コスパ良し!おすすめビッグベイトロッド10選!安いロッドでも性能充分!

このページをシェアする

ビッグベイトロッドの特徴

ウェイトのあるビッグベイトですので、ロッドパワーがあることが大前提になってきます。

おかっぱりなどで使用するML~MHなどのバーサタイルなロッドではなく、ビッグベイトは元より、テキサスリグ、フロッグで扱うようなストロングスタイルな釣りになってきます。

ビッグベイトロッドの選び方は3つ

ビッグベイト用ロッドの選び方は、以下の3つを中心に検討しましょう。

ビッグベイトは1.5oz~3ozクラスのルアーとなりますので、そもそも「ビッグベイト専用」というロッド自体少ないのが現状です。

ただし、これからご紹介するビッグベイト用ロッドの選び方さえ押さえておけば、必ずしも専用ロッドを購入する必要はありません。

特におかっぱりがメインの方はロッドの本数も限られてきますので、ジグ打ち用のHクラス以上のロッドなどを活用しましょう。

①ロッドの長さ

ウェイトをしっかりとロッドに乗せるためにも、長さは7~8fのものを選びましょう。

この長さであればビッグベイトのアクションも出しやすく、コントロールしやすい長さとなります。

②ロッドの硬さ

ビッグベイトをキャストする上でも重要なのが、ロッドの硬さです。各メーカー表記の仕方が多少違いますがH以上の硬さを選ぶようにしましょう。

扱うビッグベイトのウェイトに応じてXH(エクストラヘビー)クラスの硬さが必要になってきます。

③適合するルアーウェイト

ロッドの硬さと同時に扱えるルアーウェイトも重要なポイントになってきます。

各メーカーロッドやスペック表に適合ウェイトが書いてありますので、使用したいビッグベイトの重さと照らし合わしましょう。

ビッグベイトロッドを選ぶ際は使いたいルアーのウェイトに注意!

ビッグベイトのような特殊なルアーの場合、ロッド選びの際に投げたいビッグベイトの重さを確認しておく必要があります。

例えば、ガンクラフトの「ジョインテッドクロー178」の重量は約2oz(56g)ですので、その重さに適合するロッドを選定しましょう。

仮にルアーウェイトの適用範囲を超えた使い方をすると、キャストやアクションが入れづらいだけでなく、最悪の場合ロッドが折れてしまうことがありますので注意しましょう。

おすすめのビッグベイトロッド10選

ここからは実際に使ってみて「良かった!」と思えるロッドを厳選して10本ご紹介していきたいと思います。

メーカー、使用感などなど、個々に好みがあるかと思いますので参考にしていただければ幸いです

エクスプライド 1710H+-SB(シマノ)

エクスプライド 1710H+-SBは、ビッグベイトはもちろんのこと、ディープクランクなど巻き抵抗のある釣りに適したロッドです。

ストロングなロッドにありがちな先重りのある感じはなく、軽い使い心地でバランスのとれた仕上がりになっています。

価格帯は中堅クラスでありながらも妥協を見せない作りはシマノらしさが伺えます。

ポイズンアドレナ 174XH-SB(シマノ)

ポイズンアドレナはシマノとジャッカルがコラボした中でも、価格帯を抑えているシリーズとなります。

このポイズンアドレナ174XH-SBはMAXウェイトが4.2oz(120g)となっていますので、普段目にするようなビッグベイトは大抵投げることができます。

搭載されているカーボンモノコックグリップがロッドの感度を向上させ、意のままにビッグベイトを操作できるよう設計されています。

軽さを重視した操作性重視のロッドが欲しい方におすすめです。

ポイズングロリアス 174XH-SB(シマノ)

先ほどのポイズンアドレの上位機種にあたるのがポイズングロリアスシリーズとなります。

ポイズンアドレナ174XH-SBと同じく、174XH-SBという表記になっていますが、MAXウェイトが5oz(142g)と重めのビッグベイトの使用が可能になっています。

主としてビッグベイトの使用を目的としているならば最適な1本となります。

従来のモデルより軽量化が進んでいる点も見逃せません。

フェイズ PCSC-74X ブラックアクテオン(エバーグリーン)

フェイズ PCSC-74X ブラックアクテオンは、ビッグベイトでデカバスを捕るためのロッドと言っても過言ではない仕上がりになっています。

ビッグベイトをキャスト、操作するためのパワーと柔軟性を兼ね備えています。

操作性に優れているのでキャストコントロール、アクション性能は抜群です。

4oz(113g)くらいまでのビッグベイトの使用を考えている方に使っていただきたいロッドとなります。

Killers-00 DEAD SWORD KG-00 6-710EXH(ガンクラフト)

S字系ビッグベイトの元祖ともいえるジョインテッドクローを手掛けるガンクラフトのロッドですので、ビッグベイトの使用に特化したモデルとなります。

ジョインテッドクローのS字アクションを最大限に引き出すことができるロッドで、操作性能はもちろん、デカバスの上アゴにしっかりとフッキングすることができるパワーも存分に持ち合わせています。

ブラックを基調としたデザインもスタイリッシュでクールな1本となっています。

ゾディアス 175XH(シマノ)

豊富なラインナップと高いコスパ(コストパフォーマンス)に定評のあるゾディアスからも、ビッグベイトを扱うことができるモデルが発売されています。

ゾディアス 175XHはビッグベイトだけでなくラバージグなどのジグ打ちにも最適で、ただ固いだけのロッドではありません。

感度、キャストフィールも申し分ない仕上がりとなっていますので、ビッグベイト専用ロッドを初めて買う方などにおすすめしたい1本です。

ポイズングロリアス 176XXH-SB(シマノ)

先ほどご紹介したポイズングロリアス 174XH-SBより、さらに強靭なモデルとなるのがポイズングロリアス176XXH-SBです。

MAXウェイトが驚異の10oz(300g)となっていますので、ジョインテッドクローのマグナムや尺ワンがキャスト可能になります。

ジョインテッドクロー178やダウズスイマーが難なくフルキャストできてしまうロッドパワーは、まさに最強のビッグベイト専用ロッドと言えるでしょう。

ハードなビッグベイトフリークの方は是非使ってみていただきたいと思います。

ブラックレーベル 7112XHRB(ダイワ)

ブラックレーベルシリーズの中でも、タフでパワーのあるブラックレーベル7112XHRBがビッグベイト用としてベストマッチです。

4oz(113g)まで扱うことができますので、スタンダードなビッグベイトはある程度使えてしまいます。

ロッドの特徴としては高密度HVFカーボンやダブルフットSiCガイドを採用していますので、50UPのデカバスでも安心してやり取りができます。

スペック的には80cmクラスのライギョ、シーバスでも負けない剛性があります。

ベンケイ BIC-702X(メジャークラフト)

「ビッグベイトを使ってみたいな」とお考えの方にベンケイ BIC-702Xがおすすめです。

ベンケイシリーズはコスパ(コストパフォーマンス)にとても優れていますので、「たまにしかビッグベイトを使わない」といった方もきっと満足のいく使い心地だと思います。

デカバスに対応するためのブランクス、ガイドセッティングは、安かろう悪かろうを払拭するメジャークラフトのこだわりを感じます。

バスパラ  BXC-702X(メジャークラフト)

ベンケイシリーズよりもさらにリーズナブルな価格帯である、バスパラからもビッグベイトに対応可能なロッドが発売されています。

アンダー1万円とは思えないような満足のいく仕上がりで、ヘビーカバーでのパンチングも想定したパワーモデルです。

ビッグベイト初心者だけでなく、バス釣り初心者の方も入門編としておすすめしたい1本です。

ビッグベイトロッドまとめ

今回の記事ではビッグベイト専用ロッドだけでなく、パンチングやフロッグゲームで使用するようなロッドも視野に入れながらご紹介してきました。

ウェイトのあるビッグベイトをキャスト、アクションさせるにはご説明してきた3つのポイントに注意して、ご自身にあったロッド選びをしてみてください。