マルイカ用ゼロテンロッドおすすめ8選!人気な竿を厳選!

イカの中でも非常に甘みが強く、食味の良いマルイカ。

アオリイカやヤリイカと同様、高級イカとされる沖釣りの人気ターゲットです。

釣りでもゲーム性の高さに魅了される釣り人も多い人気の釣りです。

マルイカは非常に繊細なアタリが特徴で、小さなアタリをいかに掛けられるかで釣果に差が出ます。

近年人気な釣法、ゼロテンはそんな繊細なマルイカにピッタリです。

ゼロテンは竿を選ぶ釣法なので、ゼロテンに適した竿を選ぶことがとても重要です。

そこで今回は、そんなマルイカ用ゼロテンロッドを解説します。

竿の選び方や、おすすめのゼロテンロッドをご紹介しますので竿選びの参考にしてみてください。

W.T
執筆者
  • 元釣具屋店長
  • 釣り歴16年

2020年まで大手釣具店で13年間勤務。 ソルトフィッシングがメインで釣り歴は16年程です。 職業柄、主要な釣りは一通り経験をしてきました。

マルイカのゼロテン釣法とは

マルイカのゼロテン釣法は、オモリを底に着けたまま誘う釣り方です。

ゼロテンとはゼロテンションの略で、誘いを入れた後に糸を張らず緩めずの状態で仕掛けをステイさせてマルイカのサワリを待ちます。

ゼロテン釣法は手感度ではなく目感度でサワリ(アタリ)を拾っていく釣り方。

マルイカのサワリは非常に小さく、渋いときは反応が竿に出ないこともあります。

そのようなときは叩きなどのアクションがしやすい張りの強い竿では細かな反応がわかりません。

そんな状況に最適なのがゼロテン釣法。

繊細なサワリを表現できる専用ロッドを使うことで渋い状況にも対応できます。

ゼロテン釣法に特化したマルイカロッドを使うメリット

仕掛けが安定する

ゼロテン釣法に特化したマルイカロッドは繊細な穂先が特徴。

柔らかく曲がりこむ穂先は仕掛けを跳ねさせず、安定させることが可能です。

仕掛けを安定させることで、マルイカが乗りやすいステイの間を作り出せます。

そのため、やる気のあるマルイカだけでなく、反応の鈍いマルイカも拾って釣れるのがメリットです。

繊細なサワリ(アタリ)がわかる

ゼロテン専用ロッドは細く柔軟な穂先が特徴です。

ゼロテンションの状況を作ることで柔軟な穂先がマルイカのサワリを感知。

細かく穂先が引き込まれたり、横にブレたり、竿先が戻ったりと繊細な反応でサワリを知らせてくれます。

しっかりと張らず緩めずの状態を作ることが重要なので、ゼロテンション専用ロッドを使うには少し練習も必要です。

マルイカ用ゼロテンロッドの選び方

穂先

ゼロテン専用ロッドの最大の特徴は、その繊細な穂先です。

ゼロテンロッドには細かなマルイカのサワリを表現できるほど細く削り込まれた柔軟な穂先が搭載されています。

ゼロテンの状況を作ることで、そんな穂先がマルイカの反応を視覚で教えてくれます。

そのため繊細な穂先を搭載した専用ロッドを選びましょう。

長さ

マルイカ用ゼロテンロッドは短いものが適しています。

目感度の良さが特徴なので、繊細な穂先の変化を見逃さないことが大切です。

距離が近く変化をとらえやすい長さのものを選びましょう。

基本的には1.5m前後の長さがおすすめです。

軽さ

ゼロテンの釣りでは、叩きやアワセの操作を素早く行わなければなりません。

さらには、張らず緩めずのゼロテンの状況を作り出し、維持することが必須です。

そのような繊細な操作をするには軽量で操作性の良いロッドが欠かせません。

一日誘っても楽に操作ができる軽量なモデルを選びましょう。

替え穂先

ゼロテンの穂先は非常に細く削り込まれたものが多いため、無理に負荷を掛けたり操作を誤ったりすると簡単に折れてしまいます。

折れるたびに#1節を丸々交換してしまうとパーツ代がかさんでしまいます。

ゼロテン専用ロッドでは、穂先部のみ交換可能なモデルも出ているため修理費用を抑えたい方におすすめです。

マルイカ用ゼロテンロッドおすすめ8選

【ダイワ】
アナリスター マルイカ ゼロテン

引用:楽天市場

2種類の穂先が付属しているダイワのマルイカ専用ロッドです。

変則2ピース構造で、速やかな穂先交換が可能です。

強化構造X45を採用し、ネジレに強いため叩きなどの軽快な操作が可能です。

目感度にこだわるゼロテンモデルでは、マルイカのサワリを表現してくれるしなやかな穂先を搭載。

2本の穂先を使い分けることで浅場、深場どちらにも対応可能です。

【ダイワ】
マルイカX S/MH-155

引用:Amazon

コストパフォーマンスの良い専用ロッド、Xシリーズのマルイカロッドです。

ブランクスのバットセクションをカーボンテープで強化したブレーディングXを採用し、基本性能と使いやすさを重視。

高級感のあるメタリックな外観も特徴です。

S/MH-155はゼロテンに最適なしなやかな穂先を搭載。

穂先部の着脱が可能な変則3ピースで、予備穂先を用意しておけば速やかに交換可能です。

【アルファタックル】
海人 マルイカ 150UL ZEROTEN

アルファタックルの人気モデルをさらに進化させたゼロテンモデルです。

繊細な穂先部を前作よりもさらに進化させ目感度を向上。

ショートグリップと手のひらにフィットするオリジナルリールシートで軽快な操作が可能。

30〜60号のオモリ負荷で、幅広い状況に対応できるオールラウンドモデルとしても最適です。

【がまかつ】
デッキステージ マルイカ 155

扱いやすさを追求したがまかつのマルイカ専用スタンダードモデルです。

軽量バランス設計で快適な操作が可能。

155はゼロテン釣法メインに使用できる白色塗装とオレンジスレッドのオリジナルグラスソリッド穂先を搭載。

高い目感度でマルイカの繊細なアタリを捉えます。

【がまかつ】
がま船 シーファング マルイカ 151ZT

穂先の表現力だけでなく、レスポンスにこだわったマルイカ専用ロッドです。

視認性の良さを保ちつつ、アワセのレスポンスを向上。

151ZTはゼロテン専用モデルながら、超先調子設計で攻めの釣りを実現します。

叩きを行ってからゼロテンションポジションに速やかに移行可能。

ブレが少ないため素早くアタリを捉え、即対応できるハイレスポンスモデルです。

【アブガルシア】
KUROFUNE MARUIKA KMIC-150XUL 零TEN 

引用:Amazon

リーズナブルな価格ながら最適なバランスを追求し、軽量化や感度などにこだわったシリーズのゼロテンション専用モデルです。

8:2調子に先径0.5mmの繊細グラスティップで、横ブレや僅かな穂先戻りなどの繊細なサワリを感知。

替え穂先を標準装備し、万が一のトラブルにも対応可能です。

【櫻井釣漁具】
金剛激まるいか160 零天国

明治時代創業の櫻井釣漁具が作るゼロテンション釣法専用ロッドです。

高い目感度のしなやかな穂先と、深場にも対応できるバットパワーを搭載。

テーパーにこだわった穂先は、マルイカのサワリを捉えやすいピンクスレッド仕様でさらなる目感度の向上を実現しています。

ただ柔らかいだけでなく、サワリがわかりやすいポジションやイカを掛ける支点にまでこだわった専門性の高いおすすめロッドです。

【シマノ】
ベイゲームマルイカ 82 SS155

最新のテクニックに対応できるシマノのマルイカ専用ロッドです。

ロッドのねじれやツブレを抑える強化構造スパイラルX搭載で細身で軽量なブランクスを実現。

叩きや誘いなどの軽快な操作が可能です。

82 SS155は極めて柔軟なグラスソリッド穂先を搭載し、マルイカの繊細なサワリを捉えます。

まとめ

今回はマルイカ用ゼロテンロッドについて解説しました。

専門性が高いロッドなので、釣りのスタイルや好みに合ったロッドを選ぶようにしましょう。

今回の記事を参考にお気に入りのロッドを探してみてください。

紹介アイテム一覧

マルイカ用ゼロテンロッドの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

ダイワ
アナリスター マルイカ ゼロテン
ダイワ
マルイカX S/MH-155
アルファタックル
海人 マルイカ 150UL ZEROTEN
がまかつ
デッキステージ マルイカ 155
がまかつ
がま船 シーファング マルイカ 151ZT
アブガルシア
KUROFUNE MARUIKA KMIC-150XUL 零TEN 
櫻井釣漁具
金剛激まるいか160 零天国
シマノ
ベイゲームマルイカ 82 SS155