コスパ最高!ビッグベイトロッドおすすめ25選!安い竿でも性能十分!1万円以下の激安な竿も!

バス釣りの中でも特に迫力があり、エキサイティングな釣り方にビックベイトの釣りがあります。

ビックベイトの釣りが登場した頃とは異なり、今では一つの釣り方として深く浸透しているので、各ロッドメーカーのラインナップを見てもビックベイトが使えるロッドの選択肢が広がっています。

今回は、そんなビックベイトを使いこなすことが出来る、比較的に安い高コスパのビックベイトロッドを紹介したいと思います。

価格帯は1万円を下回る激安ロッドからミドルクラスを中心に選んでいるので、中上級者はもちろん、これからビッグベイトデビューをする方にも最適なロッドが見つかるはずです。

目次

ビッグベイトロッドの特徴

ウェイトのあるビッグベイトですので、ロッドパワーがあることが大前提になってきます。

おかっぱりなどで使用するML~MHなどのバーサタイルなロッドではなく、ビッグベイトは元より、テキサスリグ、フロッグで扱うようなストロングスタイルな釣りになってきます。

一口にビッグベイトロッドといってもルアー重量の対応範囲が異なるので、扱うルアーに合ったロッドを選ぶことが重要です。

ビッグベイトロッドの選び方

ビッグベイト用ロッドの選び方は、以下の6つを中心に検討しましょう。

ビッグベイトの重さは1oz以上のルアーとなりますので、バーサタイルロッドと比べる製品数自体が少ないのが現状です。

ただし、これからご紹介するビッグベイトロッドの選び方さえ押さえておけば、必ずしも新たにビッグベイト専用として購入する必要がないかもしれません。

特におかっぱりがメインの方はロッドの本数も限られてきますので、手持ちのロッドの中から条件に合う竿を流用できないかを考えてみてもいいでしょう。

ロッドの種類

ビッグベイトを投げる際に使うロッドタイプはベイトロッドが一般的です。

一部のロッドブランドではHクラスのスピニングロッドを出しているので、どうしてもベイトタックルが合わない人はスピニングを使う手もありますが、あまりおすすめはできません。

ロッドの長さ

ウェイトをしっかりとロッドに乗せるためにも、長さは7~8ft台のものを選びましょう。

この長さであればビッグベイトのアクションも出しやすく、コントロールしやすい長さとなります。

扱いやすさや飛距離よりも操作性を重視したいのであれば、ビッグベイト対応した6ft台のショートロッドも選択肢に入ります。

ロッドの硬さ

ビッグベイトをキャストする上でも重要なのがロッドの硬さです。

各メーカー表記の仕方が多少違いますがH以上の硬さを選ぶようにしましょう。

扱うビッグベイトのウェイトに応じてXH(エクストラヘビー)以上の硬さが必要になってきます。

ロッドの継数(ピース数

ビッグベイトロッドの継数でラインナップの数が多いのは1ピースです。

2ピースのビッグベイトロッドもありますが、1ピースに比べると選べる選択肢は少なくなるのが実情です。

また、自転車やバイク等の移動手段に制限がある人や旅行先で釣りをしたい人にはビッグベイト対応のパックロッドという選択肢もあります。

適合ルアーウェイト

ロッドの硬さと同時に扱えるルアーウェイトも重要なポイントになってきます。

バス釣りのビッグベイトとして定番のジョインテッドクロー178やタイニークラッシュといった人気ルアーを使いたいのであれば、3ozまで対応しているロッドであれば人気があるルアーは大体カバーできます。

ビッグベイト未経験者であればMHクラスのバスロッドで投げれる小さめの小型ビッグベイトで雰囲気を体験してから本格的なビッグベイトにチャレンジするのもアリです。

サイズがワンランクアップしたジョイクロマグナムやギガンタレルだと、4oz以上に対応するビッグベイトロッドが必要で、本格派のビッグベイターであれば10オンス近いルアーも扱います。

あるバスプロに聞いた話では、対応重量の2倍までなら丁寧にキャストすれば十分扱えると言っていましたが、投げやすさや折れない安心感を得るなら対応重量は守ったほうが無難です。

基本的にはビッグベイトの重さに合わせてロッドを選ぶ必要があるので、まずは使いたいルアーの重さを確認し、そのルアーが問題なく投げれるロッドを選びましょう。

ロッドの価格

ビッグベイトロッドは中上級者向けに作られていることが多いため、安いロッドは限られているのが現状です。

中には初心者や入門に適した1万円以下のロッドもありますが、予算としては2~3万円を用意した方が製品選びの幅が広がります。

ビッグベイト未経験者や使用頻度が低い人は安いロッドでもアリですが、それなりに使っていきたい人は2万円以上の機能性に優れたロッドを選ぶことをおすすめします。

人気なビッグベイトロッドおすすめ25選

ここからは実際に使ってみて「良かった!」と思えるロッドを厳選して25本ご紹介していきたいと思います。

メーカー、使用感などなど、個々に好みがあるかと思いますので参考にしていただければ幸いです

【ダイワ】リベリオン (691HFB-SB)

リベリオンの691HFB-SBは操作性、キャストアキュラシー、バットパワーに定評のあるビッグベイトに最適なロッドとなります。

ファーストテーパーのこのロッドは繊細なティップ繊細さが特徴的で、バイトを弾くことなくしっかりとデカバスのフッキングすることができます。

重量級のルアーでも負けないブランクス、バットパワー、オールステンレスフレームSiCガイド搭載で自由自在にビッグベイトやスイムベイトを操ることができます。

特に操作性はおかっぱりでもボートフィッシングでも扱いやすいショートレングス設計ですので、ビッグベイト専用ロッドにありがちな取り回しの悪さを解消しました。

全長 2.06m
継数 1ピース
仕舞寸法 206cm
自重 115g
先径/元径 1.8/14.8cm
ルアーウェイト 11~113g
適合ライン 14~30lb

【シマノ】ゾディアス (175XH)

豊富なラインナップと高いコスパ(コストパフォーマンス)に定評のあるゾディアスからも、ビッグベイトを扱うことができるモデルが発売されています。

ゾディアス 175XHはビッグベイトだけでなくラバージグなどのジグ打ちにも最適で、ただ固いだけのロッドではありません。

感度、キャストフィールも申し分ない仕上がりとなっていますので、ビッグベイト専用ロッドを初めて買う方などにおすすめしたい1本です。

【シマノ】エクスプライド (1710H+-SB)

エクスプライド 1710H+-SBは、ビッグベイトはもちろんのこと、ディープクランクなど巻き抵抗のある釣りに適したロッドです。

ストロングなロッドにありがちな先重りのある感じはなく、軽い使い心地でバランスのとれた仕上がりになっています。

価格帯は中堅クラスでありながらも妥協を見せない作りはシマノらしさが伺えます。

全長 2.39m
継数 2ピース
仕舞寸法 201.3cm
自重 150g
ルアーウェイト 14~84g
適合ライン 12~25lb

【メジャークラフト】ベンケイ (BIC-702X)

「ビッグベイトを使ってみたいな」とお考えの方にベンケイ BIC-702Xがおすすめです。

ベンケイシリーズはコスパ(コストパフォーマンス)にとても優れていますので、「たまにしかビッグベイトを使わない」といった方もきっと満足のいく使い心地だと思います。

デカバスに対応するためのブランクス、ガイドセッティングは、安かろう悪かろうを払拭するメジャークラフトのこだわりを感じます。

全長 7.0ft
継数 2ピース
ルアーウェイト 3/8~3oz
適合ライン 14~30lb
アクション レギュラーファースト

【メジャークラフト】バスパラ  (BXC-702X)

ベンケイシリーズよりもさらにリーズナブルな価格帯である、バスパラからもビッグベイトに対応可能なロッドが発売されています。

アンダー1万円とは思えないような満足のいく仕上がりで、ヘビーカバーでのパンチングも想定したパワーモデルです。

ビッグベイト初心者だけでなく、バス釣り初心者の方も入門編としておすすめしたい1本です。

全長 7.0ft
継数 2ピース
ルアーウェイト 3/8~3oz
適合ライン 14~30lb
アクション レギュラー

【シマノ】ポイズンアドレナ (174XH-SB)

ポイズンアドレナはシマノとジャッカルがコラボした中でも、価格帯を抑えているシリーズとなります。

このポイズンアドレナ174XH-SBはMAXウェイトが4.2oz(120g)となっていますので、普段目にするようなビッグベイトは大抵投げることができます。

搭載されているカーボンモノコックグリップがロッドの感度を向上させ、意のままにビッグベイトを操作できるよう設計されています。

軽さを重視した操作性重視のロッドが欲しい方におすすめです。

【シマノ】ポイズングロリアス (174XH-SB)

先ほどのポイズンアドレの上位機種にあたるのがポイズングロリアスシリーズとなります。

ポイズンアドレナ174XH-SBと同じく、174XH-SBという表記になっていますが、MAXウェイトが5oz(142g)と重めのビッグベイトの使用が可能になっています。

主としてビッグベイトの使用を目的としているならば最適な1本となります。

従来のモデルより軽量化が進んでいる点も見逃せません。

【エバーグリーン】フェイズ PCSC-74X ブラックアクテオン

フェイズ PCSC-74X ブラックアクテオンは、ビッグベイトでデカバスを捕るためのロッドと言っても過言ではない仕上がりになっています。

ビッグベイトをキャスト、操作するためのパワーと柔軟性を兼ね備えています

操作性に優れているのでキャストコントロール、アクション性能は抜群です。

④オンス(113g)くらいまでのビッグベイトの使用を考えている方に使っていただきたいロッドとなります。

全長 2.23m
継数 2ピース
自重 168g
ルアーウェイト 14~112g
適合ライン 14~30lb

【ガンクラフト】Killers-00 DEAD SWORD (KG-00 6-710EXH)

S字系ビッグベイトの元祖ともいえるジョインテッドクローを手掛けるガンクラフトのロッドですので、ビッグベイトの使用に特化したモデルとなります。

ジョインテッドクローのS字アクションを最大限に引き出すことができるロッドで、操作性能はもちろん、デカバスの上アゴにしっかりとフッキングすることができるパワーも存分に持ち合わせています。

ブラックを基調としたデザインもスタイリッシュでクールな1本となっています。

全長 7.1ft
継数 1ピース
自重 198g
ルアーウェイト 1~3oz
適合ライン 16~30lb

【シマノ】ポイズングロリアス (176XXH-SB)

先ほどご紹介したポイズングロリアス 174XH-SBより、さらに強靭なモデルとなるのがポイズングロリアス176XXH-SBです。

MAXウェイトが驚異の10oz(300g)となっていますので、ジョインテッドクローのマグナムや尺ワンがキャスト可能になります。

ジョインテッドクロー178やダウズスイマーが難なくフルキャストできてしまうロッドパワーは、まさに最強のビッグベイト専用ロッドと言えるでしょう。

ハードなビッグベイトフリークの方は是非使ってみていただきたいと思います。

【ダイワ】ブラックレーベル (7112XHRB)

ブラックレーベルシリーズの中でも、タフでパワーのあるブラックレーベル7112XHRBがビッグベイト用としてベストマッチです。

④オンス(113g)まで扱うことができますので、スタンダードなビッグベイトはある程度使えてしまいます。

ロッドの特徴としては高密度HVFカーボンやダブルフットSiCガイドを採用していますので、50UPのデカバスでも安心してやり取りができます。

スペック的には80cmクラスのライギョ、シーバスでも負けない剛性があります。

【シマノ】バスワンXT (1610H-2)

シマノのバス釣りエントリーモデル用のロッドがバスワンXTシリーズです。

約1万円で購入できる価格帯で展開されており、これからバス釣りを始める方はもちろん、ビックベイトゲームを始めたいと思っている方にも是非お勧めしたいロッドです。

低価格ロッドですが、それぞれの釣りに対して細かくラインナップが展開されおり、1610H-2は12g~35gまでが適正ルアーウェイトで軽量級のビックベイトやフロッグゲームをこなすことに向いているロッドです。

6.10ftでボートとオカッパリの両方で汎用性の高いレングスとなっています。

全長 2.08m
継数 2ピース
仕舞寸法 107.7cm
自重 122g
ルアーウェイト 12~35g
適合ライン 12~24lb

【シマノ】スコーピオン (1704R2)

フリースタイルのルアーフィッシング用ロッドとして人気が高いのがスコーピオンシリーズです。

スコーピオンシリーズはワン&ハーフの構造が取られており、異なる弾性率のカーボンが各所で使い分けられています。

1704R2は80gまでを最適なウェイトとしているロッドで、癖のないレギュラーテーパーが採用されています。

また、他のロッドより大口径のガイドが取り付けされているので、ビックベイト用の太いラインでもロングキャストが可能としており、ロッド操作でのトゥイッチも可能としています。

特に使用したいルアーレンジが広い方には最適なロッドとなるはずです。

全長 2.13m
継数 2ピース
仕舞寸法 130cm
自重 152g
ルアーウェイト 15~80g
適合ライン 16~40lb

【シマノ】エクスプライド (176H-SB)

エクスプライドシリーズの中でビックベイトとスイムベイトの釣りに適しているロッドに176H-SBがあります。

7.6ftのロングレングスロッドですが、レギュラーファーストテーパーなので使用しやすくなっており、ロングディスタンスやディープレンジの釣りにおいても高感度を活かして積極的にバスのバイトや障害物の変化を感じ取ることができるようになっています。

非常にパワーあふれるロッドとなっているので、ディープレンジのデカバスを狙いたい方には特におすすめなロッドです。

全長 2.29m
継数 2ピース
仕舞寸法 195.3cm
自重 130g
ルアーウェイト 14~56g
適合ライン 12~25lb

【シマノ】ポイズンアドレナ (174H-LM)

しなやかなビックベイトロッドであれば、ポイズンアドレナの174H-LMを選択肢の一つとして考えてみると良いでしょう。

174H-LMは低弾性のカーボンが使われているビックベイトロッドとなっており、巻き抵抗が強いビックベイトクランキングなどにも幅広く対応することが出来る様になっています。

低弾性のしなやかさを活かして、ビックベイトの動きを最大限引き上げ、数少ないビックバスのバイトを絡めとることが出来るロッドとなっています。

全長 2.24m
継数 2ピース
仕舞寸法 190.2cm
自重 130g
ルアーウェイト 10~56g
適合ライン MAX5号
シマノ
ポイズンアドレナ 174H-LM

【ダイワ】バスX (752XHB)

ダイワのバス釣りエントリーモデルが、バスXシリーズです。

752XHBはエントリーモデルとしては珍しくXHパワーのロッドとなっており、難攻不落のカバーをテキサスリグやパンチングなどを使用した攻略や、2ozクラスのビックベイトをフルキャストして、ロングディスタンスアプローチを仕掛けることも可能となっているロッドです。

また、バスXシリーズは2ピースロッドなので、持ち運びにも優れており、オカッパリや新しいフィールドへの挑戦時には欠かすことの出来ない1本となるはずです。

全長 2.26m
継数 2ピース
仕舞寸法 117cm
先径/元径 2.5/13.9mm
自重 158g
ルアーウェイト 14~56g
適合ライン 14~30lb

【ダイワ】ブレイゾン (6111HB-SB)

ベテランアングラーからその基本性能の高さから高い評価を受けているロッドシリーズがブレイゾンです。

一万円代で購入できるロッドですが、ハイエンドロッドにも採用されている高密度HVFカーボンやブレーディングXなどのブランクス技術が採用されています。

741XHBはS字形のビックベイトやジョイントタイプのビックベイトに適したロッドとなっており、筋肉質なカーボンとスローテーパーデザインで、扱いやすく、重量のあるルアーをロッドに乗せて狙いのポイントまでしっかりと振り切ることが可能です。

全長 2.11m
継数(グリップジョイント) 2ピース
仕舞寸法 181cm
先径/元径 1.7/14.9mm
自重 120g
ルアーウェイト 11~113g
適合ライン 14~30Ib

【アブガルシア】バスビートIII (BBC-702H+ III)

アブガルシアロッドの中でバーサタイル性が高くコストパフォーマンスが高いロッドがBASS BEAT IIIです。

展開されているモデルの中でもBBC-702H+ IIIはビックベイトや大型の羽根モノルアーまで対応することが出来るヘビーバーサタイルロッドとなっています。

初心者でも扱いやすい7ftレングスのヘビーパワーとなっているので、このロッド一本あれば、あらゆるパワーフィッシングに対応することが可能です。

今までハイパワーロッドを使用したことが無い方でも使い易いヘビーロッドとなっています。

全長 2.13m
継数 2ピース
仕舞寸法 110cm
自重 147g
ルアーウェイト 10~56g
適合ライン 8~25lb
アブガルシア
バスビートIII BBC-702H+ III

【アブガルシア】バスフィールド (BSFC-672MH)

手軽にバスフィッシングを初めてビックベイトも視野に入れた釣りを行いたいと考えている方にお勧めしたいロッドがBASS FIELDシリーズです。

ビギナー向けのロッドとなっていますが、スピゴットジョイントやFUJIガイドが採用されているなど、随所に長く使うことが出来る工夫が施されています。

BSFC-672MHはMHのロッドですが、使用できるウェイトは42gまでとなっており、ビックベイトを視野にいれた釣りが可能です。

これからバス釣りを始めるかたでも、長い間右腕になることが出来るロッドです。

全長 2.01m
継数 2ピース
仕舞寸法 103cm
先径/元径 2.00/11.7mm
自重 144g
ルアーウェイト 7~42g
適合ライン 10~30lb
アブガルシア
バスフィールド BSFC-672MH

【アブガルシア】ホーネットスティンガープラス (HSPC-742X-BB)

本格的にビックベイトの釣りを楽しみたいと考えている方におすすめしたいロッドがHornet Stinger PLUSです。

Hornet Stinger PLUSには用途特化モデルが展開されており、HSPC-742X-BBがビックベイト専用に開発されたロッドです。

ロッドの剛性を高めるためにオールダブルフットのガイドが採用されていることはもちろん、重量級ルアー使用時にもロッドによる持ち重りを感じることが無いバランスセッティングが行われています。

フルレングスで④オンスクラスのビックベイトまで釣りを極めたい方におすすめしたいロッドです。

全長 2.24m
継数 2ピース
仕舞寸法 115.1cm
先径/元径 2.40/13.2mm
自重 165g
ルアーウェイト MAX4oz
適合ライン 10~30lb
アブガルシア
ホーネットスティンガープラス HSPC-742X-BB

【アブガルシア】ホーネットスティンガープラス (HSPC-672X-BB)

Hornet Stinger PLUSのもう一つのビックベイト専用ロッドが、HSPC-672X-BBです。

HSPC-742X-BBが④オンスクラスを含めたビックベイトをフルキャストでロングディスタンスによって仕掛けるロッドに対して、HSPC-672X-BBはビックベイトをカバーへショートキャストしアプローチするロッドとなっています。

HSPC-742X-BBと同様にトルクフルなロッドとなっているのでボートメインの方はもちろん、小規模なフィールドや水路のオーバーハングをビックベイトでアプローチしたい方にお勧めのロッドです。

全長 2.01m
継数 2ピース
仕舞寸法 103.7cm
先径/元径 2.40/12.6mm
自重 154g
ルアーウェイト MAX4oz
適合ライン 10~30lb
アブガルシア
ホーネットスティンガープラス HSPC-672X-BB

【メガバス】レヴァンテ (F7-72LV)

ビックベイトをはじめとしてマグナムクランクや大型スピナーベイトを駆使してモンスターバスを狙いたい方におすすめなロッドがレヴァンテシリーズのF7-72LVです。

極限までブランクスのレジン減らすことで非常に軽量なブランクスと、ビックベイトをフルキャストしモンスターバスを軽々とリフトアップさせることが出来るパワーの両立を実現しています。

モンスターハンティングを行うためのロッドとして開発されたスペシャルロッドとなっているので、夢のモンスターバスを狙いたい方は欠かすことが出来ないロッドとなるはずです。

全長 7.2ft
継数 1ピース
ルアーウェイト 1/2~3oz
適合ライン 12~30lb
アクション レギュラー

【ジャッカル】BPM (BC-611H-SB)

ジャッカルのオリジナルロッドとして人気が高いBPMシリーズにもテクニカルなビックベイトゲームが出来るロッドがラインナップされています。

BC-611H-SBはアングラーが釣り場での取り回しが良いように7ftを下回るレングスのビックベイトロッドとなっています。

ガチガチのロッドではなく、ティップがしなやかなビックベイトロッドとなっているので、S字系ビックベイトで多発するショートバイトを取り込むことが可能です。Maxで56gまで対応できる仕様となっており、使い勝手の良いロッドです。

全長 6.11ft
ルアーウェイト MAX56g
適合ライン 14~30lb

【バレーヒル】ブラックスケールXP (BKHC-72XSX)

Valleyhillから出されているパワーフィッシング専用ロッドシリーズがブラックスケールXPです。

その中でもビックベイトやスイムベイトなどの大型巻物ルアー用にラインナップされている番手がBKHC-72XSXとなっています。

このブラックシリーズはウィードフィールドとしても知られている琵琶湖をメインとしてテストと開発が繰り返しされたことで、BKHC-72XSXではルアーの動きを殺さないソフトなティップと、ウィードを切ることが出来る適度な張りを持ったベリーを持ち合わせています。

琵琶湖南湖メインアングラーであれば、間違いないロッドの一本です。

全長 7.2ft
継数 1ピース
仕舞寸法 218cm
自重 197g
先径/元径 2.8/13.4mm
ルアーウェイト 1/2~3oz
適合ライン 12~30lb
バレーヒル
ブラックスケールXP BKHC-72XSX

【メジャークラフト】MS-X (MXC-70X)

持ち運びが便利なビックベイト対応2ピースロッドであればメジャークラフトのMS-XシリーズMXC-70Xがおすすめの1本です。

1ピースに劣らない使い心地とシャッキリとしてブランクスを持っているロッドとなっているので、ビックベイトはもちろん、底物であるジグやヘビーカバーのパンチングまで対応可能なロッドです。

ビックベイトは巻物専用として中弾性や低弾性のロッドが多く展開されていますが、高感度を必要とする釣りにも1本で対応したい方へおすすめしたいロッドです。

全長 7.0ft
継数 1ピース
ルアーウェイト 3/8~3oz
適合ライン 14~30lb
アクション レギュラー

ビッグベイトロッドまとめ

今回の記事ではビッグベイト専用ロッドだけでなく、パンチングやフロッグゲームで使用するようなロッドも視野に入れながらご紹介してきました。

ウェイトのあるビッグベイトをキャスト、アクションさせるにはご説明してきた3つのポイントに注意して、ご自身にあったロッド選びをしてみてください。

この記事を見たあなたにおすすめ

  1. ジョイクロ178・148・128に適したロッドおすすめ9選!ジョインテッドクローに適したロッドとは?ジョイクロ178・148・128に適したロッドおすすめ9選!ジョインテッドクローに適したロッドとは?
  2. 10oz対応ビッグベイトロッドおすすめ7選!ジャイアントベイトが投げれるロッドを厳選!10oz対応ビッグベイトロッドおすすめ7選!ジャイアントベイトが投げれるロッドを厳選!
  3. 【2021年版】6oz対応ビッグベイトロッドおすすめ17選!1万円台で買えるロッドも!【2021年版】6oz対応ビッグベイトロッドおすすめ17選!1万円台で買えるロッドも!
  4. 【2021年版】4oz対応ビッグベイトロッドおすすめ25選!低価格あり!ダイワやアブガルシアのロッドも!【2021年版】4oz対応ビッグベイトロッドおすすめ25選!低価格あり!ダイワやアブガルシアのロッドも!
  5. コスパ重視!ビッグベイトリールおすすめ16選!安いけど実用的!バス釣りやシーバスに適したギア比は?コスパ重視!ビッグベイトリールおすすめ16選!安いけど実用的!バス釣りやシーバスに適したギア比は?
  6. 安いけど釣れる激安ビッグベイト8選!高いビッグベイトはもういらない?1,000円でお釣りがくる格安ルアーまとめ!安いけど釣れる激安ビッグベイト8選!高いビッグベイトはもういらない?1,000円でお釣りがくる格安ルアーまとめ!

みんなが使っている
便利アイテム特集

「知ってるけど使ったことがない…」
あなたにもそんなアイテムはありませんか?
もっと早く使えば良かった
後悔する前に検討してみては?

フックシャープナーおすすめ12選!ルアーフックの…
釣り用UVライトおすすめ12選!最強に使える強力…
これで解決!スピナベ収納ケースおすすめ11選!ス…
【2021年版】釣り用ポーチおすすめ21選!人気…
コスパ最強!釣り専用の腕時計おすすめ12選!安い…
最強の釣り用虫除けおすすめ6選!夏の蚊除け対策を…
これは便利!ロッドベルトおすすめ10選!正しい使…
ネコリグチューブおすすめ10選!ワームの身切れを…
最強のルアーキャッチャーおすすめ16選!根掛かり…
ラインリムーバーおすすめ8選!高速で釣り糸を回収…
釣りの日焼け対策と防止グッズおすすめ20選!顔や…
カールロッドホルダーおすすめ7選!車のヘッドレス…
ロッドティップカバーおすすめ14選!必要性や使い…
もう悩まない!ワームフック収納方法まとめ!バス釣…
夜釣りで便利!ネックライトの選び方とおすすめ10…
釣り用ピンオンリールおすすめ12選!ガラビナ付き…
ロッドソックスおすすめ10選!スピニング、2ピー…
リールスタンドおすすめ10選!ダサいからいらない…
おかっぱり必携!腰用ロッドホルダーおすすめ18選…
ラインストッパーおすすめ10選!ベイトリールでも…
釣り人必携!糸くず入れおすすめ10選!釣り糸のゴ…
ガルプ保存ケースおすすめ8選!臭い匂い付きワーム…
リーダーポーチおすすめ12選!便利なショックリー…
コスパ最強!安い偏光サングラスおすすめ10選!高…
ランディングネット用ケースおすすめ10選!収納カ…
フックキーパーおすすめ17選!ロッドに後付できて…
リールカバーおすすめ10選!竿につけたままにでき…
ロッドホルダー付きタックルボックスおすすめ8選!…
釣り用フィッシングメジャーおすすめ20選!ワイド…
釣り用ヒップバッグおすすめ21選!大容量で防水機…
釣り用フィンガープロテクターおすすめ8選!キャス…
リール式ストリンガーおすすめ5選!ゴールデンミー…
釣り用メッセンジャーバッグの選び方とおすすめ10…
クーラーボックスに付けるロッドホルダーおすすめ1…
安いけど釣れる激安ビッグベイト8選!高いビッグベ…
壁掛け式ロッドスタンドおすすめ8選!おしゃれでス…
サーフ用ロッドスタンドおすすめ8選!投げ釣り等で…
腰巻ライフジャケットおすすめ10選!釣り用の安い…
フローティングベスト装着ライトおすすめ8選!取り…
リールラックおすすめ12選!リール収納棚やベイト…
釣り用の椅子おすすめ15選!コンパクトな折りたた…
PEラインのコーティングスプレーおすすめ8選!や…