スピナーベイトの釣れる使い方とオススメ10選!種類や活躍シーンも紹介!

今回特集するスピナーベイトは、投げて巻くだけという簡単な操作だけでバスが釣れてしまう、初心者でも使いやすいルアーとなります。

お世辞にも魚には見えない個性的な見た目ですが、驚くほどの集魚力がスピナーベイトにはあります。

「スピナーベイトで釣ったことがない」
「スピナーベイトを使いこなしたい」
「そもそもブラックバスをまだ釣ったことがない」

など、今回の記事を通じてこんな方々の手助けができればと思います。

スピナーベイトを使いこなせれば、今まで以上にバスに出会える確率がグンと上がりますので必見です。

スピナーベイトとは?

金属のワイヤー、ブレード、ラバースカートから構成されるスピナーベイトですが、巻き続けることでブレードがキラキラとフラッシングして小魚の群れを演出します。
その高いアピール力から、サーチベイトとして広範囲を効率よくバスの居場所を探るのに最適なルアーと言えます。

また、高い根掛かり回避性能がスピナーベイトの真骨頂で、カバーエリアやアシ際など、通常のハードルアーでは通しづらいようなポイントを攻略することができるのです。

高い集魚力と根掛かり回避性能を併せ持ったルアーですので、やる気のあるバスをランガンして釣り歩くスタイルに向いていると言えるでしょう。

スピナーベイトの種類

一口にスピナーベイトと言っても「ブレード」「カラー」「大きさ」などなど、種類は様々です。

今回はスピナーベイトのキモとも言える、ブレードについて細かく解説していきたいと思います。

ブレードの種類

スピナーベイトを語る上で切っても切れないのが「ブレード」です。

ブレードの種類は大きく分けて3つになりますが、組み合わせ次第ではアピール力が変わってきます。

まずはブレードの形についてご覧ください。

ウィローリーフ

スピナーベイトのブレードの基本形となるのが、木の葉っぱのような形をしているウィローリーフです。
細長い縦長のブレードは光を受ける面が多いため、ギラギラと光を反射してバスにアピールします。
コロラドと比較するとバイブレーションは控えめですが、スローリトリーブでもしっかりと巻いてこれるメリットがあります。

コロラド

丸い形をしたブレードのことをコロラドブレードと呼びます。
水をかき回すようにブルンブルンと回るアピール力の強いブレードです。
巻き抵抗も強く、濁りの強いフィールドでもバスに存在感をアピールすることができます。

インディアナ

インディアナはウィローとコロラドの間を取ったような形です。
あまり主流ではありませんが、ウィローの良さとコロラドの良さを併せ持った形ですので、シチュエーションを選ばずオールラウンドに使うことができます。

ブレードの組み合わせ

続いてはブレードの組み合わせについて解説していきます。
ブレードの組み合わせ次第でアピール力が変わってくる点がスピナーベイトのおもしろいところでもあります。

シングルウィロー

シングルウィローは、シンプルにウィローブレードを1枚だけセットしたものになります。
アピール力は控えめになりますので、プレッシャーの高いフィールドやナーバスなバスに効果的です。

シングルコロラド

コロラドブレードを1枚だけセットしたものがシングルコロラドになります。
フォーリング時にプロペラのように回転しながらアクションする、「ヘリコプター」というテクニックが効果的です。

ダブルウィロー

フロントとリヤにウィローブレードをセットしたものがダブルウィローです。
お店でもよく見かけるタイプで、2枚のブレードで強烈なフラッシング効果が期待できます。タンデムウィローに比べて巻き抵抗が少ないので、素早く広範囲をサーチしていく釣りに向いています。

ダブルコロラド

バイブレーションの強いコロラドブレードを前後に2枚取り付けたものがダブルコロラドです。
もっとも水の抵抗が大きいコロラドブレードを2枚取り付けていますので、波動も大きくアピール力の強い組み合わせになります。

タンデムウィロー

コロラドブレードを前側に、ウィローリーフを後ろ側にセットしたものをタンデムウィローと言います。
スピナーベイトの中でもオーソドックスな組み合わせで、コロラドブレードの強い波動と、ウィローリーフの強いフラッシング効果を併せ持つバランスの取れた組み合わせと言えるでしょう。

ブレードのカラー

ブレードの組み合わせの他にも、ブレードの色味も釣果につながる重要なポイントになってきます。
フラッシングの強弱を効果的に使い分けて、スピナーベイトの力を引き出しましょう。

シルバー

シルバーのブレードは、曇りや太陽が昇り切っていないマズメ時のローライトなシチュエーションがおすすめです。
フラッシング効果を一番発揮しやすいカラーですので、日中はギラギラとしすぎる場合があるのでゴールドなどとうまく使い分けましょう。

ゴールド

シルバーとは対照的に、日が昇り切った日中にも効果的です。
クリアウォーターから濁りの入ったフィールドまで使用範囲は広く、迷ったらゴールドの組み合わせがあるスピナーベイトを選びましょう。

カラーブレード

フラッシング効果の強い、シルバー、ゴールドはバスがナーバスな状況下ではマイナス効果な場合があります。
そのような場合はカラーブレード(ホワイト、チャート、ブラックなど)のようにフラッシングを抑えたカラー選びが重要になってきます。
フラッシングのギラギラを抑えるだけでなく、シルエットがはっきりとするため濁りの効いたフィールドで効果的です。

スピナーベイトが活躍するシチュエーション

ブレードの力強いアピール力と、根掛かりしづらい回避性能を活かすことで、スピナーベイトの能力を最大限に発揮することができます。
ここではスピナーベイトの力を発揮できるシチュエーションをご紹介していきたいと思います。

障害物周り

ハードルアーの中でもトップクラスに根掛かりしづらいルアーですので、ストラクチャー周りをアグレッシブに攻めることが釣果につながる近道と言えます。
特にウィードエリア、アシ際、立木周辺はスピナーベイトの独壇場とも言えるでしょう。
積極的にストラクチャーへコンタクトさせながらリアクションバイトを狙いましょう。

風が吹いる状況

バス釣り経験者であれば一度は聞いたことのある「風が吹いたらスピナーベイト」ですが、まさに風が吹いたタイミングはスピナーベイトの出番です。
水面が波立つことでブレードのフラッシングが強まり、バスへのアピール力が増します。
更には風下にベイトフィッシュが溜まりやすくなりますので、ベイトの群れをバスが強く意識することも影響します。

マッディーウォーター

濁りが強く、ルアーの存在をアピールさせづらいシチュエーションでもスピナーベイトのフラッシングと波動が効果的です。
フラッシングの視覚効果に加え、ブレードの波動がバスの食い気を誘います。
スピナーベイトはマッディーウォーターを効率よく釣り歩くにはうってつけのルアーなのです。

スピナーベイトの使い方

操作の基本はただ巻きになるため、初心者でも扱いやすいルアーとなります。
スピナーベイトはボトムまで沈んでいくシンキングタイプですので、巻き方の工夫で表層からボトムまで攻めることができます。
ここではスピナーベイトのテクニックについてご紹介していきたいと思います。

スローローリング

基本操作の延長線でもあるスローローリングは、最も一般的な使い方になります。
ブレードを回すことができるギリギリのスピードで中層~ボトムをトレースするときに有効的なテクニックです。

ガーグリング

水面直下を素早く巻いてくる使い方をガーグリングと言います。
水面を飛び出すギリギリのところを巻いてくることで、水面にブレードの波紋を発生させます。
バスが表層を意識しているマズメ時や活性の高いときに効果的です。

バジング

ガーグリングよりさらに表層を引いてくる使い方のことをバジングと言います。
バズベイトのようにブレードをバシャバシャと水をかき回しながら引いてくるのがコツです。ボイルが発生したときや、水面までウィードが生い茂っているときにおすすめな使い方です。

フォーリング(プロペラ)

立ち木エリアや切り立った岩盤エリアで効果的なのがフォーリング(プロペラ)です。
スピナーベイトをフォーリングさせるだけで、ブレードのフラッシングとスカートの揺らめきでバスの食い気を誘います。
サミングすることでカーブフォールさせることができますので、その日に合ったパターンを探し出してみましょう。

コンタクト

スピナーベイトの根掛かり回避性能を活かしたテクニックがコンタクトです。
ストラクチャーにスピナーベイトを当てることで、イレギュラーに動いてリアクションバイトを誘発します。
スピナーベイトならではのテクニックですので、タイトにストラクチャーを攻め込みましょう。

スピナーベイトに最適なタックル

スピナーベイトはただ巻きを基本としていることと、巻き抵抗の大きいルアーであることを踏まえてタックル選びを行いましょう。

おすすめのロッド

スピナーベイトに最適なロッドは、レギュラーテーパーのMクラスのロッドがおすすめです。
ブレードのバイブレーションを殺さない適度な柔らかさと、バスの上あごにしっかりとフッキングさせることができるバットパワーを兼ね備えたロッドが理想的です。
使えないことはありませんが、ラバージグやテキサスリグなどで使用する先調子の硬めのロッドですと、バスのバイトを弾いてしまうことがあります。
その際は強めのフッキングを心がけるとバラシを少なくすることができます。

おすすめのリール

スピナーベイトを扱いやすいリールは、巻き取りがスムーズなことと、巻き取り量の多いハイギアモデルとなります。
スピナーベイトは一定の速度で巻き続けること、広範囲に何度もキャストすることでバスの居場所をサーチしますので、スプール径が大きく、ハンドルもしっかりとしたものが使いやすくなります。
また、スピナーベイトの特殊な形状から、風の抵抗を受けやすくバックラッシュしやすくなりますので、ブレーキ性能の優れたベイトリールが理想的です。

おすすめのライン

スピナーベイトだけでなく、巻物と言われるハードルアーはナイロンラインが適しています。
特にスピナーベイトですと、ナイロンラインの伸びやすい特徴を利用してバスのバイトを弾きにくくする効果もあります。
ただし、巻き抵抗の大きいスピナーベイトであることと、太軸のシングルフックであることから、少なくとも14lb程度の太めのラインを使用してフッキングパワーに耐えられるようにしましょう。

スピナーベイトのチューニングについて

ここではスピナーベイトの良さをワンランク上げるテクニックをご紹介していきたいと思います。フィールドの状況やバスの反応をみながら試してみてください。

トレーラーフック

シングルフックであるスピナーベイトは、ショートバイトなどのミスバイトがウィークポイントとなります。
アタリはあるが食わせきれない状況などでは、トレーラーフックを追加することで、フッキングの確立を上げることができます。
なお、落ち葉やウィードなどを拾いやすくなるため、フィールドの状況をみて適宜使用することをおすすめします。

トレーラー

スピナーベイトにトレーラーをセットする理由としては、ボリュームアップしてシルエットをはっきりさせるだけでなく、巻き抵抗を増やすことでより一層スローに巻くことができます。
浮き上がりを抑える効果もありますので、レンジをキープしやすいメリットもあります。

スピナーベイトを上手に収納する方法

クランクベイトなどのハードルアーと違い、特殊な形状をしているため収納には工夫が必要です。
普段の釣りがおかっぱりなのか、ボートフィッシングが主体なのかで変わりますので、ご自身のスタイルにあった収納ケースを使いましょう。

ウォレットタイプのケース

おかっぱりに便利なのがウォレットタイプのケースです。
コンパクトに収納できるだけでなく、ケース内でガシャガシャと暴れることがありません。
ポケットサイズのものや、腰に取り付けて運べるタイプもありますので、おかっぱり釣行では重宝するアイテムになります。

プラスチックケース

裸の状態でケースに収納すると、フックとブレードが絡まってしまうことがあります。
その場合は、縦型の仕切りのあるスピナーベイト専用ケースを使用しましょう。
スピナーベイト同士で絡むことなく、一目で使いたいスピナーベイトを選ぶことができますのでボートフィッシングにおすすめです。

おすすめのスピナーベイト10選

ここからは実績のあるスピナーベイトを一つずつ解説していきたいと思います。
今回ご紹介するスピナーベイトは実釣でも証明された選りすぐりのスピナーベイトになりますので、参考にしてみてください。

①O.S.P ハイピッチャー

ハイピッチャーはまさにシンプルイズベストと言える、トータルバランスに優れたスピナーベイトです。
「使いやすさ」「釣果」「価格」ともに申し分のない仕上がりで、スピナーベイト選びに迷ったら是非とも使ってもらいたいルアーの一つです。
ワイヤーは頑丈で折れにくく、ブレードの塗装もしっかりとして剝がれづらいためハードな使用にも耐えることができます。
カラーラインナップ、重さのバリエーションが豊富なため、初めての方は3/8ozを中心に選ぶと良いでしょう。

②エバーグリーン Dゾーン

Dゾーンは清水盛三氏が開発に携わっているトーナメンター御用達のスピナーベイトです。
ランカーバスをキャッチすることだけを考えた極限まで研ぎ澄ました設計なため、アームのワイヤーが他の製品よりも細く作られています。
ワイヤーを細くすることでブレードの波動を増大し、スレたバスにも強烈にアピールすることができます。
Dゾーンを使用する上での注意点としては、アームの強度を考えてハンドランディングでバスをキャッチするよう心がけましょう。

③エバーグリーン Dゾーンフライ

先ほどのDゾーンよりアームのワイヤーの強度を持たせたものがDゾーンフライになります。
サイズはオリジナルに比べて小さい1/4ozという小型スピナーベイトですので、野池などの小規模フィールドに最適です。
小型でありながらもしっかりとした巻き心地で、バスへのアピール力はオリジナルに引けを取らない仕上がりになっています。

④デプス Bカスタム

デカバスをメインターゲットにするのであれば、デプスのBカスタムは外せません。
強靭なアームの強度で40UPさえも一気に抜き上げることができます。
アームがしっかりとした作りですので、巻き抵抗は少なく、おかっぱりのランガンスタイルに最適なスピナーベイトです。
空気抵抗の少ない設計をしていますので、ロングキャスト性能も優れています。

⑤ジャッカル スーパーイラプションJr.

スーパーイラプションJr.はコンパクトサイズでありながら、デカバスを引き付ける集魚力があります。
水の掴みが良いオリジナルのウィローブレードで、フィールドのシチュエーションを選ばないバーサタイルなスピナーベイトと言えます。
何を投げようか悩んだらスーパーイラプションJr.で反応を探ってみましょう。

⑥ジャッカル ドーン

秦拓馬氏がプロデュースするのがジャッカルのドーンです。
太めのワイヤーに加え、高速リトリーブでもレンジをキープする安定したスイミング姿勢が持ち味のスピナーベイトです。
浮き上がりにくく、すり抜けの良いヘッドを採用していますので、濃いウィードエリアでもストレスなく引いてくることができます。
デカバスハンターである、秦拓馬氏ならではの質実剛健なスピナーベイトをお探しな方は是非ともおすすめです。

⑦ジャッカル デラスピン

ジャッカルの水野浩聡氏がプロデュースに携わっているデラスピンは、唯一無二の超小型スピナーベイトになります。
小さなフォルムからは想像もできないようなバイブレーションとフラッシングでバスを引き寄せます。
スピニングやベイトフィネスタックルでも使用できますので、フィネスもやりながらカバー周りを効率的に釣りたい場合に重宝するスピナーベイトです。
パターンがはまれば小バスが入れ食いなんてシチュエーションもありますので、初心者に強くおすすめします。

⑧デプス ミニブロス

デカバスハンター御用達のデプスですが、ミニブロスというコンパクトサイズのスピナーベイトも発売しています。
薄型ブレードによる回転の速いフラッシングは、プレッシャーの高いフィールドでも見切られづらい特徴があります。
主に野池や小規模河川などで活躍しますが、放流後の芦ノ湖や河口湖でも実績があるスピナーベイトです。

⑨レイドジャパン レベルスピン

レベルスピンは、ワイヤーのたわみを利用して生み出されるアクションを意識したスピナーベイトで、横の動きだけでなく縦にもイレギュラーに動くよう設計されています。
ブレードにもレイドジャパン独自の加工が施されていますので、ただ反射するだけのブレードとは一線を画した作りになっています。
まさに金森隆志氏のこだわりが凝縮されたスピナーベイトと言えるでしょう。

⑩ノリーズ クリスタルS

長年バス釣り界で安定した釣果をもたらしたスピナーベイトと言えば、クリスタルSの存在を忘れてはいけません。
ブレードのエッジに角度をつけた特徴的な形状により、巻きはじめからの立ち上がりに優れたスピナーベイトとなります。
この立ち上がりの良さは、ブレイク周りやアシ際などを丁寧にアプローチする際に重宝する性能なのです。

まとめ

今回の記事を通じて、スピナーベイトの良さに気づいていただけましたでしょうか?
これまでスピナーベイトに対して苦手意識が強かった方や初心者の方も、使うシチュエーションや必要性などがお分かり頂けたかと思います。
ルアーローテーションの中にスピナーベイトを組み込むことで、効率よくバスの居場所をサーチできたり、ストラクチャーが入り組んでいるポイントを攻め込むことができたりしますので、是非とも解説を参考に使ってみて頂ければと思います。

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告