【O.S.P】ドライブショットの特徴と使い方!バックスライド対応でマルチに使えるフォールベイト!

2020.04.14

OSPからバックスライドフォールに特化した新作ワームが2020年4月下旬に登場します。

このドライブショットが登場するまで、バックストライドフォールを実践するために様々な工夫をされていたと思います。

ドライブスティックを逆に付けて、スローリトリーブかつ丁寧なアプローチをしなければならない等、苦労が絶えなかったと思います。

このドライブショットはドライブスティックの機能を維持しつつ、バックスライドに重心を置いて設計された新型スティックベイトです。

そんなドライブショットについての特徴や使い方をまとめて紹介したいと思います。

【OSP】ドライブショットのスペック(サイズ、重さ、発売日など)

メーカーO.S.P(オーエスピー)
製品名ドライブショット
サイズ4.5インチ
重さ不明
フックサイズオフセットフック#3/0または#4/0
発売日2020年4月下旬

ドライブショットの特徴

ドライブショットの最大の特徴はフォーリング中の動きです。

ワームがバックスライドをしながらテールをスイングさせると、まるで生きたテナガエビと見間違えてしまう程のリアリティーを演出します。

さらにトゥイッチングをする事でイレギュラーな動きをしてテナガエビの瞬発的な動きも完璧に再現しています。

喰いの悪いバスもこの動きでスイッチが入り、バイトしてきます。

さらにフォール中のテールはヒレのように動き、しっかりとバスにアピール出来ます。

ドライブスティックとの違いは?

ドライブスティックの場合ドライブショットのようにバックスライドで動かすには、フックを逆付けして使用しなければならず、逆付けが原因でカバーに引っ掛かってしまうため、テールをほぐしながら丁寧にアプローチをかけなければならず、使用する際に手間がかかる事があります。

その点、ドライブショットは手間のかかる事がなく、フォールでもトゥイッチでもどちらでも隙のない強烈なアプローチが可能です。

ドライブショットの使い方

基本的にはノーシンカーバックスライドに特化したソフトベイトなので一押しのセッティングです。

バックスライドフォール中にボディーをロールさせて8本あるフラスカートをなびかせながらバスの好奇心を刺激し、バイトを誘います。

また、順刺しで使用する事ももちろん可能です。

高速でトゥイッチする事でフラスカートがベイトフィッシュの尾ヒレのように動き、バスへ強力なアプローチが出来ます。

その他にもショットリグ等多様なセッティングでフィールドの状況次第でセレクト出来ます。

カバーにも対応出来る為、フィールド全体を攻める事で釣果アップを図れます。

カラーは10種類あるので、いくつかのカラーリングを試して各釣り場で喰いの良いカラーを見つけるのが効率的です。

ドライブショットの参考情報