バス釣りリュック&バックパックおすすめ8選!オカッパリでも便利な防水タイプも紹介!

バス釣りで使用するバッグのタイプは数多くありますが、おかっぱりアングラーを中心に少しづづ人気が高くなってきているバッグがリュックタイプのバッグです。

釣りにおいてバッグは非常に重要なアイテムの一つであり、ベテランのアングラーは釣りに使うバッグを自分のスタイルに合わせて、最適なモデルを選択できているので、無駄が無く、常に快適に釣りを行うことが出来る様にしています。

今回は、そんなバス釣り用のリュックに対して、おすすめのモデルをご紹介します。

執筆者
落合宗一
  • バス釣り歴20年
  • 年間釣行100日超え

中部地方出身のバス釣りアングラー。小学生から地元河川を中心に釣りを初め、バス釣りの面白さにどんどんのめり込んでいきました。今ではワクワクするような非日常を感じる事が出来るような釣りが大好きで、新規フィールドの開拓にもチャレンジしています。

バス釣りでリュック(バックパック)を使うメリット・デメリット

メリット

バス釣りでリュックタイプを使用する場合のメリットとなるのは、収容力の高さにあります。

リュックタイプはメッセンジャータイプやヒップバッグなどよりも収容力に優れているため、多くのタックルを持ち運ぶ方はもちろん、釣り道具以外のタオルや飲み物なども問題なく収納することが可能です。

多くのアングラーがこの収容力の高さに着目しており、ショルダーやヒップバッグでは収納力が小さいが、バッカンでは大きすぎる方にはベストな選択であると言われています。

また、リュックタイプはバッグが背面あり、両肩へ均等な負荷がかかるため、ショルダータイプのバッグよりも持ち重りがしにくく、長距離を移動した場合でも疲労感を少なく感じることが出来るのも特徴です。

デメリット

リュックタイプを使う場合のデメリットも、しっかりと抑えておきましょう。

リュックタイプを使用する時のデメリットとして、バッグ内の荷物の取り出しにくさがあります。

ルアー交換やその他のアイテムを取り出す場合には、基本的にリュックを一旦、肩から外す動作を行なわなけらばならないため、アイテムの取り出しには時間が掛かってしまう傾向があります。

また、リュックタイプの収納力が高いために、ついつい多くのアイテムを仕入れてしまうことで、リュックの重量が重たくなりすぎてしまったり、中に入れた荷物がつり出しにくくなってしまう可能性があります。

可能な限りデメリットを抑えるために、リュックからの荷物の取り出し易さなどは事前に確認を行っておくべきポイントの一つと言えるでしょう。

バス釣りに適したリュック(バックパック)の選び方

防水機能

バス釣り用にリュックを選ぶ場合に防水機能の有無は事前に確認しておくと良いでしょう。

水辺で使用するリュックであるため、常に水がバッグの中に侵入するリスクと隣り合わせとなっていることはもちろん、雨の時でも釣りを行えばリュックの中に水が入ってしまうことも多々発生します。

リュックの中には、防水効果の高い生地が使用されているものや、ファスナーが止水ファスナーとなっているものがありますので、タックルやその他の荷物を守るためにも高い防水性能を持っているリュックがおすすめです。

サイズ(容量)

リュックに限ることなく、使用するバッグのサイズは非常に重要なポイントです。

一言でリュックタイプと言っても、各メーカーから出されているサイズは各々異なるため、普段から自分が釣り場へ持ち込むアイテムをリストアップしておき、リュックのサイズと照らし合わせて最適なサイズを選択できるようにしておくことがおすすめです。

生地の強度

意外と見落としがちとなってしまうポイントがバッグに使用されている記事の強度です。

タウンユースのリュックと異なり、地面へ直接バッグを置く場合や、藪漕ぎを行った場合に茨によるダメージを受ける可能性がバス釣りでは多くなります。

弱い強度の生地が使われてしまっている場合、簡単にすり減って穴が開いてしまったり、ほつれが発生しまうので、可能な限り強い強度を持っている生地を選択することが重要となります。

また、リュックは背中に設置していると非常に蒸れやすい特徴も持っているので、リュック背面部分の通気性とクッション性の高さは特に合わせて確認しておきたいポイントです。

収納ポケット数

リュックタイプのバッグを選ぶ時の注意点とも入れるのが、収納ポケットの数です。

リュックタイプのバッグは、非常に収納力が多くメリットを持っていますが、他のバッグと比較してリュック内部の仕切りが少なかったり、小物ポケットが小さい傾向があります。

リュック自体には深さがありますが、小物がリュックの奥深くに収納されてしまうと、釣り場での取り出しがスムーズに行うことが出来ず、時間をロスしてしまう可能性が高くなります。

このため、アングラーが持ち歩く必要量の小物類等を収納できるポケットを持っているバッグを選択することで、リュックのメリットである収納力の高さとのバランスが取れ、更に使い勝手の良さを上げることが可能です。

機能性(ロッドホルダーやプライヤーホルダー等)

釣りを行う上での便利アイテムとして知られているロッドホルダーやプライヤーホルダーの有無も事前に確認しておく必要があります。

一般的にリュックタイプにロッドホルダーが付けられているイメージを持っていない方も多くいますが、バッグによってはロッドホルダーが付けられているバッグも存在します。

ロッドホルダーや、プライヤーホルダー、そしてドリンクホルダー等、フィールドでよく使うアイテムが手早く取り出せる仕組みとなっているバッグを選択することで、効率よく釣りを行うことが可能となります。

バス釣りリュック&バックパックおすすめ8選

【ジャッカル】フィールドバッグタイプトレイル

ジャッカルから出されているリュックタイプはリュックタイプとしては中型に位置するタイプとなっており、機動性を維持しつつ、タックルボックスはもちろん、レインジャケットまで収納することが可能となっています。

大型のサイドファスナーが使用されており、リュックを地面に下ろすことなく、リュックの中身を確認することが出来る様になっています。

ジャッカルらしいシンプルで高いデザイン性をもちつつ、小物ポケットまでしっかり完備されている優れものです。

ジャッカル
フィールドバッグタイプトレイル

【ダイワ】X-Pac バックパック

ダイワから出されている高機能リュックです。

このリュックにはバス釣りのリュックには欠かすことが出来ない要素である”強さ”と”軽さ”、そして”防水性”を兼ね揃えているX-PACが採用されていることが特徴です。

リュックとしてはフルサイズに近いサイズとなるので、釣り具はもちろん、ペットボトルやその他の衣類等も問題なく収納することが可能です。

その他にも大型のサイドファスナーやサイドコンプレッションテープなど便利機能も多い一品です。

【アブガルシア】システムバックパック

アブガルシアのシステムバッグは、非常に軽量で強度が高い600D ポリエステルオックスフォード生地が使用されています。

また、各オプションパーツで好みの仕様へ拡張することも出来るので、必要と感じるアイテムがあれば後付けして対応することも可能となります。

容量としてはフルサイズとなり、かなりの収容力がありますので、おかっぱりでも持ち歩くタックルが多いアングラーへは特におすすめしたいアイテムです。

アブガルシア
システムバックパック

【アブガルシア】アブ防水バックパック

完全な防水バッグとして作り上げられたリュックです。

一般的な防水仕様より更に高性能なものでダブルフェイスTPU生地が採用されているため、防止能力はもちろん、非常に軽量なリュックとなっています。

また、フリーアジャスターベルトが付けられているので、ランディングネットなどのアイテムもバッグに取り付けて持ち運ぶことも可能です。

バス釣りはもちろん、ソルトウォーターの釣りでも人気が高い防水バッグです。

アブガルシア
アブ防水バックパック

【Dstyle】CROSSTREK

釣用としてのリュックはもちろん、タウンユースまで出来てしまうおしゃれなデザインが採用されているリュックです。

このルックにはフルオープンタイプの止水ファスナーが採用されているので、バックの中身が確認しやすく、ある程度の水濡れであっても問題なく使用することが可能です。

また、各部にD環が付けられているので、アングラーが欠かすことの出来ないランディングネットやピンオンリールを付けやすいのもこのリュックの特徴です。

他のリュックには少ないケーブルホールなどもつけられているのも点も嬉しいポイントです。

【シマノ】デイパック

シマノから出ている人気モデルで、非常にシンプルなデザインとなっているモデルです。

このバッグは開口部分が折り畳み式となっている他、内部インナーは防水仕様となっているので、万が一、水に濡れてしまった場合や、雨の日の釣行であっても大切なタックルをしっかりと守ることが出来る様になっています。

非常に深さがあるバッグなので、シンプルかつ、多くのタックルを持ち運びたい方におすすめです。

【DRT】DRTバックパック

大人気ルアーメーカーであるDRTから出されているバックパックです。

見た目以上の収納力があり、大型のビッグベイト用のボックスでもすっぽりと収めることが可能です。

また、気になるリュックの底面にはターポリン生地が採用されているので、丈夫で汚れにくい仕様になっています。

フロントにバンジーコードが付けられており、衣類を収納することが出来る他、両サイドにバックルは、ロッドホルダーとして使用することも可能となっているので、随所に便利機能が備わっているバッグです。

【DRESS】ウォータープルーフ バックパック Air

DRESSから出されている防水仕様のバックパックです。

このバックパックはロールアップ式が採用されているので、タックルの必要量に合わせてバッグ容量を調整することが出来る便利な仕様となっています。

使用されている生地強度が高いので、おかっぱりのランガン時に枝などに引っかかっても引き裂かれることがありません。

シンプル構造で入れるものを選ばないため、バス釣り以外でも使用することが出来る仕様範囲の広いバッグとなっています。

DRESS
ウォータープルーフ バックパック Air

まとめ

様々なバッグタイプが使用されるバス釣りですが、近年リュックタイプの使用率も増えてきており、他のメッセンジャータイプやヒップバッグに劣らない性能を持ち合わせたバッグが多く出てきています。

今回ご紹介したリュックタイプの特徴を参考にしていただき、自分のスタイルに合ったベストなバッグを見つけ出してみてくださいね。

バス釣りのリュック&バックパック
さらに探したい方

みんなが使っている
便利アイテム特集

「知ってるけど使ったことがない…」
あなたにもそんなアイテムはありませんか?
もっと早く使えば良かった
後悔する前に検討してみては?

PEラインのコーティングスプレーおすすめ8選!や…
釣り用ヒップバッグおすすめ21選!大容量で防水機…
コスパ最強!釣り専用の腕時計おすすめ12選!安い…
リーダーポーチおすすめ12選!便利なショックリー…
壁掛け式ロッドスタンドおすすめ8選!おしゃれでス…
おかっぱり必携!腰用ロッドホルダーおすすめ18選…
釣り用メッセンジャーバッグの選び方とおすすめ10…
これで解決!スピナベ収納ケースおすすめ11選!ス…
サーフ用ロッドスタンドおすすめ8選!投げ釣り等で…
ガルプ保存ケースおすすめ8選!臭い匂い付きワーム…
腰巻ライフジャケットおすすめ10選!釣り用の安い…
釣り用フィッシングメジャーおすすめ20選!ワイド…
リール式ストリンガーおすすめ5選!ゴールデンミー…
クーラーボックスに付けるロッドホルダーおすすめ1…
最強のルアーキャッチャーおすすめ16選!根掛かり…
釣り人必携!糸くず入れおすすめ10選!釣り糸のゴ…
ロッドソックスおすすめ10選!スピニング、2ピー…
リールカバーおすすめ10選!竿につけたままにでき…
釣り用フィンガープロテクターおすすめ8選!キャス…
カールロッドホルダーおすすめ7選!車のヘッドレス…
ロッドホルダー付きタックルボックスおすすめ8選!…
フックシャープナーおすすめ12選!ルアーフックの…
夜釣りで便利!ネックライトの選び方とおすすめ10…
釣り用UVライトおすすめ12選!最強に使える強力…
釣りの日焼け対策と防止グッズおすすめ20選!顔や…
釣り用の椅子おすすめ15選!コンパクトな折りたた…
もう悩まない!ワームフック収納方法まとめ!バス釣…
ランディングネット用ケースおすすめ10選!収納カ…
ロッドティップカバーおすすめ14選!必要性や使い…
コスパ最強!安い偏光サングラスおすすめ10選!高…
【2021年版】釣り用ポーチおすすめ21選!人気…
釣り用ピンオンリールおすすめ12選!ガラビナ付き…
これは便利!ロッドベルトおすすめ10選!正しい使…
最強の釣り用虫除けおすすめ6選!夏の蚊除け対策を…
リールラックおすすめ12選!リール収納棚やベイト…
ラインストッパーおすすめ10選!ベイトリールでも…
ネコリグチューブおすすめ10選!ワームの身切れを…
安いけど釣れる激安ビッグベイト8選!高いビッグベ…
フローティングベスト装着ライトおすすめ8選!取り…
フックキーパーおすすめ17選!ロッドに後付できて…
リールスタンドおすすめ10選!ダサいからいらない…
ラインリムーバーおすすめ8選!高速で釣り糸を回収…