1. トップ >
  2. バス釣り初心者ガイド >
  3. バス釣りで使うラインの種類と特徴

バス釣りで使うラインの種類と特徴

ナイロンラインの特徴

バスフィッシング用として用いられているラインの中でも、ナイロンラインは入門用ラインとして最適なラインであると言えます。
その理由はナイロンラインの扱いやすさ、そしてその価格帯の安さも大きく起因していると言えるでしょう。

バスフィッシングにおいてラインというのは消耗品です。特にバスフィッシングを始めたばかりのビギナー時期はラインを頻繁に切ってしまう事も多いと思います。
またバスフィッシングビギナーだけに関わらず、ラインを新品に交換するのを惜しみ、古いラインを張ったままにしていては最良のパフォーマンスを発揮することはできません。
その点で、安価なナイロンラインは、バスフィッシングにおけるランニングコストを抑える面でも支持を集めているラインです。

しかしナイロンラインも万能、と言うわけではなく、伸びがあるため魚のアタリを弾きづらい・傷が入りやすいなどのデメリットもあります。

フロロカーボンラインの特徴

フロロカーボンラインの一番の特徴は、感度が良いと言うことが上げられます。
またライン自体の比重も比較的重めなフロロカーボンラインは、ラインの沈み込みが早く、ルアーから竿先までを直線にしやすくサバキが良いラインであると言えます。

そうしたフロロカーボンラインの特徴により、ワームなどでの底を探る釣りに向いているラインであると言えるでしょう。
しかし逆に言うとライン自体に張りがあり、硬くなっておりますので、慣れないとライントラブルが多く、使いにくいラインであるとも言えます。
また価格帯もナイロンラインと比べると、若干高めの商品が多く、バスフィッシングにおけるランニングコストは少し上がってしまいます。

こうした特徴により、フロロカーボンラインはどちらかと言うと中・上級者向けのラインであると言う事が言えるでしょう。

PEラインの特徴

他のラインとは少し違う特色を持つPEライン。他のラインと比べた時にも、圧倒的に強い強度を持つラインであると言えます。

PEラインはまたバスフィッシングでより一般的なナイロンラインやフロロカーボンラインと比較しても質感に違いがあり、
完全に透明なラインは少ないので、使い方次第では釣果にかなりの影響があります。それがバスフィッシングにおいて魚に違和感を与えると言ったデメリットを生むケースもあります。
そして強度が強い事は、裏を返せばショックを吸収しにくいと言ったデメリットにもつながり、ロッドに負担をかけてしまうケースもあります。

こうして書くと、デメリットばかりに思えるPEラインですが、バスフィッシングファンに根強く支持されているラインでもあります。
伸びがほぼないので感度が非常に良いPEラインは、バスに対してよりアグレッシブに攻めることが可能で、他のラインではできないことができるラインなのです。

バス釣り初心者ガイド