MHクラスのおすすめバスロッド8選!用途も解説!ビッグベイトは投げれる?

このページをシェアする

バス釣りのロッドはルアーの種類や重さによってロッドの硬さを使い分けます。

ただし、バス釣りを始めたばかりの方や、おかっぱりでタックルが制限されるようなシチュエーションではロッドの硬さを選ぶ必要があります。

今回の記事では、数ある硬さの中でもバーサタイルに使用することができるMHクラスのロッドの利点や使用用途をご紹介していきたいと思います。

おかっぱりにはバーサタイルなMHクラスがおすすめ

一般的にはMクラスのロッドが硬さの中間クラスとなりますが、エキサイティングなルアーゲームを楽しみたい方にはMHクラスのロッドをおすすめします。

世の中にはジグ打ち専用、ビッグベイト専用モデルなどルアーに最適なロッドというのが存在しますが、ボートフィッシングで本格的にバス釣りを楽しんでいる方以外はどんなルアーにもある程度対応できるMHが扱いやすく、デカバスとのファイトも安心です。

特におかっぱりでロッドが1~2本しか持っていけないような場合に、バーサタイルロッドは欠かせません。

MHクラスでおすすめしたルアーは5個!

実際、MHクラスのロッドでどんなルアーが扱えるのか気になるところです。

これを知れば、装備が限られている状況でもロッド1本だけで様々な戦略を練ることができます。

まだMHのロッドを使ったことがない方、これから購入予定の方は是非とも参考にしてみてください。

①大型プラグ

トップウォーターやクランクベイトといったハードルアーは、しなやかでルアーを弾かないでノセられる硬さが最適となります。

ただし大型のノイジーや巻き抵抗の大きい大型クランクベイトであれば、MHクラスの硬さでも十分に扱うことができます。

ジグ打ち中にボイルが発生した場合にも、すぐに大型のペンシルベイトにルアーチェンジしたり、ジャークミノーに変更することもできます。

②スイムベイト

ワーム素材のスイムベイトはウェイトが重く、巻き抵抗も大きいためM以下のロッドでは扱いづらいルアーとなります。

ただし、HやXHのような硬すぎるロッドではバスのアタリを弾いてしまうので、MHクラスの硬さがベストマッチとなるのです。

③スピナーベイト

巻き抵抗の大きさや、確実にバスの口を射抜くロッドパワーがスピナーベイトに最適なロッドとなります。

MHであればキャスト、リトリーブ、フッキング、どれをとっても扱いやすい硬さで、おかっぱりでもボートフィッシングでもベストマッチと言えるでしょう。

スピナーベイトと言えばグラスロッドのイメージがありますが、かなり限定的な使い方になってしまうため、カーボン素材のMHで十分事足りてしまいます。

④テキサスリグ、ラバージグ

アシやゴミ溜まりのジグ打ちもMHであれば問題なく攻めることができます。

余程濃いカバーの最奥や、ウィードのパンチングをしない限り、MHの硬さがあれば十分にバスとやり取りすることが可能です。

HやXHは本格的な1ozクラスのジグ打ちなど使用用途が限られますが、MHであればライトテキサスやスモラバも投げられないことはないので、おかっぱりでとても重宝します。

⑤ノーシンカー

高比重ワームであれば、MHのロッドでも十分に扱うことができます。

ファットイカのカバー打ちや、サカマタシャッドで広範囲に探る場合に適しています。

スピニングタックルやMクラスのベイトロッドではパワー不足と感じるシーンでも、MHのバットパワーがあればフッキングからランディングまで安心してやり取りが可能になります。

MHのバスロッドでもビッグベイトは投げれるか?

ビッグベイトといっても大きさは様々で、MHクラスであれば30g程度のビッグベイトがストレスなく扱える上限だと言えます。

1日を通してビッグベイトオンリーで釣り歩くビッグベイターでない限り、バーサタイルに使えるMHが入門編としてはふさわしい硬さだと言えるでしょう。

ビッグベイト初心者にはMHクラスのバーサタイルロッドがおすすめな理由

「ビッグベイトを使ってみたい!」という方にはMHクラスのロッドから始めることをおすすめしますが、その理由について詳しく解説していきたいと思います。

①使用用途の幅が広い

ライトテキサスやヘビダンといったフィネス要素のある釣りから、ラバージグやビッグベイトといったストロングな釣りまでこなせるのがMHクラスの利点となります。

ビッグベイトだけでなく、他のルアーもカバーできてしまう汎用性は、バーサタイルの名にふさわしい使用用途の広さが魅力的な1本です。

②1~1.5oz(28g~42.5g)クラスなら初心者でも扱いやすい

これからビッグベイトを使いたいという方には、入門編とも言えるジョインテッドクロー148(33g)や、カワシマイキー(32g)がハードルアーの延長線として扱いやすくおすすめです。

もしビッグベイトが自分のスタイルに合わなかったとしても、そのままジグ打ちやスイムベイト専用ロッドとして使うことができます。

MHクラスのおすすめロッド8選

ここからは、使用感と価格とのバランスを考えた、コストパフォーマンスに優れた選りすぐりのMHロッドをご紹介していきたいと思います。

これからロッドを購入する方は是非とも参考にしてみてください。

エクスプライド 168MH/168MH-2(シマノ)

パワーのあるティップは繊細なアタリやボトムを感知する能力が高く、ラバージグやテキサスリグといった打ち物に最適です。

バットパワー、操作性ともにバランスの取れた設計ですので、ルアーを思いのままに操り、ビッグバスの上アゴにしっかりとフッキングすることができます。

ジグ系のルアーだけでなく、スピナーベイトやビッグクランクといった巻き抵抗の大きいルアーでもウィードを切り裂きながらサーチすることが可能です。

エアエッジ 661MHB・E(ダイワ)

ショートレングスでファストテーパーの661MHB・Eは、手返しの良い釣りを想定したランガンモデルと言えるでしょう。

小規模河川でのジグ打ちやヘビダンなど、スピーディーでメリハリのある展開の釣りに最適なロッドとなっています。

スティックベイトのノーシンカーやラバージグなど、軽量リグからヘビーウェイトのジグまで正確にカバーの奥まで送り込むことができますので、状況に応じてこの1本で対応することができます。

軽量で扱いやすいだけでなく、手元までしっかりと伝わってくる感度の良さもおすすめポイントです。

ゾディアス 166MH(シマノ)

コストパフォーマンスに優れたゾディアスの166MHは、価格の手ごろさを感じさせないバットのパワー、フッキングレスポンスの良さが持ち味です。

この1本でオープンエリアでの巻物、カバーでのジグ打ちなど幅広い釣りをこなせるバーサタイルロッドとなっています。

特に1/2ozクラスのスピナーベイトやジグ打ちがベストマッチと言えるセッティングで、ストレスなく軽快にロッド操作を行うことができます。

初めてのMHロッドであれば十分すぎる仕上がりとなっています。

ブレイゾン 661MHB(ダイワ)

シマノ党がゾディアスならダイワ党はブレイゾンで決まりです。

この661MHBも1万円台前半で購入できるコストパフォーマンスに優れたロッドで、ガイドはステンレスフレームにアルコナイトリング、ブランクスにはHVFカーボン+ブレーディングXという妥協の許さないセッティングとなっています。

ルアーの適用範囲も広く、ノーシンカーやダウンショットから、重さのあるジグヘッドやスピナーベイトまで幅広く対応可能となっています。

ホーネットスティンガープラス HSPC-671MH MGS(アブガルシア)

HSPC-671MH MGSはテキサスリグやラバージグを主に扱うために設計されており、ナノカーボン素材を採用したブランクスにより、強靭な剛性と繊細なアタリも見逃さない感度の良さを実現しました。

水中をイメージしながら自在にジグを操り、わずかなショートバイトからフッキングに持ち込むレスポンスの良さも兼ね備えたロッドとなっています。

取り回しの良い適度な長さですので、おかっぱりだけでなくボートフィッシングでのカバーゲームにもおすすめです。

ベンケイ BIC-69MH(メジャークラフト)

コストパフォーマンスに優れたロッドに定評のあるメジャークラフトからは、ベンケイのBIC-69MHをご紹介です。

デカバスを釣るために設計されたバットパワーと、ボトムの地形変化を瞬時に把握することができる感度の良さは、ヘビダンやヘビキャロといったロングキャストアプローチの釣りを得意とします。

ロングキャストが必要不可欠な琵琶湖のサーフなどで使いたいモデルです。

バスワンXT 1610MH-2(シマノ)

1610MH-2はアンダー1万円とは思えない仕上がりの2ピースロッドです。

シマノのエントリーモデルとも言えるロッドですが、キャストフィール、デザイン、感度など、どれをとっても申し分のない設計で初級~中級の方なら満足のいく1本となっています。

釣りを始めたばかりのバス釣り初心者、ジグ打ち専用ロッドとして初めてMHのロッドを購入したい中級におすすめのロッドです。

バスパラ BPC-66MH(メジャークラフト)

7000円台で購入できるバスパラのBPC-66MHは、メジャークラフトのエントリーモデルでありながら、1ピースの本格派ロッドとなっています。

重めのスピナーベイトやディープクランクといった巻き抵抗の大きいルアーや、ラバージグのカバー打ちなど使用用途の広いロッドです。

正確なキャスタビリティー、手元に伝わる感度の良さなど、エントリーモデルとは思えないコストパフォーマンスに優れた1本となっています。

まとめ

MHのロッドを使ったことがない方、これから購入予定の方は是非とも今回の記事を参考に、新たなスタイルを確立してみてください。

ここ最近のロッドは技術の進歩もあって、軽量ルアーからビッグベイトといった大型ルアーまで器用にこなせるバーサタイルロッドが主流になってきました。

パワフルなMHクラスのロッドであれば、バスフィッシングの醍醐味でもあるエキサイティングなゲームを堪能できること間違いなしです。