コスパ最強!安いベイトフィネスリールおすすめ10選!BF入門に最適な安価で十分使えるリールを紹介!

釣りが上達するにつれてだんだんと挑戦したくなることの一つにベイトフィネスがあげられます。

ベイトフィネスを始めるにはベイトフィネス専用のロッドとリールを購入する必要があるのですが、それなりに良いものを揃えようとするとロッドで数万円、リールで数万円の初期費用が必要です。

この金銭的な負担がベイトフィネス入門の大きな障害となっています。

今回はそんな悩みを解決すべく、ベイトフィネスになるべく安くチャレンジしたいという方におすすめのコスパの良いベイトフィネスリールを紹介したいと思います。

そもそもベイトフィネスってどんな釣り?

簡単に説明すると「通常スピニングリールで使用するようなライトリグ(繊細な釣り)をベイトタックルで行う」という意味合いになります。

スピニングリールでは扱いづらい太めのラインをベイトフィネスリールにセットすることにより、ノーシンカーやスモラバといったライトリグをカバーに打ち込むことが可能になりました。

「フィネス(繊細な釣り)+ベイトタックル(強い釣り)」といった両者の良いとこ取りをしたものがベイトフィネスと言えるでしょう。

ベイトフィネスがなぜ必要か?活躍する場面を紹介

ベイトフィネスが活躍する場面を3つに分けてご説明していきたいと思います。

一般ユーザー目線で感じたことをご紹介していきますのでご承知おきください。

ストラクチャーが入り組んでいるポイント

ベイトフィネスの真骨頂とも言えるのがライトリグでのカバー打ちだと言えます。

通常、細いラインで扱うノーシンカーやスモラバなどをベイトフィネスを活用することで、ラインブレイクに臆することなく打ち込んでいくことができます

手返しの良いベイトリールの利点を活かしたテトラ帯、立木などの打ち込みにも適しています。

デカバスがいることが分かっている

「このカバーにはいつもデカバスがついている」「サイトでデカバスを見つけた」というシチュエーションでもベイトフィネスは心強いタックルとなります。

「スピニングではストラクチャーに巻かれてラインブレイクしてしまう」そんなときにベイトフィネスで狙いましょう。

ベイトリール初心者

ベイトフィネスはベテラン向きのタックルと感じる方も多いかと思いますが、ベイトフィネスこそ初心者に使っていただきたいリールとなります。

ベイトフィネスリールの最大の特徴とも言える「バックラッシュしにくい」ことが理由です。

「軽いルアーを投げられる」だけがベイトフィネスリールの利点ではないのです。

初心者におすすめの安いベイトフィネスリール10選

ベイトフィネス入門に適した値段が手ごろなベイトフィネスリールを厳選しました。

ハイエンドモデルと比べると使用感は劣りますが、軽量ルアーを十分に投げれるので、ベイトフィネスデビューには最適です。

【アブガルシア】ロキサーニ BF8

2020-06-13111303
2020-06-13111249
2020-06-13111252
2020-06-13111327
2020-06-13111257
2020-06-13111528
2020-06-13112804
2020-06-13112729
2020-06-13112445
2020-06-13111337
2020-06-13112245
2020-06-13112754
2020-06-13112739
2020-06-13112820
2020-06-13111347
2020-06-13112923
2020-06-13111511
2020-06-13111454
2020-06-13111503
previous arrow
next arrow
2020-06-13111303
2020-06-13111249
2020-06-13111252
2020-06-13111327
2020-06-13111257
2020-06-13111528
2020-06-13112804
2020-06-13112729
2020-06-13112445
2020-06-13111337
2020-06-13112245
2020-06-13112754
2020-06-13112739
2020-06-13112820
2020-06-13111347
2020-06-13112923
2020-06-13111511
2020-06-13111454
2020-06-13111503
previous arrow
next arrow

格安ベイトフィネスリールの中で一番おすすめなのはアブガルシアのロキサーニBF8です。

淡水はもちろん、海水でも使用可能です。

スタイリッシュなフルブラック仕様なので、どんなロッドにも合わせやすく、チープさを感じさせないデザインです。

超軽量スプールやルアーキーパーなど、細かなディティールにもアブガルシアのこだわりを感じます。

実際の使用感はというと、ブレーキを0にした状態で3g前後のスモラバをピッチングで投げ込んでもバックラッシュしないという仕上がりです。

さらに軽いルアーを遠投しようとなると少し慣れが必要ですが、手に取りやすい価格帯を考えると申し分ない仕上がりと言えるでしょう。

重さ185g(実計測は190g)
スプールφ33mm/15g
海水対応
ボディアルミニウム製
ブレーキマグネットブレーキ

【ピシファン】ベイトリール トレント(シャロースプール付き)

2020-06-1690657
2020-06-1690804
2020-06-1690708
2020-06-1690559
2020-06-1690605
2020-06-16908041
2020-06-1690619
写真 2020-06-20 9 25 26
写真 2020-06-20 9 38 23
写真 2020-06-20 9 38 16
写真 2020-06-20 9 38 10
写真 2020-06-20 9 38 04
写真 2020-06-20 9 37 51
写真 2020-06-20 9 38 00
写真 2020-06-20 9 37 23
写真 2020-06-20 9 30 38
写真 2020-06-20 9 36 23
写真 2020-06-20 9 29 16
写真 2020-06-20 9 27 36
写真 2020-06-20 9 28 01
写真 2020-06-20 9 26 25
写真 2020-06-20 9 26 48
写真 2020-06-20 9 26 59
写真 2020-06-20 9 26 05
写真 2020-06-20 9 25 50
写真 2020-06-20 9 25 40
previous arrow
next arrow
2020-06-1690657
2020-06-1690804
2020-06-1690708
2020-06-1690559
2020-06-1690605
2020-06-16908041
2020-06-1690619
写真 2020-06-20 9 25 26
写真 2020-06-20 9 38 23
写真 2020-06-20 9 38 16
写真 2020-06-20 9 38 10
写真 2020-06-20 9 38 04
写真 2020-06-20 9 37 51
写真 2020-06-20 9 38 00
写真 2020-06-20 9 37 23
写真 2020-06-20 9 30 38
写真 2020-06-20 9 36 23
写真 2020-06-20 9 29 16
写真 2020-06-20 9 27 36
写真 2020-06-20 9 28 01
写真 2020-06-20 9 26 25
写真 2020-06-20 9 26 48
写真 2020-06-20 9 26 59
写真 2020-06-20 9 26 05
写真 2020-06-20 9 25 50
写真 2020-06-20 9 25 40
previous arrow
next arrow

ピシファン トレントは5,000円前後でありながら評判も良いベイトフィネスリールです。

ギア比は7:1:1で最大ドラグは8.1㎏と申し分のないスペックです。

ボディーもアルミフレームを使用し、見た目もブラックベースに刺し色で赤をチョイスするというセンスのある一品となっています。

肝心のキャストフィールと言いますと、ピッチングでスモラバを低弾道のままカバーに打ち込むことができます。

ダイワのマグネットブレーキのリールを使用している感覚で、10~20m以内の割と近距離戦に特化したリールだと言えます。

また、スプールが深底スプールとシャロースプールの2種類がついてくるので、1つはベイトフィネス用、もう一つは通常使用(スピナベやテキサスなど)といっった感じで、これ1台だけで複数の用途で使うことができるのもメリットです。

日本では知名度がないメーカーですが、この性能で5千円はかなり買いだと思います。

【アブガルシア】レボ ALC-BF7

同じアブガルシアでも先ほどのロキサーニ BF8との大きな違いは自重です。

ロキサーニ BF8が185gに対し、ALC-BF7はなんと141gです。

ベイトリールの中でも驚異的な軽さなので、女性や子供でも楽に扱えることでしょう。

普段200g前後のベイトリールを使っている人からしてみては、少し扱いづらい重量バランスかもしれません。

当然軽量ルアーはストレスなくキャストできますので、「おかっぱりで何でもやりたい!」という方におすすめです。

【シマノ】スコーピオン BFS XG

スコーピオン BFS XGには上位モデルのアルデバランでも採用している、FTB(フィネスチューンブレーキシステム)が搭載されているのです。

そしてシマノと言えば「遠心ブレーキ」というイメージがありますが、このFTBはなんとマグネットブレーキなのです。

ただしダイワのマグネットブレーキとは違い、遠心ブレーキのフィーリングでキャストできるというのがシマノらしさを際立たせます。

キャストフィールや飛距離もアルデバランに引けを取らない点はコスパに優れたリールと言えるでしょう。

【シマノ】アルデバラン BFS XG

「初めから良いものを使いたい」という考え方もありだと思います。

このアルデバラン BFS XGで注目すべきはその重さです。

なんとたったの130gしかありません。これは驚異的な軽さとなります。

スコーピオン BFS XGが165g、アンタレスDCが220gとなりますので、その軽さが伝わるかと思います。

実際の使用感はというと、7g弱のネコリグやノーシンカーもストレスなくカッ飛んでいきますので、アルデバラン BFS XGのスプール性能の高さを感じます。

【アブガルシア】レボ LTX BF8

全身をブラックで統一した外観は高級感を感じさせるデザインです。

自重はアルデバランより軽い129gとなっており、ベイトフィネスリールの中では最軽量の部類に入ります。

持った感じは「本当に大丈夫?」っていうくらい軽いです。1日投げても全然疲れません。

他のベイトフィネスリールよりマグネットブレーキが少し弱く感じますので、MAXの状態から自分の投げやすい設定まで少しづつ調整していきましょう。

【ダイワ】アルファス エア 7.2

通常のアルファスでさえバックラッシュしづらいというのに、アルファス エア 7.2はベイトフィネス専用リールとなっています。

1~2gのメバル用ルアーですら飛ばせるのですから性能の高さが伺えます。

軽量ルアーをストレスフリーで扱えますので、渓流のルアーゲームでも活躍します。

アルファスシリーズの良い点として、手の小さい日本人でも包み込むようにパーミングすることができることです。

パーミングのしやすさはルアーの操作性、フッキング率にもつながるので大きなメリットになります。

【ダイワ】SSエア

アルデバランと同様に「初めから良いものを使いたい」という方におすすめです。

期待を裏切らない使いやすさがSS エア 8.1にはあります。

5~6gのノーシンカーをフルキャストすると驚くほどの飛距離を出すことができます。

マグネットブレーキのデメリットと言われる後半の伸びが悪い点もSS エア 8.1では克服されていますので、ピッチングなどショートレンジで釣り歩くことが好きな方におすすめです。

【ダイワ】アルファス エア ストリームカスタム

渓流釣りに特化したベイトフィネスリールである、アルファス エア ストリームカスタム 7.2Rは、軽量ルアーを低弾道でキャストすることを想定して設計されています。

これはストリームトラウトブレーキチューンスプールを搭載し、微弱なブレーキ力でスプール回転を制御することで可能にしました。

ギア比の設定が初めから7.2しか用意していないこと、ラインキャパも6~8ポンドと細いラインに対応していないことから、限りなくライトルアーに特化したリールと言えます。

よりスピニングリールに近い使い方をしたい方は是非使ってみていただきたいです。

【プロックス】バルトムBC-BF1

販売価格が5千円代と低価格ながら、淡水・海水どちらでも使えるマルチなベイトフィネスリールとなります。

パーミングのしやすいロープロデザインに大型ギアを搭載することで、快適なリーリングフィールを実現しました。

実際ベイトフィネスリールと銘打っていますが、使用するルアーは通常のベイトリールとさほど変わらない5g前後が現実的なラインと言えそうです。

フィネス中心の釣りだけでなく、バーサタイルに扱いたい人向けと言ったところでしょうか。

ベイトフィネスリールまとめ

今回は筆者の経験談を踏まえつつベイトフィネスリールのご紹介をしてきました。

一般的にベイトフィネスと言えば数あるスタイルの中の一つと捉えがちですが、ベイトフィネスリールのメリットはベイトリール初心者にも通ずるものがあります。

ベイトリールのデメリットとなるバックラッシュがしづらいという点や、タックルパワーにまかせてファイトできるなどたくさんのメリットがベイトフィネスリールにはあります。

是非ともこれからバス釣りを始める方や、これからベイトフィネスを始めたいという方は参考にしてみてください。

この記事を見たあなたにおすすめ

  1. ベイトフィネス向けパックロッドおすすめ12選!ベイトフィネス向けパックロッドおすすめ12選!
  2. ULクラスのベイトフィネスロッドおすすめ8選!ULベイトロッドのメリットとは?ULクラスのベイトフィネスロッドおすすめ8選!ULベイトロッドのメリットとは?
  3. メバリング用ベイトフィネスロッドおすすめ10選!メバル釣り用に適したベイトタックルを選ぼう!メバリング用ベイトフィネスロッドおすすめ10選!メバル釣り用に適したベイトタックルを選ぼう!
  4. ソリッドティップのベイトロッドおすすめ16選!BFSロッドもあり!メリットデメリット紹介!ソリッドティップのベイトロッドおすすめ16選!BFSロッドもあり!メリットデメリット紹介!
  5. コスパ最強!安いベイトフィネスロッドおすすめ22選!バス釣り入門にも最適なBFSロッドを紹介!コスパ最強!安いベイトフィネスロッドおすすめ22選!バス釣り入門にも最適なBFSロッドを紹介!

みんなが使っている
便利アイテム特集

「知ってるけど使ったことがない…」
あなたにもそんなアイテムはありませんか?
もっと早く使えば良かった
後悔する前に検討してみては?

釣り用メッセンジャーバッグの選び方とおすすめ10…
クーラーボックスに付けるロッドホルダーおすすめ1…
夜釣りで便利!ネックライトの選び方とおすすめ10…
釣り用UVライトおすすめ12選!最強に使える強力…
釣り用の椅子おすすめ15選!コンパクトな折りたた…
これで解決!スピナベ収納ケースおすすめ11選!ス…
もう悩まない!ワームフック収納方法まとめ!バス釣…
フックシャープナーおすすめ12選!ルアーフックの…
リール式ストリンガーおすすめ5選!ゴールデンミー…
コスパ最強!安い偏光サングラスおすすめ10選!高…
ロッドティップカバーおすすめ14選!必要性や使い…
釣り用フィッシングメジャーおすすめ20選!ワイド…
最強のルアーキャッチャーおすすめ16選!根掛かり…
サーフ用ロッドスタンドおすすめ8選!投げ釣り等で…
釣りに最適な電熱ベストおすすめ12選!極寒にも耐…
フックキーパーおすすめ17選!ロッドに後付できて…
おかっぱり必携!腰用ロッドホルダーおすすめ18選…
コスパ最強!釣り専用の腕時計おすすめ12選!安い…
壁掛け式ロッドスタンドおすすめ8選!おしゃれでス…
釣り用ヒップバッグおすすめ21選!大容量で防水機…
ネコリグチューブおすすめ10選!ワームの身切れを…
安いけど釣れる激安ビッグベイト8選!高いビッグベ…