水色のゲーミングマウスおすすめ6選!かわいい色合いを厳選!

ゲーミングキーボードと並び、デバイスの中でも触れる機会が多いゲーミングマウス。

性能面でも勿論ですが、「どうせなら見た目にこだわりたい!」という人も居るのではないでしょうか。

特に最近はピンクやホワイトなどの可愛いカラーのゲーミングデバイスが増えてきています。

しかし、ブルー系統のゲーミングデバイスについては、あまり触れられてきていないのではないでしょうか。

そこで今回は、可愛いシリーズということで、水色のゲーミングマウスについて解説と、おすすめ商品を紹介します。

つやまゆき
執筆者
  • PCゲーム歴15年
  • 中古PC組立・販売会社に勤務

幼少期からゲームが大好きで、10代後半に初めてゲーミングPCを購入し、そこからPCゲームにのめりこんでいきました。 遊ぶゲームのジャンルは多岐に渡り、流行りのゲームは遊んでみるタイプです。

紹介アイテム一覧

水色のゲーミングマウスの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

‎UrChoice
AJ52 ゲーミングマウス ブルー
Logicool G
ゲーミングマウス 有線 G203 ブルー 
Logicool G
G304 LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミングマウス ブルー
HK Gaming
NAOS M ゲーミングマウスPixart 3360
HK Gaming
Mira-S ゲーミングマウスPixart 3360 メタリックブルー
Xtrfy
M4 マイアミブルー 701159

水色のゲーミングマウスを使うメリット・デメリット

水色のゲーミングマウスを使う上でのメリットやデメリットがいくつかあるので、先に紹介します。

これから可愛いゲーミングデバイスを揃えたいと考えている人の参考になれば幸いです。

メリット

まずはメリットから考えてみると、下記のことが考えられます。

  • 見た目が可愛い
  • ホワイト系のゲーミングデバイスとの相性がいい
  • 有名メーカーも販売している

見た目が可愛い

メリットというか、まずは目的になってしまうかもしれませんが、やはりピンクやホワイト同様に見た目が可愛らしいものが多いです。

性能もそうですが、見た目も結構大事なので、可愛いもの・カラーが好きなのであれば、選ぶとゲームへのモチベーションアップにも繋がります。

ホワイト系のゲーミングデバイスとの相性がいい

使い勝手などは、そのモデルの性能によって左右されますが、ホワイト系やブルー系のキーボードやデスクと合わせると綺麗で可愛いゲーミング環境に仕上がります。

ホワイト系のゲーミングデバイスであれば、かなりの種類があり、キーボードも選びやすいのでおすすめです。

有名メーカーも販売している

ゲーミングデバイスの中で有名なメーカーの一部がブルー系のゲーミングデバイスを販売しています。

ですので、そういったところから購入することで、性能面にも期待できる為、ブルー系のゲーミングマウスを探す際にはメーカーにも注目してみましょう。

有名メーカーだからといって、高すぎるといったことはないです。

デメリット

反対にデメリットについても挙げてみますが、下記のことが考えられます。

  • 思っている水色が殆ど存在しない
  • 性能の悪い安価なマウスがたくさん販売されている
  • 性能を追求するならカラーをこだわれないことが多い

思っている水色が殆ど存在しない

大前提なのですが、思い浮かべている「水色」というカラーのゲーミングマウスは殆ど存在しません。

理由については分かりませんが、ピンクやホワイトと比べても圧倒的に少ないのは確かです。

ブルー系でくくると、それなりにはありますが、イメージと違うこともあるので注意しましょう。

性能の悪い安価なマウスがたくさん販売されている

1,000円台のあまりにも安いマウスで水色が多く販売されており、そういったものは性能があまりにも悪かったり、作りが悪い可能性があります。

色が好みだからといって、安価なモデルに手を出してしまうと、後悔することもあるので注意が必要です。

性能を追求するならカラーをこだわれないことが多い

ゲーミングマウスの性能があまり影響しないゲームであれば気にしなくてもいいのですが、FPSやTPSゲームではゲーミングマウスの性能は大切にしたいところです。

ですので、もしそういったゲームをプレイするのであれば、性能が高いゲーミングマウスを選ぶといいでしょう。

ピンクやホワイトであれば、有名メーカーの販売も多いので、可愛いゲーミングマウスが欲しいのであれば検討してみてください。

水色のゲーミングマウスおすすめ6選

完璧な水色は数が少なすぎる為、今回は選びやすさ重視ということで、ブルー系を紹介しています。

【‎UrChoice 】
AJ52 ゲーミングマウス ブルー

非常に安くて、Dpi設定が可能なモデルがこちらのみでした。

サイドボタンが小さいのが特徴で、手が小さかったり指が細い人には押しやすい形状をしています。

RGBライティングも可能ですが単色のみに対応しているので注意が必要です。

【Logicool G】
ゲーミングマウス 有線 G203 ブルー 

ロジクールのエントリーモデルでありながら、超軽量・シンプル・優秀なゲーミンググレードのセンサーを採用しており、ゲーミングマウスデビューにピッタリです。

ロングセラー商品で、カラー展開もホワイトを含む4色展開で、続々と上位モデルも登場しています。

また、左右対称ですので、癖が無く握りやすいのでおすすめです。

【Logicool G】
G304 LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミングマウス ブルー

先述したマウスのワイヤレスバージョンとなっており、性能的には変わりませんが、バッテリー(単三乾電池1本)が入っている為、その分重くなっています。

ワイヤレスマウスは、かなり快適で、且つデスク上がスッキリするのでおすすめではあります。

また、単三乾電池1本で約250時間の連続使用が可能で、コスパ最強のゲーミングマウスの一つです。

【HK Gaming】
NAOS M ゲーミングマウスPixart 3360

最近人気が出てきているハニカム構造のゲーミングマウスです。

形状的にも素材的にもかなり軽く、約60gと超軽量で握って動かすうえで負担がかなり少なくなります。

ですので、長時間のゲームプレイに向いていますが、逆に軽すぎてマウスを止めづらいといった人も中には居るので注意が必要です。

【HK Gaming】
Mira-S ゲーミングマウスPixart 3360 メタリックブルー

先述したモデルの上位モデルとなっています。

メタリックブルーは可愛いよりカッコいいに近いですが、カラーリングは他にも展開があり、選びやすいです。

違いはサイドにRGBライティングがあるかどうかなので、好みで選ぶといいでしょう。

【Xtrfy】
M4 マイアミブルー 701159

マイアミブルーという特殊なカラーで、ツートンカラーであるところも飽きさせないデザインになっています。

形状に関して言うと、右利き用で握りやすいゲーミングマウスといった印象。

更に助かるポイントとしては、スペアのソールが1セットとオリジナルキーキャップが付属している点です。

意外かと思いますが、マウスのソールは定期的に交換するもので、そうすることで滑りがキープしやすい為、最初から1セットついているのは金額的にも助かります。

まとめ

可愛らしいカラーでゲーミング環境を整えている人も増えてきたので、今回はブルー系を紹介してみました。

正直あまり種類が多くないので、これからの各メーカーに期待といったところでしょうか。

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

紹介アイテム一覧

水色のゲーミングマウスの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

‎UrChoice
AJ52 ゲーミングマウス ブルー
Logicool G
ゲーミングマウス 有線 G203 ブルー 
Logicool G
G304 LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミングマウス ブルー
HK Gaming
NAOS M ゲーミングマウスPixart 3360
HK Gaming
Mira-S ゲーミングマウスPixart 3360 メタリックブルー
Xtrfy
M4 マイアミブルー 701159