイトを見逃しません。

ライントラブルが少なく、操作性に重点を置いた扱いやすいモデルです。

まとめ

オフショアジギングは、ライントラブルのリスクを軽減するショックリーダーが重要なアイテムです。

確実なラインシステムには、信頼性と性能の高い製品が必要になります。

ご自身の釣り方に合うショックリーダーで釣果アップを目指して下さい。

紹介アイテム一覧

オフショアジギングのショックリーダーの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

デュエル
TB CARBONショックリーダー(H3495)
シマノ
オシアEXフロロリーダー(CL-036L)
シマノ
オシアジガー マスターフロロリーダー(CL-036P)
ヤマトヨテグス
フロロショックリーダー
モーリス
バリバス VEPショックリーダー ナイロン
モーリス
バリバス オーシャンレコードショックリーダー
メジャークラフト
弾丸フロロショックリーダー(DFL-12)
ダイワ
ソルティガリーダーTypeF
オフショアジギングのショックリーダー
さらに探したい方

この記事を見たあなたにおすすめ

  1. ショアジギングの便利グッズおすすめ8選!あると快適な道具を紹介!ショアジギングの便利グッズおすすめ8選!あると快適な道具を紹介!
  2. 【LSJ】ライトショアジギング用メタルジグおすすめ10選!重さや色(カラー)の選び方!【LSJ】ライトショアジギング用メタルジグおすすめ10選!重さや色(カラー)の選び方!
  3. ヒラスズキ用ショックリーダーおすすめ10選!長さや太さ(号数)、結び方を解説!ヒラスズキ用ショックリーダーおすすめ10選!長さや太さ(号数)、結び方を解説!
  4. コスパ最強!スロージギングロッドおすすめ13選!人気のある安いロッドも紹介!選び方も!コスパ最強!スロージギングロッドおすすめ13選!人気のある安いロッドも紹介!選び方も!
  5. シマノのショアジギングロッドおすすめ10選!初心者に適した安い竿も紹介!シマノのショアジギングロッドおすすめ10選!初心者に適した安い竿も紹介!
  6. ヒラスズキ&青物(ショアジギング)兼用ロッドおすすめ6選!違いは何?両方を楽しめる竿を紹介!ヒラスズキ&青物(ショアジギング)兼用ロッドおすすめ6選!違いは何?両方を楽しめる竿を紹介!
  7. ショアジギング用ルアーケースおすすめ8選!ジグやプラグを便利に収納!ショアジギング用ルアーケースおすすめ8選!ジグやプラグを便利に収納!
  8. オフショアジギング入門セットおすすめ8選!手軽に始められる道具一式セットを紹介!オフショアジギング入門セットおすすめ8選!手軽に始められる道具一式セットを紹介!
  9. オフショアジギング最強メタルジグおすすめ10選!重さや色の選び方!安いコスパ重視も!オフショアジギング最強メタルジグおすすめ10選!重さや色の選び方!安いコスパ重視も!
  10. オフショアジギング用ショックリーダーおすすめ8選!長さや太さ等の選び方を紹介!結び方も!オフショアジギング用ショックリーダーおすすめ8選!長さや太さ等の選び方を紹介!結び方も!
  11. オフショアジギング用クーラーボックスおすすめ10選!適したサイズ(容量)や保冷力の選び方を紹介!オフショアジギング用クーラーボックスおすすめ10選!適したサイズ(容量)や保冷力の選び方を紹介!
  12. オフショアジギング対応タックルボックスおすすめ8選!船釣りで便利な収納ボックスを紹介!オフショアジギング対応タックルボックスおすすめ8選!船釣りで便利な収納ボックスを紹介!
  13. オフショアジギング用ベイトロッドおすすめ8選!人気で安いタックルはある?選び方も紹介!オフショアジギング用ベイトロッドおすすめ8選!人気で安いタックルはある?選び方も紹介!
  14. オフショアジギング用ベイトリールおすすめ8選!人気で安いリールはある?選び方も紹介!オフショアジギング用ベイトリールおすすめ8選!人気で安いリールはある?選び方も紹介!
  15. 上級者必携!最高峰のオフショアジギングロッドおすすめ12選!ハイエンドな高級ロッドを紹介!上級者必携!最高峰のオフショアジギングロッドおすすめ12選!ハイエンドな高級ロッドを紹介!
  16. コスパ最強!オフショアジギングリールおすすめ12選!安いけど実用的な初心者リールは?番手やギア比の選び方も!コスパ最強!オフショアジギングリールおすすめ12選!安いけど実用的な初心者リールは?番手やギア比の選び方も!
  17. コスパ最強!オフショアジギングロッドおすすめ12選!安いけど実用的な初心者にも適したロッドは?コスパ最強!オフショアジギングロッドおすすめ12選!安いけど実用的な初心者にも適したロッドは?