釣り用フィッシングメジャーおすすめ20選!ワイドタイプやステッカーも紹介!

フィッシングメジャーはバス釣りや海釣りには欠かせない道具の一つです。

ひと口にフィッシングメジャーといっても、見やすさを重視をしたタイプや手軽さを重視したタイプなど、様々なタイプがあります。

自分の釣りスタイルに合わせたものを選ばないと使いにくくてストレスになることもあるので、自分にあったタイプをぜひ見つけましょう。

フィッシングメジャーの特徴

フィッシングメジャーは釣りに使いやすいようにさまざまな工夫が施されています。

普通のメジャーにはない、フィッシングメジャー独自の機能もあるので紹介したいと思います。

メジャーの上に魚を載せて測れる

釣り用のメジャーは、幅が広い形状になっているので、メジャーの上に魚を載せることができます。

両手が空くので、口と尾びれを正しい位置に調節しながら正確に計測が行えることは大きなメリットです。

また、バスを地面に直置きして火傷させないための配慮でもあります。

twitterでは、夏場にコンクリート直置きした釣果写真をアップするとバッシングされるので気をつけてくださいね。

メモリがはっきり見えるデザイン

フィッシングメジャーは、サイズの見間違いを防ぐために数値が大きくはっきりと見えるようにデザインされています。

好みにもよりますが、「白&黒」や「黄色&黒」といったシンプルで視認性に長ける配色がオススメです。

汚れや水に強い素材が使われている

釣りには水と汚れがつきものなので、耐久性や耐水性に優れていて、汚れても洗い流せるターポリンやPVCといった素材が使われています。

ターポリンは横断幕や野外テント、工事現場など、雨風に晒される場所でよく使われます。

PVCはウェーダーやレインウェアなどで使われる素材です。

どちらも破れにくく、水に強いといった特徴があるので、フィッシングメジャーにはベストな素材です。

L字プレート付きもあり

フィッシングメジャーにはメモリの0cmのところにL字型のプレートが付いているものがあります。

このL字プレートがあることによって、0cm地点に魚の口を素早く合わせることができるので、スムーズに計測が行えます。

また、L字プレートを軸にして巻き取ることによって、巻取回数が少なくなり、素早い収納が可能です。

デメリットは、L字プレートが頑丈な作りであればあるほど重くなるので、荷物が多いアングラーには適さないこともあります。

スムーズに収納ができるとストレスなく釣りを再開できるので、個人的にはL字プレート付きがおすすめです。

軽量でコンパクトにまとまる

フィッシングメジャーは釣りの最中にずっと持ち歩くものなので、軽量かつコンパクトに設計されています。

メジャーを巻き取った状態でゴムバンドやマジックテープでコンパクトにまとめられるようになっているものが主流です。

ガラビナが付いている製品は、バッグやベルトループなどに吊り下げて持ち運ぶことができるので便利です。

フィッシングメジャーの種類

フィッシングメジャーには大きく分けると「ソフトシート」「ハードシート」「メジャーシール」「巻き尺」「メジャーアプリ」の5種類があります。

また、ソフトシートとハードシートには、横幅が5〜10cm程度のスリムタイプと、幅が20〜30cm程度あるワイドタイプに分かれます。

それでは、それぞれの特徴をみていきましょう。

ソフトシート

ソフトシートのメリットは、軽量でありながらコンパクトにまとめられるので、フィッシングメジャーの中では一番使われている種類です。

デメリットとしては巻き取りクセが付きやすく、ヨレが起こりやすいことです。

製品によってはクセが付きにくくなっていたりしますが、ソフトメジャーであれば、どの製品でもある程度クセやヨレが起こるので、うまく付き合いながら使うしかありません。

ソフトシートには、スリムタイプとワイドタイプがあるので、それぞれの特徴を紹介します。

ソフトシート(スリムタイプ)

バッグやポケットの隙間にスポンと入れられるのでかさばりません。
メジャーをまだ持っていないからとりあえず欲しい人には一番オススメです。

ソフトシート(ワイドタイプ)

魚をメジャーに載せた状態で写真を撮りたい人にはメモリがはっきりと映るワイドタイプがオススメです。

スリムタイプよりも片付けに少し手間かかります。

ハードシート

ハードシートは、重さや持ち運びやすさより、正確に測れることを重視する人にオススメです。

メリット

  • クセが付かず、ヨレが起こらない
  • 敷いて広げる手間が少ない
  • 平じゃない場所でも正確に計測できる

デメリット

  • アクリルや金属でできているので重い
  • ソフトシートよりはかさばる
  • 値段が高め
  • 製品の選択肢が少ない

ハードシートにも、スリムタイプとワイドタイプがあります。

ハードシート(スリムタイプ)

このタイプは出しているメーカーが少ないので、釣具屋で取り扱いがないこともあります。まずはネットショップで探すことをおすすめします。

ハードシート(ワイドタイプ)

測りやすさでは群を抜きますが、重さがネックです。
このタイプではダイワのランカースケールが人気ですが、重さが400gもあるので、オカッパリアングラーにはあまり向かないかもしれません。

メジャーシール(メジャーステッカー)

好きなところに貼れるので、オリジナルのフィッシングメジャーを自作したい方にオススメです。

メリット

  • ボートデッキやタックルボックスなど、好きなところをメジャーにできる
  • プランターメジャーが作れる
  • 値段が安いものが多い

デメリット

  • 持ち運びにはあまり適さない(何に貼るかにもよる)
  • 貼らないとまともに使えない

コンパクトな巻き尺タイプ

軽量コンパクトが魅力ですが、メインで使うには心許ないので、予備や友達への貸出用などにはありだと思います。

メリット

・ボタンひとつで巻き取れるから片付けの手間なし
・軽量コンパクトで携帯しやすい

デメリット

・バスを上に載せて計測できない
・計測時にヨレが起こりやすい
・写真にメモリが写りにくい

メジャーアプリ

釣り具メーカーのDRESSが出しているメジャーアプリです。
専用のキーホルダーを釣った魚と一緒に写真を撮ると、画面上にメジャーが表示されて計測が行なえます。

メリット

・画期的な感じがする
・撮影した写真をDRESSのサイトに投稿できる

デメリット

・計測に誤差が出やすい
・夜釣りでは認識されない可能性がある
・アプリが動作しないスマホもある

【釣りスタイル別】おすすめフィッシングメジャー

オカッパリアングラーにオススメのメジャー

持ち物が限られるオカッパリアングラーには、ソフトメジャーのスリムタイプがオススメです!比較的軽めで測りやすく写真映えもするのでバランスが取れています。

ボート釣りにオススメのメジャー

ボートであれば、携帯する必要がないし、計測のたびに収納する事もないので、ワイドタイプのメジャーがオススメです。ソフトかハードかは好みで選びましょう。

フローターやカヌーにオススメのメジャー

フローターやカヌーのような浮き物ではスペースが限られるので、テーブルとしても活用できるプランターメジャーがオススメです。フローターでこれより使い勝手いいメジャーはないと思います。

まとめ

自分の釣りスタイルにマッチしたフィッシングメジャーは見つかりましたか?

フィッシングメジャーはどれも同じように見えますが、使ってみると意外と細かいところで違いを感じるので、よく吟味して選んでみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を見たあなたにおすすめ

  1. バス釣りステッカーおすすめ30選!車やタックルボックスに貼りたいメーカーステッカーを紹介!バス釣りステッカーおすすめ30選!車やタックルボックスに貼りたいメーカーステッカーを紹介!
  2. 釣り用デジタルスケールおすすめ8選!バス釣りやエギングで便利な計量器(重量計)を紹介!防水タイプも!釣り用デジタルスケールおすすめ8選!バス釣りやエギングで便利な計量器(重量計)を紹介!防水タイプも!

みんなが使っている
便利アイテム特集

「知ってるけど使ったことがない…」
あなたにもそんなアイテムはありませんか?
もっと早く使えば良かった
後悔する前に検討してみては?

リール式ストリンガーおすすめ5選!ゴールデンミー…
コスパ最強!安い偏光サングラスおすすめ10選!高…
ラインストッパーおすすめ10選!ベイトリールでも…
コスパ最強!釣り専用の腕時計おすすめ12選!安い…
最強の釣り用虫除けおすすめ6選!夏の蚊除け対策を…
ラインリムーバーおすすめ8選!高速で釣り糸を回収…
釣り人必携!糸くず入れおすすめ10選!釣り糸のゴ…
夜釣りで便利!ネックライトの選び方とおすすめ10…
釣り用ピンオンリールおすすめ12選!ガラビナ付き…
ロッドホルダー付きタックルボックスおすすめ8選!…
クーラーボックスに付けるロッドホルダーおすすめ1…
壁掛け式ロッドスタンドおすすめ8選!おしゃれでス…
釣り用UVライトおすすめ12選!最強に使える強力…
サーフ用ロッドスタンドおすすめ8選!投げ釣り等で…
釣り用ヒップバッグおすすめ21選!大容量で防水機…
ロッドティップカバーおすすめ14選!必要性や使い…
おかっぱり必携!腰用ロッドホルダーおすすめ18選…
ガルプ保存ケースおすすめ8選!臭い匂い付きワーム…
釣り用メッセンジャーバッグの選び方とおすすめ10…
釣り用の椅子おすすめ15選!コンパクトな折りたた…
PEラインのコーティングスプレーおすすめ8選!や…
リールスタンドおすすめ10選!ダサいからいらない…
腰巻ライフジャケットおすすめ10選!釣り用の安い…
リーダーポーチおすすめ12選!便利なショックリー…
これは便利!ロッドベルトおすすめ10選!正しい使…
リールラックおすすめ12選!リール収納棚やベイト…
フックシャープナーおすすめ12選!ルアーフックの…
釣り用フィッシングメジャーおすすめ20選!ワイド…
安いけど釣れる激安ビッグベイト8選!高いビッグベ…
フックキーパーおすすめ17選!ロッドに後付できて…
もう悩まない!ワームフック収納方法まとめ!バス釣…
【2021年版】釣り用ポーチおすすめ21選!人気…
カールロッドホルダーおすすめ7選!車のヘッドレス…
ランディングネット用ケースおすすめ10選!収納カ…
釣り用フィンガープロテクターおすすめ8選!キャス…
ロッドソックスおすすめ10選!スピニング、2ピー…
最強のルアーキャッチャーおすすめ16選!根掛かり…
フローティングベスト装着ライトおすすめ8選!取り…
リールカバーおすすめ10選!竿につけたままにでき…
これで解決!スピナベ収納ケースおすすめ11選!ス…
ネコリグチューブおすすめ10選!ワームの身切れを…