エギング用ギャフおすすめ10選!アオリイカ釣り等に使える人気ギャフを紹介!

抜き上げることが出来ない程の大物イカを釣った際、皆さんはどのようにしてランディングしていますか?

タモを使う方が多いのではないかとおもうのですが、イカ釣りにおいてはギャフを使った方がランディングしやすいとされています。

そこで今回は、ギャフを使ってランディングするメリットと、実際におすすめする10種類のギャフを詳しく解説していきます。

エギングでギャフを使うメリット

イカをランディングする際に、ギャフを使用することによって得られるメリットには次の2つがあります。

持ち運びが便利

まず1つ目が、持ち運びが非常に便利だと言うことです。

タモとは違いギャフは非常にコンパクトで、かさばるといったことがまったくありません

険しい崖などを超えてポイントまで行くことの多いエギングでは、荷物のコンパクトさは釣果に直結するメリットにもなります。

しかし、ギャフは鋭くタモの何倍も危ないため、持ち運びには細心の注意を払わなければいけません。

イカに警戒されにくい

2つ目のメリットが、イカに警戒されにくいということです。

エギングで最もバレやすいのはランディング時だと言われており、その理由として、タモが出されるのを見た瞬間イカが警戒し、抵抗することが挙げられます。

また、ランディング時には片手でロッドを操作する状況になるのもバレやすい原因かもしれません。

しかし、ギャフは先がコンパクトで、イカにも警戒されにくいためランディング時のバラシを少なくすることができます。

上手くギャフを使うのには少しコツがいりますが、慣れてしまえばタモよりもギャフの方がランディングしやすくなるでしょう。

エギング用ギャフおすすめ10選

ここからは、実際におすすめするギャフを10種類紹介していきます。

【第一精工】
オートキングギャフ (CS300)

オートキングギャフは、タモやバッカンなどの釣りを支えるアイテムを主に開発し販売している第一精工というメーカーが販売しているギャフです。

ギャフといえばこの第一精工のオートキングギャフを思い浮かべる人も多い程人気のギャフで、コンパクトなだけでなく、使いやすさも考えられています。

スイッチ一つで先の部分が飛び出てくる仕組みになっており、誰でも簡単にランディングすることができます。

ギャフとしては値段が少し高いのですが、とにかくいいギャフが欲しい方にはピッタリなギャフです。

【第一精工】
オートキングギャフXS

オートキングギャフXSは、同じく第一精工が販売しているギャフで、お手持ちのタモの柄に取り付けるタイプのものになります。

特にXSは3キロクラスの巨大イカでも難なくランディングできるパワーモデルとなっており、大物が釣れやすい時期に持っていると安心です。

安全性や使い方は上記のオートキングギャフと同じなのですが、タモの柄は自分の持っているものを使用しなければならないため、価格が5000円程になっています。

すでにタモの柄を持っている方は、こちらの購入を検討してみてもいいのではないでしょうか。

【カンジインターナショナル】
ショートギャフⅢ(400)

ショートギャフⅢは、エギなどのエギング用品を主に販売しているメーカーである、カンジインターナショナルが販売しているギャフです。

大きな特徴がカラー展開の多さで、15種類ものカラーから選ぶことができます。

カッコいいものからユニークなものまで幅広く用意されているため、自分の好みに合った一本を選べます。

もちらん性能面でも問題はなく、イカをランディングしやすくコンパクトに仕上がっています。

しかし、収納時に針の部分が露出してしまうため、持ち運びの際には特に気を付けなければなりません。

【プロマリン】
ランガンイカギャフ (300)

ランガンイカギャフは、非常にリーズナブルな釣り用品を多く販売しているプロマリンというメーカーが販売しているギャフです。

最も大きな特徴となるのが価格の安さで、タモの柄がついた状態で約4000円程で購入することができます。

かといって性能面で問題があるかと言われればそうではなく、扱いやすい優秀なギャフになっています。

安全面でもきちんと対策がされているため、エギングを始めたばかりの初心者の方に非常におすすめのギャフです。

【タカ産業】
ショートギャフCN-100 (390)

ショートギャフCN-100は、プロマリンと同じように非常に安い釣具を多く販売しているタカ産業が販売しているギャフです。

価格は4000円前後ととてもお求めしやすくなっており、初心者の方でも気兼ねなく購入できます。

また、このギャフは最大390㎝と長く伸びるため、少し足場の高いポイントで大活躍します。

大物が釣れるポイントは足場が高いことも多いため、自分が良く行く釣り場の足場が高いという方はぜひ購入を検討してみてください。

【遠里釣具】
超小継フライデーイカギャフ (300)

超小継フライデーイカギャフは、プロマリンやタカ産業と同じく、非常に低価格で釣り具を提供している、遠里釣具が販売しているギャフです。

Amazonなどで約4000円で購入することができ、エギングを始めたばかりの人でも買いやすくなっています。

性能面でも問題となるような点はなく、口コミも良い評価が多い印象です。

赤を基調としたデザインで、もっていてカッコいいギャフでもあるのでぜひ一度購入を検討してみてください。

【タカミヤ】
HBコンセプトイカギャフ2

HBコンセプトイカギャフは、釣具のポイントという釣具屋の自社ブランドであるタカミヤが販売しているギャフです。

釣具のポイントまたはAmazonなどのネットショップで購入することができ、ギャフの先の部分だけで1500円程度の値段となっています。

どのようなタモの柄でもつけることができるため、タモとギャフどちらも使いたい方にピッタリではないでしょうか。

ただし安全装置などは特にないため、持ち運びの際には気を付けてください。

【オージーケー】
スキッドギャフミニ (43)

スキッドギャフミニは、オージーケーというメーカーが販売しているギャフです。

仕舞寸法38㎝と非常にコンパクトながら4.3mも伸びることが特徴で、足場の高いポイントに行くことが多い方などにおすすめのギャフです。

また、先の部分のみが白色になっていてランディングする際に狙いを定めやすいなど、使いやすさに配慮された商品となっています。

価格も5000円前後と比較的求めやすい価格であるため、タモの柄ももっていない初心者の方や、コンパクトなギャフが欲しい方にピッタリなモデルです。

【グローリーフィッシュ】
イカノギャフⅡ

イカノギャフⅡは、コストパフォーマンスの高い釣具を販売しているメーカーであるグローリーフィッシュが販売しているギャフです。

メーカーのコンセプトの通り、非常にコストパフォーマンスに優れたギャフとなっていて、使いやすさだけでなく安全面にも配慮されています。

また、耐久性にも優れているという声が多く、長い間愛用できるギャフといえます。

一度購入したら長い間買い替えなくても良いギャフを求めている方はぜひ購入を検討してみてください。

【Sanlike】
イカギャフWindstormGaff

イカギャフWindstormGaffは、Sanlikeというメーカーが販売しているギャフです。

一般的なギャフとは大きな差はないのですが、ステンレス製の針などを使用しており、錆びにくく非常に耐久性が高いという特徴があります。

また、サイズが最大6mまで伸びるモデルもあり、沖磯などで大物のイカを掛けた時でも安定してランディングすることができます。

価格は13000円程と少し高めなのですが、その分性能に優れた最高峰のギャフです。

まとめ

以上のようにギャフにはタモとは違ったメリットが多くあり、エギングをしているのであれば1つは持っておきたいアイテムです。

しかし、ギャフは多くのメーカーがあまり販売しておらず、どのギャフが使いやすいのか迷う方が多いと思います。

今回の記事で紹介したギャフは、1500円程度の針部分のみのものから、1万円をこえるタモの柄付きのモデルまでさまざまですが、この中から自分の目的や状況に合ったギャフを選べばまず失敗することのない優秀なギャフばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

紹介アイテム一覧

エギングギャフの購入で失敗しないために、各ショッピングサイトのレビューもしっかり確認して自分にピッタリなモノを見つけましょう。

第一精工
オートキングギャフ (CS300)
第一精工
オートキングギャフXS
カンジインターナショナル
ショートギャフⅢ(400)
プロマリン
ランガンイカギャフ (300)
タカ産業
ショートギャフCN-100 (390)
遠里釣具
超小継フライデーイカギャフ (300)
タカミヤ
HBコンセプトイカギャフ2
オージーケー
スキッドギャフミニ (43)
グローリーフィッシュ
イカノギャフⅡ
Sanlike
イカギャフWindstormGaff

この記事を見たあなたにおすすめ

  1. 青物釣り大型ランディングギャフおすすめ10選!打ち方のコツも紹介!ショートタイプも!青物釣り大型ランディングギャフおすすめ10選!打ち方のコツも紹介!ショートタイプも!
  2. エギング用ロングロッドおすすめ8選!9ft・10ftの長い竿を使うメリットデメリットは?エギング用ロングロッドおすすめ8選!9ft・10ftの長い竿を使うメリットデメリットは?
  3. エギング釣りに適したヘッドライトおすすめ8選!選び方も紹介!エギング釣りに適したヘッドライトおすすめ8選!選び方も紹介!
  4. 【エギング】夜釣りに最強なエギおすすめ12選!ナイトエギングで釣れるエギは?【エギング】夜釣りに最強なエギおすすめ12選!ナイトエギングで釣れるエギは?
  5. エギングに最適なレッグバッグおすすめ10選!太ももに付ける製品を一挙紹介!エギングに最適なレッグバッグおすすめ10選!太ももに付ける製品を一挙紹介!
  6. 【エギング】偏光サングラスおすすめ12選!コスパが良い偏光グラスは?色(カラー)の選び方も紹介!【エギング】偏光サングラスおすすめ12選!コスパが良い偏光グラスは?色(カラー)の選び方も紹介!
  7. ソリッドティップのエギングロッドおすすめ8選!メリットデメリットも解説!ソリッドティップのエギングロッドおすすめ8選!メリットデメリットも解説!
  8. エギング用サルカンおすすめ8選!最適なサイズや結び方も紹介!エギング用サルカンおすすめ8選!最適なサイズや結び方も紹介!
  9. エギング用シューズおすすめ8選!テトラや磯でも使える靴はどれ?エギング用シューズおすすめ8選!テトラや磯でも使える靴はどれ?
  10. エギングに最適なライフジャケットおすすめ8選!人気なライジャケはどれ?エギングに最適なライフジャケットおすすめ8選!人気なライジャケはどれ?
  11. エギングスナップおすすめ10選!最適なサイズ(大きさ)で仕掛けを作ろう!エギングスナップおすすめ10選!最適なサイズ(大きさ)で仕掛けを作ろう!
  12. エギング用ショックリーダーおすすめ15選!太さや長さ等も解説!エギング用ショックリーダーおすすめ15選!太さや長さ等も解説!
  13. MLクラスのエギングロッドおすすめ8選!何キロまで抜き上げ可能?飛距離はどのくらい?MLクラスのエギングロッドおすすめ8選!何キロまで抜き上げ可能?飛距離はどのくらい?
  14. MHクラスのエギングロッドおすすめ8選!メリットデメリットを解説!初心者には適しているのか?MHクラスのエギングロッドおすすめ8選!メリットデメリットを解説!初心者には適しているのか?
  15. 上級者必携!ハイエンドなエギングロッド10選!玄人も唸る最高峰ロッドはどれだ?上級者必携!ハイエンドなエギングロッド10選!玄人も唸る最高峰ロッドはどれだ?
  16. 万能エギングロッドおすすめ10選!汎用性の高いイカ釣り竿はどれ?万能エギングロッドおすすめ10選!汎用性の高いイカ釣り竿はどれ?
  17. エギング用ダブルハンドルリールおすすめ8選!シングルハンドルとの違いは?エギング用ダブルハンドルリールおすすめ8選!シングルハンドルとの違いは?
  18. ライトエギングロッドおすすめ8選!特徴や選び方を解説!ライトエギングロッドおすすめ8選!特徴や選び方を解説!
  19. コスパ最強!エギングリールおすすめ13選!安いけど使える初心者向けイカ釣りリール!ベイトリールも!コスパ最強!エギングリールおすすめ13選!安いけど使える初心者向けイカ釣りリール!ベイトリールも!
  20. コスパ最強!エギング用PEラインおすすめ12選!高比重ラインも!太さや色などの選び方を解説コスパ最強!エギング用PEラインおすすめ12選!高比重ラインも!太さや色などの選び方を解説
  21. エギング用ショートロッドの特徴とおすすめ10選!6ftや7ft等の短め竿の利点とは!エギング用ショートロッドの特徴とおすすめ10選!6ftや7ft等の短め竿の利点とは!
  22. コスパ良し!ボートエギングロッドおすすめ10選!船釣りに最適の安いキャスティングロッドも!コスパ良し!ボートエギングロッドおすすめ10選!船釣りに最適の安いキャスティングロッドも!
  23. 【2022年】エギング用パックロッド20選!利便性抜群のコンパクトロッドを紹介!振り出し竿も!【2022年】エギング用パックロッド20選!利便性抜群のコンパクトロッドを紹介!振り出し竿も!
  24. 【2022年】ティップランロッドおすすめ16選!コスパ最強の安いエギング竿はどれ?【2022年】ティップランロッドおすすめ16選!コスパ最強の安いエギング竿はどれ?
  25. コスパ最強!安いエギングロッドおすすめ25選!激安・格安ロッドも紹介!コスパ最強!安いエギングロッドおすすめ25選!激安・格安ロッドも紹介!