【0.S.P】ビッグベイト「火蓮」の特徴や使い方!発売日やフックサイズ、カラーを紹介!

O.S.Pから2021年「火蓮」の登場です。

バスフィッシングにおいてビックベイトルアーは今では当たり前になりましたが、実はO.S.Pで初めてのビッグベイトルアーになります。

実際に釣れるルアーしか販売しないというO.S.Pの理念に基づいたルアーということで待っていた方も多いのではないのでしょうか?

そんな火蓮についての特徴や使い方をまとめてご紹介したいと思います。

【0.S.P】ビッグベイト「火蓮」のスペック

タイプ:スローフローティング

大きさ:7inch(約180mm)

重さ:約50g

カラー:5色

フック:ケンクロウ#1(標準装備)

発売日:2021年8月

【0.S.P】ビッグベイト「火蓮」の特徴

1番の特徴は本体の素材、フロント部分はプラスチック、後半はワーム素材となっています。

よくあるビックベイトですと全てプラスチック素材でできており、早まきなどをしたときにアクションが破綻してしまうなど使い所を選ぶ必要がありました。

では、逆に全てをワーム素材にすればいいのでは?と、思ってしまいますがそうしますとリップをつける事が難しくなり、なおかつハード素材のフロントをクイックに動かすことなども難しくなります。

よって一番いいところを取った結果ハイブリットになったという結果です。

【0.S.P】ビッグベイト「火蓮」のおすすめの使い方

基本は全てタダ巻きで大丈夫です。

しかしタダ巻きでも巻く速度によって全く違うアクションをしてくれます。

早巻ですとフィッシュイーターに追われ逃げ惑う仕草を見せたり、ゆっくり巻いているとi字引きにもなります。

スキッピングもかなりやりやすそうなので、シェイドに打ち込み細かくトゥイッチをしてデカバスをひきづり出すなども有効のようです。

【0.S.P】ビッグベイト「火蓮」におすすめのタックル

ロッド

約50gのリグになりますのでMHからMH +のある程度以上の強さと6ft前後の長さのロッド例えばスティーズ C610MH+がオススメですと並木さんが仰ってます。

リール

ある程度の大きさとラインキャパを持っているようなベイトリールでなおかつ、クイックで手返しをよくするためにもハイギアのモデルを選んでいただきたいです。

ライン

かなり重量のあるルアーでバイトをしてくる魚もサイズが大きい事が期待できますので、ラインはフロロの16lb~推奨されますが使用するリールの容量によって選んでください。

【0.S.P】ビッグベイト「火蓮」のインプレ

 O.S.P代表の並木プロの最初の一言が「かなりやばい」とおっしゃってました。(笑)

数々のヒットルアーを販売してきたO.S.Pが試合で使えるビックベイトというコンセプトになっています。

ビッグベイトでワーム素材だと耐久性も心配されますが、かなり強く作ってあり12匹釣った後でも裂けたり破損している様子は見受けられませんでした。

あとタックルケースなどに入れておくと変なクセなどがついてしまいがちですが、火蓮は癖がつきにくくさらにワーム部分も交換できるように付属しているという事なので安心して長く使えます。

まとめ

ハイブリッド素材のビッグベイトは今までにも幾つかありましたが、O.S.Pのビッグベイトということもありかなり期待できそうです。

ぜひこれ使ってデカバスをゲットしてください。

この記事を見たあなたにおすすめ

  1. ビッグベイト対応ショートロッドおすすめ6選!短いロッドのメリット・デメリットは?ビッグベイト対応ショートロッドおすすめ6選!短いロッドのメリット・デメリットは?