サバ釣りジグヘッドおすすめ6選!サバングで最適なジグヘッドを紹介!

ルアーを使ったサバ釣り、いわゆるサバングは、ルアーにこだわらず楽しめる敷居の低さで人気です。

ジギングスタイルが定番ですが、それに引けを取らない釣果を上げるのがワームとジグヘッドを使った釣りでしょう。

今回はサバングに使うジグヘッドの選び方と、おすすめモデルを厳選してご紹介します。

塩谷純一郎
執筆者
  • 釣り歴15年
  • 釣り具の販売経験あり
  • 全国10都道府県へ遠征

北国生まれのアマチュア釣り師。前職では量販店で釣り具の販売、企画も担当。釣った魚を調理して食べるのも大好きで、美味しい魚のためならフィールド問わずアクティブに挑戦します。

サバングに最適なジグヘッドとは?選び方を紹介

ジグヘッドは針と錘を合体させたシンプルな作りで、その扱いやすさから様々な釣りに用いられています。

対象魚別にいろいろな設計のものがあり、すべてがサバに適しているわけではないため、サバ用に用意するのがおすすめです。

まずはジグヘッドの特性から、サバにはどういったものが適しているのか考えてみましょう。

使用するワームとの相性を重視

サバングにジグヘッドを使うときは、主にワームを取り付けますが、ワームにも特性があるため、動きを邪魔しないジグヘッドを選ぶ必要があります。

バランスが悪いと、ジグヘッドの特性が強く出てワームの特性が死んでしまい、十分にアピールすることができません。

相性を考えて選べば、それぞれの持つ特性を生かすことができます。

タナをキープしやすいもの

どんなジグヘッドでも海水に対して比重がかなり重いため、フォールしやすい特性があります。

サバングではフォールも重要ですが、サバは比較的タナを保って泳ぐので、リフト&フォールだけでは誘いにくく、釣果につながりにくいでしょう。

円柱型のジグヘッドや、錘部分が小さく軽いものなど、タナを保ちやすいものがおすすめです。

シャンクは短めがおすすめ

ジグヘッドは錘からフックの湾曲部分までワームを通すための遊びがあり、その部分を「シャンク」と呼びます。

シャンクは魚種や使うワームの種類によって変わるのですが、サバの場合は短めがおすすめです。

サバは青物なので、獲物の頭から飲み込もうとする気質があるため、ショートシャンクなら口にフックが入りやすいというわけです。

《サバング》サバ釣りジグヘッドおすすめ6選

紹介したようなポイントを元に、サバングにおすすめのジグヘッドを厳選しました。

特性を生かしやすいサイズをおすすめしていますが、ロッドの適合ルアーウエイトや、ワームとの相性も含め、ウエイトやフックサイズを選択してください。

【ジャッカル】
キビキビ ダートジグヘッド 1.8g

軽いジグヘッドの場合、ジグヘッドの持つ泳ぎの特性を生かすのは、難しいことが多いでしょう。

キビキビ ダートジグヘッドは、ヘッドが小さめでもしっかりと水を受け止めて、しっかり動いてくれる優れものです。

それでいてロッドアクションへの抵抗も少ないので、とても扱いやすい印象を持つでしょう。

軽いウエイトラインナップでフックも細めなので、小サバを手返し良く釣りたい場合におすすめのジグヘッドと言えます。

【オーナー】
メバル弾丸 2.0g #8(JH-83)

筆者が最も使ったジグヘッドといっても過言ではない、信頼と実績の商品です。

メバル用ですが、小さめのワームとの相性が非常によく、タナをキープしながら泳がせやすいのでサバ狙いにもぴったりです。

錘の先端が突起しているので、まだルアーの扱いに慣れていない初心者でも、根掛かりのリスクが少ないのもおすすめポイントです。

サバのみならず様々なターゲットに有効なジグヘッドなので、1つ用意しておいて損はないでしょう。

【メジャークラフト】
ジグパラ ヘッド スイムタイプ 3g

サバのサイズは小さいけど、軽いメタルジグのキャスティングに自信がないという方は、ジグパラ ヘッド スイムタイプがおすすめです。

錘部分がかなり前重心になっており、ウエイトが軽くてもキャストしやすいです。

フックもしっかりしているので、予想外に大きい獲物がかかっても、しっかりとやり取りできます。

泳ぎ方は比較的シンプルなので、よく動くアピール力の強いワームとの相性がいいでしょう。

【ダイワ】
シーバスジグヘッドSS 5g

もし初心者の方で、サバング用ジグヘッドの最初の一つを選びかねているなら、シーバスジグヘッドSSがおすすめです。

シーバス用の設計ですが、タナをキープしやすい設計でシャンクが短めなので、サバング用ジグヘッドに求める性能を有しています。

フックはDaiwaが誇るSaqSasを採用し、強度もあるのでサバとのやり取りでも安心です。

この性能がありながら、価格が抑えめなのも嬉しいですね。

【Jazz】
尺HEAD DX マイクロバーブ R type 5g

ハイシーズンの大サバを狙いたい方におすすめのジグヘッドです。

その名の通り、大物に対応する太いワイヤーを使用したフックなので、引きの強いサバとのやり取りにも心強いです。

R typeはリトリーブ向きの設計で、サバへじっくりアピールしたいときにもってこいでしょう。

今回は扱いやすい5gを紹介しましたが、高い強度を誇りながら軽量なラインナップもあるので、選択肢が広いのも魅力的です。

【オーナー】
静ヘッド  10g(JH-61)

大きめのジグヘッドを探しているなら、静ヘッドは最適な選択肢の一つです。

大きめのジグヘッドを使う場合に気になるのは、ワームの動きをいかに生かせるかでしょう。

静ヘッドは、10g以上でも直進するときの抵抗が少なく、スムーズに引けるので、ワームに任せた誘いをしたいときに効果を発揮してくれます。

タダ巻きしているとき、ワームの振動を感じ取れるほどの素直さに魅了され、筆者もサバングのみならず愛用しているモデルです。

まとめ

ジグヘッドはサバングのみならず、アジングやメバリング、最近ではシーバスにもよく使用されています。

中でもサバは釣りやすいターゲットなので、サバングでジグヘッドに慣れておけば、今後いろいろな釣りに対応できるようになるでしょう。

ぜひこの機会に様々なジグヘッドを用意して、サバングを思う存分楽しんでください。

紹介アイテム一覧

サバ釣りジグヘッドの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

ジャッカル
キビキビ ダートジグヘッド 1.8g
オーナー
メバル弾丸 2.0g #8(JH-83)
メジャークラフト
ジグパラ ヘッド スイムタイプ 3g
ダイワ
シーバスジグヘッドSS 5g
Jazz
尺HEAD DX マイクロバーブ R type 5g
オーナー
静ヘッド  10g(JH-61)

この記事を見たあなたにおすすめ

  1. サバングワームおすすめ8選!使い分け方やアクション方法を解説!サバングワームおすすめ8選!使い分け方やアクション方法を解説!
  2. サバング対応ミノーおすすめ5選!釣れるアクションや種類も紹介!サバング対応ミノーおすすめ5選!釣れるアクションや種類も紹介!
  3. サバングに最適なメタルジグおすすめ8選!サバ釣りジギングジグの選び方も紹介!サバングに最適なメタルジグおすすめ8選!サバ釣りジギングジグの選び方も紹介!
  4. サバングロッドおすすめ5選!ジギング対応のサバ釣りロッドを紹介!サバングロッドおすすめ5選!ジギング対応のサバ釣りロッドを紹介!
  5. 【サバング】サバ釣り用ルアーおすすめ10選!夜釣りに効果的なルアーの選び方も紹介!小サバ・大サバを釣って楽しもう!【サバング】サバ釣り用ルアーおすすめ10選!夜釣りに効果的なルアーの選び方も紹介!小サバ・大サバを釣って楽しもう!