釣りの日焼け対策と防止グッズおすすめ20選!女性は特に顔や腕を守ろう!

日焼けは様々なトラブルの原因になりえるので、アウトドアレジャーの一つである釣りでももちろん日焼け対策は重要です。

とりわけバス釣りなど夏の炎天下にも楽しむ釣りでは、腕や顔が真っ黒に焼けている方もよく見かけます。

日焼け防止には日焼け止めだけでなく様々なアイテムがあり、釣りのスタイルによってはおしゃれさも重要になるでしょう。

そこで今回は、釣りの日焼け止めグッズの使い方と、おすすめ商品をたっぷりご紹介します。

塩谷純一郎
執筆者
  • 釣り歴15年
  • 釣り具の販売経験あり
  • 全国10都道府県へ遠征

北国生まれのアマチュア釣り師。前職では量販店で釣り具の販売、企画も担当。釣った魚を調理して食べるのも大好きで、美味しい魚のためならフィールド問わずアクティブに挑戦します。

紹介アイテム一覧

釣りの日焼け対策と防止グッズの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

OUTDOORUV
アウトドアUV ナチュラルカラー
ANESSA
パーフェクトUV スキンケアミルク a 日焼け止め シトラスソープの香り 60mL(97238)
SHIMANO
SUN PROTECTION フェイスマスク(AC-061R)
DAIWA
アイスドライ クールネック&フェイスカバー マスクタイプ(DA-9021)
Umibozu
フェイスカバー
DRESS
AIRBORNE キャップ
Abu Garcia
ハット ウォーターレジスタントハット
SHIMANO
GORE-TEX ベーシックレインワークキャップ(CA-016S)
ザ・ワールドエース
麦わら帽子
SWANS
ER-1
Coleman
オーバーグラス
DAIWA
偏光クリップ(DQ-8021-M)
DRESS
クールアームカバー
SHIMANO
SUN PROTECTION COOL アームカバー リミテッドプロ(AC-077R)
DAIWA
ストレッチアームカバー(DU-81020)
DRESS
クールフットカバー
DRESS
クールライトグローブ
Bassdash
ALTIMATEフィッシンググローブ
勝星産業
指先フリーグローブ3双組 5組セット(W160)

釣りで日焼け対策を行うメリット

日焼けはアウトドアレジャーに付き物のトラブルで、それはもちろん釣りも例外ではありません。

とりわけ夏の日中にも楽しめるバス釣り、青物狙いのショアジギング、船での釣り、雷魚釣りなどでは、日焼け対策は重要になるでしょう。

釣りではほかのレジャーと違い、テントやロッジなどに入って休憩もしにくいことが多いため、あらかじめ対策を講じておく必要もあります。

ひどく日焼けしてしまい、キャスティングするたびに服が擦れて釣りに集中できないのももったいないですよね。

肌トラブルを防止するだけでなく、釣りに集中するためにも、しっかり日焼け対策するメリットは大きいと言えます。

釣りの日焼け対策は肌の露出を抑えることが重要

近年の日焼け止めは、アウトドア向きのものも多く、しっかり日焼けを予防できるよう進化し続けています。

しかし常に強い日差しにさらされる状況で、水に触れることも多い釣りでは、日焼け止めだけに頼るのも少し不安が残ります。

やはり一番確実なのは、物理的に日光を遮断することなので、肌の露出を抑えるのが最も確実な方法の一つです。

また、フックが飛んできたり、枝木との接触、毒虫との遭遇など、釣りをしているときに肌を露出するリスクは日焼けに限りません。

釣りにおいては夏であっても、もちろん熱中症等にならないよう気を付けながら、肌の露出を抑えるウエア着用の有効性は高いと言えます。

釣りの日焼け防止方法

さまざまな日焼け予防グッズがありますが、効果があっても釣りには使いにくいものもあります。

とりわけ釣りに使うのにおすすめのアイテムを、ピックアップしてご紹介します。

日焼け止め

日焼け予防といえば、日焼け止めクリームなどのケア用品が真っ先に思い浮かぶでしょう。

もちろん釣りにおいても、日焼け止めは手軽で効果的なアイテムですが、注意するべきは効果の持続性です。

肌の表面を覆うことで、紫外線が肌に届きにくくするのが日焼け止めの役割なので、剝がれてしまうとどんどん効果が薄くなります。

汗によって流れてしまったり、釣りでは水に触れることで流れてしまうこともあるので、塗り直しも必要です。

ウエアなどで覆えない部分の日焼け止めなど汎用性は高いので、釣りにおいてはウエアと組み合わせて使うのがおすすめです。

顔・首

顔や首回りは服で覆いにくいので、あらかじめの日焼け対策が重要な部分です。

熱中症にも繋がる部分なので、気温の高い時期は、暑さ対策を取り入れながらの日焼け止め対策が必須です。

フェイスマスク

鼻から首元まで覆えるスリーブ状のアイテムで、紫外線対策としてもよく使われるアイテムです。

首を覆うので暑そうなイメージもありますが、夏用であれば通気性が高く、適切に使えば暑さもほとんど気になりません。

最近はランナーからも人気が高まり、スポーツ用も増えてきたので、おしゃれなものも選びやすくなりました。

帽子

帽子ももちろん紫外線対策には効果的なアイテムで、頭を守る目的などでも釣り用に用意する方も多いでしょう。

キャップが多いですが、筆者のおすすめは360度ツバがあるハットタイプで、日陰になる範囲も広いので首元などもカバーできます。

暑い時期に注意したい熱中症対策にも繋がるので、暑い時期の釣りには必須アイテムと言ってもいいでしょう。

偏光サングラス・オーバーグラス

日差し肌だけでなく目にもダメージがあるので、日差しの強い時期は目の保護も重要です。

日差しの強い時はサングラスの着用によりダメージを軽減できるので、ぜひ用意しておきたいアイテムです。

偏光タイプであれば、サイトフィッシングにも役立ちますし、眼鏡をかけている方はメガネの上からかけられるオーバーサングラスもおすすめです。

日焼けするとヒリヒリと気になるのが腕ですよね。

露出することも多く、濡れたり汗をかいて日焼け止めも落ちやすいので、しっかりと日焼け止め対策したい部分です。

アームカバー

最近アングラーもよく取り入れるようになったのが、腕の裾の部分だけ着脱できるアームカバーです。

トレーニング用として人気の高いアイテムでしたが、最近は釣り具メーカーも発売するなど、釣り用としても馴染みのアイテムになりつつあります。

フィット感のある物であれば熱や湿気がこもることもなく、夏に着用していても暑さも気にならないでしょう。

筆者は渓流によく入るので、枝木との接触でのケガ予防としても活躍していて、冷感効果がある商品もあるので、暑さ対策としてもおすすめです。

手先も気を抜くと焼けやすい部分です。

しかも、日常生活でも水濡れなどが多く、薬などが流れやすいので方が難しいため、焼けると厄介な部分です。

筆者も今シーズン夏の渓流釣りを楽しんだ時に、手の甲が日焼けして、数日間気になって仕方がありませんでした。

釣りにおいては、水濡れなどで日焼け止めの効果も薄まりやすいのでしっかり対策しましょう。

手袋(フィッシンググローブ等)

釣りにおいて、手の日焼け止め対策で確実なのが手袋の着用です。

釣り針が手に刺さるのを防止する目的や、ロッドを握りやすくする目的でも着用が推奨されるアイテムでもありますね。

フィッシンググローブもいろいろな種類があり、渓流釣りなど水に触れることが多いのであれば、吸水しにくい素材や、乾きやすいものがおすすめです。

サビキ釣りなど魚に頻繁に触り、臭いが付くのが気になる場合は、指抜きの軍手を使い捨てで着用する方もいます。

釣りの日焼け対策・防止グッズおすすめ20選

釣り中にも扱いやすい日焼け対策グッズを厳選してご紹介します。

高機能なものや、高コスパな人気アイテムをピックアップしたので、ぜひ参考にしてくださいね。

【OUTDOORUV】
アウトドアUV ナチュラルカラー

SPF50+/PA+++の、アウトドアユース向けに開発されたスティックタイプの日焼け止めです。

日焼け止めが固形で、ハードケース入りなので、ポケットやバッグの隙間などに入れての持ち歩きも安心ですね。

OUTDOORUV
アウトドアUV ナチュラルカラー

【ANESSA】
パーフェクトUV スキンケアミルク a 日焼け止め シトラスソープの香り 60mL(97238)

SPF50+/PA++++の日焼け止めで、釣り人からの人気も高い商品です。

スーパーウォータープルーフで、汗や水、太陽などの熱によって強くなる特性があり、塗るときは馴染みの良いサラサラミルクタイプになっています。

ANESSA
パーフェクトUV スキンケアミルク a 日焼け止め シトラスソープの香り 60mL 97238

【SHIMANO】
SUN PROTECTION フェイスマスク(AC-061R)

名前の通り、夏の日焼け対策にぴったりのフェイスガードです。

アクティブなシーンでも安心な耐摩耗性の高い吸水速乾生地で、UPF50+の紫外線防止効果もあります。

価格が抑えめなのも嬉しいですね。

SHIMANO
SUN PROTECTION フェイスマスク AC-061R

【DAIWA】
アイスドライ クールネック&フェイスカバー マスクタイプ(DA-9021)

こちらもUPF50+UVカット生地を使い、接触冷感素材を織り込んでクールな使い心地も魅力のフェイスマスクです。

口元に穴が開いているので、脱がなくても水分補給できるのは、夏場の使用にうれしいデザインですね。

DAIWA
アイスドライ クールネック&フェイスカバー マスクタイプ DA-9021

【Umibozu】
フェイスカバー

釣り具にも明るいメーカーだけあって、釣りにも使いやすい豊富なカラーバリエーションが魅力のフェイスマスクです。

吸湿速乾で、ストレッチ性も高い素材なので、ストレスの少ない着用感も評判です。

【DRESS】
AIRBORNE キャップ

デザインにも定評のあるDRESSのキャップですが、実は機能性も優れています。

筆者も長らく愛用していましたが、柔軟な生地で着用感が良く、防水性も高いので突然の雨にも対応し、汚れも落ちやすいのでおすすめです。

【Abu Garcia】
ハット ウォーターレジスタントハット

サファリハットタイプですが、ツバが短めで、オーバーキャストなどもしやすいサイズ感になっています。

リフレクター機能もあるロゴプリントも控えめなので、Abu Garciaユーザー以外も使いやすいデザインですね。

Abu Garcia
ハット ウォーターレジスタントハット

【SHIMANO】
GORE-TEX ベーシックレインワークキャップ(CA-016S)

ファッションになじみやすい、近年人気のワークキャップです。

高い防水性、防風性を誇りながら、透湿性も高いGORE-TEX素材を使用しているので、汗ばむ時期も快適な着用感が得られます。

SHIMANO
GORE-TEX ベーシックレインワークキャップ CA-016S

【ザ・ワールドエース】
麦わら帽子

麦わら帽子はツバが広いので遮光性が高く、通気性も良いので、夏の釣りにぴったりの帽子です。

スローハット型でデザイン性も良く、折りたたんでコンパクトに持ち歩けるので、実用性の高さもおすすめポイントです。

【SWANS】
ER-1

国産ブランドのこだわりで、日本人向けの設計で着用感にこだわったサングラスです。

偏光がきつすぎないので、釣りへの移動中のドライブでも着用しやすく、釣りをしているとき意外の目の保護にもおすすめです。

【Coleman】
オーバーグラス

メガネの上からかけられる、偏光レンズのオーバーグラスです。

大型レンズとツルにもレンズがあり視界が確保しやすく、価格も安いので、オーバーグラスはどんなものか試したいときにもおすすめです。

【DAIWA】
偏光クリップ(DQ-8021-M)

メガネに取り付けるタイプの偏光レンズで、メガネユーザーの釣り人から人気のアイテムです。

筆者もこのタイプを使用していて、ややクリップが気になりますが、オーバーグラスよりも違和感もないのでお気に入りです。

【DRESS】
クールアームカバー

UVカット率90%以上で、デザイン性も人気の夏用アームカバーです。

吸汗速乾素材に加え、水に濡らすことで体感温度を下げるハイドロ冷却システム採用なので、暑い時期の熱中症対策にもおすすめです。

【SHIMANO】
SUN PROTECTION COOL アームカバー リミテッドプロ(AC-077R)

遮熱機能とUPF50+のUVカット機能のある、高機能なアームカバーです。

アームカバー着用時に気になるずり落ちを防止する滑り止めラバー加工もあり、腕を絶えず動かすルアーフィッシングにもおすすめです。

SHIMANO
SUN PROTECTION COOL アームカバー リミテッドプロ AC-077R

【DAIWA】
ストレッチアームカバー(DU-81020)

UVカット素材を使用し、フィット感のある作りが魅力のアームカバーです。

高次元ストレッチファブリックス設計で、フィット感がありながら腕の動きを邪魔せず、正確なキャスティングをしたいフィネスにもおすすめです。

DAIWA
ストレッチアームカバー DU-81020

【DRESS】
クールフットカバー

ズボンもハーフパンツを着たいほど暑いときは、フットカバー(レックカバー)を使うのもおすすめです。

濡らすことでより清涼感を得られるので熱中症対策にもなり、同社のアームカバーと合わせられるデザインも魅力的ですね。

【DRESS】
クールライトグローブ

薄いストレッチ素材のフィッシンググローブで、邪魔にならない着用感が人気です。

薄手ながら滑り止めもしっかりしているので、しっかりロッドを握り込んで安心してキャスティングできる設計になっています。

【Bassdash】
ALTIMATEフィッシンググローブ

安価ながら、UPF50+のUVカット機能付き素材を使用した、日焼け止めにぴったりのフィッシンググローブです。

袖口が長く取られているので、アームカバーと組み合わせれば隙間なく日光を防止できます。

【勝星産業】
指先フリーグローブ3双組 5組セット(W160)

低価格で使い捨てもしやすい、指抜きタイプの軍手です。

UVカットなど特別な機能こそありませんが、もちろん素肌を出すよりは日焼け防止効果が期待できます。

夏場のサバ釣りなど、日焼けと同時に臭いや汚れが気になるときにおすすめです。

勝星産業
指先フリーグローブ3双組 5組セット W160

まとめ

日焼けを気にしない方も多いですが、やはり快適に釣りをするなら、日焼け対策をするに越したことはありません。

紹介したように、高コスパで効果的な日焼け対策グッズもたくさんあるので、ぜひ活用して夏の釣りも思う存分楽しみましょう。

紹介アイテム一覧

釣りの日焼け対策と防止グッズの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

OUTDOORUV
アウトドアUV ナチュラルカラー
ANESSA
パーフェクトUV スキンケアミルク a 日焼け止め シトラスソープの香り 60mL(97238)
SHIMANO
SUN PROTECTION フェイスマスク(AC-061R)
DAIWA
アイスドライ クールネック&フェイスカバー マスクタイプ(DA-9021)
Umibozu
フェイスカバー
DRESS
AIRBORNE キャップ
Abu Garcia
ハット ウォーターレジスタントハット
SHIMANO
GORE-TEX ベーシックレインワークキャップ(CA-016S)
ザ・ワールドエース
麦わら帽子
SWANS
ER-1
Coleman
オーバーグラス
DAIWA
偏光クリップ(DQ-8021-M)
DRESS
クールアームカバー
SHIMANO
SUN PROTECTION COOL アームカバー リミテッドプロ(AC-077R)
DAIWA
ストレッチアームカバー(DU-81020)
DRESS
クールフットカバー
DRESS
クールライトグローブ
Bassdash
ALTIMATEフィッシンググローブ
勝星産業
指先フリーグローブ3双組 5組セット(W160)
釣りの日焼け対策と防止グッズ
さらに探したい方