高級へら竿おすすめ6選!最高級のヘラブナ竿を紹介!

ヘラ鮒釣りは、日本で生まれ、日本で育ち、たくさんの日本の人々に親しまれ続けている我が国特有のゲームフィッシングです。

この釣りを愛する人々は単に魚を釣るという楽しみだけではなく、「へら鮒釣り」という世界を味わうことを求めて竿を振るのです。

そんなヘラ鮒釣り師たちの求める最高級のヘラ鮒竿と言うことになると、その人の求めるものによって何が高級かが変わってきます。

求めるものが芸術の域のあるものとなれば文化財とも言える名竿師が作った竹竿が最高級のヘラ竿となるでしょう。

しかし、そういった芸術的一品は、簡単に手に入れることはできません。

そこで、今回は購入し、手にすることがそれほど困難ではない、メーカー製造販売のおすすめの竿に絞って紹介したいと思います。

鈴木三郎
執筆者
  • 釣り歴55年
  • 元釣具屋店員
  • 釣具に累計2000万円程使用

釣りは5歳の時父親に大阪の猪名川にマブナ釣りに連れて行ってもらってから続けています。好きな釣りはヘラ鮒釣り、筏釣り、渓流釣り、鮎の友釣りです。道具は工夫や自作するのもまた釣りの楽しみ。釣りは自然相手の遊び、自然を大切にしながら楽しんでいきたいものですね。

最高級のへら竿(ヘラブナ釣り竿)の価格帯は?

ヘラ竿は釣る場所、釣り方で1.8mから9.6mと様々な長さのものが使われます。

竿は長いほど使われる素材の量も多くなるので、必然的に価格は高額になります。

長さが違えば比較するのは難しくなるので、今回のへら竿の比較対象は、長短の中間的長さである4.5mで見ていきたいと思います。

先にも申しましたとおり、へら竿に求めるものは各へら師によって違います。

釣り具メーカーによって竿の性能のどこに力を入れるか、どう力を入れるかも違ってきます。

なので、各メーカーでその最上位の竿の価格帯には差があります。

総体してみてみると、最高級のへら竿の価格帯は、80,000円~130,000円ということが言えます。

最高級のへら竿(ヘラブナ釣り竿)を使うメリット

各メーカーでは、最高のヘラ鮒釣りに求められるへら竿のあり方について深く研究がなされています。

それは、竿を手に持ったときの持ち感であったり、見たときの美観であったりもします。

また、餌を振り込むときの振り感であったり、投餌の正確さであったりもします。

アタリに対しての瞬時に対応する俊敏性でもあり、ヘラ鮒が掛かってからのやりとりと取り込みへの対応性であったりもします。

これら全てを一つの竿で包括したものができればいいでしょうが、それらは相対する方向にあるものもあります。

なので、各メーカーではどこに重点を置くかでその竿の持ち味を出させるように、設計しています。

各メーカーの最高級クラスのヘラ竿では、各メーカーで研究された最高級の技術が投入された竿の持ち味を味わえます。

もう一つのメリットは、最高級のヘラ竿では、その素材も最高級のものを使っています。

高品質カーボンブランクスを使うことによって、軽く、張りのある竿を作ることができます。

それによって長ロングバージョンのへら竿を作り出すことができます。

低価格の竿で使われるブランクスでは作り得ない、もしくは使いづらい長さの竿も最高級品では作ることができるのです。

これらは、最高級のへら竿を使うメリットだと言えるでしょう。

最高級ヘラブナ竿おすすめ6選

【シマノ】
普天元 獅子吼(ふてんげん ししく)15(397799)

『普天元』はシマノへら竿の最高峰です。

このシリーズは1994年よりシマノ最高峰のヘラ竿として販売されてきました。

年々生み出される最高技術を取り入れ、ヘラ師が求めるヘラ竿を作り出してきています。

今回『獅子吼』では、スパイラルXコアというシマノ独自の製法で作られた高強度素材を採用しています。

そして長さに合わせた最適な段差構造と素材合わせを行い、それぞれの長さでの最高の調子を産みだしています。

軽さとしっかり胴に入る調子で、疲れを感じさせず、釣り味を楽しめる竿です。

外観の塗りも竹感を出し、継いだときに粋な風合いを醸し出す落ち着いた高級感を感じさせてくれます。

【ダイワ】
玄むく15・Y(2 322553)

ダイワが総力を挙げて1枚のヘラ鮒との出会いを楽しむ竿作りに取り組んだ一竿です。

超細身に仕上げられていながらも超肉厚な設計となっており、より柔らかくしなやかな曲がりを生み出しています。

軽さに必要以上にこだわるのではなく、その粘り腰は1枚1枚のヘラ鮒の引き味を存分に味わわせてくれます。

また、塗りや握りのデザインも、まさに本物の竹と見間違うほどの味わい深い出来映えで使う人に満足感を与えてくれます。

ヘラ鮒釣り師に喜びと楽しみを与えてくれるダイワの最高級ヘラ竿です。

【がまかつ】
がまへら天輝15(4549018171303)

がまへら最高峰の「天輝」は柔らかさを保ちながらも竿にはパワーをもたせる事を追求した竿です。

素材も、ただ高弾性カーボンを使うのではなく、適所に合わせて低弾性カーボンやグラスを使い分けています。

また、継ぎ数を増やすことで節硬度を作り、穂先と穂持ちを兼ね合わせて繊細さとパワーをもたらせています。

随所にがまかつのこだわりを注入して完成された一竿です。

【シマノ】
飛天弓 閃光L(ひてんきゅう せんこうL)30(371638)

シマノの高弾性カーボンとスパイラルX、高精度テーパー合わせといったシマノ技術が投入された竿です。

最高峰の技術の投入でなんと9mで189gという軽量化を実現しています。

ただ軽いだけでなく、張りのある長寸で、軽快な振りと腰の効いた取り込みを備えています。

さすがにこれだけの長尺ですから一匹一匹のヘラとの対話という味わいを感じるというのは難しくなります。

しかし、この長さでなければ攻められないポイントで、軽快に疲労を感ぜずに数を釣ることができる一竿です。

【ダイワ】
HERA R 32(3 066191)

竿のブランクスにダイワのスーパーSVFナノプラスを採用し、軽さと張りとパワーを重視した攻撃的ヘラ竿です。

定められた時間内に1枚でも多くのヘラを上げるという人との釣り技を競うトーナメントロッドHERA Sの上位機種です。

その持ち得る軽さと張りとパワーから超長竿となる9.6mをもラインアップされています。

管理釣り場だけでなく野釣り場においても攻撃的なヘラ釣りで釣果では他の人を寄せ付けない結果を出すことができる竿です。

ヘラ釣りを味わうという竿ではなく、人と競う競技ヘラ釣りのための最高の武器となり得る一竿です。

【がまかつ】
がまへら幻煌天(4549018402971)

がまへら幻煌天は長尺での野へら釣りにおいて快適な釣りができることを追い求めて作られた竿です。

快適さを産む性能の第一点は軽さ。8.1mという長尺でありながら150gという驚異の軽さを産みだしています。

しかも、ただ軽いと言うだけではなく、1日中振っても疲れず、正確な振り込みができる張りをもたせています。

また、大型ヘラが掛かっても余裕のパワーであしらうことができるねばり腰も兼ね備えた竿です。

まとめ

漁というよりは魚と戯れるという色が濃いヘラ鮒釣り。

その竿には昨今の釣り竿製造技術が求める軽さ・張り・感度とは違い、「味わい」が求められます。

新しい技術より、古くから伝わる竹こそがその求められるものの頂点となっています。

各メーカーとも最新の素材を使いながらも、仕上がりをいかに竹の持ち味に近づけられるかと研究を進めています。

伝統工芸・芸術品と言われる名竿が今も数少ないながらも名工の手によって作られ続けています。

個人では紀州を中心とした和竿師や江戸和竿師、そしてメーカーでは櫻井釣漁具では受注製造されています。

自分のために作られた世界に一つの一竿を持つことはヘラ鮒釣り師たちの夢でしょう。

紹介アイテム一覧

高級へら竿の購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

シマノ
普天元 獅子吼(ふてんげん ししく)15(397799)
ダイワ
玄むく15・Y(2 322553)
がまかつ
がまへら天輝15(4549018171303)
シマノ
飛天弓 閃光L(ひてんきゅう せんこうL)30(371638)
ダイワ
HERA R 32(3 066191)
がまかつ
がまへら幻煌天(4549018402971)