竹製の火吹き棒おすすめ10選!メリットやデメリットは?

キャンプに彩とリラクゼーション効果をもたらす焚き火。

そんな魅力にあふれた、焚き火を起こすのに使うマストアイテムが火吹き棒です。

火吹き棒はコンパクトに収納できる金属製のものが多く販売されています。

しかし「特有の味わい」が人気に火をつけ、徐々に昔ながらの竹製の火吹き棒がキャンパーたちから熱い視線を受けていることはご存じでしょうか。

本稿では、竹製の火吹き棒の解説とおすすめを厳選してご紹介します。

武居巧介
執筆者
  • 海外遠征経験あり
  • 釣り歴30年
  • 年間釣行100日程

千葉県在住の中年アングラー。 幼少期はブラックバスやブルーギル釣りを嗜む。 現在は、国内外を旅をしながら釣り歩くのがライフワーク。 ルアーやヘチ釣りのような隙間時間にふらっと行ける釣りを好む。 海外遠征経験は、中国、モンゴル、タイ、台湾、ミャンマー、ラオス、韓国等。

竹製の火吹き棒を使うメリット

金属製にはない温かみ

竹製の火吹き棒は金属などの人工物と違い、手に取った瞬間に伝わる竹特有の温かみがあります。

収納性は金属製のものには劣るものの、それを超える魅力が詰まっています。

また、「お子様により自然に触れてほしい」と願うファミリーキャンパーにも人気です。

ピンポイントで空気を送り込める

広範囲に風が分散する団扇よりも、火吹き棒を使うと火種にピンポイントに空気が送り込めます。

慣れないうちは苦労する火おこしも、火吹き棒があれば圧倒的に成功率が上がるので「焚き火のマストアイテム」といっても過言ではありません。

香りがいい

口につけたときに鼻孔をくすぐる竹の香りは、他の素材には無い魅力の一つ。

自然由来のもので作られているので、竹製の火吹き棒を使うことで自然との一体感が増した気分が味わえます。

特に真竹を使用しているものは良い香りがします。

堅牢なつくり

竹製の火吹き棒は単純な作りであるがゆえに壊れにくく堅牢な作りです。

価格も安いものが多く、一度買ったら数年もちますので懐にとてもやさしいのが嬉しいです。

また、使うほどに色が変わり味わいが深まります。

竹製の火吹き棒を使うデメリット

ささくれができる事がある

竹は縦に繊維が入っており乾燥するとささくれ立ちやすい特徴がある植物です。

古くなってきたら使用する際は一度軽くサンドペーパーで軽く表面を撫でるか、軍手を使用するのをおすすめします。

かさ張る

竹筒ですので伸縮させて収納するような利便性がなく、収納性に特化している昨今のキャンプギアに比べると非常にかさ張ってしまいます。

ただし、壊れにくいこと、味わい深いこと、価格が安いことを考えれば十分に持っていて損のないアイテムです。

乾燥に弱い

竹は乾燥しすぎると縦に割れてしまうことがある植物。

つまり、保管する際はある程度乾燥しすぎないところが向いています。

また、多湿の場所で保管するとカビが生えることがありますので、軽く湿度のあるところで保管するのがベストです。

竹製の火吹き棒の選び方

長さ

人の口に当て日までの距離が短ければ短いほど送り込める空気量は増えますので火を起こす時間が短くてすみます。

でも、火に近すぎると今度は空気を送り込んだ時に舞い上がる火の粉を身体に受けてしまう恐れがあり危険です。

大体30cm以上あれば使いやすいでしょう。

ワックス処置

乾燥に弱くささくれ立ちやすい竹の特徴を考えワックス処置がされているモデルもあります。

価格は少し高くはなりますが、怪我や破損を考えるとワックス処置がされている方が安心して使えるのでおすすめです。

もちろん未処置のものもワイルドさがありますので、軍手を着用するなどの対策をすれば問題ありません。

竹製の火吹き棒おすすめ10選

【CAPTAIN STAG】
火吹竹40cm 

小さく穿たれた空気孔が、空気を集中させピンポイントに火種に空気を送り込める量を最大化してくれる頼もしい竹製の火吹き棒です。

長さも長すぎず短すぎずの40cmと、使いやすく子供から大人まで幅広く使用できるコスパの良いモデルです。

【里山屋】
火吹き竹 真竹 44cm

引用:Amazon

徳島産の尺八や竹細工の材料としている高品質な徳島産の真竹を材料に作られた強靭な竹製の火吹き棒です。

少し長めの44cmは、焚き火のお供にピッタリのサイズかつ持ち運びにも邪魔になり

【SYHZX】
火吹き棒 ふいご 

引用:Amazon

真竹を材料にしっかりと磨き上げ、ささくれが見当たらないレベルにまで処置が施されている高い安全性が魅力の竹製の火吹き棒です。

細く30cmの長さは火種から火を立ち上げるのに非常に効率的で、初心者でも扱いやすくおススメです。

【里山屋】
火吹き竹 真竹 30cm

引用:Amazon

竹細工で有名な徳島県産の真竹を丁寧に一つ一つ独自製法を施し、防カビや乾燥による割れの防止に強く作られています。

軽くて30cmと持ち運びやすいサイズですので、オートキャンプはもちろんツーリングキャンプや徒歩でのキャンプにもおすすめです。

【ノーブランド】
火吹き竹40cm

程よい味わいを残しつつ乾燥によるヒビや、梅雨時期のカビ対策が施されている他竹製の火吹き棒。

長さは40cmと、焚火に近すぎず遠すぎずちょうどいい距離感で空気を送り込めるので便利長さでカットされています。

【さんじょうインテリア】
火吹き竹40cm

しっかりと乾燥させてひび割れやささくれの発生率を抑えて作られている使いやすい竹製の火吹き棒です。

焚き火や薪のそばに置いて写真を撮るだけで映えますので、キャンプの雰囲気を満喫したい方にうってつけのモデルです。

【左座園】
火吹竹(紙箱)

茶道用に作られた高品質かつ、ササクレやカビ発生防止処置が施されている竹製の火吹き棒です。

キャンプとの相性も良く、見た目の美しさや竹本来の優しく滑らかな触り心地は癖になります。

【香月園】
火吹竹

美しい見た目と厳かな雰囲気を感じさせる、光沢のある竹製の火吹き棒です。

茶道用に作られたものですが、日本人なら誰もが心惹かれる雰囲気と持ち心地は、さすがの一言。

雰囲気重視のキャンパーに強くおすすめしたいモデルです。

【THE VOICE】
火吹き棒 40cm

焚き火で使うのにちょうどいい長さの40cmに切り落とされ、先端が狭く穴を穿たれ空気を送り込む力を増強している使いやすいモデルです。

防カビ処理も施されていますので、経年の味わいを楽しめます。

【ザッカーグ】
火吹き竹

軽く丈夫でササクレなどを磨く処置が施されている、高品質な真竹を材料に作られている竹製の火吹き棒です。

使いやすいサイズである40㎝ですので、焚き付けや火を育てるのに重宝します。

コスパもいいので数個持っていてたくなるモデルです。

まとめ

カマドやお風呂炊きなど昔話の生活の場面に、そして茶道でも使用されてきた懐古的な趣が人気の竹製の火吹き棒。

キャンプシーンでも近年注目をされ、目の離せないギアの一つです。

本稿を参考にご自身の好みに合った竹製の火吹き棒と出会っていただけたら幸いです。

紹介アイテム一覧

竹製の火吹き棒の購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

CAPTAIN STAG
火吹竹40cm 
里山屋
火吹き竹 真竹 44cm
SYHZX
火吹き棒 ふいご 
里山屋
火吹き竹 真竹 30cm
ノーブランド
火吹き竹40cm
さんじょうインテリア
火吹き竹40cm
左座園
火吹竹(紙箱)
香月園
火吹竹
THE VOICE
火吹き棒 40cm
ザッカーグ
火吹き竹