ディープクランクロッドの選び方とおすすめ10選!

夏~秋の釣りのひとつにディープクランクの釣りがあります。

そのディープクランクはタックルを選ぶため、なかなか上達しにくいテクニックだと感じます。

ですが、専用のタックルをそろえるだけでここまで快適にクランキングができるのか!と感動することでしょう。

今回はディープクランクのタックルの中で一番大事なロッド選びの方法やおすすめを紹介していきます。

また、別記事ではディープクランクのタックル選びについて解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

執筆者
しんじ
  • バス釣り歴20年以上
  • JB桧原湖所属(2020年)
  • NBCチャプター等の大会参加

NBCチャプターやローカル大会にも数多く参加。2020年はJB桧原湖に所属。

ディープクランクロッドとは

一般的に7.6ft前後の中弾性カーボンもしくはグラスコンポジットの竿を選ばれる方が多いと思います。

ディープクランクは投げて巻く釣りなので、遠投が効く竿で、遠くで何が起きているかが手に取るように分かるタックル選びが大事です。

また、長時間投げる釣りなので、軽さも大事な要素です。

ただ、物質的な軽さだけではなく、タックルバランスとしての軽さが大事です。

ただ軽いだけの竿だとルアーに負けたり無理が効かない場合も多いです。

ディープクランクに適したロッドを使うメリット・デメリット

メリット

一番のメリットは長時間投げれること。

遠投して巻いて小技を利かせれる。それは専用タックルでしかできないですし、専用タックルだと安心して釣りに集中できます。

そしてルアーも含めてタックルバランスの整ったタックルなら長時間投げて巻いていても疲れ方が全然違います。それこそ一日中投げ続けることもできるほど。

デメリット

デメリットはそれ以外の釣りで使いにくいこと。

バイブレーションの釣りやスイムジグの釣りも似たような釣り方なので、使えなくはないですが、前者であれば出来ればハイギアのリールの方が良いし、後者であれば張りのある竿が好ましいでしょう。

ワンタックル・ワンルアーとなってしまうことが最大のデメリットだと考えます。

ディープクランクロッドの選び方

一番重要なのは長さとバランスです。そしてシチュエーションと使い方(マテリアル)。

琵琶湖のウィードフラットの釣りならば8ft近いロングロッドで投げて巻きたいですが、関東のリザーバーなどのレンタルボートだと7ft前後の竿でやりたいのが正直なところ。

そしてもう一つ大事なのはリールとの重量バランス。

手に持った感じで、バランスの中心が手元に来るようなバランスにしておかないと、巻きが安定しないために巻いている時に手元が狂い、クランクが真っすぐに泳がないし、バイトなのかウィードに引っ掛かったのか判断できなくなります。

どんなときも軽い竿がベストではない、と言うことです。

低~中弾性カーボンロッドの場合

こっちから仕掛けていく時に選びたいブランクス。

グラスロッドより感度が良く、張りがあるので、小技が仕掛けやすいです。

ウィードの面を引いていてウィードにかかった時にほぐして外したり、竿をあおって飛ばしてリアクションを誘うにはこの手のカーボンロッドが適しています。

フルグラスロッドの場合

カーボンロッドに対してグラスロッドはそのしなりを活かしてバイトを弾かず絡み取ることができます。

ウィードにタッチさせずにひたすら巻いていく時はグラスロッド。

ひたすら投げて一定の速度で巻いてくる。そんな釣りが適しているときはフルグラスの竿の出番です。

ただし、重量があるため、長時間投げるにはリールとのバランスが大事です。

購入前には実際に自分のリールを付けてみることをオススメします。

グラスコンポジットロッドの場合

上記2つの良いところ取りなのがグラスコンポジット。

グラスロッドのしなやかさとカーボンロッドの反発性、そして軽さを融合しているため、現状ではベストなブランクスではないかと思います。

ただし、継ぎ目が明確な竿もあるので、使っていて気持ち悪いなと感じる竿があるのも事実。

そのあたりは経験で判断するか、使ってみないと何とも言えないと感じます。

そしてこのブランクスのメリットはディープクランク以外にも使えるという点。なぜなら、現状のラインナップでは7.6ft以上の竿がない(多くは6.8ft~7.3ftという印象)ため、リールやラインを変えれば別の釣りにも使いやすいのもメリットです。

琵琶湖などの自然湖の場合

先述しましたが、琵琶湖などの自然湖でディープクランクを巻く場合、多くがウィードフラットで遠投しての釣りになると思います。

そのため、とにかく遠投できるタックルバランスを優先することが多いです。

また、バスボートでの釣りが多くなるため、個人的にはグラスの竿とカーボンの竿で2タックル用意して臨機応変に対応できるようにしたいところ。

特に最近の琵琶湖のバスもセレクティブになっているため、アクションや竿を変えると連発!なんてこともしばしばあります。積めるだけ積みたいですね。

リザーバーなどのレンタルボートスタイルの場合

琵琶湖などの自然湖に対してレンタルボートだと積めるスペースが限られていたり、岸と近いところで釣るため、長さに制限がある(長すぎると使いにくい)場合も多くあります。

逆に言うと、グラスロッドまでしなやかな竿を使わずとも、ボートを流すことでバイトを弾かずに吸い込またりできます。

また、岸から近いことを利用して敢えて張りのある竿でリアクションを誘発しやすいのもメリットのひとつ。

そのため、6.8ft~7.0ft前後のグラスコンポジット、もしくは低~中弾性のカーボンの竿が扱いやすいと感じます。

ディープクランクロッドおすすめ10選

【ノリーズ】ロードランナー ヴォイス ハードベイトスペシャル(HB760M)

言わずと知れたショットオーバー5の名竿。ウィードに当ててほぐして浮かせる。

これができるのは、適度な張りとしなやかさを融合している絶妙なバランスを持つこの竿だからこそです。

そしてノリが良いにも関わらず合わせの時にバットで止まってくれるので、スイミングジグなど巻き続ける釣りでも使える万能な竿。

ちなみに、レンタルボートで長さが不便に感じる場合はHB680Mが使いやすいです。

ノリーズ
ロードランナー ヴォイス ハードベイトスペシャル HB760M

【レジットデザイン】ワイルドサイド(WSC G70MH)

最近では珍しいフルグラスの竿です。

正直、カーボンの竿より重たいですが、ノリの良さはやはり特筆もの。

広大なグラスエリアでウィードに当てずに巻き続けるならこの竿を選びます。

春先のミドルレンジのクランキングやアフターのマグナムクランクにもベストマッチで、クランキングには欠かせないアイテムのひとつ。

レジットデザイン
ワイルドサイド WSC G70MH

【シマノ】バンタム(173MH-G)

よく曲がってトルクのあるバンタムシリーズのグラスコンポジットの竿。

バンタムのカーボンシリーズを使っている方は曲がりのイメージがつきやすいと思います。

巻き物好きな伊豫部プロが監修しているので、もちろんディープクランクにベストマッチな竿に仕上がっています。

若干短めのレングスなので、バスボート・レンタルボート問わず使えますし、小技も効かせやすいです。

また、バットが硬めなのでスイムジグやチャターにも使える万能竿。まず1本持つならこの竿です。

【デプス】サイドワインダー(HGC-77XR)

スイムジグや2oz前後のビッグベイトに使う方が多い印象ですが、ディープクランクにもベストマッチな竿です。

低~中弾性カーボンを主体にしているためノリも良く、長さもあるのでクランクの飛距離が出せる1本です。

次に紹介するエムブロ―と合わせてもっておきたいアイテム。

デプス
サイドワインダー HGC-77XR

【デプス】サイドワインダー(HGC-76HG)

サイドワインダーシリーズのグラスモデル、エムブロ―はディープクランク専用竿。

先ほどのボアコンがウィードをほぐしたり跳ねさせたりするのに使うなら、エムブロ―は巻き通してバイトを得る際に使いたい1本。

太めのコルクグリップなので感度が良いのはもちろん、自分の手の形に合わせて削ってあげると、自分の手の形でがっちりと固定して持てるので一日中投げても疲れ知らずです。

デプス
サイドワインダー HGC-76HG

【デプス】サイドワインダー(HGC-962HR/GP)

10XDをブッ飛ばして8m以深の漁礁のトップを攻めたい。ぜひそんな時に使ってほしい1本。

ごく狭い用途なので買うのに勇気が要りますが、それほど琵琶湖では必須のテクニックです。

去年の晩秋、その威力をまじまじと見せつけられた私。正直、出番は少ないですが買ってしまいました。

この釣りはまだ修行中ですが、これでないとできない釣りだなと思うので、釣りの幅が広がった感じがします。

デプス
サイドワインダー HGC-962HR GP

【ダイワ】ブラックレーベルLG(LG 741MHRB)

実釣性能の高いブラックレーベルの中でも中弾性カーボン特化モデルのLGシリーズ。

X45を全身にまとったブランクスはネジリに強く、まさに質実剛健。

手に持った時に若干バット付近が重たく感じますが、その分パワーはあるし、リールとのバランスで解決できるレベル。

フッキングに力の要るルアーにも使えるので、フィールドを選ばず持っていきたい竿のひとつ。

ダイワ
ブラックレーベルLG LG 741MHRB

【ダイワ】リベリオン(731MHFB-G)

リベリオンシリーズの武器はなんといってもその軽さ。

X45で補強してあるにも関わらず、シャープで軽い。これまで軽いロッドにあった不安感は全くありません。

グラスコンポジット特有の程よい強さはディープクランクだけでなく、デカ羽根、チャターやスピナべなどのシングルフックの巻き物にもベストマッチするので、おかっぱりでも重宝すること間違いなし。

【アブガルシア】ファンタジスタ X-GLAIVE(FNC-76MH+)

琵琶湖で生まれたファンタジスタ、それがX-GLAIVEです。

初めて持った時はその軽さからくるバランスの良さが、本当に7.6ftあるの?と疑ったほど。

そしてその曲がりやトルク感も優秀なのに、この価格。竿としての完成度の高さに驚きました。

ブランクス自体は10tという超低弾性カーボンの竿なので、バイトを弾かない素直な竿に仕上がっています。

アブガルシア独自のブランクスのせいか、超低弾性の竿にも関わらず、適度な張りと感度もあるので、自信をもってオススメできる竿です。

アブガルシア
ファンタジスタ X-GLAIVE FNC-76MH+

【シマノ】ゾディアス(170M-G)

こちらはコスパNo.1なグラスコンポジットロッドです。

この値段でも十分な性能。スペック上は1/4oz~とありますが、実際には3/8ozからが使いやすいウェイトで、ゆっくり投げれば1.5ozぐらいのルアーまでは対応可能だと感じます。

7.0ftというレングスなので、ボートの種類を選ばないのもポイントです。

ただ、若干バットが弱く、抵抗の大きなクランクだと竿が負けてしまうので、使える幅は狭いです。

まとめ

ディープクランク専用ロッドは各社から数多くの竿がラインナップされていることが分かります。

それだけ、専用ロッドの必要性があるルアーだということです。

この秋に向けてぜひタックルを揃えてビッグバスをゲットしてください。

みんなが使っている
便利アイテム特集

「知ってるけど使ったことがない…」
あなたにもそんなアイテムはありませんか?
もっと早く使えば良かった
後悔する前に検討してみては?

もう悩まない!ワームフック収納方法まとめ!バス釣…
安いけど釣れる激安ビッグベイト8選!高いビッグベ…
釣り用ヒップバッグおすすめ21選!大容量で防水機…
最強のルアーキャッチャーおすすめ16選!根掛かり…
ラインリムーバーおすすめ8選!高速で釣り糸を回収…
フローティングベスト装着ライトおすすめ8選!取り…
ネコリグチューブおすすめ10選!ワームの身切れを…
リーダーポーチおすすめ12選!便利なショックリー…
釣り用ピンオンリールおすすめ12選!ガラビナ付き…
壁掛け式ロッドスタンドおすすめ8選!おしゃれでス…
釣り用の椅子おすすめ15選!コンパクトな折りたた…
リールスタンドおすすめ10選!ダサいからいらない…
ラインストッパーおすすめ10選!ベイトリールでも…
ロッドソックスおすすめ10選!スピニング、2ピー…
釣り用メッセンジャーバッグの選び方とおすすめ10…
これで解決!スピナベ収納ケースおすすめ11選!ス…
PEラインのコーティングスプレーおすすめ8選!や…
釣り用フィンガープロテクターおすすめ8選!キャス…
クーラーボックスに付けるロッドホルダーおすすめ1…
ランディングネット用ケースおすすめ10選!収納カ…
コスパ最強!釣り専用の腕時計おすすめ12選!安い…
【2021年版】釣り用ポーチおすすめ21選!人気…
ロッドティップカバーおすすめ14選!必要性や使い…
リールカバーおすすめ10選!竿につけたままにでき…
ロッドホルダー付きタックルボックスおすすめ8選!…
釣り用UVライトおすすめ12選!最強に使える強力…
リール式ストリンガーおすすめ5選!ゴールデンミー…
おかっぱり必携!腰用ロッドホルダーおすすめ18選…
最強の釣り用虫除けおすすめ6選!夏の蚊除け対策を…
釣り用フィッシングメジャーおすすめ20選!ワイド…
釣り人必携!糸くず入れおすすめ10選!釣り糸のゴ…
フックシャープナーおすすめ12選!ルアーフックの…
夜釣りで便利!ネックライトの選び方とおすすめ10…
カールロッドホルダーおすすめ7選!車のヘッドレス…
腰巻ライフジャケットおすすめ10選!釣り用の安い…
ガルプ保存ケースおすすめ8選!臭い匂い付きワーム…
コスパ最強!安い偏光サングラスおすすめ10選!高…
これは便利!ロッドベルトおすすめ10選!正しい使…
サーフ用ロッドスタンドおすすめ8選!投げ釣り等で…
リールラックおすすめ12選!リール収納棚やベイト…
フックキーパーおすすめ17選!ロッドに後付できて…