1. トップ >
  2. バス釣り初心者ガイド >
  3. 秋のブラックバスの特徴と狙い方

秋のブラックバスの特徴と狙い方

「食欲の秋」と言うものはブラックバスにも当てはまるもので、秋(9〜11月)のブラックバスは活性が高く、捕食活動も活発になります。
いわばバスフィッシングのゴールデンシーズンとも言える秋、バスフィッシングを愛するものならこの季節はまさに待ちに待った季節であるとも言えます。

秋のブラックバスの活性

夏の暑さも終わって涼しくなるとバスは「餌となるベイトを求めて常に動き回る状態」になるため、とても釣りやすい季節です。 しかし、晩秋になってくるとターンオーバーという現象が起こり、バス釣りが一気に難しくなります。
ターンオーバーとは「水面の水」と「底の水」が入れ替わる現象です。 この現象が起こると大幅に水質が悪くなり、バスの活性が下がってしまいます。

秋の釣り方

バスの捕食活動が活発になり、行動範囲の広くなる秋は、広範囲にわたって探るような釣り方が効果的になってきます。
つまり、秋にバスが釣れるか否かは、バサーの機動力がカギを握る事になるのです。
秋のバスは先に述べたようにベイトを探して泳ぎ回っている状態です。
なので、カバーやストラクチャーなど、ベイトフィッシュの集まりやすそうな場所に手当たり次第ルアーを投げ込むことで、バスはルアーを追ってくれます。
逆にターンオーバーが始まるとバスの活性は下がりますが、居場所は特定しやすくなります。
急激に水質の悪くなるターンオーバー期は、バスは少しでも水質の良い場所に避難します。シャローや流れ込みなどが、ターンオーバー期の狙い目ポイントとなります。

秋に最適なルアーの種類

ベイトを追って広く散る秋のバスには、ファストムービング系のルアーを使い、短時間で広く探ることが効果的です。
特にカバーやストラクチャーなどの障害物を見つけ次第、スピナーベイトパイブレーションを投げ込んでいく、という釣り方が最も効率的です。
前項でも述べたように、秋のバスフィッシングではバサーの機動力がカギを握る事になるのですね。

秋におすすめのルアー

⇒エバーグリーン (Ever Green) Dゾーンフライ 1/4oz シングルウィローリーフ...
⇒ジャッカル(JACKALL) TN60スカルシェルマルハタ 60mm ...

バス釣り初心者ガイド