Lクラスのエギングロッドの特徴とおすすめ6選!春イカ等で使えるライトなイカ釣り竿を紹介!

Lクラスのエギングロッドは、柔らかく高感度でアオリイカの独特なヒキを楽しめる人気のタックルです。

秋の小型サイズ狙いをメインに、今ではデカい春イカを攻略できるモデルが揃っています。

しかしながら、ライトパワーでありながらオールシーズンに幅が広がったことで、最適なLクラスのロッドを中々選びきれません。

そこで今回は春イカでも使えるモデルを含め、おすすめなLクラスのエギングロッドを解説付きでご紹介いたします。

また、別記事ではエギングロッドの他の硬さについての解説もあるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

この記事で得られる事
  • Lクラスのエギングロッドの特徴がわかる

  • Lクラスのエギングロッドのメリット・デメリットがわかる

  • Lクラスのおすすめエギングロッドがまとめられている

執筆者
野村裕紀
  • 釣り歴21年
  • 年間釣行50日以上

愛知県在住で休日はもっぱら釣りのことばかり。20年前、友人に誘わて行った根魚釣りに魅了され自らタックルを揃えるように。今はエギングとジギングメインで、地元愛知や三重を中心に、福井や富山にも遠征します。デカイカをこよなく愛する3児(0~7歳)の父で、いつか一緒に釣り出来る日を夢見て日々奮闘中。

Lクラスのエギングロッドの特徴

特徴をチェック

1,柔らかくしなやかなティップ

2,秋シーズンの数釣り、サイトフィッシングに最適

3,春イカに対応できるバットパワーがあるモデルも

4,感覚的にアタリを取っていくエギングに向いている

Lクラスのエギングロッドの大きな特徴は、何と言っても柔らかくしなやかなティップ(穂先部分)にあると言えます。

ティップの柔らかいエギングロッドは、秋エギングの醍醐味でもある小型アオリイカの数釣りにも最適です。

繊細で感度が良く、サイトフィッシングでの乗せ重視ならLクラスロッドは候補から外せません。

また近年は、Mクラス並みのバットパワーを持つLクラスロッドもあり、これらは春イカにも対応できる性能を持っています。

Lクラスのエギングロッドは、他の硬さのロッドに比べて抜群の感度を誇っています。

そのため視覚的なアタリ以上に、感覚的なアタリを取っていく場面で活躍できるモデルです。

レスポンスの良いLクラスのエギングロッドは、次世代エギングの主役となるポテンシャルを秘めています。

Lクラスのエギングロッドのメリット・デメリット

メリット

メリットをチェック

1,Lクラスは小型エギに適したロッドパワー

2,秋のアオリイカシーズンに活躍できる

3,高感度で感覚的にイカのアタリを取れる

4,柔らかさと感度がエギングの幅を広げてくれる

小型のエギに最適な柔らかさ

Lクラスのエギングロッドは、3.0号以下の小型エギを操作するのに適したロッドパワー(硬さ)を持っています。

硬めのパワーを持つロッドで小型のエギを操作しようとすると、弾かれたりして上手にシャクリを入れることができません。

Lクラスの硬さであれば柔らかいブランクスが力を吸収してくれるので、シャクリを入れるのが容易です。

秋のアオリイカは2.0~3.5号エギをメインに使うため、小型エギに適したLクラスのエギングロッドは秋に活躍してくれます。

小さいアオリイカやヒイカを楽しみたい時や乗せ重視の時は、是非ともLクラスのメリットを生かしてエギングを楽しんで下さい。

感度が良い

数あるエギングロッドの中で、トップクラスの感度を誇るのがLクラスのロッドです。

特にティップが柔らかく繊細なので、分かりにくいアオリイカのアタリを捉えることができます。

感度が良ければ感覚的にアタリを取ることができるので、ナイトエギングや渋い状況の時にも効果的ですね。

またLクラスのエギングロッドは、ティップが柔らかく感度が良いのを利用することで、ソフトな誘いの新次元エギングを確立しました。

春イカやディープエリアに効果的で、重めのエギを使いロッドをしならせてスラックジャークでアタリを取って行きます。

エギングの幅を広げてくれる感度の良さは、一度は体感しておきたいですね。

デメリット

デメリットをチェック

1,メリハリの効いたキレのあるシャクリが不得手

2,ショートピッチジャークを求めるならMLクラスが良い

3,パワー的に大型サイズのエギに向いていない

4,Lクラスでの春エギングなら、バットパワーも重要

キレのあるアクションが苦手

一般的に柔らかいロッドは、アクションの力をティップが吸収してしまうのでルアーにうまく力が伝わりません。

エギングにおいても同じで、テンションをかけた状態でのスラックジャークならまだしも、通常行うキレのあるシャクリが不得手です。

ショートピッチジャークはメリハリの効いたシャクリを入れることで、アオリイカが抱き着くのを待ちます。

しかしLクラスのエギングロッドでショートピッチジャークを繰り出しても、伝達力が悪く滑っとした動きになりかねません。

ソフトでスローな誘いがLクラスロッドの特性なので、ハイピッチやキレを求めるならワンランク硬いMLクラスを選択することになります。

大型のエギに適さない

リリースされているLクラスのエギングロッドは、多くのモデルで4.0号など大型のエギを使うのが不可能です。

大型エギに対応するヤマガブランクスのLクラスロッドなどもありますが、数的にはまだ少数派と言えます。

ティップの柔らかいロッドは、バット部分のパワーも無いことが多いので大型のエギを上手にキャストやジャークすることができません。

柔らかくてもある程度パワーのあるロッドでないと、サイズアップした春イカ攻略には不向きです。

Lクラスのエギングロッドでサイズの良いアオリイカを釣りたいのであれば、バットにパワーのあるモデルを選ぶことが求められます。

Lクラスのエギングロッドおすすめ6選

【ヤマガブランクス】Mebius(88L)

柔らかくしなやかでありながら、芯もしっかりあるブランクスが特徴的なLクラスのモデルです。

従来のライトモデルでは苦手なキレのあるショートピッチジャークもこなし、軽いエギも軽快に遠投できます。

ライトな使用感でありながら、バットパワーは大型アオリイカにも負けません。

秋から春へとオールシーズン活躍できる、ライトパワーロッドの逸品です。

【ヤマガブランクス】Calista86L/TZ NANO(86L)

しなやかなLクラスのティップと、デカイカに対応するバットパワーを兼ね備えたヤマガブランクスのフラッグシップモデルです。

極細PEラインを使ったスラックジャークで、2kgを超えるアオリイカをも射程に収めます。

Lクラス特有の感度の良さは、ディープエリアやボトムでのアタリを決して逃しません。

これまでとは違うエギングを楽しめるエギングロッドです。

ヤマガブランクス
Calista86L TZ NANO 86L

【ダイワ】エメラルダスMX(79L-S・E)

上位機種の先進技術を搭載したベーシックモデルで、コスパとハイスペックを両立したエギングロッドです。

柔らかくしなやかながらも適度に張りのあるソリッドタイプのティップが特徴で、感度の良さは常に上位を譲りません。

8ftを切るレングスは軽くて扱いやすく、秋シーズンの到来と共に主役となり得ます。

サイトフィッシングでのアオリイカ狙いに使いたいモデルですね。

【エバーグリーン】スキッドロウインペリアル スラックマスター86(NIMS-86L)

スラックジャークに特化したモデルで、8.6ftならではの飛距離と操作性も兼ね備えています。

大きくしなるブランクスがシャクリをしっかりサポートするため、大型アオリイカを狙っても問題ありません。

アクションを繰り出しやすいので、初めてLクラスのエギングロッドとしてもおすすめです。

イカ独特の引きを楽しみたいなら、是非選択肢に入れておきたいところですね。

エバーグリーン
スキッドロウインペリアル スラックマスター86 NIMS-86L

【シマノ】セフィアBB(S86L)

これぞライトモデルと思わせる抜群の操作性で、Lクラスで高い人気を誇るエギングロッドです。

高感度なチューブラーにソリッドのしなやかさを併せ持つティップは、きれいなカーブを描いて曲がります。

ソフィアBBはエントリーモデルでありながら、上位機種並みの剛性補強も忘れていません。

ブレの無い振り抜きと強靭なボディで、エギンガーの期待に応えてくれるモデルです。

【メジャークラフト】トリプルクロス エギングモデル(TCX-832EL)

操作性の良いレングスで、2.0~3.5号エギをストレスなくキャストできる性能のエントリーモデルです。

エギングデビュー戦用ロッドとしてもおすすめで、ブランクスはキロアップの良型にも決して負けません。

ティップの柔らかさとバットパワーのバランスが良く、小型エギも楽々扱えます。

リーズナブルな価格も、エギンガーに人気です。

メジャークラフト
トリプルクロス エギングモデル TCX-832EL

まとめ

Lクラスのエギングロッドは、柔らかい穂先とバットパワーのバランスが重要です。

ライトモデルでありながら、春シーズンのキロアップにも対応できるロッドもあります。

ご自身のエギングスタイルに見合ったLクラスのエギングロッドを見つけて釣行を楽しんで下さい。

この記事を見たあなたにおすすめ

  1. エギングロッドの長さの選び方とおすすめ!飛距離重視や初心者向けの長さを紹介!エギングロッドの長さの選び方とおすすめ!飛距離重視や初心者向けの長さを紹介!
  2. エギング初心者セットの人気ランキング!ロッドやリール等が付いて入門に最適!エギング初心者セットの人気ランキング!ロッドやリール等が付いて入門に最適!
  3. Mクラスのエギングロッドの特徴とおすすめ8選!人気なミディアムロッドを紹介!Mクラスのエギングロッドの特徴とおすすめ8選!人気なミディアムロッドを紹介!
  4. Lクラスのエギングロッドの特徴とおすすめ6選!春イカ等で使えるライトなイカ釣り竿を紹介!Lクラスのエギングロッドの特徴とおすすめ6選!春イカ等で使えるライトなイカ釣り竿を紹介!
  5. ULクラスのエギングロッドの特徴とおすすめ6選!人気なウルトラライトロッドを紹介!ULクラスのエギングロッドの特徴とおすすめ6選!人気なウルトラライトロッドを紹介!
  6. 軽いエギングロッドおすすめ8選!軽量のメリット・デメリット!最軽量ロッドはどれ?軽いエギングロッドおすすめ8選!軽量のメリット・デメリット!最軽量ロッドはどれ?
  7. エギングロッドの硬さの選び方を解説!表記の意味や適した使用状況を紹介!エギングロッドの硬さの選び方を解説!表記の意味や適した使用状況を紹介!
  8. マメイカ(ヒイカ)用エギングロッドおすすめ8選!豆イカ専用ロッドも紹介!マメイカ(ヒイカ)用エギングロッドおすすめ8選!豆イカ専用ロッドも紹介!

みんなが使っている
便利アイテム特集

「知ってるけど使ったことがない…」
あなたにもそんなアイテムはありませんか?
もっと早く使えば良かった
後悔する前に検討してみては?

夜釣りで便利!ネックライトの選び方とおすすめ10…
おかっぱり必携!腰用ロッドホルダーおすすめ18選…
これは便利!ロッドベルトおすすめ10選!正しい使…
腰巻ライフジャケットおすすめ10選!釣り用の安い…
フックキーパーおすすめ17選!ロッドに後付できて…
釣り用UVライトおすすめ12選!最強に使える強力…
リール式ストリンガーおすすめ5選!ゴールデンミー…
もう悩まない!ワームフック収納方法まとめ!バス釣…
釣り用フィッシングメジャーおすすめ20選!ワイド…
リールラックおすすめ12選!リール収納棚やベイト…
安いけど釣れる激安ビッグベイト8選!高いビッグベ…
クーラーボックスに付けるロッドホルダーおすすめ1…
ランディングネット用ケースおすすめ10選!収納カ…
カールロッドホルダーおすすめ7選!車のヘッドレス…
ロッドソックスおすすめ10選!スピニング、2ピー…
コスパ最強!釣り専用の腕時計おすすめ12選!安い…
釣り人必携!糸くず入れおすすめ10選!釣り糸のゴ…
リールスタンドおすすめ10選!ダサいからいらない…
最強の釣り用虫除けおすすめ6選!夏の蚊除け対策を…
ガルプ保存ケースおすすめ8選!臭い匂い付きワーム…
釣り用メッセンジャーバッグの選び方とおすすめ10…
ロッドティップカバーおすすめ14選!必要性や使い…
サーフ用ロッドスタンドおすすめ8選!投げ釣り等で…
釣り用ヒップバッグおすすめ21選!大容量で防水機…
釣り用の椅子おすすめ15選!コンパクトな折りたた…
PEラインのコーティングスプレーおすすめ8選!や…
ラインストッパーおすすめ10選!ベイトリールでも…
ラインリムーバーおすすめ8選!高速で釣り糸を回収…
釣り用フィンガープロテクターおすすめ8選!キャス…
ロッドホルダー付きタックルボックスおすすめ8選!…
壁掛け式ロッドスタンドおすすめ8選!おしゃれでス…
コスパ最強!安い偏光サングラスおすすめ10選!高…
フローティングベスト装着ライトおすすめ8選!取り…
【2021年版】釣り用ポーチおすすめ21選!人気…
最強のルアーキャッチャーおすすめ16選!根掛かり…
リーダーポーチおすすめ12選!便利なショックリー…
これで解決!スピナベ収納ケースおすすめ11選!ス…
釣り用ピンオンリールおすすめ12選!ガラビナ付き…
ネコリグチューブおすすめ10選!ワームの身切れを…
リールカバーおすすめ10選!竿につけたままにでき…
フックシャープナーおすすめ12選!ルアーフックの…