ベイトフィネスの最高峰!スティーズAIR TWの特徴を紹介!アルデバランBFSと比較検証!

このページをシェアする

2020年1月にスティーズAIR TWが発売されるとの情報が発表されていますが、「一体どんなリールなのか?」ものすごく気になる方も多いのではないでしょうか?

ダイワのフラッグシップモデルであるスティーズのベイトフィネスということもあり、2020年の注目度No.1ともいえるリールです。

今回の記事では発売前のスティーズAIR TWについて、見どころを徹底検証していきたいと思います!

スティーズAIR TWの見どころはKTFと共同開発した軽量スプールにあり!

スティーズファンであれば待ちに待ったベイトフィネス専用機がついに登場です。

フィネスを極めた、超小口径φ28mmG1ジュラルミン製AIRスプールを搭載した異次元の高性能スプールがスティーズAIR TWの要ともいえます。

今までのベイトフィネスリールよりさらに軽量ルアーに対応できるということもあり、まさにフィネスの概念を覆すリールなのです。

高速回転するスプールを最大限に生かすために搭載されたTWSシステム、フィット感抜群のコンパクトボディーがベイトフィネスの新時代を切り開くと言っても過言ではないでしょう。

スティーズAIR TWの基本性能はいかに?注目ポイントは3つ!

スティーズAIR TWがこれまでのベイトフィネスリールと比較して何が優れているのか?注目したいポイントをまとめましたので、一つずつ解説していきたいと思います。

①自重の軽さ

スティーズAIR TWはすべてのシリーズで135gという驚異的な軽さを実現しています。

シマノのカルカッタコンクエストやアブガルシアのアンバサダーシリーズの自重が300g超えとなっていますので、いかに軽量なリールなのかが伝わってきます。

100g前後のベイトフィネス用リールとセットしても300gを優に下回りますので、1日投げ続けても体への負担が少なくなります。

②ドラグ性能

自重同様に、ドラグ性能も3.5kgで統一されています。

スピニングタックルでは攻めきれないカバー周りなども、スティーズAIR TWであればランカーバスとも安心してやり取りすることができるのです。

ただしフッキングをより確実なものにするためにも、事前にパワーロスしない程度にドラグを調整しておくことが重要です。

③バーサタイル性能

おかっぱりなど、タックルの持ち運びが制限されていた釣りでスティーズAIR TWは重宝します。

これまで3g前後のネコリグやスモラバなどはスピニングタックルに頼っていましたが、スティーズAIR TWであれば容易にキャストできるようになります。

その他にも小型ミノーやシャッドもキャストできますので、ベイトタックルでの守備範囲が格段に向上すると言えるでしょう。

スティーズAIR TWとシマノ アルデバラン BFS XGを比較検証

サイズ感やスペックが近い、シマノの16アルデバラン BFS XGとの比較データを表にまとめましたのでご覧ください。

自重に関しては5gほど16アルデバラン BFS XGの方が軽くなっていますが、ベアリング数は12個とスティーズAIR TWの方が多く、スプール径もφ28と超小口径なので、より快適にベイトフィネスを楽しめるスペックとなっています。

スティーズAIR TWと16アルデバラン BFS XGの比較表

  スティーズAIR TW 500XXH 16アルデバラン BFS XG
ギヤ比 9.1:1 8.0:1
巻き取り長さ(cm/1回転) 80 80
自重(g) 135 130
最大ドラグ力(kg) 3.5 3.5
ラインキャパシティー(lb-m) 8-45 8-45
ベアリング(ボール/ローラー) 12/1 9/1
ハンドル長さ(mm) 80 84
スプール径(mm) φ28 Φ32

参考動画

スティーズAIR TWのまとめ

発売が待ち遠しいスティーズAIR TWですが、先ほどご紹介した9.1の他に、500Hというギヤ比が6.8のモデルも用意されています。

基本性能は同じですので、ご自身のフィッシングスタイルに応じてギヤ比を選択しましょう。

スモラバのカバー打ちなど手返しの早い釣りであれば9.1を、小型プラグなど巻物中心の釣りが多い方は6.8がおすすめとなります。