ベイトフィネスとは何か

近年耳にすることの多くなってきた「ベイトフィネス」と言う釣り方。

さまざまな形の釣り方を知る事は、バスフィッシングの釣果を上げるためには効果的です。
しかし逆説的に言うと、ちゃんとした知識を頭に入れておかないと、効果的で新しい釣り方も最大限の効果を発揮できない事になります。

正しいベイトフィネスの方式を頭に入れ、チャレンジしてみましょう。

スピニング・ベイトとは?

そもそもベイトフィネスとはどう言う釣り方の事を指すのか、と言う部分ですが、ベイトフィネスを知る前に、バスフィッシングの基本的な用語である「スピニングタックル」「ベイトタックル」そして「フィネス」と言うものをおさらいしてみましょう。

まずは、初心者にも優しいと言われているタックルが「スピニングタックル」と言い、スピニングリールを使用したタックルです。

基本的なタックル構成としては、軽いルアーをメインに小型のプラグやライトリグを細いラインで投げる釣り方になります。

そしてスピニングタックルと対をなす重要なタックルが「ベイトタックル」と呼ばれます。

ベイトタックルでの基本的な考え方は太い糸で重いルアーを投げる、まさしくスピニングタックルとは対をなす釣り方であると言えます。

「スピニング」と「ベイト」の2種類のタックルは、バス釣りで最も出番が多く、ほとんどのバサーがこのどちらか、または両方のタックルを使用しているのではないでしょうか?

フィネスとは?

そして「フィネス」と言う釣法も広く知られている釣り方ではないでしょうか?

フィネスとは、基本的にはスピニングタックルを使用し、ライトリグ・ワームなどの軽量ルアーを細いラインで撃っていく釣り方の事です。

繊細なリグで釣るフィネスと言う釣法は、比較的上級者向けと言うイメージがあり、細いラインを使用するがゆえに根ずれやビックバスに弱いと言ったデメリットもありました。

そこで、そうしたスピニングリールフィネスの弱点を克服するために考え出されたのが「ベイトフィネス」と言う釣法なのです。

ベイトフィネスとは?

前項でも述べたように、従前のフィネス釣法では繊細なリグを細いラインで扱う為に、ラインが非常に切れやすくカバー撃ちなどに対応できない、また狙ったポイントにルアーを落とす難易度が高い、と言った不足点がありました。

そこでラインの選定に自由度の高い、スピニングタックルでライトリグを扱えないか?と考案されたのがベイトフィネスです。

スピニングタックルでライトリグを扱う、とは言っても通常のスピニングタックルのままでライトリグを撃つと、軽量のルアーではスプールを回転させる重量が不足してしまうため、ラインのバックラッシュが起こってしまいます。

そこで「ライトリグや軽量ルアーでもラインを出すことができるスプール」「スムーズにスプールを回転させるベアリング」「ハイギヤ」を持つリールを使用し、軽量ルアーをベイトタックルで撃つことを可能にしたのがベイトフィネスタックルです。

これにより、繊細なライトリグをカバー撃ちで扱うことができ、大物をかけて力勝負に成っても負けない太いラインを使用することができます。

また、スピニングよりサミングなどがしやすく、よりタイトに自分の投げたいポイントに投げることができます。

スピニングタックルとベイトタックルの利点を合わせた釣り方が、ベイトフィネスであるとも言えるのではないでしょうか。

おすすめのベイトフィネスリール

ベイトフィネスをはじめるには軽量ルアーが扱いやすいように設計された専用のロッドとリールを使用するのが一般的です。

最近のベイトリールは基本性能が高いので、通常のベイトリール でも軽量ルアーは投げれるには投げれますが、技術の高い人でないとバックラッシュの嵐になってしまうので、初心者は専用タックルを揃えることをオススメします。

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告