コスパ最高!安いバスロッドおすすめ10選(スピニング編)激安だけど使えるロッドはこれ!

2020.07.17

まだまだ衰えることがない、バス釣りブーム。皆さんの周りでもバス釣りを趣味として行っている方や、これからバス釣りを始めて見ようと思っている方は多いのではないでしょうか。

バス釣りのプロや長年バス釣りを行っている方を見ると、多くの道具を持っているため、お金のかかる趣味に思われてしまいますが、バス釣りのロッドには低価格でコストパフォーマンスの高い種類が多くあります

そんな友達や上司との付き合いでバス釣りを始める方や、学生でお金がない方でも十分に楽しむことが可能な、高コストパフォーマンスな安いスピニングのバスロッドをご紹介します。

安いバスロッドだとバスは釣れない?

バス釣りのロッドの価格は、高い物で一本10万円程度する物も存在します。

確かに、高いロッドの性能が良いことは間違いありませんが、価格が高いロッドを使用しなくてもバスを釣る事は十分に可能であることも、間違いでありません。

一般的に高いロッドというのは各メーカーの最新技術が使われることで、軽量且つ、感度が高く作られております。

しかし、現在のバスロッドのベース技術も年々進化しており、格安のロッドでも十分に軽量で感度よく作られているのです。

特にリールと比べ、ロッドの良し悪しと言うのは長年使って分かる物とも言われていますので、先ず、コストパフォーマンスの高いロッドから導入して経験を積むのもよいでしょう。

はじめの1本はライトパワー(L)のロッドを選ぼう!その理由とは?

バス釣りには同じロッドに見えても、異なるパワーを持ったロッドが複数あります。

これはバス釣りのルアーが多種多様にあり、異なる重量のルアーを使いこなすためにあるといっても良いでしょう。

そんな中数あるロッドの中でも、最も汎用性が高いのがライトパワーのロッドです。

グリグリと巻いて使う軽量ルアーから、ワームを使った釣りまで幅広く1本のロッドで使いこなすことが出来ます。

これからバス釣りを始めるにあたり、先ず一本目のロッドを購入する際にはライトパワーのロッドを選べば間違いがないでしょう。

安いバスロッドおすすめ10選(スピニングロッド)

【シマノ】バスワンXT 266L-2

シマノの入門者用ロッドのバスワンXTです。

入門用ロッドでありながら、これまでシマノが培ってきた各バスロッドの技術が随所に導入されているシリーズです。

266L-2は収納時に、ロッド2本へ分割できるモデルなので、バス釣りをしない時はコンパクトに収納することが可能です。

また、2本繋げた時の長さはあらゆるフィールドで一般的に使える長さとなりますので、小規模な野池から琵琶湖などの日本のあらゆるフィールドで万能に使える一本です。

シマノ
バスワンXT 266L-2

【ダイワ】バスX 662LS

ダイワから出されている高コスパロッドがバスXシリーズです。

入門者用ロッドでありながら、グリップ周りにはコルクとEVAの両方が使われているオシャレな2トーンカラーが採用されています。

また、上級者用のロッドにも採用されている、手に持つ部分以外の余分なグリップ部分が削ってある“セパレートグリップ”が採用されているので、軽量化も突き詰めてあるロッドです。

オシャレにバス釣りを楽しみたい方におすすめしたいロッドです。

【メジャークラフト】ファーストキャストバス FCS-662L

ロッドメーカー専門であるメジャークラフトから出されているコスパロッドが、ファーストキャストバスです。

子供から大人まで誰でも気軽にルアーフィッシングが楽しめるロッドをコンセプトとして開発がされています。

ロッドの材質にも癖がないマテリアルが選ばれており、誰でも扱いやすいスムーズな曲がりを持ったロッドとなっています。

1万円を下回るロッドですが、ベテランアングラーでもその使用感に納得できる一本となっています。

メジャークラフト
ファーストキャストバス FCS-662L

【メジャークラフト】バスパラ BXS-662L

これから本気でバス釣りを楽しみたい方におすすめしたいのが、バスパラシリーズです。

高コストパフォーマンスロッドとして、これまでにも多くの釣り人から支持されてきたシリーズで、登場してから約10年のロングスタンダードです。

2019年にバスパラはフルモデルチェンジされており、最新技術を搭載することで使い心地が更にアップしています。

モンスターバスとも十分に渡り合うことが出来る能力を秘めており、抜群の対応力を持っているロッドとなっています。

メジャークラフト
バスパラ BXS-662L

【メジャークラフト】ベンケイ BIS-672L

メジャーフィールドでは、常に多くの釣り人がフィールドを訪れることで賢いバスが多くなってきています。

そんなフィールドへ対応できる力を持つために開発されたのがベンケイシリーズです。

BIS-672Lは一般的な長さよりも若干長めに作られており、ロッドの長さを活かした飛距離のあるキャストを行うことができます。

琵琶湖などのビックレイクをメインとして釣りを行う方へは特におすすめしたい入門者用のロッドです。

メジャークラフト
ベンケイ BIS-672L

【アブガルシア】バスフィールド BSFS-632L

アブガルシアから出されている入門者用のロッドがバスフィールドです。手軽に使えて尚且つ、長い間使い続けるロッドとして作られています。

そんなバスフィールドシリーズの中で最も汎用性が高い一本がBSFS-632Lです。

ロッドが長すぎないので、釣り場での取り回しが良いのが特徴です。

また、ロッドの先端とても柔らかく作られているので、バスのバイトした時に竿先の食い込みが良く、繊細な釣りもこなすことが出来る一本となっています。

特にプレッシャーの高いフィールドや小規模な野池をメインで釣りを行う方におすすめしたい一本となっています。

アブガルシア
バスフィールド BSFS-632L

【アブガルシア】ホーネットスティンガー プラス HSPS-642L

ベテランアングラーから初心者まで幅広く支持されているのが、ホーネットスティンガー プラスシリーズです。

低価格でありながら、高級ロッドに迫る軽さと強さを持ったロッドに仕上がっています。

HSPS-642Lは岸釣りのみでなく、ボートから釣りを行うには丁度良い長さとなっていますので、ボートと岸釣りの両方を楽しみたい方に特におすすめしたいモデルです。

アブガルシア
ホーネットスティンガー プラス HSPS-642L

【ゴチュール】Xceed 1.98m

ゴチュールから出されているXceedシリーズは、特にバス釣り以外にも釣りを楽しみたい方におすすめしたいロッドです。

他のロッドと異なりバス釣り専用のロッドではないので、エギングやシーバスなどの海釣りにも使用することが可能です。

ロッドは4本に分かれるので非常にコンパクトに収納と保管が出来るのも嬉しいポイントです。

バス釣りはもちろん、釣り具をコンパクトにまとめて、あらゆるフィールドで釣りを楽しみたい方には最適なロッドと言えるでしょう。

ゴチュール
Xceed 1.98m

【シマノ】ゾディアス 264L-2

入門者用のロッドより、更に高性能なロッドであれば、シマノのゾディアスは必ず選択肢として出てくる一品でしょう。

シマノの中でも高コストパフォーマンスロッドであり、ベテランの釣り師からも、その性能の高さと使い易さから高評価が得られているロッドです。

登場してから安定した人気を持っていたゾディアスですが、2020年にはフルモデルチェンジを行っており、今まで以上に軽くて扱いやすくなっています。

最新のシマノの技術が搭載されていることで注目のロッドです。

シマノ
ゾディアス 264L-2

【ダイワ】ブレイゾン 662LS

実力派の釣り人から支持されているダイワのロッドがブレイゾンです。

ダイワの先進技術が詰め込まれており、ビックバスに負けない粘りの強いロッドに仕上がっています。

バス釣りに慣れてきて、より大きな魚を狙うようになってきた時にはそのロッドの粘り強さを感じることが出来、安心して魚の引きを楽しむことが出来るはずです。

1万円を上回る価格帯となっていますが、更に釣りのレベルを押し上げてくれる現場主義のロッドとなっています。

ダイワ
ブレイゾン 662LS

まとめ

最高のコストパフォーマンスを持っている安いバスロットのご紹介をしましたが、いかがでしたか。

バスロッドの技術も日々進化しており、安いバスロッドであっても十分にバス釣りを楽しむ性能を持っています

それぞれのロッドの特徴を理解し、お気に入りの一本を選ぶことからバス釣りの楽しみは始まります。

自分で選んだお気に入りのロッドと一緒に気軽にフィールドへ、出てバス釣りを楽しんでみてください。