グレ釣り用ウキおすすめ10選!棒ウキ等の遠投できる人気なウキも紹介!選び方も!

ウキは魚のアタリを知らせてくれることだけではなく、潮の流れを読む、潮をつかむ、仕掛けを投げるなど色々な役割があります。

また、ウキの号数やサイズの選び方はグレ釣りにおいて釣果に直結する重要なポイントになります。

今回は、初心者から上級者まで使いやすく、人気があるウキを紹介していきます。

最近流行りの遠投性があるおすすめの棒ウキも紹介するので参考にしてください。

田口
執筆者
  • グレ釣り全国大会の出場経験
  • 釣り歴20年

長崎県でフカセ釣りやエギングをメインに様々な釣りを年中しています。 5歳から釣りを始め、サビキ釣りをきっかけに釣りに熱中。 釣具店主催の大会やグレ釣りの全国大会も経験しております。 釣り歴20年で培った経験や知識を多くの方にお伝えしていきたいと思います。

グレ釣りに適したウキの選び方

ウキはたくさんの種類があり誰しもが悩むことでしょう。

釣り場の状況やグレのタナ、自分の釣りスタイルによって幅広い選択肢があります。

これからウキを選ぶ上で1番悩む、サイズ、形、号数を解説します。

サイズ

ウキは小粒なウキから大粒のウキまでありますがグレ釣りの場合、違和感なくグレにエサを食ってもらう必要があるため小さめのウキがおすすめです。

各メーカー基本的に、S.M.Lでサイズを表していますがSかMがいいでしょう。

Lもしくはそれ以上の大きなウキだと水の抵抗が大きいためグレがエサを食った時の違和感につながります。

とは言え、風が強い状況では大きくてどっしりとしたウキの方が自重があるので遠投ができ釣りやすいです。

1個や2個、大きめのウキを持ち歩くのもおすすめです。

グレ釣り用ウキの形は、どんぐりタイプ、逆円錐タイプ、斜めウキ、棒ウキの4種類が基本です。それぞれの特徴をこれから簡単に解説します。

どんぐりタイプ

どんぐりのような形をしており感度も良く遠投も可能なバランスのとれた形です。グレ釣り用ウキでは1番人気の形でしょう。

細長いので潮や風によりウキがフラフラ揺れる弱点があります。

逆円錐タイプ

ウキの下部が膨らんでいる低重心のウキです。

非常にキャストがしやすくウキの下部が広いのでドシッとしており安定感があります。

どんぐりタイプと比べて水の抵抗が大きいのが弱点です。

斜めウキ

ラインの抵抗が少なく、スルスルおくる事ができるので潮が速い釣り場で流して釣る場合に最適です。こちらも水の抵抗が大きいのが弱点です。

棒ウキ

棒ウキは感度が良いのが最大のメリットです。

最近、グレ釣りでも人気が出てきており小さなアタリも見逃さないので食いが渋い状況では心強い味方になってくれます。

遠投性に弱点がありましたが最新の棒ウキは遠投性も兼ね備えた作りになっておりグレ釣りファンの間では注目されています。

号数

グレ釣りでは基本的に000号から1号まで幅広い号数を使用します。

海の状況やグレのタナのよって使い分けが必要となるので各号数の使い方をこれから解説します。

000号~00号

マイナス浮力のためウキが水面に着底したらジワジワと沈んでいきます。

風が強いときや潮が速い状況で浮力があるウキであればウキだけが流されて仕掛けが入っていきません。

その場合、マイナス浮力のウキでウキごと沈めれば中層の潮をつかみ仕掛けを入れやすくなります。

0号~G2

浮力が小さく食い込みがいいためグレ釣りで一番多く使われる号数です。

浮力が小さい順に並べると0号、G7、G5、G2になります。浅タナを狙うときに効果的で浮力が大きくなればその分ガン玉を使用できるのでグレのタナに合わせてウキの浮力選択をするといいでしょう。

タナ50cm~6mレンジを狙うのにおすすめです。

B~1号

風が強い時や波がある時、タナが深い時は大活躍します。

浮力に合わせてガン玉やオモリを打てるので仕掛けを安定させることができるメリットがあります。

海が荒れた状況で持っていると強い味方になってくれます。

5m〜15mレンジを狙うのにおすすめです。

グレ釣り用ウキおすすめ10選

【デュエル】
TGウェーブマスター(M-G2)

遠投性、感度、操作性の三拍子揃ったウキです。

小粒のどんぐり型の形をしておりMサイズのG2で重さ8.1gと軽いように感じますが低重心のためとても遠投性があります。

また、どんぐり型のため食い込みも抜群で足元から沖まで幅広く狙えます。

G2の号数を1つ持っておけばあらゆる状況に対応できるのでおすすめです。

ウキ止めを使った半遊動からウキ止め無しの全遊動まで出来ます。

価格も千円以下とお求めやすいので是非一度使ってみてください。

【デュエル】
TGピースマスター遠投(L-00)

投げる、流すをテーマとしてデュエルの平和卓也プロがプロデュースしたTGピースマスター遠投。

どっしりとした丸い形のため遠投性に優れウキの安定感は抜群です。

Lサイズ00号は荒れた状況や風が強い時に効果を発揮し爆風の中でも風に負けることなく狙ったポイントに仕掛けを投入出来ます。

アンダーストッパーシステムを採用しておりシモリ玉が下部で止まるので素早く魚のアタリをキャッチします。

誰もが扱いやすいウキに仕上がっていまので初心者から上級者までおすすめできます。

【シマノ】
ファイアブラッドZERO-PIT DVC(TYPE-A M-0)

シマノが新開発したDVC(ダイビングコントロール)はウキのトップ部にあるシリンダーを回すだけで浮力調整が素早く可能になっています。

最大G4のガン玉をうった状態まで調整が可能でガン玉で浮力調整をする必要がなく好みの浮力設定が簡単にでき手返し良く釣りが出来ます。

また、もう一つの優れた機能がラインを切らずにウキの交換が可能なゼロピットの搭載です。浮力調整、ウキ交換が素早くできるこれまでにないウキです。

万能タイプのM-0号を持っておけばウキを浮かせる釣りも沈め釣りも可能です。

【釣研】
エイジアマスターピース(01)

エイジアマスターピース01は00号をさらに細分化した浮力にこだわったウキです。

01の浮力は仕掛けがなじんだらイヤイヤと抵抗しながら沈み一定のタナをキープします。

沈め釣り用ウキですがウキをみてアタリをとることができますし小粒で水の抵抗が少ないためグレも違和感なく持っていきます。

NEOフリクションの搭載により糸落ちと感度が抜群ですので狙ったタナに仕掛けを送り込むことができ魚のアタリも明確に出ます。

小粒ながら遠投もできる高性能なウキです。

【釣研】
西海SP(G5)

与浮力をなくしウキに表示されている号数のガン玉を付ければ沈む設定になっております。

G5の浮力はガン玉を付けなければ0号の浮力設定となっており、深く仕掛けを入れたいときや風が強い状態になればG5のガン玉を付けて強制的にウキごと沈める釣りが可能となっております。

高重心+LS構造でウキの穴径が上Φ4-下Φ1.1となっておりウキ止めが下部で止まるので感度が良くアタリも素早く出ます。

G5の浮力を一つ持っておけばどんな状態でも困ることがありませんのでおすすめです。

【釣研】
T-LANCER(M-0)

遠投性、感度、視認性の三拍子を兼ね備えたティーランサーM-0号は棒ウキ入門者に是非とも使っていただきたいウキです。

棒ウキの弱点でもあった遠投性を克服しておりMサイズでも十分飛びます。

また、T-コネクトシステム採用により耐衝撃性がアップしておりトップの折れを心配する必要はありません。

6種類の交換用トップも別売りでラインナップされておりケミ対応もあるので夜釣りでも使用可能です。

浅タナの食い渋るグレを狙う際に必ず活躍する棒ウキです。

【ダイワ】
ベガスティック タフ遠投(B)

ダイワがプロデュースした全長約60cmの超ロング棒ウキです。

遠投時、ウキのブレを無くす設計になっており気になる糸絡みもなく狙ったポイントにキャストが可能です。

円錐ウキでは攻略しにくかった風や大きなウネリがある状態で棒ウキのポテンシャルを発揮します。

Bの浮力にBのオモリを付ければ風や波の影響を受けずピタッと狙ったポイントに仕掛け止め安定させることができます。

ベガスティックタフ遠投の感度、視認性はどの棒ウキにも負けません。

【アウラ】
ベーシックグレTYPE-1(0号)

低価格でありながら感度と操作性は抜群です。

小ぶりですが遠投性もあり使いやすくグレ釣り入門者に特におすすめです。

ウキのカラーにピンクもあり曇り時とても見やすいです。

ウキの形もシンプルなどんぐり型でデザインも良く千円弱のお手頃価格でこの性能のウキは他にないでしょう。

0号の浮力でG6のガン玉を付けられる与浮力があります。

ウキに迷ったらベーシックグレTYPE-1(0号)をおすすめします。

 【キザクラ】
全層アルティマ(00号)

斜めウキが好みの方にはキザクラのアルティマ00がおすすめです。

ウキ側面の両側にフィンが搭載されており安定した姿勢で泳ぐように仕掛けが入っていきます。

遠投性もあり沖の潮目をダイレクトに狙えるため今まで探れなかったポイントまで仕掛けを流すことができます。

小さなアタリも瞬時にとらえるので本流の尾長釣りにもおすすめです。

【ガルツ】
無双グレ(B)

瀬際狙いから遠投釣り、全遊動から半遊動まで使い方を選ばない万能ウキです。

ボリュームバランスウエイトシステム搭載によりウキのブレがなく安定感があり遠投性も備わっています。

真冬の食いが渋くタナが深いときにBの浮力は効果的です。小さいアタリもしっかり拾ってくれる感度もあるのでおすすめです。

まとめ

人気があるおすすめのウキをご紹介してきました。

どのウキも遠投性、感度をあわせもった高性能なウキですので是非とも自分の釣りスタイルに合うウキを見つけてください。

ウキ選びに迷ったら今回ご紹介した10個のウキの中から選んでいただければ間違いないでしょう。

紹介アイテム一覧

グレ釣りのウキの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

デュエル
TGウェーブマスター(M-G2)
デュエル
TGピースマスター遠投(L-00)
シマノ
ファイアブラッドZERO-PIT DVC(TYPE-A M-0)
釣研
エイジアマスターピース(01)
釣研
西海SP(G5)
釣研
T-LANCER(M-0)
ダイワ
ベガスティック タフ遠投(B)
アウラ
ベーシックグレTYPE-1(0号)
キザクラ
  全層アルティマ(00号)
ガルツ
無双グレ(B)

この記事を見たあなたにおすすめ

  1. アジ延べ竿おすすめ8選!ウキ釣りでアジングを楽しもう!仕掛けも紹介!アジ延べ竿おすすめ8選!ウキ釣りでアジングを楽しもう!仕掛けも紹介!
  2. 【アキアジ】鮭釣りで使うウキおすすめ5選!浮きフカセのフロートの自作可能?【アキアジ】鮭釣りで使うウキおすすめ5選!浮きフカセのフロートの自作可能?
  3. タチウオ釣り用の電気ウキおすすめ8選!選び方や仕掛けについて解説!タチウオ釣り用の電気ウキおすすめ8選!選び方や仕掛けについて解説!