【LSJ】ライトショアジギング用ベイトロッドおすすめ8選!長さや硬さ等の選び方を紹介!

ライトショアジギングは、小型から中型青物を中心に様々なターゲットを狙うことができます。

気軽にエントリーできることから初心者にも人気で、釣行に適したベイトロッドもリリースされています。

ベイトロッドを選ぶにあたっては、ベイトタイプのメリットやデメリットを把握して購入しなくてはいけません。

今回はライトショアジギングにおすすめのベイトロッドを紹介いたします。

長さや硬さの選び方も解説しますので、初心者の方は参考にして下さい。

野村裕紀
執筆者
  • 釣り歴21年
  • 年間釣行50日以上

愛知県在住で休日はもっぱら釣りのことばかり。20年前、友人に誘わて行った根魚釣りに魅了され自らタックルを揃えるように。今はエギングとジギングメインで、地元愛知や三重を中心に、福井や富山にも遠征します。デカイカをこよなく愛する3児(0~7歳)の父で、いつか一緒に釣り出来る日を夢見て日々奮闘中。

ライトショアジギングでベイトロッドを使うメリット・デメリット

メリット

ライトショアジギングで使うベイトロッドは、キャストフィールと操作性の良さが他にはない大きなメリットです。

適度なパワーを持つブランクスとしなやかな穂先を兼ね備えているので、軽いルアーでの遠投を実現しました。

ベイトタックルは手返しが良いため、スピニングタイプに比べてキャスト回数が増えるメリットがあります。

キャスト回数が増えることでフッキングチャンスも増えるため、スピニングよりも釣果が高いと言っても過言ではありません。

また40g前後のジグを中心に、20~60gのルアーをロングキャストしてタダ巻きするだけなので、初心者にも扱いやすいのが魅力です。

更にベイトリールとの組み合わせで抜群の感度があるのも、ベイトタックルの特徴と言えます。

ボトムを取る感覚やフォールでのアタリは、初心者が覚えるのに最適ですね。

デメリット

ライトショアジギングに限らずベイトロッドは、スピニングタイプに比べてタックルの数が少ないのが大きなデメリットです。

限られたモデルの中からライトショアジギングに適したロッドを選ぶので、どこかで妥協することも少なくありません。

代用ロッドでは柔らかすぎたり、ショアジギングロッドでは小型ルアーの操作性に難があったりするので選択肢の幅が狭くなります。

またベイトロッドは、スピニングロッドよりもキャスト性能が劣っているので飛距離が出ません。

その中にあっても最近は、キャスト性能が向上したロングキャストモデルもリリースされていますので、事前にチェックして選んで下さい。

ライトショアジギングに適したベイトロッドの選び方

長さの選び方

ライトショアジギングロッドに求められる性能は、ロングキャストできることです。

そのため長いロッドが有利で、ベイトロッドを選ぶ場合にも当てはまります。

実際にモデル選びでは飛距離の出やすい9~10ftクラスのロッドを中心に、長めのベイトロッドを選んで下さい。

キャスト性能が高いモデルであれば、7ft後半~8ft台のベイトロッドであっても問題はありません。

ライトショアジギング用ベイトロッドは、遠くのポイントが狙えるロングキャストモデルを中心に選ぶのがおすすめです。

硬さの選び方

中型までの青物や底物、シーバスなどを狙うライトショアジギングは、適度な硬さを持つブランクスが必要です。

青物はヒキが強いですが、ロッドが硬すぎるとバレやすくなってしまいます。

逆に柔らかすぎるブランクスは、魚のパワーに負けてしまいランディングまで持ちこめません。

ML~Mパワーのロッドは適度な硬さとしなやかさを兼ね備えているので、ライトショアジギングには最適な硬さです。

ただし中型青物に限って言えば、M以上のパワーを持つベイトロッドでの釣行をおすすめします。

重さの選び方

ロングキャストとタダ巻きを繰り返すライトショアジギングでは、軽いロッドがアングラーに好まれます。

マズメ時だけの釣行など短時間であれば、ロッドの重さはほとんど問題ありません。

しかし1日長時間の釣行では、アングラーの腕や足にかかる負荷は相当なものになります。

そのため使用するベイトロッドの軽さが、アングラーの体力消耗を減らしてくれるのです。

中には130g台と圧倒的に軽いモデルもリリースされているので、購入前には手に持って確かめておきたいですね。

ライトショアジギング用ベイトロッドおすすめ8選

【ダイワ】
ラテオ・Rベイトモデル(93MB)

初心者がキャストしやすいブランク設計で、30~40gのルアーに適したライトショアジギングモデルです。

ベイトロッドならではの強さを備え、中型青物を楽に巻き上げるパワーバランスに優れています。

138gの軽量モデルなので、一日中キャストとタダ巻きを繰り返しても疲れません。

中価格帯ベイトロッドの中で、抜群の耐久性とコスパ力を備えたモデルです。

【ダイワ】
ラブラックスAGSベイトキャスティングモデル(87MLB)

ハイエンドモデルに匹敵する性能を持ち合わせたベイトロッドで、軽さと感度の高さが自慢です。

ダイワ独自の高度な技術を投入し、ブランクスからガイドに至るまで徹底的に軽さを追求しました。

AGS搭載でルアーの感度が抜群によく、初心者でも感度の良さを瞬時に味わえます。

シーバスロッドですが、青物のヒキにも十分に対応できるモデルです。

【シマノ】
ディアルーナ(B96M)

パワーを重視しながらも、遠投性能と扱いやすさに定評のあるベイトキャスティングロッドです。

小型ルアーを操作するしなやかさと、40gを超えるメタルジグをフルキャストできる強さを両立しました。

ライトショアジギング中に起こり得る、良型青物とのパワーゲームにもしっかり対応してくれます。

トルクフルな釣りを堪能したいなら、是非とも手に取りたいベイトモデルです。

【テイルウォーク】
BEECASⅡ(96M)

小型青物からシーバスまで、様々なフィールドでのライトショアジギングに適したベイトロッドです。

MAX40gまでのジグに適合し、ロングキャストによる沖のポイント狙いにも対応できます。

適度な硬さとフッキングパワーをもつブランクスは、不意の大物でも逃しません。

オールラウンドモデルで操作性が良いので、初心者用としてもおすすめです。

【アブガルシア】
SaltyStyleトリプルコンセプト ベイト(SSTC-912MT-KR)

力強いベイトタックルの特性に遠投能力がプラスされた、低価格帯ロッドのスタンダードモデルです。

KRガイドの採用で抜群の軽さを誇り、長時間キャストを繰り返しても疲れません。

パワーロスを抑えるブランクスは適度な硬さを持っているので、初心者にも適したロッドです。

耐久性も高いため、長く使えるコストパフォーマンスの良い製品ですね。

【ヤマガブランクス】
BlueCurrentⅢ(82B)

小型青物からシーバスまで、マルチに使えるブランクスを持つベイトキャスティングロッドです。

他のショアジギングロッドに比べてショートレングスながら、圧巻の飛距離を稼ぎ出します。

しなやかなディップが軽いルアーの操作を容易にしてくれるので、ルアー操作に不慣れな初心者でも問題ありません。

流行りの極細PEラインでの釣行に適しています。

【テンリュウ】
ロックアイ ヴォルテックス(RV78B-HH)

荒磯からのロックフィッシュを狙いに適した性能を持ち、パワーとしなやかさを兼ね備えたモデルです。

30~40gのジグを遠投できるので、沖を回遊する中型青物を狙うこともできます。

軽いルアーでのアクションを容易に繰り出せる感度も抜群で、フッキングチャンスも逃しません。

ライトショアジギングのほとんどのフィールドをカバーできるのもいいですね。

【フィッシュマン】
BRIST MARINO(8.0M)

ベイトキャスティングロッドとして開発され、キレのあるアクションが得意な人気モデルです。

粘りのあるブランクスから放たれる圧倒的な飛距離は、遠くのナブラ撃ちにも適しています。

小型ルアーから40g前後のジグまで意のままに扱え、初心者の操作性も心配ありません。

しなやかで感度が良いので、ディープエリアを探るのにも向いています。

まとめ

気軽にできるライトショアジギングは、ベイトタックルでのエントリーがおすすめです。

中型までの青物だけでなく、フラットフィッシュやシーバスがそのまま狙えるのもいいですね。

ご自身の釣行スタイルに合ったベイトロッドを選んで、トルクフルな釣りを楽しんで下さい。

紹介アイテム一覧

ライトショアジギングのベイトロッドの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

ダイワ
ラテオ・Rベイトモデル(93MB)
ダイワ
ラブラックスAGSベイトキャスティングモデル(87MLB)
シマノ
ディアルーナ(B96M)
テイルウォーク
BEECASⅡ(96M)
アブガルシア
SaltyStyleトリプルコンセプト ベイト(SSTC-912MT-KR)
ヤマガブランクス
BlueCurrentⅢ(82B)
テンリュウ
ロックアイ ヴォルテックス(RV78B-HH)
フィッシュマン
BRIST MARINO(8.0M)
ライトショアジギングのベイトロッド
さらに探したい方

この記事を見たあなたにおすすめ

  1. ショアジギングの便利グッズおすすめ8選!あると快適な道具を紹介!ショアジギングの便利グッズおすすめ8選!あると快適な道具を紹介!
  2. 【LSJ】ライトショアジギング用メタルジグおすすめ10選!重さや色(カラー)の選び方!【LSJ】ライトショアジギング用メタルジグおすすめ10選!重さや色(カラー)の選び方!
  3. コスパ最強!スロージギングロッドおすすめ13選!人気のある安いロッドも紹介!選び方も!コスパ最強!スロージギングロッドおすすめ13選!人気のある安いロッドも紹介!選び方も!
  4. シマノのショアジギングロッドおすすめ10選!初心者に適した安い竿も紹介!シマノのショアジギングロッドおすすめ10選!初心者に適した安い竿も紹介!
  5. ボトムワインドロッドおすすめ8選!初心者・入門にも適した竿の選び方を紹介!ボトムワインドロッドおすすめ8選!初心者・入門にも適した竿の選び方を紹介!
  6. ヒラスズキ&青物(ショアジギング)兼用ロッドおすすめ6選!違いは何?両方を楽しめる竿を紹介!ヒラスズキ&青物(ショアジギング)兼用ロッドおすすめ6選!違いは何?両方を楽しめる竿を紹介!
  7. ショアジギング用ルアーケースおすすめ8選!ジグやプラグを便利に収納!ショアジギング用ルアーケースおすすめ8選!ジグやプラグを便利に収納!
  8. 【LSJ】ライトショアジギング用ベイトリールおすすめ8選!ギア比等の選び方を紹介!【LSJ】ライトショアジギング用ベイトリールおすすめ8選!ギア比等の選び方を紹介!
  9. ヒラスズキ用ベイトロッドおすすめ6選!磯ヒラで使えるベイトモデルの選び方を解説!ヒラスズキ用ベイトロッドおすすめ6選!磯ヒラで使えるベイトモデルの選び方を解説!
  10. ボートシーバス用ベイトロッドおすすめ12選!長さや硬さ等の選び方も紹介!ボートシーバス用ベイトロッドおすすめ12選!長さや硬さ等の選び方も紹介!
  11. ボートシーバス向けビッグベイトロッドおすすめ10選!長さや硬さ等の選び方も紹介!ボートシーバス向けビッグベイトロッドおすすめ10選!長さや硬さ等の選び方も紹介!
  12. ショアジギング用ベイトロッドおすすめ12選!シマノやダイワ等の人気ロッドを厳選!3ピースも!ショアジギング用ベイトロッドおすすめ12選!シマノやダイワ等の人気ロッドを厳選!3ピースも!
  13. コスパ最強!スーパーライトショアジギングリールおすすめ10選!安い価格で初心者に適した番手やギア比のリールを紹介!コスパ最強!スーパーライトショアジギングリールおすすめ10選!安い価格で初心者に適した番手やギア比のリールを紹介!
  14. コスパ最強!スーパーライトショアジギングロッドおすすめ15選!安い初心者向け長さ・硬さの竿も!コスパ最強!スーパーライトショアジギングロッドおすすめ15選!安い初心者向け長さ・硬さの竿も!
  15. 【シーバス釣り】ベイトタイプのパックロッドおすすめ8選!携帯性に優れたモバイルベイトロッドを紹介!【シーバス釣り】ベイトタイプのパックロッドおすすめ8選!携帯性に優れたモバイルベイトロッドを紹介!