1. トップ >
  2. バス釣り初心者ガイド >
  3. 冬のブラックバスの釣り方

冬のブラックバスの釣り方

寒くなってくると動きが鈍くなってしまう。それは人間に限ったことではなく、ブラックバスにとっても同様です。
水温が15℃を下回ると、ガクッとバスの活性が下がり、バスフィッシングの難易度は高くなります。

初心者には不向きとも言える冬のバスフィッシングですが、その分バスがヒットした時の達成感はほかの季節にはないものを味わうことができます。

冬場のバスの動きを知り、ワンランク上のバスフィッシングを楽しみましょう。

冬のバスの行動

冬になり水温が下がってくると、人間と同じようにバスも寒さに凍え、活性が下がってしまいます。
年間を通して、真夏の水温が高くなる時期と並び、バスが最も低活性になるのが冬の時期であると言えます。

寒さが苦手なバスは、少しでも暖かいところを探し、移動します。
つまり逆説的に言うと冬場のバスフィッシングは、難易度が高いものの、居場所が特定しやすくポイントは探しやすくなる。と言う事が言えます。

日の当たる場所、沸き水のある場所は水温が上がりやすく、バスにとっても居心地の良い環境ですので、冬場のポイント選定の基準になります。

また、低活性になる冬場のバスは食欲も減退し、捕食活動も衰退化する傾向にあります。
よって食欲に訴える釣り方よりもむしろ、リアクションバイトを狙う釣り方が効果的であると考えられます。

冬のバスの釣り方

これまでに述べたように、冬のブラックバスは活性が下がり、活発には動くことができません。
ですからルアーを泳がせる際も、バスの目の前をゆっくりと通過するような形で泳がせてあげないと、バスはルアーを追う事が出来ません。

そう言った冬場のバスの行動パターンにより、冬場のバスフィッシングのポイントは「バスの居るポイントを押さえ、ゆっくりと」と言う点が重要視されます。

さらに冬場の気温の低くなる時期でも、気温の変化が少なく、安定した気候が続くとバスは天候に慣れてきます。
つまり安定した気候が続くと、冬場と言えどもヒットの確立は十分に高くなってくる。と言う事も言えるのです。

冬のバスに最適なルアー

活性の下がった冬場のバスを狙うのには、動きの速いルアーよりも、スロームービングのルアーでアタックするのがより効果的です。
具体的には、スピナーベイト・クランクベイトなどのルアーでリアクションバイトを狙う釣り方。
そしてそれらでもアピールが強すぎると思ったらシャッドを使い、より滑らかな動きでバスを誘います。

バス釣り初心者ガイド