コスパ重視!安いベイトフィネスリールおすすめ10選!ソルト対応リールも!

初めてベイトフィネスデビューするという方におすすめしたいベイトフィネスリールを10個ご紹介していきたいと思います。

使いやすさは元より、価格の面でも安くて手に取りやすいリールを厳選しました。

そもそもベイトフィネスってどんな釣り?

簡単に説明すると「通常スピニングリールで使用するようなライトリグ(繊細な釣り)をベイトタックルで行う」という意味合いになります。

スピニングリールでは扱いづらい太めのラインをベイトフィネスリールにセットすることにより、ノーシンカーやスモラバといったライトリグをカバーに打ち込むことが可能になりました。

「フィネス(繊細な釣り)+ベイトタックル(強い釣り)」といった両者の良いとこ取りをしたものがベイトフィネスと言えるでしょう。

ベイトフィネスがなぜ必要か?活躍する場面を紹介

ベイトフィネスが活躍する場面を3つに分けてご説明していきたいと思います。

一般ユーザー目線で感じたことをご紹介していきますのでご承知おきください。

①ストラクチャーが入り組んでいるポイント

ベイトフィネスの真骨頂とも言えるのがライトリグでのカバー打ちだと言えます。

通常、細いラインで扱うノーシンカーやスモラバなどをベイトフィネスを活用することで、ラインブレイクに臆することなく打ち込んでいくことができます。

手返しの良いベイトリールの利点を活かしたテトラ帯、立木などの打ち込みにも適しています。

②デカバスがいることが分かっている

「このカバーにはいつもデカバスがついている」「サイトでデカバスを見つけた」というシチュエーションでもベイトフィネスは心強いタックルとなります。

「スピニングではストラクチャーに巻かれてラインブレイクしてしまう」そんなときにベイトフィネスで狙いましょう。

③ベイトリール初心者

ベイトフィネスはベテラン向きのタックルと感じる方も多いかと思いますが、ベイトフィネスこそ初心者に使っていただきたいリールとなります。

ベイトフィネスリールの最大の特徴とも言える「バックラッシュのしづらさ」がその理由になります。

「軽いルアーを投げられる」だけがベイトフィネスリールの利点ではないのです。

初心者におすすめのベイトフィネスリール10選

ロキサーニ BF8(アブガルシア)

見た目はスタイリッシュなフルブラックでまさに今風の装いのリールといったところです。

ハンドルもカーボンになっており、細かなディティールにもアブガルシアのこだわりを感じます。

実際の使用感はというと、ブレーキを0にした状態でスモラバ(4g程度)をピッチングで投げ込んでもバックラッシュしないという仕上がりです。

さらに軽いルアーを遠投しようとなるとさすがに厳しい印象を受けますが、手に取りやすい価格帯を考えると申し分ない仕上がりと言えるでしょう。

②アブガルシア レボ ALC-BF7

同じアブガルシアでも先ほどのロキサーニ BF8との大きな違いは自重です。ロキサーニ BF8が185gに対し、ALC-BF7はなんと141gです。

ベイトリールの中でも驚異的な軽さと言えるでしょう。

女性や子供でも楽に扱える重さなのです。

普段200g前後のベイトリールを使っている人からしてみては、少し扱いづらい重量バランスかもしれません。

当然軽量ルアーはストレスなくキャストできますので、「おかっぱりで何でもやりたい!」という方におすすめです。

③シマノ スコーピオン BFS XG

「やっぱりリールはシマノだよね」という方必見です。

スコーピオン BFS XGには上位モデルのアルデバランでも採用している、FTB(フィネスチューンブレーキシステム)が搭載されているのです。

そしてシマノと言えば「遠心ブレーキ」というイメージがありますが、このFTBはなんとマグネットブレーキなのです。

ただしダイワのマグネットブレーキとは違い、遠心ブレーキのフィーリングでキャストできるというのがシマノらしさを際立たせます。

キャストフィールや飛距離もアルデバランに引けを取らない点はコスパに優れたリールと言えるでしょう。

④シマノ アルデバラン BFS XG

「初めから良いものを使いたい」という考え方もありだと思います。

このアルデバラン BFS XGで注目すべきはその重さです。

なんとたったの130gしかありません。これは驚異的な軽さとなります。

スコーピオン BFS XGが165g、アンタレスDCが220gとなりますので、その軽さが伝わるかと思います。

実際の使用感はというと、7g弱のネコリグやノーシンカーもストレスなくカッ飛んでいきますので、アルデバラン BFS XGのスプール性能の高さを感じます。

⑤アブガルシア レボ LTX BF8

全身をブラックで統一した外観は高級感を感じさせるデザインです。

自重はアルデバランより軽い129gとなっており、ベイトフィネスリールの中では最軽量の部類に入ります。

持った感じは「本当に大丈夫?」っていうくらい軽いです。1日投げても全然疲れません。

他のベイトフィネスリールよりマグネットブレーキが少し弱く感じますので、MAXの状態から自分の投げやすい設定まで少しづつ調整していきましょう。

⑥アルファス エア 7.2

ダイワ派の方、お待たせしました。

通常のアルファスでさえバックラッシュしづらいというのに、アルファス エア 7.2はベイトフィネス専用リールとなっています。

1~2gのメバル用ルアーですら飛ばせるのですから性能の高さが伺えます。

軽量ルアーをストレスフリーで扱えますので、渓流のルアーゲームでも活躍します。

アルファスシリーズの良い点として、手の小さい日本人でも包み込むようにパーミングすることができることです。

パーミングのしやすさはルアーの操作性、フッキング率にもつながるので大きなメリットになります。

⑦ダイワ SS エア 8.1

アルデバランと同様に「初めから良いものを使いたい」という方におすすめです。

期待を裏切らない使いやすさがSS エア 8.1にはあります。

5~6gのノーシンカーをフルキャストすると驚くほどの飛距離を出すことができます。

マグネットブレーキのデメリットと言われる後半の伸びが悪い点もSS エア 8.1では克服されていますので、ピッチングなどショートレンジで釣り歩くことが好きな方におすすめです。

⑧ダイワ アルファス エア ストリームカスタム 7.2R

渓流釣りに特化したベイトフィネスリールである、アルファス エア ストリームカスタム 7.2Rは、軽量ルアーを低弾道でキャストすることを想定して設計されています。

これはストリームトラウトブレーキチューンスプールを搭載し、微弱なブレーキ力でスプール回転を制御することで可能にしました。

ギア比の設定が初めから7.2しか用意していないこと、ラインキャパも6~8ポンドと細いラインに対応していないことから、限りなくライトルアーに特化したリールと言えます。

よりスピニングリールに近い使い方をしたい方は是非使ってみていただきたいです。

⑨ピシファン Torrent

少し変化球ということで、中国製のベイトフィネスリールもご紹介してみたいと思います。

ギア比は7:1:1で最大ドラグは8.1㎏と申し分のないスペックです。

ボディーもアルミフレームを使用し、見た目もブラックベースに刺し色で赤をチョイスするというセンスのある一品となっています。

肝心のキャストフィールと言いますと、ピッチングでスモラバを低弾道のままカバーに打ち込むことができます。

ダイワのマグネットブレーキのリールを使用している感覚で、10~20m以内の割と近距離戦に特化したリールだと言えます。

中国製品に抵抗感ある方は少なくないと思いますが、この性能で5千円はかなり買いだと思います。

⑩プロックス バルトムBC-BF1 L81D

販売価格が5千円代と低価格ながら、淡水・海水(ソルト)両方いけてしまうマルチなベイトフィネスリールとなります。

パーミングのしやすいロープロデザインに大型ギアを搭載することで、快適なリーリングフィールを実現しました。

実際ベイトフィネスリールと銘打っていますが、使用するルアーは通常のベイトリールとさほど変わらない5g前後が現実的なラインと言えそうです。

フィネス中心の釣りだけでなく、バーサタイルに扱いたい人向けと言ったところでしょうか。

ベイトフィネスリールまとめ

今回は筆者の経験談を踏まえつつベイトフィネスリールのご紹介をしてきました。

一般的にベイトフィネスと言えば数あるスタイルの中の一つと捉えがちですが、ベイトフィネスリールのメリットはベイトリール初心者にも通ずるものがあります。

ベイトリールのデメリットとなるバックラッシュがしづらいという点や、タックルパワーにまかせてファイトできるなどたくさんのメリットがベイトフィネスリールにはあります。

是非ともこれからバス釣りを始める方や、これからベイトフィネスを始めたいという方は参考にしてみてください。

レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告