エギング用ロッドケースの選び方とおすすめ8選!人気な収納ケースを紹介!

エギングに出かけるなら、ロッドケースに大切なエギングロッドを入れていくのがおすすめです。

エギングロッドは穂先が柔らかく繊細で、フィールドへの持ち運び中に破損することもよくあります。

せっかくのエギングも、ロッドが破損したら釣りどころではありません。

そこで今回は、エギングロッドを収納するのにおすすめなロッドケースを紹介いたします。

選び方も解説しますので、これから購入予定の方は参考にして下さい。

この記事で得られる事
  • エギングに合ったロッドケースの選び方がわかる
  • ロッドケースにどんな種類があるのかわかる
  • エギングで使えるロッドケースがまとめられている
執筆者
野村裕紀
  • 釣り歴21年
  • 年間釣行50日以上

愛知県在住で休日はもっぱら釣りのことばかり。20年前、友人に誘わて行った根魚釣りに魅了され自らタックルを揃えるように。今はエギングとジギングメインで、地元愛知や三重を中心に、福井や富山にも遠征します。デカイカをこよなく愛する3児(0~7歳)の父で、いつか一緒に釣り出来る日を夢見て日々奮闘中。

ロッドケースの役割や必要性

役割や重要性をチェック
  • ロッドをキズや破損から守ってくれる
  • 穂先が柔らかいロッドに、ロッドケースはマストアイテム
  • エギング時の快適性や利便性を向上させてくれる

ロッドケースはタックルをひとまとめにして収納でき、キズや破損からロッドを守ってくれる釣りのマストアイテムです。

特にエギングロッドはティップと呼ばれる穂先の部分が柔らかくて曲がりやすく、破損リスクを抑えるためにもロッドケースが欠かせません。

複数のロッドをフィールドへ持ち込む場合はロッドケースの重要性が高く、移動時にエギンガーにかかる負荷を軽減することが可能です。

またロッドケースはロッドをまとめて搬送できるので、釣行時の快適性や利便性を向上させる役割も担っています。

比較的軽い装備が可能なエギングでも、大切なロッドを守る意味でロッドケースの購入を考えてみて下さい。

エギング用ロッドケースの選び方

ロッドの長さに合ったサイズを選ぶ

チェックポイント
  • ロッドの仕舞寸法に合わせてロッドケースを選ぶ
  • 一般的エギングロッドの仕舞寸法は約110~140cm
  • エギングロッドに合うロッドケースは多い
  • 最も長いマイロッドに合うサイズを選ぶ

エギング用ロッドケースは、フィールドに持って行くエギングロッドの長さによって変わる仕舞寸法に合うモデルを選ぶ必要があります。

一般的に使用されるエギングロッドは7ft(約213cm)~9ft(約274cm)のモデルが多く、仕舞寸法は約110~140cm程度です。

9ftクラスの竿をそのまま収納するロッドケースは現実的ではなく、仮にあったとしても利便性を損ないかねません。

現在発売されているロッドケースは仕舞寸法が125~150cm位のモデルが多く、エギングロッドに適したロッドケースも選びやすくなっています。

ご自身のエギングロッドの中で、最も長い竿の仕舞寸法に合うロッドケースを選んでおくのが便利です。

素材(ハード/セミハード)の特徴と選び方

チェックポイント
  • ハードタイプは抜群の耐久性で、その分価格も高い
  • ハードタイプはタフなフィールド向き
  • セミハードタイプは耐久性で劣るが、リーズナブルな価格
  • セミハードタイプは軽く、堤防からのエギング向き

エギング用ロッドケースを選ぶにあたって、使われている素材も気になるポイントです。

キズや破損を未然に防ぐ役割を持つロッドケースには、ハードタイプやセミハードタイプの製品があります。

ハードタイプはABS樹脂やポリエチレン構造が多く、耐久性と強度が高いので落としてもめったに破損しません。

自重があり価格は高くなりますが、タフなフィールドでのエギングに最適な製品です。

セミハードタイプのロッドケースはハードタイプよりも耐久性は劣りますが、その分リーズナブルに購入できます。

軽くて丁度良い収納サイズのモデルが多く、港湾など堤防からのエギング向きと言えますね。

リールを付けたまま収納できるタイプも

チェックポイント
  • ロッドにリールを付けたまま収納可能
  • リールの段差収納でキズや破損を防ぐ
  • 夜エギングや初心者に向いている

ロッドケースの中には、リールをロッドに付けたまま収納できる便利なモデルもリリースされています。

あらかじめエギを付けた状態で収納すれば、フィールドで改めてラインシステムを構築する必要がありません。

リールインロッドケースは、フィールド到着してすぐにエギングを始めたい人におすすめの商品です。

収納方法も工夫されており、リールを段差収納することでキズが付くのを防いでくれます。

また、夜エギングに出かける場合や不慣れな初心者もリールインタイプが便利ですね。

収納可能な本数で選ぶ

チェックポイント
  • 一般的なエギングは、2~4本用セミハードタイプが人気
  • リールインタイプはロッド収納力が落ちる

ロッドケースは、フィールドに持っていくエギングロッドの本数によって製品選びをすることが可能です。

各メーカーからリリースされているロッドケースは、シンプルな1本タイプから大容量タイプまで豊富にリリースされています。

人気のセミハードタイプは2~4本収納型が多く、一般的なエギングで使う分には収納力に問題はありません。

ハードロッドケースも5本程度収納できるモデルが多く、大容量タイプになると更に収納力はアップします。

リールインロッドケースはリールを収めるので、その分ロッドの収納力は落ちてしまいます。

ご自身愛用のエギングロッドを何本持っていくかによって、最適なロッドケースを選んで下さい。

《エギング》ハードロッドケースおすすめ2選

【PROX】コンテナギア5レングスハードロッドケース(PX933K/O)

大切なタックルを傷つけることなく運べる、完全ハードタイプの人気ロッドケースです。

150~220cmまで5段階での長さ調節が可能で、自前のエギングロッドの仕舞寸法にアジャストして使えます。

内部には可動できるウレタンクッションが敷き詰められているので、不意に落としたとしてもロッドが破損することはありません。

ロッドが複数収納できるのもエギンガーには嬉しいですね。

【ダイワ】HTロッドケース(150(A))

9.3ftまでのエギングロッドを最大5本収納可能な、ハードタイプのロッドケースです。

剛性が極めて高いチューブ構造で、エギングロッドの柔らかいティップを破損から守ります。

スペーサークッションが付属されているので、収納するロッドが少なくても性能が落ちたりしません。

塩ガミしづらいファスナーを使うなど、細部にまでこだわったモデルです。

《エギング》セミハードロッドケースおすすめ2選

【アブガルシア】Abu セミハードロッドケース(120-210)

200cmの最大仕舞寸法で伸縮可能な、セミハードタイプのおすすめモデルです。

アブガルシアらしいミリタリー調でスリムボディが、若いエギンガーからも人気を集めています。

硬い芯材と柔らかい芯材を組み合わせることで、クッション性能を更に高めました。

防水効果の高い表地を使っているので、水しぶきを気にすることなくエギングを楽しめます。

【DRESS】セミハードロッドケース(150)

仕舞寸法1480mmまでのロッドを複数本収納でき、強度と耐久性のあるロッドケースです。

衝撃に強いポリカボーネット製はネジレにも強く、ティップが繊細なエギングロッドをしっかり守ってくれます。

内部はクッション性能が良く、マジックテープベルト固定でタックルも傷つきません。

ショルダーベルトで背負えるので、ランガン時に便利なモデルですね。

《エギング》リールインロッドケースおすすめ2選

【ダイワ】ロッドケースFF(145RW(L))

リールを取り付けたままのロッドを2本まで収納可能な、リールインタイプの人気モデルです。

リール付きロッドを段差収納できるため、運搬時にリールが接触して傷つくことがありません。

あらかじめエギをセットしておくことで、フィールド到着後すぐにエギングを開始できます。

大型ポケットも付いており、タックル用品を沢山収納できるのも魅力的です。

【シマノ】ロッドケースXT(145R)

横ずれしにくいショルダーベルト付きで、フィールドへの持ち運びも便利なロッドケースです。

このモデルは磯釣りを念頭に開発され、高い防水性能と強い衝撃にも耐えうる強度を実現しました。

リールを付けたエギングロッドを2本収納できるだけでなく、予備ロッドも2本収納可能です。

段差収納構造になっているので、愛用のリールを傷つけることなく運べます。

《エギング》大容量なロッドケースおすすめ2選

【がまかつ】フィッシングロッドケース165(GC290)

エギングロッドを4~5本収納できる大容量タイプで、衝撃にも強いセミハードロッドケースです。

内部にある仕切りが、左右に分けて収納したタックル同士がぶつかるのを防いでくれます。

PVC生地を採用することで水や汚れに強く、トップクラスの防水性能を実現しました。

成型樹脂スタンドが付いているので、立てた状態でタックルの準備ができるモデルす。

【シマノ】シマノ リミテッドプロ ロッドケース 遠征155(BR-113T)

タックルから小物まで、抜群の収納力を誇る遠征仕様のロッドケースです。

リールをセットしたエギングロッドを3本収納でき、予備ロッドも複数収納して持ち運ぶことができます。

耐久性や防水性に優れた素材を使用することで、強度についても問題ありません。

フィールドにタックルを沢山持っていきたいエギンガーにおすすめのモデルです。

まとめ

エギング用ロッドケースは、ロッドをしっかり保護できる高性能モデルを選ぶのがおすすめです。

フィールド到着後、すぐにエギングを始めたいならリールインタイプも選択肢に入ります。

本記事を参考に、最適なエギング用ロッドケースを選んで下さい。

この記事を見たあなたにおすすめ

  1. エギング初心者セットの人気ランキング!ロッドやリール等が付いて入門に最適!エギング初心者セットの人気ランキング!ロッドやリール等が付いて入門に最適!
  2. ULクラスのエギングロッドの特徴とおすすめ6選!人気なウルトラライトロッドを紹介!ULクラスのエギングロッドの特徴とおすすめ6選!人気なウルトラライトロッドを紹介!
  3. うなぎ釣り竿おすすめ10選!適したロッドの選び方を解説!便利な竿立ても!うなぎ釣り竿おすすめ10選!適したロッドの選び方を解説!便利な竿立ても!
  4. 軽いエギングロッドおすすめ8選!軽量のメリット・デメリット!最軽量ロッドはどれ?軽いエギングロッドおすすめ8選!軽量のメリット・デメリット!最軽量ロッドはどれ?
  5. ボートエギング用エギおすすめ10選!重さ等の選び方も紹介!ボートエギング用エギおすすめ10選!重さ等の選び方も紹介!
  6. ショアジギング用ロッドケースおすすめ10選!ハードやリールインタイプも紹介!ショアジギング用ロッドケースおすすめ10選!ハードやリールインタイプも紹介!
  7. シーバス&エギング兼用リールおすすめ6選!違いは何?両方を楽しもう!シーバス&エギング兼用リールおすすめ6選!違いは何?両方を楽しもう!
  8. シーバス&エギング兼用ロッドおすすめ8選!違いは何?両方を同じ竿で楽しもう!シーバス&エギング兼用ロッドおすすめ8選!違いは何?両方を同じ竿で楽しもう!
  9. ハードロッドケースおすすめ20選!磯などで人気な安いケースも紹介!ハードロッドケースおすすめ20選!磯などで人気な安いケースも紹介!

みんなが使っている
便利アイテム特集

「知ってるけど使ったことがない…」
あなたにもそんなアイテムはありませんか?
もっと早く使えば良かった
後悔する前に検討してみては?

釣り用UVライトおすすめ12選!最強に使える強力…
ラインリムーバーおすすめ8選!高速で釣り糸を回収…
【2021年版】釣り用ポーチおすすめ21選!人気…
これは便利!ロッドベルトおすすめ10選!正しい使…
ロッドティップカバーおすすめ14選!必要性や使い…
フックシャープナーおすすめ12選!ルアーフックの…
おかっぱり必携!腰用ロッドホルダーおすすめ18選…
安いけど釣れる激安ビッグベイト8選!高いビッグベ…
壁掛け式ロッドスタンドおすすめ8選!おしゃれでス…
クーラーボックスに付けるロッドホルダーおすすめ1…
これで解決!スピナベ収納ケースおすすめ11選!ス…
ランディングネット用ケースおすすめ10選!収納カ…
PEラインのコーティングスプレーおすすめ8選!や…
サーフ用ロッドスタンドおすすめ8選!投げ釣り等で…
最強の釣り用虫除けおすすめ6選!夏の蚊除け対策を…
リールラックおすすめ12選!リール収納棚やベイト…
コスパ最強!釣り専用の腕時計おすすめ12選!安い…
釣り用ヒップバッグおすすめ21選!大容量で防水機…
ネコリグチューブおすすめ10選!ワームの身切れを…
釣り用フィッシングメジャーおすすめ20選!ワイド…
釣り用ピンオンリールおすすめ12選!ガラビナ付き…
もう悩まない!ワームフック収納方法まとめ!バス釣…
ロッドホルダー付きタックルボックスおすすめ8選!…
ロッドソックスおすすめ10選!スピニング、2ピー…
最強のルアーキャッチャーおすすめ16選!根掛かり…
ラインストッパーおすすめ10選!ベイトリールでも…
釣り人必携!糸くず入れおすすめ5選!釣り糸のゴミ…
フックキーパーおすすめ17選!ロッドに後付できて…
腰巻ライフジャケットおすすめ10選!釣り用の安い…
ガルプ保存ケースおすすめ8選!臭い匂い付きワーム…
フローティングベスト装着ライトおすすめ8選!取り…
リーダーポーチおすすめ12選!便利なショックリー…
リールカバーおすすめ10選!竿につけたままにでき…
釣り用フィンガープロテクターおすすめ8選!キャス…
釣り用の椅子おすすめ15選!コンパクトな折りたた…
リール式ストリンガーおすすめ5選!ゴールデンミー…
釣り用メッセンジャーバッグの選び方とおすすめ10…
コスパ最強!安い偏光サングラスおすすめ10選!高…
リールスタンドおすすめ10選!ダサいからいらない…
夜釣りで便利!ネックライトの選び方とおすすめ10…