【OSP】ドリッピーの特徴と使い方!ドリルテールを持った万能フロッグ!

2020年にOSPから新製品の「ドリッピー」が発売されました。

ドリッピーは人気ルアーメーカーの“OSP”とフロッグを専門としている“テッケル”とのコラボにより誕生しており、山岡計文プロが監修したルアーです。

ドリッピーは、ワーム感覚で使えるフロッグとして開発がされており、使用するエリアやタックルを選ぶことなく、あらゆる状況下で使うことが出来る万能フロッグです。

高いスナッグレス効果と強いアピールが必要となる夏のカバー攻略には欠かせない魅了的なルアーとなるでしょう。

そんなドリッピーについての特徴と使い方を紹介したいと思います。

ドリッピーのスペック(サイズ、重さ、フックサイズ、発売日など)

メーカーO.S.P
商品名ドリッピー
サイズ48mm
重さ約11g
カラー10色
入数2個
フックサイズリュウギ・インフィニ #3/0
発売日2020年7月上旬

ドリッピーの特徴

ドリッピーの特徴は、ドリルテールとボディーがワーム素材となっている点です。

シャッドテールに似たドリルテールにより、トゥイッチでの首振り時には、短い移動距離で大きな水押しが可能となっています。

また、ただ巻き時にも大きくテールが回転し水面を攪拌するので、バスに強いアピールを行います。

そして、ドリッピーはワーム感覚で使える設計となっているので、ボディーにはワーム素材が採用され、オフセットフックで使用するようになっています。

これにより、通常のフロッグよりフッキング率が高く、更に濃いカバーの攻略が可能となっています。

ドリッピーの使い方

ドリッピーはフロッグ型ワームなので、トゥイッチやただ巻きによる使用がメインです。

まず、ドリッピーのスナッグレス性能を信じて、出来るだけカバーの奥の奥にキャストしましょう。

着水したらトゥイッチで首を振らせ、バスのストライクゾーンでアピールさせます。

特にバスが着いていると思われる障害物がある場合は、一旦ポーズを入れることも有効です。

初のフィールドなどで、バスがいるエリアを手返しよくサーチする場合には、ただ巻きも有効です。

一定のリーリングスピードを意識して、ドリッピーのドリルテールで水面を攪拌させましょう。

みんなが使っている
便利アイテム特集

「知ってるけど使ったことがない…」
あなたにもそんなアイテムはありませんか?
もっと早く使えば良かった
後悔する前に検討してみては?

安いけど釣れる激安ビッグベイト8選!高いビッグベ…
釣り用メッセンジャーバッグの選び方とおすすめ10…
夜釣りで便利!ネックライトの選び方とおすすめ10…
フックシャープナーおすすめ12選!ルアーフックの…
コスパ最強!釣り専用の腕時計おすすめ12選!安い…
ネコリグチューブおすすめ10選!ワームの身切れを…
ロッドティップカバーおすすめ14選!必要性や使い…
フックキーパーおすすめ17選!ロッドに後付できて…
コスパ最強!安い偏光サングラスおすすめ10選!高…
サーフ用ロッドスタンドおすすめ8選!投げ釣り等で…
釣り用UVライトおすすめ12選!最強に使える強力…
おかっぱり必携!腰用ロッドホルダーおすすめ18選…
壁掛け式ロッドスタンドおすすめ8選!おしゃれでス…
釣り用の椅子おすすめ15選!コンパクトな折りたた…
釣りに最適な電熱ベストおすすめ12選!極寒にも耐…
リール式ストリンガーおすすめ5選!ゴールデンミー…
釣り用フィッシングメジャーおすすめ20選!ワイド…
もう悩まない!ワームフック収納方法まとめ!バス釣…
釣り用ヒップバッグおすすめ21選!大容量で防水機…
最強のルアーキャッチャーおすすめ16選!根掛かり…
クーラーボックスに付けるロッドホルダーおすすめ1…
これで解決!スピナベ収納ケースおすすめ11選!ス…