【ボトムアップ】ブルスホッグの特徴と使い方!アームが左右に動くNEWアクションに注目!

出典:https://bottomup.info/column/

ボトムアップから2020年の新作「ブルスホッグ」というホッグ系ワームが登場しました。

形状的な斬新さはあまり感じませんが、汎用性が高く、扱いやすいようにとことん作り込まれている印象です。

ボトムアップにはハリーシュリンプというエビ系のワームが存在していますが、ハリーシュリンプは繊細なフィネス寄りのアクションです。

それと対照的でブルスホッグは太いパドルで水を強く押すハイアピール系、バスに気付かせて寄せて食わす力も期待できそうです。

ボトムアップ
ブルスホッグ

ブルスホッグのスペック(サイズ、重さ、発売日、フックサイズ)

メーカーボトムアップ
製品名ブルスホッグ
サイズ3インチ
重さ不明
フックサイズ#1/0
発売日4月上旬頃

ブルスホッグの使い方

ブルスホッグはパドルのキビキビしたアクションが魅力なので、その魅力を引き出しやすいテキサスリグやリーダーレスダウンショット、ジグのトレーラーなどが適しています。

テキサスリグ

テキサスリグは対応できる状況に幅があるので、一番ベターな使い方と言えるでしょう。

テキサスリグの特性であるすり抜け性能の高さを生かしたカバー打ちはもちろん、サーチとしてのスイミング、ボトムパンプで寄せて食わすなど、幅広いシチュエーションで活躍できます。

リーダーレスダウンショット

リーダーレスダウンショットはジカリグやゼロダンなどとも呼ばれていて、スプリットリングにフックとスティック型のダウンショットシンカーを取り付けたリグです。

テキサスリグよりもすり抜け性能が高まるので、カバー打ちに特化したリグと言えるでしょう。

ジグのトレーラー

ラバージグやスイムジグのトレーラーとしてもブルスホッグは活躍します。

ラバージグであればズル引きやボトムバンプ、スイムジグであれば中層スイミングなどで誘うと効果的でしょう。