【ジャッカル】チョップカットJrの特徴と使い方!投げて楽しいトップウォータールアー!インプレ

2018年発売されて大注目だったチョップカットのダウンサイジングモデル「チョップカットJr」が発売されました。

ただ単に小さくなっただけではなく、小さくなったことによって進化を遂げたアクションもあるので注目です。

このページではチョップカットJrの特徴や使い方、スペック、おすすめタックルをまとめて紹介します。

チョップカットJrのスペック(サイズ・重さ・発売日など)

メーカージャッカル
製品名チョップカットJr
発売日2019年8月
サイズ65mm
重さ17.5g
フックサイズ#5
価格¥2,380

チョップカットJrとオリジナルを比較

チョップカットJrオリジナル
サイズ65mm82mm
重さ17.5g24g
フックサイズ#5#2
価格¥2,380¥2,800

チョップカットJrはオリジナルよりも17mm小さくなり、それに合わせてフックサイズも#5から#2にサイズダウンしました。

重さは6.5g軽くなったことにより、バーサタイルロッドでも扱える重さになっています。

見た目的には縦(胴)の長さはそこまで変わらず、横の長さだけが短くなったような印象です。

オリジナルのチョップカットは小規模なフィールドやスレたバスが多いフィールドでは、アピール力が強すぎるので使いにくい事がありましたが、チョップカットJrはそういったシビアな状況下でも使いやすいルアーに仕上っています。

チョップカットJrの特徴

水と泡を切り裂く大型プロップ

チョップカットJrの一番の特徴といえば見て分かるとおり、フロント部分に付けられている大型のプロップです。

スイッシャーなどで使われるプロップとは異なり、2つの大きな羽根が少しズレた位置でセットされていて、1枚目の羽根が水を噛んだ際に発生させた泡を、2枚目の羽根が切り裂くことで、チョップカット独自の甲高いサウンドが発生します。

バラシを抑えるスイベルアイ

フロントフックの取り付け部分にはスイベルアイが付いていて、バスとのファイト時に回転することによってフックアウトの確率を抑えています。

また、フェザーが付いていることにより、ステイさせた時にもフェザーがさりげなく揺れてバスにアピールします。

ラインのヨレと巻き込みを防止するワイヤー

プロップの先にはワイヤーとスイベルが付いており、ラインがプロップに巻き込まれることを少なくする役割を持っています。

また、スイベルが回転することによってラインのヨレを軽減させる効果も期待できます。

チョップカットJrが活躍する状況

チョップカットJrが得意とするシチュエーションは、障害物があまりないオープンウォーター、もしくはストラクチャーから少し離れたところです。

大型プロップ+剥き出しのフックなので、すり抜け性能は他のルアーに比べ、そこまで高くありません。そのため、ストラクチャーやカバーをタイトに攻めることは止めたほうがいいでしょう。

また、ウィードや浮きゴミが多いエリアでは、プロップにゴミが挟まってしまうので、チョップカットJrの本来の動きが出せなくなってしまいます。

デメリットを続けて書いてしまいましたが、ルアーは適材適所で使い分けることが重要です。

チョップカットJrはオープンウォーターでの集魚力はかなりのモノを持っているので、少し離れたところにいるバスを誘い出してバイトまで持ち込む能力に期待です。

チョップカットJrの使い方

ただ巻き(少し早巻き)

チョップカットJrのメインの使い方は少し早いただ巻きです。

気持ち早めに巻くことでプロップがよく回り、リズムよくコロコロと音を鳴らし、周囲にいるバスを引き寄せます。

小細工なしにただ巻くだけなので、アクションが苦手な人や初心者でも簡単に使うことができます。

ただ巻き(デットスロー)

一定のスピードを心掛けながら、ゆっくりとリトリーブして泳がせます。

早巻きした時のアクションとは対象的に、I字系ルアーのような比較的さりげないアクションを出すことが可能で、バスの活性によって使い分けるといいでしょう。

トゥイッチでポッパーのようなスプラッシュ

ロッドの竿先でチョンチョンとトゥイッチすることで、ポッパーのようなスプラッシュを起こすことが可能です。

マズメ時などでバスがボイルしている状況下で効果的です。

テーブルターンでじっくり攻める

サイズが小さくなったことで、オリジナルのチョップカットよりもテーブルターンがやりやすいようになっています。

ストラクチャーやカバー回りなど、ここぞという場所ではテーブルターンでスローにネチネチ誘ってみるとバスが水面を割るかもしれません。

チョップカットJrの参考動画

チョップカットJrの釣果実績

この投稿をInstagramで見る

‪今日はユウマヅメ狙いでカヤックで新利根!‬ ‪ちょいと早目にチョップカットJr.に出てしまった!‬ ‪なんか風が強くてやりにくいけど、気にせずトップオンリーで楽しんでいきます。‬ ‪JACKALL チョップカットJr.(ブラックピンクボーン)‬ ‪JACKALL BPM (BC66ML-G)‬ ‪dowluck A2000(金黒)‬ ‪BP PE5号(黒)‬ #チョップカットJr. #チョップカット #marsyas #emotionkayaks #BABATUBE #ババチューブ #BPM #ビーピーエム #JACKALL #ジャッカル #LURE #ルアー #レッドスプール #LUREFISHING #ルアーフィッシング #BASS #BASSFISHING #FISHING #バス #バス釣り #釣り #バスフィッシング #outdoor #アウトドア #YouTube #ユーチューブ #Instagram #馬場拓也 #TAKUYABABA

Takuya Babaさん(@baba.takuya)がシェアした投稿 –

チョップカットJrのまとめ

レクタングル(大)広告