カマス釣り用ミノーおすすめ10選!適したロッドも紹介!

カマス釣りは様々なルアーで楽しむことが出来るのですが、中でもゲーム性が高いのはミノーです。

しかし、状況に合った選択、そしてミノーを操るテクニックが求められるため苦戦した経験をお持ちの方も多いはずです。

そこで今回は、カマス釣りを攻略する為のミノーについてお話させて頂きます。

この記事を読めば初心者でもミノーでカマス釣りが楽しめるよう、おすすめ商品やミノーイングロッドの特徴についても記しました。

ミノーを使ったカマス釣りはルアーフィッシングの醍醐味が味わえるのでぜひ、お試し下さい。

執筆者
柏崎隆之
  • 釣り歴20年
  • 釣り大会の出場経験あり

静岡県在住。 小学生のころ、父とサビキ釣りをきっかけに釣りに熱中するようになりました。 ルアー釣りがメインですが、餌での上物釣りや底物釣りまで幅広いジャンルを楽しんでいます。 魚は釣るのも食うのも大好きで釣りバカ人生まっしぐらです。 釣り方や魚への拘りが強く数釣りよりも理想の釣りを求めています。 現在の目標はイシダイ70㎝オーバーです。 離島まで足を運んでもなかなか出会えない王者の魅力に憑りつかれてしまいました。

カマス釣りでミノーを使うメリット・デメリット

メリット

ミノーはただ巻きだけでもカマスを釣ることが出来るので初心者にもおすすめのルアーです。

カマス釣りでミノーを使う一番のメリットは強い波動とフラッシング効果で広範囲に点在する魚に対してアピール出来る事です。

様々なテクニックを駆使すればナーバスなカマスも口を使わせることが出来ます。

マヅメ時だけでなく、デイゲーム、ナイトゲームでも使用出来て場所も選びません。

そして、ミノーはレンジキープし易いルアーですから初心者でも狙ったタナを外す事なく攻める事が出来ます。

また、カマス釣りに使用出来るミノーは多いので普段から使っているミノーを流用する事も可能です。

デメリット

カマス釣りでミノーを使うデメリットは飛距離を生かした釣りが出来ない事です。

一般的に使用されるミノーは4~7㎝と非常に小さくシンキングタイプでも10g以下です。

その為、メタルジグのように遠投して飛距離を武器に広範囲を探る釣りが出来ません。

しかし、移動重心タイプのミノーを使えばこのデメリットは少しですが解消することが出来ます。

また、重量が軽いのでディープエリアの攻略に向かない事もデメリットとして挙げられます。

シンキングミノーをカウントダウンで沈める方法もありますが手返しが悪くなるので地合いの短いカマス釣りではおすすめしません。

潔く、バイブレーションやメタルジグ、スピンテールジグに交換する事をおすすめします。

カマス釣りに適したミノーの選び方

大きさ

ターゲットとなるカマスのサイズとベイトのサイズに合わせて選ぶ事となり、4~7㎝サイズのミノーがおすすめです。

ここでの注意点はカマスのサイズに対して小さすぎるミノーを選ばない事です。

カマスの歯は鋭いので小さすぎるミノーはバイトされた時に歯がリーダーに当たり切られてしまいます。

逆にシーバスで使用する7㎝以上のミノーはフックサイズも大きくなりミスバイトが増えますからおすすめしません。

ウェイト設定

ミノーはフローティング、シンキングと2つのウェイト設定に分けられます。

カマス釣りの場合は1~3mのレンジを攻めることが多いのでシンキングミノーを使用して下さい。

潮の流れが速いポイントではファーストリトリーブさせるとミノーが浮きやすいのでファストシンキングミノーがおすすめです。

フローティングミノーも使えない訳では無いのですがシーバスのように水面に直下を攻めるシーンは少ないので必要ありません。

操作性

カマスは目が良く動くものに対して反応しますからトゥイッチやダートアクションを多用します。

その為、アクションにキレがありロッド操作に対してレスポンス良く反応するミノーを使って下さい。

実は、この条件に当てはまるのがネイティブトラウトで使用されるミノーです。

潮の流れの速い場所も攻略できますし初心者でも簡単に操作することが出来ます。

カラー

カマスはスレるのが早い魚ですからカラーチェンジは有効な手段となります。

おすすめのカラーはイワシカラー、オレンジ、レッドの3種類で、特にイワシカラーは外せません。

ナイトゲームが多い方は常夜灯周りではクリア系、明かりの無い場所にはグロー系をおすすめします。

カマスと好むカラーというよりもカラーをチェンジさせて刺激を与える事の方が大切です。

フラッシングの有無

カマス釣りにおいてカラー以上に気を使って頂きたいのがフラッシング効果です。

目が良いカマスは光るものに対して反応するのでフラッシング効果は絶大です。

その為、基本的にアワビプレートかホログラムプレートが使われたミノーを使用します。

ただし、活性が低いカマスはフラッシングを嫌う事が多いので注意して下さい。

カマスの活性に合わせてフラッシングの有無を上手く使い分ける事が大事です。

カマス釣り用ミノーおすすめ10選

【ダイワ】ドクターミノー2 50FS 

トラウト用のファストシンキングモデルのミノーで速い潮の流れの中でも安定した泳ぎを見せてくれます。

ただ巻きではウォブリングアクションを起こしトゥイッチさせるキレのある平打ちを発生させてカマスを惹きつけます。

【ハルシオンシステム】月虫55 あわび撃沈 

55㎜サイズですが8gのウエィトがありカマスの居るレンジまで素早く沈めることが出来ます。

手元に動きが伝わる激しいウォブリングが特徴で高活性なカマスを攻めるのにおすすめのミノーです。

どのカラーもアワビ貼りされているので高いフラッシング効果が得られます。

【DUO】TETRA WORKS TOTO 42S  

デッドスローからファーストリトリーブまで対応出来るシンキングミノーです。

レンジキープ力が強く足場の高い場所でもしっかり際まで泳がすことが出来ます。

ただ巻きではタイトなローリングアクションを起こし足の長いダートでカマスを誘えます。

【アピア】DOVER46 Slow Sinking 

沈下速度が遅いので水面でベイトを捕食しているカマスやシャローエリアでの釣りにおすすめのミノーです。

デッドスローでもしっかりウォブンロールアクションを発生するのでルアーの追いが悪い低活性なカマスにも効果があります。

【スミス】ルナTR S 

トラウト用のトゥイッチミノーでウェイトが固定されているのでトゥイッチでバランスを崩してもすぐに復元します。

その為、短距離を連続トゥイッチでネチネチと攻めるような釣りに向いておりピンポイントに攻める釣り場で活躍します。

【タックルハウス】バフェット S43

ロッド操作に対してレスポンス抜群の反応を見せるトラウト用シンキングミノーです。

キレのあるトゥイッチ、ダートアクションが魅力的で高活性のカマス狙いには外せません。

ただ巻きではナチュラルなウォブンロールを見せるのでアクションを入れなくても釣れます。

【シマノ】ライズショットフラット 50S

大型のリップを備えたミノーでしっかり水を掴むためレンジキープ力が高く足元までしっかり泳がせることが出来ます。

軽くトゥイッチを入れるだけで大きく体勢を崩して平打ちするのでフラッシング効果が大きいのが特徴です。

【ハンプコーポレーション】M-Revo 50S1

速い潮の流れの中で浮き上がらずレンジキープしてくれるトラウト用のシンキングミノーです。

キレのあるトゥイッチアクションが特徴でスレたカマスのリアクションバイトを誘う事も出来ます。

ファーストリトリーブが得意なルアーですから高活性なカマスをテンポ良く釣る時におすすめです。

【DUEL】HARDCORE® LG ヘビーミノー(S)

50mm、6gと小粒なミノーですが空気抵抗の少ないボディが特徴で40m近く遠投する事が出来ます。

ファーストリトリーブで使用してもルアーが水面から飛び出る事はありません。

固定ウェイト重心なので立ち上がりが早く短距離を連続トゥイッチで攻める時におすすめです。

【バスデイ】シュガーミノー 40S

ただ巻きするとワイドなウォブリングアクションを起こすシンキングミノーです。

ロッド操作に対して機敏に反応するので連続トゥイッチを多用するシーンにおすすめします。

ストップ&ゴーでもアクションに大きな変化を与えることが出来るのでチェイスを多発するカマスに最適です。

カマスが釣れるミノーの使い方

ただ巻き

ミノーを使った釣りで最も基本となるのがただ巻きでミノーが持つ泳ぎの特性をしっかり引き出すことが出来ます。

カマスはただ巻きだけでも十分釣れますがただ巻きに他のアクションを加えて釣る事が多いです。

リトリーブ速度を変えながらカマスの活性に合わせた攻めが出来るので必ずマスターして下さい。

ミノーは水を掴む力が強いので潮の僅かな変化も手元に伝わり情報収集にも役立ちます。

トゥイッチ

目の良いカマスはトリッキーな動きに対して激しく反応するのでトゥイッチは最も良く使うアクションです。

ただ巻きの間に3回ほど連続トゥイッチを入れてまたまだ巻きを繰り返して下さい。

漁港の様な狭い場所や常夜灯の明暗部をピンポイントに攻める場合は連続トゥイッチだけでルアー操作しても問題ありません。

ただし、アピール力が強いのでスレるのも早いですし低活性なカマスは反応しません。

ダートアクション

カマスは変化ある動きにも機敏に反応しますからダートアクションは非常に有効です。

トゥイッチよりも刺激が少なくスレさせる事もありませんし活性低いカマスのリアクションバイトも誘えます。

カマスの場合は出来るだけ大きくロッドを煽って足の長いダートさせるのがポイントです。

ダート直後にミノーがふらつくアクションを起こしますからこのタイミングバイトしてきます。

ストップ&ゴー

スレたカマスや活性の低いカマスは派手なアクションを入れても全く反応しません。

そこでおすすめなのがストップ&ゴーでミノーを追いきれないカマスに口を使わせる事が出来ます。

ポイントは完全にストップさせるのではなく一瞬だけ食いの間を作るように巻き操作を止める事です。

完全に止めてしまうとカマスがルアーを見切ってしまうので注意して下さい。

カマス釣りに適したミノーイングロッドの特徴

ミノーイングロッドは全体にハリがありパリッとした感触が感じられるのが特徴です。

ロッドの反発力を生かしてミノーを操作するのでカーボン素材で作られています。

長さは遠投性よりも操作性を重視する為6~7f前半のロッドが適しています。

ロッド捌きを俊敏に行うため軽量なロッドの方が手首への負担も大きく無く使いやすいです。

チューブラーのアジングロッドやトラウトロッドがこの条件を満たしています。

まとめ

カマス釣りの中でもミノーを使ったゲームはルアーフィッシングらしい楽しみが味わえます。

思いのままにミノーを操って食わせた1匹は何とも言えない喜びが感じられるはずです。

ぜひ、自分好みのミノーを見つけてテクニカルなカマス釣りを楽しんで下さい。